六 輪 生 活

街歩きとバイクとクルマが好きです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

四谷荒木町散歩

四谷には9月に行ってきたわけですが、最も面白そうな荒木町をうっかりしてスルーしてしまったので機会を改めて行ってきました。 《9月の記事


結果からいうといまいちでした。
街そのものは悪くないのですが、撮る方のスタンスが定まらず、結果として面白くもなんともない写真になってしまいました。


12_1104_四谷荒木町散歩_005


12_1104_四谷荒木町散歩_004


どうしたらいいのかが見えません。
ここらで気分転換し、なにか毛色の違う方向へ逸れてみるのも手かも。
あと、人の写真をよく見て分析してみようと思います。
何事も修行は真似から始まるのです。



12_1104_四谷荒木町散歩_003

坊主がバーを経営してるそうです。
HPによると
『 現役の僧侶と楽しく過ごす / 僧侶の法話を聴く / 人生を語り合う / そんなBARです 』
だそうです。
そうですか・・・・としか言いようがw


そのうちに対抗馬として神社がバーの経営に乗り出すかもしれません。
『 現役の神主と楽しく過ごす / 神主の祝詞を聴く / 神について語り合う / 巫女さんが隣にw / そんなBARです 』



ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿




ところで、全く話は変わりますが、現在読んでる本はこれです。





どなたでも書名と作者は耳にしたことはあるのではないでしょうか。
基本的に僕は名作系はかなり苦手で、面白いと思った本はほとんどありません。
なんというかかび臭いのです。
退屈です。

でもこの本はかなりいける口です。
主人公のクリストフが魅力的なのです。
なにが魅力なのかは読み手によって違うので書きませんが、じつに生き生きとして躍動感を感じます。
会話文は少ないです。
クリストフの内面描写を第三者的な視点から為しています。
その描写が生々しくリアルです。
時代がかった古臭さが感じられません。


そして各センテンスの終わりに総括的な描写が添えられていることが多いのですが、一部を抜き出します。

 「 かかる幼児の内部を読み分けうる者は、影の中に埋もれたる幾多の世界を、しだいに形を具えゆく幾多の全宇宙を・・・・・そこに見出すだろう。 幼児の存在には限界がない。 彼は存在するすべてのものである・・・・・ 」

 「 彼はその恋愛の狭霧の中を、めくら滅法にあちらこちら彷徨った。 そしていかに努力しても、あるおぼろな固定観念のまわりを、あたかも虫にたいする炎のような、恐るべき魅惑的な、未知の「欲望」のまわりを、ただぐるぐる回るばかりだった。 それは「自然」の盲目的な力のにわかの沸騰であった。 」

ここでいう幼児とか彼とかはもちろんクリストフのことです。


僕は心理描写であれ、状況描写であれ、作中のあらゆる世界を言葉で表現しようというスタンスの小説が好きです。
その世界描写とその解釈は、作者が言葉を尽くしてコントロールする職人芸を見せるべきという考えです。
研ぎ澄まされたコントロールに職人芸と執念を感じ、それに巻き込まれながら、読者はその状況を楽しむのが文学の醍醐味だと思っています。
解釈を曖昧にし、読者任せにしてはいけないのです。
読者を支配すべきです。
これは僕個人の好みの話ですが。

この本はその僕の好みと一致する方向のようです。
全4巻あるなかのまだ1巻目ですが、途中で投げ出さずに読みきれそうな予感がします。

 

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/28(水) 21:00:19|
  2. 建築物写真・街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

<<爆走! SUZUKI ADRESS 125G 奥多摩・柳沢峠ツーリング | ホーム | 赤城山・榛名山ツーリング>>

コメント

恥ずかしながらロマン・ロランは読んだことがありません、あまりにも潔癖すぎるイメージが強すぎて。
いつかはこの本と「魅せられたる魂」を読みたいとは思ってるのですが(汗)
読者を支配するというなら、
精神的な鬱屈したドストエフスキーとかになぜか引かれる傾向にある自分ww
  1. 2012/12/04(火) 22:16:28 |
  2. URL |
  3. d@m@ #WOq6nlhY
  4. [ 編集]

◆d@m@さんへ

ロマン・ロランはとある小説で引き合いに出されてて興味を持ちました。
潔癖というより純真さがあります。
幼児や思春期の子供の心理描写が秀逸なのです。
僕は子供の頃に何を感じていたか割と覚えてるほうですが、子供の頃こうだったなという記憶とかなりマッチします。
これほど子供を生き生きと一人の人間として描ける作家はそうそういないのでは?

ジャン・クリストフがもし最後まで印象が良かったら『魅せられたる魂』も読んでみたいですね。
本を買うペースと読むペースが合わず、溜まる一方です。

ドストエフスキーも読んでみたいですが、登場人物の名が覚えられそうもありません。

コロンビアの作家ガルシア・マルケスの『百年の孤独』を読んだときも登場人物があまりにも覚えにくい&人数が多すぎるで、撤退を余儀なくされました。
レメディオス・モスコテとかサンタ・ソフィア・デ・ラ・ピエダとかです。
トムとかマイケルとか分かりやすい名前にして欲しいですww
  1. 2012/12/04(火) 23:36:26 |
  2. URL |
  3. kazu_hiro #mB.BT9Ic
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kz9999.blog35.fc2.com/tb.php/610-9c39084b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazu_hiro

Author:kazu_hiro
kazu_hiro

■居住地:神奈川県
■性別:♂
■クルマ
 Nissan Z33
  2003.6~
■バイク
 Suzuki DR-Z400SM
  2005.7~
 KTM 690 DUKE R
  2011.4~  
■カメラ
 Canon EOS 30D
  2006.6~2010.01
 Canon EOS 40D
  2007.11~2010.01
 Canon EOS 5D MarkII
  2010.01~
 Canon EOS 5D MarkIII
  2013.06~ 
 Canon EOS M2
  2014.01~

■レンズ
 Canon EF24-105 F4L
  2006.09~
 Canon EF100-400 F4.5-5.6L
  2007.12~
 Canon EF70-300 F4.5-5.6
  2006.09~
 Canon EF50 F1.4
  2010.08~
 Canon EF-S60 F2.8 Macro
  2006.07~~2010.01
 Tokina AT-X124 Pro F4
  2007.10~~2010.01
 Tokina AT-X M100 PRO D F2.8
  2008.04~
 Canon EF28 F1.8
  2010.12~
 Tokina AT-X 16-28 F2.8 PRO FX
  2011.12~
■三脚
 Velbon Neo Carmagne 640
  2006.07~
 Velbon El Carmagne 445
  2008.04~

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ツーリング (KTM 690 DUKE R) (83)
ツーリング (DR-Z400SM) (57)
ツーリング(その他) (11)
バイク (KTM 690 DUKE R) (18)
バイク (DR-Z400SM) (6)
ドライブ (32)
クルマ (5)
風景写真 (150)
建築物写真・街歩き (278)
工場風景 (14)
熱気球 (28)
猫写真 (22)
飛行機 (10)
ブツ撮り (11)
フォトコンテスト (0)
カメラ (7)
音楽 (7)
マメ知識 (9)
その他 (110)
ラムジー・ハント症候群闘病記 (4)
未分類 (0)
読書 (4)
映画 (1)
鉄道 (2)

ユーザータグ

キリスト看板  無理やり店名  

人気ブログランキング

PIXTA

写真販売始めました

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
1322位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
466位
アクセスランキングを見る>>

ブログ仲間

このブログをリンクに追加する

レポート

■ ツーリング・レポート集
■ ドライブ・レポート集
■ DR-Z スピードセンサ交換記
■ 関東街歩きマップ

旧ブログ

六輪生活(LoveLog)

検索フォーム

車両情報


◆KTM690DUKE R('10)主要諸元
型式 690DUKELDU47
エンジン種類
 水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒
総排気量 690cc
内径/行程 102/84.5mm
最高出力 70ps(51.5kW)/7500rpm
最大トルク 70Nm/5500rpm
圧縮比 12.5:1
始動方式 セル式
変速機 6速
変速比
 第1速 2.500
 第2速 1.750
 第3速 1.333
 第4速 1.095
 第5速 0.957
 第6速 0.870
減速比(1次/2次) 36:79/16:40
潤滑方式
 2個のオイルポンプによるオイル圧送式
エンジンオイル モトレックス SAE 10W-60
クラッチ形式
APTCスリッパークラッチ 油圧操作式
燃料供給方式
 ケイヒン電子制御フューエルインジェクション

全長/全幅/全高 2122/830/1243mm
フレーム クロームモリブデン鋼
サブフレーム アルミニウム
ハンドルバー アルミニウムφ28/22mm
フロントフォーク
 WP倒立フォークφ48mm
リアサスペンション
 WPモノショック・プロレバーリンク
サスペンションストロークF/R 140/140mm
ブレーキF/R
 ディスクブレーキ φ320/240mm
リムF/R 3.50×17 5.00×17
タイヤF/R 120/70R 17 160/60R 17
サイレンサー ステンレススチール
ステアリングヘッド角 63.5°
軸間距離 1472±15mm
最低地上高(無負荷) 155mm
シート高(無負荷) 865mm
燃料タンク容量 約13.5L/2.5Lリザーブ
半乾燥重量 約148.5kg(燃料含まず)
乗車定員 2名
生産国 オーストリー


◆DR-Z400SM('05)主要諸元

型式 BC-SK44A
全長 / 全幅 / 全高
2225mm/870mm/1,185mm
軸間距離/最低地上高
 1,460mm/260mm
シート高 / 乾燥重量 870mm/133kg
最小回転半径 2.6m
キャスター/トレール 26°15’/94mm
タイヤサイズ
 F: 120/70R17M/C 58H
 R: 140/70R17M/C 66H
 (リム幅4.5inch)

エンジン型式
 K419・水冷・4サイクル・単気筒
弁方式 DOHC・4バルブ
総排気量 398cm3
内径×行程 / 圧縮比
 90.0mm×62.6mm/11.3
最高出力 29kW[40PS]/7,500rpm
最大トルク 39Nm[4.0kgm]/6,500rpm
キャブレター形式 BSR36
潤滑方式 / 潤滑油容量
 ドライサンプ式/1.9L
燃料タンク容量 10L(リザーブ2L)
定地燃費 40km/L (60km/h)
変速比
 1速 2.285
 2速 1.733
 3速 1.375
 4速 1.090
 5速 0.863
減速比(1次/2次) 2.960/2.733


◆Z33('02)主要諸元

車種 フェアレディZ/クーペ/2WD
車名型式 UA-Z33
エンジン型式 VQ35DE(NEO)
運転タイプ 6MT

全長×全幅×全高
 4310mm×1815mm×1315mm
室内寸法 長×幅×高
 1005mm×1475mm×1100mm
ホイールベース 2650mm
トレッド前/後 1535mm/1540mm
最低地上高 120mm
車両重量 1430kg
乗車定員 2名
最小回転半径 5.4m
燃料消費率|10・15モード 9.7km/L
駆動方式 後輪駆動(FR)
ステアリングギヤ形式
 パワーアシスト付ラック&ピニオン式
サスペンション 前・後
 マルチリンク式 ・ マルチリンク式
主ブレーキ 前・後
 ベンチレーテッドディスク式(前後共)
タイヤ
 F : 225/45R18 91W
 R : 245/45R18 96W
種類・シリンダー数 DOHC・V型6気筒
シリンダー内径×行程 95.5mm×81.4mm
総排気量 3.498L
圧縮比 10.3
最高出力
 206kw[280ps]/6200rpm
最大トルク
 363Nm[37.0kgm]/4800rpm
燃料供給装置 ニッサンEGI(ECCS)
使用燃料・タンク容量
 無鉛プレミアムガソリン・80L
変速比
 第1速 3.794
 第2速 2.324
 第3速 1.624
 第4速 1.271
 第5速 1.000
 第6速 0.794
 後 速 3.446
最終減速比 3.538


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。