六 輪 生 活

街歩きとバイクとクルマが好きです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

とちぎ熱気球ドライブ・・・・その2

前回《記事》の続きです。

金曜日から一日おいて日曜日。
この日は前々から天気予報がクルクル変わり、予想がつかなかったんですが、土曜日の夜になってようやく晴れるということが判明。
なら決行だってことで土曜日は9時に就寝しました。
前回と同じく3時過ぎには高速を飛ばして現地入りしました。

現地の天気は晴れてはいるものの東の空に雲がかかっており、日の出の時間になっても陽が差さず薄暗い状態でした。
撮影には不向きですが、それも試練だと思って我慢するしかありません。


09_1123_とちぎ熱気夕大会_01

6時45分、定刻通り競技スタートしました。
薄暗い中でバーナーの火炎が迫力でした。
まるで夜間撮影のようです。


09_1123_とちぎ熱気夕大会_02

熱気球の立ち上げはこんな感じ。
バスケットを横倒しにし、球皮を広げ、送風機で風を送ってある程度球皮が膨らんだところで、こうやってバーナーを吹き込みます。
そうすると球皮はさらに膨らみ、徐々に起きあがってきます。
この作業はチームワーク。
大体、4~5人がかりです。
3人で球皮を押さえ、一人は送風機を操作し、もう一人はバーナー操作です。
飛ぶときはパイロットは1人かせいぜい2人ですが、地上班のクルマと常時連絡を取りながら飛びます。
着陸したらそのクルマで機体を回収します。
このように熱気球はチームワークで飛ぶものです。


09_1123_とちぎ熱気夕大会_03

球皮が立ち上がってもすぐには離陸しません。
最終的な打合せを行うからでしょうか。
その間時々バーナーを焚いて機体を安定させます。
薄暗い中で球皮が明かりに輝きます。
この天気だからこそ撮れた一枚でしょうね (^o^) b


09_1123_とちぎ熱気夕大会_04

準備が整いしだい順次テイクオフしていきます。
濃いブルーの空にバーナーの炎が明るく輝きました。
上空の雲は陽が差してるので、暗いんだか明るいんだか分からない不思議な写真になりました。


09_1123_とちぎ熱気夕大会_05

次々にテイクオフしていきます。
3機が同時にバーナーを焚きました。
こういう瞬間は珍しくなかなか撮れない写真です。
構図がイマイチなのが残念。


09_1123_とちぎ熱気夕大会_06

バスケットから手を振るのはチュウブル号の児玉さん。
普通の会社員です。
パイロットは気球だけで食っていけるプロは日本にはほとんどいません。
通常は普段別のお仕事をしてます。
学校の先生や会社員、自営業、珍しいところでは陶芸家ってのもいます。
大会は休日だけに行われるわけではないので、平日でも時間が自由になりやすい職種に限られると思います。
土日も出勤しなければならないような忙しい職業では難しいでしょうね。


09_1123_とちぎ熱気夕大会_07

7時25分。ほぼ全機がテイクオフし、東の空に飛び去っていきました。
今日は大会最終日なので午後の部はなし。
ですからこのフライトがラストってことになります。
次の大会は来年4月初旬に行われる渡良瀬バルーンレースです。
その時が待ち遠しいです ♪


お腹が空いたので屋台で『佐世保バーガー』なるものをいただきました。
とにかくデカイ!!
普通のハンバーガーの2.5倍はあります。
朝っぱらから超腹一杯になりました。


後は帰るだけですが、今回はちょっと寄り道をすることに。
私事ですが昨年末に亡くなったボクの伯父さんのお墓参りに行こうと決めました。
そのお墓は群馬県の下仁田にあります。
宇都宮からちょっと西に走れば下仁田に着くだろうと思って走り始めましたが、遠いのなんの。
下道で走ったせいもありますが、着いたのは11時を回ってました。
約3時間もかかってしまいました。
後で調べたら直線距離で100kmも離れてるんですね。
せいぜい50km程度だと思ったら大違いでした。

お墓を水洗いし、途中で買ったお花を供えました。
その伯父さんは個人的にずいぶんお世話になった方です。
高校三年生のとき、両親が神奈川から九州に転勤することになったせいで、大学に入るまで1年間、伯父さんの家に下宿させてもらいました。
でもその後は忙しいのもあって疎遠になってました。
最近ようやく仕事も一段落したし挨拶に行かねば・・・・と思ってた矢先の伯父さんの死去でした。
大らかで面倒見のいい方でした。
後悔先に立たずとはまさにこのことですね・・・・。


お墓参りを済ませたらもうランチタイム。
このあたりで行きつけのお店といえば『おかた茶屋』《MAP》です。

09_1123_とちぎ熱気夕大会_08

このお店のお勧めメニューは『モツ煮込み定食』。
豚モツを味噌仕立てにしたもので、クセが無くとても美味しいです。
日本酒で臭みを消してるようで、かすかに日本酒の香りがします。


帰路は下仁田ICから上信越→関越→圏央道→中央道というコース。
上信越はすでに3連休の帰宅ラッシュが始まってました。
そこで遭遇したのはポルシェ911カレラ。
混雑にイライラしてるのか左側追い越しをガンガンかけて、追い越し車線に割り込むという乱暴な運転。
割り込まれた方は慌ててブレーキを踏まざるを得ず、タダでさえノロノロなのがさらに遅くなるということに。
バイクならともかくクルマでこういうことをしてはいけません。
非常に危険かつ迷惑です。
個人情報保護のため、ナンバーは伏せますがこのクルマ《Photo》です ( ̄∀ ̄)/


こうして帰宅したのは3時頃でした。
一昨日は帰るなりバタンキューと寝てしまいましたが、今回はまったく平気でした。
お墓参りをした功名かも??


おわり



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

 

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2009/12/11(金) 20:00:52|
  2. 熱気球
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

<<自宅PCのHDD交換 | ホーム | とちぎ熱気球ドライブ・・・・その1>>

コメント

佐世保バーガーがうらやましいっ!!!
パラグライダーとかハングは結構なじみが
あるんですが、本物の気球を見たことがない事に
気が付きました。 四国ではやってないんだろうなぁと・・・ いつかは見てみたいですね!
  1. 2009/12/11(金) 22:48:23 |
  2. URL |
  3. kent_225 #8w8Th2ek
  4. [ 編集]

気球撮影お疲れ様です。
ナンバーは伏せますと言いつつ、フォトをアップしちゃう
カズヒロさんが僕は好きですよ(笑)
前もコスモス畑で誰か吊るされてましたよね。
ちゃっかり撮ってるところがスゴイっす。
  1. 2009/12/12(土) 02:55:18 |
  2. URL |
  3. hideki003 #eYglkAOQ
  4. [ 編集]

◆kentさんへ

>佐世保バーガーがうらやましいっ!!!
いやいや、デカイだけで普通のハンバーガーでしたよ。
コレ1個で700円もしました ( ̄▽ ̄;)

>四国ではやってないんだろうなぁと・・・ いつかは見てみたいですね!
調べた限りではやってないようですね。
前回記事のコメント欄にも書いたように佐賀で大きな大会があるので遠征してみてはいかがでしょうか?
1泊で充分楽しめますから!!


◆hideki003さんへ

>ナンバーは伏せますと言いつつ、フォトをアップしちゃうカズヒロさんが僕は好きですよ(笑)
あ、うっかりしてました。
ま、イイか (笑)
非常に迷惑なクルマでしたから。
ワインディングであれば話は別ですが、天下の高速道路でこういうことをしてはいけませんね。
  1. 2009/12/12(土) 12:33:25 |
  2. URL |
  3. kazu_hiro #mB.BT9Ic
  4. [ 編集]

いつも思うのは、バーナーを噴射した時、気球に燃え移らないなぁって思ってしまいます。
休日の高速道路は事故ばかりで困りますよね~。
それに遅い車が追い越し車線走っているし・・・。
  1. 2009/12/12(土) 17:18:06 |
  2. URL |
  3. さとう #mdgUF9TI
  4. [ 編集]

今回も、良い写真ばかりですね。
コンテストが無いのが惜しいですね。
それにしても、毎回の事とは言え、早朝からお疲れさまです。
僕は仕事では、しぶしぶ早出もしますが、
遊びなら、絶対無理です…。
  1. 2009/12/12(土) 22:33:42 |
  2. URL |
  3. これくたあ #uEXqy11M
  4. [ 編集]

すでに恒例になったの熱気球大会の撮影ですね
今回も、雰囲気の良く伝わる写真ばかりですね

私は、4枚目に目が留まりました!
妖しい雲の雰囲気に、ひとつの気球のシルエット。。。
おもしろいと思います♪

早朝からの撮影おつかれさまでした~
  1. 2009/12/12(土) 22:52:17 |
  2. URL |
  3. さくらねこ #ZPZjd2Zs
  4. [ 編集]

◆さとうさんへ

>いつも思うのは、バーナーを噴射した時、気球に燃え移らないなぁって思ってしまいます。
確かに不思議ですよね。
バーナー付近の球皮は不燃性の布が使われており、その心配は無いようですよ ♪

>それに遅い車が追い越し車線走っているし・・・。
もうこれはどうしようもないかと。
日本のクルマ社会の病巣部がそこに現れてると思ってあきらめてます・・・・(+。+)


◆これくたあさんへ

>コンテストが無いのが惜しいですね。
そうなんですよねー。
不況の影響じゃないかと思ってますが、写真ファンとしてはこういうところで削られるのは痛いですね・・・・

>遊びなら、絶対無理です…。
なんて真面目な・・・(笑)
ボクは根っからの遊び人らしいので、遊びに使うエネルギーは仕事の倍以上あります。
早起きもなんのそのです。
社会人失格ですね ( ̄▽ ̄;)
これくたあさんもボクを見習ってくださいよ~ (笑)
  1. 2009/12/12(土) 23:11:41 |
  2. URL |
  3. kazu_hiro #mB.BT9Ic
  4. [ 編集]

◆さくらねこさんへ

>すでに恒例になったの熱気球大会の撮影ですね
もう3季目に突入ですからねー。
すでにベテランの領域・・・・・にはまだ早いかもですね (笑)
熱気球を撮るときは周りの状況を含めて切り取りたいと思いながら撮ってます。
空を見上げる人々や雲間に浮かぶ気球の姿、朝日を浴びて輝く大気の中でフライト準備をする人達・・・・。
気球単体写真なら望遠ズーム一本で撮れますが、こういう状景を含めて撮ろうと思うと難易度が格段にアップします。
運不運もありますが、それが写真の醍醐味だと思います。
熱気球は楽しいですよ。
さくらねこさんも一度見てみてはいかがでしょう??
http://www.jballoon.jp/taikai.html
行動範囲の広いさくらねこさんですから、このうちどれかは見に行けるんじゃ・・・・。
さくらねこさんが撮った熱気球の写真も見てみたいです ♪

>私は、4枚目に目が留まりました!
ありがとうございます!!
もう少し気球が大きく写ってたほうが良かったと思ってます。
でも晴れてるのに光が差さないという限られた条件でしか撮れない写真なのでこれはこれで良いかとも感じます。
タダひたすら雲一つ無く晴れてるだけってのも変化がつけにくくて却って難しいんですよ (^o^) /
  1. 2009/12/13(日) 14:40:57 |
  2. URL |
  3. kazu_hiro #mB.BT9Ic
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kz9999.blog35.fc2.com/tb.php/73-aa260dd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazu_hiro

Author:kazu_hiro
kazu_hiro

■居住地:神奈川県
■性別:♂
■クルマ
 Nissan Z33
  2003.6~
■バイク
 Suzuki DR-Z400SM
  2005.7~
 KTM 690 DUKE R
  2011.4~  
■カメラ
 Canon EOS 30D
  2006.6~2010.01
 Canon EOS 40D
  2007.11~2010.01
 Canon EOS 5D MarkII
  2010.01~
 Canon EOS 5D MarkIII
  2013.06~ 
 Canon EOS M2
  2014.01~

■レンズ
 Canon EF24-105 F4L
  2006.09~
 Canon EF100-400 F4.5-5.6L
  2007.12~
 Canon EF70-300 F4.5-5.6
  2006.09~
 Canon EF50 F1.4
  2010.08~
 Canon EF-S60 F2.8 Macro
  2006.07~~2010.01
 Tokina AT-X124 Pro F4
  2007.10~~2010.01
 Tokina AT-X M100 PRO D F2.8
  2008.04~
 Canon EF28 F1.8
  2010.12~
 Tokina AT-X 16-28 F2.8 PRO FX
  2011.12~
■三脚
 Velbon Neo Carmagne 640
  2006.07~
 Velbon El Carmagne 445
  2008.04~

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ツーリング (KTM 690 DUKE R) (83)
ツーリング (DR-Z400SM) (57)
ツーリング(その他) (11)
バイク (KTM 690 DUKE R) (18)
バイク (DR-Z400SM) (6)
ドライブ (32)
クルマ (5)
風景写真 (150)
建築物写真・街歩き (278)
工場風景 (14)
熱気球 (28)
猫写真 (22)
飛行機 (10)
ブツ撮り (11)
フォトコンテスト (0)
カメラ (7)
音楽 (7)
マメ知識 (9)
その他 (110)
ラムジー・ハント症候群闘病記 (4)
未分類 (0)
読書 (4)
映画 (1)
鉄道 (2)

ユーザータグ

キリスト看板  無理やり店名  

人気ブログランキング

PIXTA

写真販売始めました

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
987位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
353位
アクセスランキングを見る>>

ブログ仲間

このブログをリンクに追加する

レポート

■ ツーリング・レポート集
■ ドライブ・レポート集
■ DR-Z スピードセンサ交換記
■ 関東街歩きマップ

旧ブログ

六輪生活(LoveLog)

検索フォーム

車両情報


◆KTM690DUKE R('10)主要諸元
型式 690DUKELDU47
エンジン種類
 水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒
総排気量 690cc
内径/行程 102/84.5mm
最高出力 70ps(51.5kW)/7500rpm
最大トルク 70Nm/5500rpm
圧縮比 12.5:1
始動方式 セル式
変速機 6速
変速比
 第1速 2.500
 第2速 1.750
 第3速 1.333
 第4速 1.095
 第5速 0.957
 第6速 0.870
減速比(1次/2次) 36:79/16:40
潤滑方式
 2個のオイルポンプによるオイル圧送式
エンジンオイル モトレックス SAE 10W-60
クラッチ形式
APTCスリッパークラッチ 油圧操作式
燃料供給方式
 ケイヒン電子制御フューエルインジェクション

全長/全幅/全高 2122/830/1243mm
フレーム クロームモリブデン鋼
サブフレーム アルミニウム
ハンドルバー アルミニウムφ28/22mm
フロントフォーク
 WP倒立フォークφ48mm
リアサスペンション
 WPモノショック・プロレバーリンク
サスペンションストロークF/R 140/140mm
ブレーキF/R
 ディスクブレーキ φ320/240mm
リムF/R 3.50×17 5.00×17
タイヤF/R 120/70R 17 160/60R 17
サイレンサー ステンレススチール
ステアリングヘッド角 63.5°
軸間距離 1472±15mm
最低地上高(無負荷) 155mm
シート高(無負荷) 865mm
燃料タンク容量 約13.5L/2.5Lリザーブ
半乾燥重量 約148.5kg(燃料含まず)
乗車定員 2名
生産国 オーストリー


◆DR-Z400SM('05)主要諸元

型式 BC-SK44A
全長 / 全幅 / 全高
2225mm/870mm/1,185mm
軸間距離/最低地上高
 1,460mm/260mm
シート高 / 乾燥重量 870mm/133kg
最小回転半径 2.6m
キャスター/トレール 26°15’/94mm
タイヤサイズ
 F: 120/70R17M/C 58H
 R: 140/70R17M/C 66H
 (リム幅4.5inch)

エンジン型式
 K419・水冷・4サイクル・単気筒
弁方式 DOHC・4バルブ
総排気量 398cm3
内径×行程 / 圧縮比
 90.0mm×62.6mm/11.3
最高出力 29kW[40PS]/7,500rpm
最大トルク 39Nm[4.0kgm]/6,500rpm
キャブレター形式 BSR36
潤滑方式 / 潤滑油容量
 ドライサンプ式/1.9L
燃料タンク容量 10L(リザーブ2L)
定地燃費 40km/L (60km/h)
変速比
 1速 2.285
 2速 1.733
 3速 1.375
 4速 1.090
 5速 0.863
減速比(1次/2次) 2.960/2.733


◆Z33('02)主要諸元

車種 フェアレディZ/クーペ/2WD
車名型式 UA-Z33
エンジン型式 VQ35DE(NEO)
運転タイプ 6MT

全長×全幅×全高
 4310mm×1815mm×1315mm
室内寸法 長×幅×高
 1005mm×1475mm×1100mm
ホイールベース 2650mm
トレッド前/後 1535mm/1540mm
最低地上高 120mm
車両重量 1430kg
乗車定員 2名
最小回転半径 5.4m
燃料消費率|10・15モード 9.7km/L
駆動方式 後輪駆動(FR)
ステアリングギヤ形式
 パワーアシスト付ラック&ピニオン式
サスペンション 前・後
 マルチリンク式 ・ マルチリンク式
主ブレーキ 前・後
 ベンチレーテッドディスク式(前後共)
タイヤ
 F : 225/45R18 91W
 R : 245/45R18 96W
種類・シリンダー数 DOHC・V型6気筒
シリンダー内径×行程 95.5mm×81.4mm
総排気量 3.498L
圧縮比 10.3
最高出力
 206kw[280ps]/6200rpm
最大トルク
 363Nm[37.0kgm]/4800rpm
燃料供給装置 ニッサンEGI(ECCS)
使用燃料・タンク容量
 無鉛プレミアムガソリン・80L
変速比
 第1速 3.794
 第2速 2.324
 第3速 1.624
 第4速 1.271
 第5速 1.000
 第6速 0.794
 後 速 3.446
最終減速比 3.538


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。