六 輪 生 活

街歩きとバイクとクルマが好きです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

無いなら作ろう手作りバター

バターが売り場から消えました。

全く手に入りません。
マーガリンはやたらに置いてありますが。
あいにくと僕は断然バター派です。
やはりあの香りがなくては。

だったら手作りしちゃいましょう。
生クリームからバターが作れるらしいとは知ってましたが、やり方は知らなかったのでネットで調査。
それらの情報を繋ぎあわせなが作ってみることにしました。

作り方を一言で言うと、 『 生クリームを容器に入れて振りまくる!! 』 です。

どのレシピを見ても『振る!』、『振る!!』、『振る!!』、『とにかく振る!!!!』と書いてあります。
それは・・・・・・・・・・・・・本当なのでした。


原料は生クリーム。
生乳だけで作られているものでないとダメだそうです。

14_1201タカナシ生クリーム「特選北海道純生クリーム47」

今回使用したのはこれ。
シリーズの中で最も乳脂肪分の高いやつです。
低くても作れますが、味と香りが違いますので、高いのにしましょう。
今回はパックまるごと使います。
200mLです。


14_1201手作りバター001

冷やした生クリームを密閉容器に入れます。
激しく降るので緩まないように蓋を力いっぱい締めます。

ここで容器の選定がすごく大事です。

写真ではガラス瓶を使ってますが、おすすめしません。
とにかく腕力勝負なので、なるべく軽いものを選びましょう。 プラスチックのネジ蓋つきの容器があるのでそれにしましょう。
またなるべく大きい物を選びましょう。 小さいと撹拌効果が低いようで、時間と腕力を消耗します。
大きくなると握りにくくなるので、細長いのにしましょう。
生クリーム200mLなら、容器は800mL程度が良さそうです。
500mLでもできますが効率は良くないです。

容器の選定はとにかく大事。
労力に大差が出ます。


そしてシェイク開始。
振ります。
振ります。
振ります。
最初はパシャパシャと音がしますが、しばらくすると中身がホイップ状態になり、音がしなくなります。
手応えが全くないのでめげそうになりますが、しかし振ります。
振ります。
振ります。
振ります。
ここが一番辛いところです。


14_1201手作りバター002

やがて再びちょっとパシャパシャ音がするようになってきます。
なにか中で固まりかけてます。

しかし!
振ります。
振ります。
振ります。
パシャパシャ音がかなり大きくなってきます。
これは乳脂肪分と水分が分離してきたことによるものです。
ここまで10分以上かかるでしょうか。

温まると固まりにくくなるようなきがするので、途中で一休みを兼ねて冷凍庫で数分冷やしました。
これが効果的なのかどうかは不明ですが、今回はそうしました。

再び振ります。


14_1201手作りバター003

しばらくするとこんな感じに。
バターになりかけてきました。
ここまで来ればもうひと息です。


14_1201手作りバター004

明らかにバターが出来てきました。
こうなったらOKです。

水は捨てます。
栄養分がたっぷりあるそうですが、使うあてがないので、今回は捨てました。


14_1201手作りバター005

塩を少量混ぜ込みます。
小さじ1/5くらいですかね?


次は水分を抜き取る工程に入ります。


14_1201手作りバター006

キッチンペーパーを5枚位重ね、そこにバターを移します。


14_1201手作りバター007

包みます。
油がしみ出るのでシンクの中で。

優しく押します。
手のひらを丸めて軽く押します。
押し過ぎたらベタベタにのびてしまいます。


14_1201手作りバター008

ペーパーを開きます。
見かけは最悪ですが、水分は抜けました。

サラシで包んで重しを乗せて一晩置くという手もあるそうです。
水分をしっかり抜いたほうが味が濃くなります。


14_1201手作りバター009

適用な容器に移します。
今回はアルミホイルにしました。
ベタベタになるので、こっちのほうがいいでしょう。


ここまででかなりバターが柔らかくなりすぎたので、一旦冷蔵庫で冷やします。

そして!!!

14_1201手作りバター010

この日の夕食はこれ。
さっそく味わいました。


日持ちしないと聞いてましたが、ラップに包んで冷凍庫で凍らせておくと、今日で4日目ですが、全然オッケー。
むしろ味と香りが良くなりました。
たぶん1週間程度が限度かもです?


後記※

冷凍庫で保管し、今日で1週間経ちましたが、全然オッケー。
日増しに香りが良くなりました。
たぶん余計な水分が抜けてくれるからだと思いますが、美味しくなる理由はよく分かりません。
冷凍庫に入れるときは厚さ1センチ以下に薄く伸ばしてください。
でないと歯が立たなくなります。
ナイフを突き立てて少しこじれば割れますので、さほど取り扱いは面倒ではありません。



ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿


バター作りに必要なのは、気合と体力です。
脳みそは不要です。
っていうか邪魔です。

考えるな、振れ!! ・・・を座右の銘にしてください。

右腕が筋肉痛になりました・・・


 



テーマ:手づくりを楽しもう - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/12/05(金) 21:03:18|
  2. マメ知識
  3. | コメント:6

<<小川町散歩・・・・その5 | ホーム | 小川町散歩・・・・その4>>

コメント

バターは品切れになるのに生クリームは品切れにならないのでしょうか・・・ 牛乳はたくさんあるはずなのですが・・・もしかして振る人が足りないだけなのかもしれません(笑)


  1. 2014/12/06(土) 20:42:32 |
  2. URL |
  3. kent_225 #8w8Th2ek
  4. [ 編集]

◆kentさんへ。

牛乳はチーズとか生クリームなどの2次製品に真っ先に利用され、余ったぶんでバターを作るそうです。
なので牛乳が減ると、バターが真っ先に切られるそうです。

こうなっらた全員で振るしかありませんね。
kentさんもさあ、振って下さいww

 
  1. 2014/12/07(日) 08:24:13 |
  2. URL |
  3. kazu_hiro #mB.BT9Ic
  4. [ 編集]

すごい!
無いなら作る…さすがです。
そのタカナシの生クリームはけっこうお高いですよね?
ホイップしてケーキに使うと、とても美味しいのです。

それにしてもよく作ろうと思いましたね…
バター風味のマーガリンじゃダメなんですか?(*^m^*)
あまり大量に作れなさそうで、あっという間に無くなったんじゃないでしょうか。
でも美味しそう…(* ̄▽ ̄)~♪
  1. 2014/12/07(日) 20:15:18 |
  2. URL |
  3. えり #-
  4. [ 編集]

◆えりさんへ

マーガリンはダメです!!
僕は妥協を許さない本物志向なのです。
「違いが分かる男」 なのですww ← 知らないですか?

一回やってみてください。
美味しいです。
作りたては大して美味しくなかったですが、冷凍庫に入れて保存すると日増しに香りが良くなってきました。
たぶん凍って水分が抜けるからだと思います。
もう一週間以上たちますが、まだ持ちそうです。

200mLのクリームで大体100gちょっとくらいできます。
バターが200gで400円ですから倍くらい違いますが、それでも目の玉が飛び出るくらい高いわけではありませんね。
輸入のバターはもっと高いそうです。
  1. 2014/12/08(月) 20:23:27 |
  2. URL |
  3. kazu_hiro #mB.BT9Ic
  4. [ 編集]

バター作り面白いですよね。
家族や友達などが集まってBBQするときによく作ります。
ちっちゃい子から酔っ払ったおっさんまで、ムキになって瓶を振る姿は見ている方も笑っちゃいます。
  1. 2014/12/14(日) 22:23:31 |
  2. URL |
  3. おぎ。 #-
  4. [ 編集]

◆おぎ。さんへ

BBQでさえ油っこいのに、さらにバターですか?
ブクブクになってしまいますよww

振るだけとはいえ、かなり大変。
特にホイップ状態になって音がしなくなってからが長いです。
挫折しそうになりますね。
しかし、真理への道は遠いのですww
 
  1. 2014/12/16(火) 19:40:52 |
  2. URL |
  3. kazu_hiro #mB.BT9Ic
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kazu_hiro

Author:kazu_hiro
kazu_hiro

■居住地:神奈川県
■性別:♂
■クルマ
 Nissan Z33
  2003.6~
■バイク
 Suzuki DR-Z400SM
  2005.7~
 KTM 690 DUKE R
  2011.4~  
■カメラ
 Canon EOS 30D
  2006.6~2010.01
 Canon EOS 40D
  2007.11~2010.01
 Canon EOS 5D MarkII
  2010.01~
 Canon EOS 5D MarkIII
  2013.06~ 
 Canon EOS M2
  2014.01~

■レンズ
 Canon EF24-105 F4L
  2006.09~
 Canon EF100-400 F4.5-5.6L
  2007.12~
 Canon EF70-300 F4.5-5.6
  2006.09~
 Canon EF50 F1.4
  2010.08~
 Canon EF-S60 F2.8 Macro
  2006.07~~2010.01
 Tokina AT-X124 Pro F4
  2007.10~~2010.01
 Tokina AT-X M100 PRO D F2.8
  2008.04~
 Canon EF28 F1.8
  2010.12~
 Tokina AT-X 16-28 F2.8 PRO FX
  2011.12~
■三脚
 Velbon Neo Carmagne 640
  2006.07~
 Velbon El Carmagne 445
  2008.04~

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/03│≫ 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ツーリング (KTM 690 DUKE R) (83)
ツーリング (DR-Z400SM) (57)
ツーリング(その他) (11)
バイク (KTM 690 DUKE R) (18)
バイク (DR-Z400SM) (6)
ドライブ (32)
クルマ (5)
風景写真 (150)
建築物写真・街歩き (278)
工場風景 (14)
熱気球 (28)
猫写真 (22)
飛行機 (10)
ブツ撮り (11)
フォトコンテスト (0)
カメラ (7)
音楽 (7)
マメ知識 (9)
その他 (110)
ラムジー・ハント症候群闘病記 (4)
未分類 (0)
読書 (4)
映画 (1)
鉄道 (2)

ユーザータグ

キリスト看板  無理やり店名  

人気ブログランキング

PIXTA

写真販売始めました

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
1158位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
409位
アクセスランキングを見る>>

ブログ仲間

このブログをリンクに追加する

レポート

■ ツーリング・レポート集
■ ドライブ・レポート集
■ DR-Z スピードセンサ交換記
■ 関東街歩きマップ

旧ブログ

六輪生活(LoveLog)

検索フォーム

車両情報


◆KTM690DUKE R('10)主要諸元
型式 690DUKELDU47
エンジン種類
 水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒
総排気量 690cc
内径/行程 102/84.5mm
最高出力 70ps(51.5kW)/7500rpm
最大トルク 70Nm/5500rpm
圧縮比 12.5:1
始動方式 セル式
変速機 6速
変速比
 第1速 2.500
 第2速 1.750
 第3速 1.333
 第4速 1.095
 第5速 0.957
 第6速 0.870
減速比(1次/2次) 36:79/16:40
潤滑方式
 2個のオイルポンプによるオイル圧送式
エンジンオイル モトレックス SAE 10W-60
クラッチ形式
APTCスリッパークラッチ 油圧操作式
燃料供給方式
 ケイヒン電子制御フューエルインジェクション

全長/全幅/全高 2122/830/1243mm
フレーム クロームモリブデン鋼
サブフレーム アルミニウム
ハンドルバー アルミニウムφ28/22mm
フロントフォーク
 WP倒立フォークφ48mm
リアサスペンション
 WPモノショック・プロレバーリンク
サスペンションストロークF/R 140/140mm
ブレーキF/R
 ディスクブレーキ φ320/240mm
リムF/R 3.50×17 5.00×17
タイヤF/R 120/70R 17 160/60R 17
サイレンサー ステンレススチール
ステアリングヘッド角 63.5°
軸間距離 1472±15mm
最低地上高(無負荷) 155mm
シート高(無負荷) 865mm
燃料タンク容量 約13.5L/2.5Lリザーブ
半乾燥重量 約148.5kg(燃料含まず)
乗車定員 2名
生産国 オーストリー


◆DR-Z400SM('05)主要諸元

型式 BC-SK44A
全長 / 全幅 / 全高
2225mm/870mm/1,185mm
軸間距離/最低地上高
 1,460mm/260mm
シート高 / 乾燥重量 870mm/133kg
最小回転半径 2.6m
キャスター/トレール 26°15’/94mm
タイヤサイズ
 F: 120/70R17M/C 58H
 R: 140/70R17M/C 66H
 (リム幅4.5inch)

エンジン型式
 K419・水冷・4サイクル・単気筒
弁方式 DOHC・4バルブ
総排気量 398cm3
内径×行程 / 圧縮比
 90.0mm×62.6mm/11.3
最高出力 29kW[40PS]/7,500rpm
最大トルク 39Nm[4.0kgm]/6,500rpm
キャブレター形式 BSR36
潤滑方式 / 潤滑油容量
 ドライサンプ式/1.9L
燃料タンク容量 10L(リザーブ2L)
定地燃費 40km/L (60km/h)
変速比
 1速 2.285
 2速 1.733
 3速 1.375
 4速 1.090
 5速 0.863
減速比(1次/2次) 2.960/2.733


◆Z33('02)主要諸元

車種 フェアレディZ/クーペ/2WD
車名型式 UA-Z33
エンジン型式 VQ35DE(NEO)
運転タイプ 6MT

全長×全幅×全高
 4310mm×1815mm×1315mm
室内寸法 長×幅×高
 1005mm×1475mm×1100mm
ホイールベース 2650mm
トレッド前/後 1535mm/1540mm
最低地上高 120mm
車両重量 1430kg
乗車定員 2名
最小回転半径 5.4m
燃料消費率|10・15モード 9.7km/L
駆動方式 後輪駆動(FR)
ステアリングギヤ形式
 パワーアシスト付ラック&ピニオン式
サスペンション 前・後
 マルチリンク式 ・ マルチリンク式
主ブレーキ 前・後
 ベンチレーテッドディスク式(前後共)
タイヤ
 F : 225/45R18 91W
 R : 245/45R18 96W
種類・シリンダー数 DOHC・V型6気筒
シリンダー内径×行程 95.5mm×81.4mm
総排気量 3.498L
圧縮比 10.3
最高出力
 206kw[280ps]/6200rpm
最大トルク
 363Nm[37.0kgm]/4800rpm
燃料供給装置 ニッサンEGI(ECCS)
使用燃料・タンク容量
 無鉛プレミアムガソリン・80L
変速比
 第1速 3.794
 第2速 2.324
 第3速 1.624
 第4速 1.271
 第5速 1.000
 第6速 0.794
 後 速 3.446
最終減速比 3.538


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。