六 輪 生 活

街歩きとバイクとクルマが好きです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

春子情歌 ようやく完読

髙村薫の『春子情歌』上下巻を完読しました。
完読しましたが、完敗です。
結局何が何だか分からないままでした。
感想文などとても書ける状態ではありません。


12_0719春子情歌完読



母であり女である春子とその息子彰之。
春子から送られてくる膨大な手紙を軸にして、母との距離感を感じ、戸惑い、やがて母の重力を感じ、最後にはやはり自分はひとりだし母もひとりだと締めくくられます。


いったい何がどうなってそうなったのかほとんど分かりませんでした。
書いてあるのでしょうけど、読み取る能力と感性が無かったのでしょう。
今まで明快な構成でテンポが軽快な小説や、ドキュメンタリータッチのものを好んできた僕にとっては未知の領域でした。
当たって砕けてもいいかなと思いつつ、そのうち分かるかなと思いつつ、・・・・見事にダメでした。


結論ありきでその結論に向かって流れ下っていく、あるいは上り詰めていくという流れではなく、第一印象にあったように、広大な平原を緩やかに蛇行する河のように漂いながら、あるいは渦のように旋回しながら掘り進み、やがては行き着くところへ行き着くという感じです。
行き着いた先に重大な意味があるのかすら分かりませんでした。
作家本人も分かってて書いたのかどうか?


しかし、読むのが苦痛だったかといえばそうでもありません。
最初の頃はそのゆるゆると流れる時間についていけずに困りましたが、慣れます。
意味するところが分からなくても、分からないなりに読んでいけます。
髙村氏の作家としての執念がこめられた表現一つ一つをそれぞれに鑑賞すればよいのです。
その鑑賞の総和が意味として繋がることにはならないのでしょうけど、それはそれで楽しめます。
ただしその表現はかなり濃厚かつ難解です。
物理、思想、哲学、宗教・・・・その辺の知識が全くゼロの方には意味不明かも。
多少なりとも分かれば、腑には落ちなくとも、何かは感じられます。
例えばこうです。
『・・・・一方残された彰之はその一瞬、いましがた母が叩いて行った自分の手の肉や骨のなかに突然重力場の穴が生まれ、数日来自分を押し包んでいた時空の距離がしばしかき乱されるような心地のなかにいたのだったが、それは言うなれば母という質量が急に膜でもない波動でもない、密に詰まった世界の分子全部の振動になり、そのただなかで自分が方角も天地もない宙づりになる感覚・・・・』
これの意味するところが完全に分かる人はいるかどうかはわかりませんが、身体感覚や意識や感情という曖昧で表現しにくいものを即物的な物理学の事象を借りて何とか言い表そうとしてるようだなということは感じられます。
曖昧なものを言葉を尽くして表現しようというという意思は十分に伝わってくるように思えます。
結果として読者が言葉の渦に巻き込まれて、却って見えなくなるという現象に陥るわけですが。
巻き込まれずに消化する能力が求められます。
それってかなり特殊な能力では?


はっきり言って今はこれだけ書くのがやっとです。
思うところは他にもあるのですが、はっきりと意識化できてないし、言葉にもできないので書けません。
10年後に読んだら、もう少し見えてくるものがあるかもしれません。



ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿



  




 

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

  1. 2012/07/19(木) 18:57:58|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

<<古代に咲く花・・・・その2 | ホーム | 古代に咲く花・・・・その1>>

コメント

僕が詠んだら3年ぐらいかかりそうですね(汗)
しかしそういう表現が出来る事が凄いですね。
自分も複雑な心境描写に挑戦してみます。

未だに給料が手渡しの私の勤めている小さな会社。月に一度それが手渡される瞬間、あまりの軽さに心にぽっかりと空いた虚空へ自分の存在や細胞が吸い込まれていくような生ぬるい感覚を覚えます( ̄ー ̄)
  1. 2012/07/19(木) 22:27:36 |
  2. URL |
  3. kent_225 #8w8Th2ek
  4. [ 編集]

◆kentさんへ

>未だに給料が手渡しの私の勤めている小さな・・・
添削しようと思いましたが・・・・・・・・・・無理です。
全く話になりませんw
諦めが肝心ですww

この本の一言一句を吟味しながら読んだら、ほんとうに3年くらいかかってもおかしくありません。
上下巻で720ページほどあるので、5日で6ページくらいのペースで3年かかる計算です。
それくらいかかりそうな・・・
根気がないのでそれは無理ですが。
  1. 2012/07/20(金) 20:47:09 |
  2. URL |
  3. kazu_hiro #mB.BT9Ic
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kz9999.blog35.fc2.com/tb.php/539-a1c7ed8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazu_hiro

Author:kazu_hiro
kazu_hiro

■居住地:神奈川県
■性別:♂
■クルマ
 Nissan Z33
  2003.6~
■バイク
 Suzuki DR-Z400SM
  2005.7~
 KTM 690 DUKE R
  2011.4~  
■カメラ
 Canon EOS 30D
  2006.6~2010.01
 Canon EOS 40D
  2007.11~2010.01
 Canon EOS 5D MarkII
  2010.01~
 Canon EOS 5D MarkIII
  2013.06~ 
 Canon EOS M2
  2014.01~

■レンズ
 Canon EF24-105 F4L
  2006.09~
 Canon EF100-400 F4.5-5.6L
  2007.12~
 Canon EF70-300 F4.5-5.6
  2006.09~
 Canon EF50 F1.4
  2010.08~
 Canon EF-S60 F2.8 Macro
  2006.07~~2010.01
 Tokina AT-X124 Pro F4
  2007.10~~2010.01
 Tokina AT-X M100 PRO D F2.8
  2008.04~
 Canon EF28 F1.8
  2010.12~
 Tokina AT-X 16-28 F2.8 PRO FX
  2011.12~
■三脚
 Velbon Neo Carmagne 640
  2006.07~
 Velbon El Carmagne 445
  2008.04~

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ツーリング (KTM 690 DUKE R) (83)
ツーリング (DR-Z400SM) (57)
ツーリング(その他) (11)
バイク (KTM 690 DUKE R) (18)
バイク (DR-Z400SM) (6)
ドライブ (32)
クルマ (5)
風景写真 (150)
建築物写真・街歩き (278)
工場風景 (14)
熱気球 (28)
猫写真 (22)
飛行機 (10)
ブツ撮り (11)
フォトコンテスト (0)
カメラ (7)
音楽 (7)
マメ知識 (9)
その他 (110)
ラムジー・ハント症候群闘病記 (4)
未分類 (0)
読書 (4)
映画 (1)
鉄道 (2)

ユーザータグ

キリスト看板  無理やり店名  

人気ブログランキング

PIXTA

写真販売始めました

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
1802位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
625位
アクセスランキングを見る>>

ブログ仲間

このブログをリンクに追加する

レポート

■ ツーリング・レポート集
■ ドライブ・レポート集
■ DR-Z スピードセンサ交換記
■ 関東街歩きマップ

旧ブログ

六輪生活(LoveLog)

検索フォーム

車両情報


◆KTM690DUKE R('10)主要諸元
型式 690DUKELDU47
エンジン種類
 水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒
総排気量 690cc
内径/行程 102/84.5mm
最高出力 70ps(51.5kW)/7500rpm
最大トルク 70Nm/5500rpm
圧縮比 12.5:1
始動方式 セル式
変速機 6速
変速比
 第1速 2.500
 第2速 1.750
 第3速 1.333
 第4速 1.095
 第5速 0.957
 第6速 0.870
減速比(1次/2次) 36:79/16:40
潤滑方式
 2個のオイルポンプによるオイル圧送式
エンジンオイル モトレックス SAE 10W-60
クラッチ形式
APTCスリッパークラッチ 油圧操作式
燃料供給方式
 ケイヒン電子制御フューエルインジェクション

全長/全幅/全高 2122/830/1243mm
フレーム クロームモリブデン鋼
サブフレーム アルミニウム
ハンドルバー アルミニウムφ28/22mm
フロントフォーク
 WP倒立フォークφ48mm
リアサスペンション
 WPモノショック・プロレバーリンク
サスペンションストロークF/R 140/140mm
ブレーキF/R
 ディスクブレーキ φ320/240mm
リムF/R 3.50×17 5.00×17
タイヤF/R 120/70R 17 160/60R 17
サイレンサー ステンレススチール
ステアリングヘッド角 63.5°
軸間距離 1472±15mm
最低地上高(無負荷) 155mm
シート高(無負荷) 865mm
燃料タンク容量 約13.5L/2.5Lリザーブ
半乾燥重量 約148.5kg(燃料含まず)
乗車定員 2名
生産国 オーストリー


◆DR-Z400SM('05)主要諸元

型式 BC-SK44A
全長 / 全幅 / 全高
2225mm/870mm/1,185mm
軸間距離/最低地上高
 1,460mm/260mm
シート高 / 乾燥重量 870mm/133kg
最小回転半径 2.6m
キャスター/トレール 26°15’/94mm
タイヤサイズ
 F: 120/70R17M/C 58H
 R: 140/70R17M/C 66H
 (リム幅4.5inch)

エンジン型式
 K419・水冷・4サイクル・単気筒
弁方式 DOHC・4バルブ
総排気量 398cm3
内径×行程 / 圧縮比
 90.0mm×62.6mm/11.3
最高出力 29kW[40PS]/7,500rpm
最大トルク 39Nm[4.0kgm]/6,500rpm
キャブレター形式 BSR36
潤滑方式 / 潤滑油容量
 ドライサンプ式/1.9L
燃料タンク容量 10L(リザーブ2L)
定地燃費 40km/L (60km/h)
変速比
 1速 2.285
 2速 1.733
 3速 1.375
 4速 1.090
 5速 0.863
減速比(1次/2次) 2.960/2.733


◆Z33('02)主要諸元

車種 フェアレディZ/クーペ/2WD
車名型式 UA-Z33
エンジン型式 VQ35DE(NEO)
運転タイプ 6MT

全長×全幅×全高
 4310mm×1815mm×1315mm
室内寸法 長×幅×高
 1005mm×1475mm×1100mm
ホイールベース 2650mm
トレッド前/後 1535mm/1540mm
最低地上高 120mm
車両重量 1430kg
乗車定員 2名
最小回転半径 5.4m
燃料消費率|10・15モード 9.7km/L
駆動方式 後輪駆動(FR)
ステアリングギヤ形式
 パワーアシスト付ラック&ピニオン式
サスペンション 前・後
 マルチリンク式 ・ マルチリンク式
主ブレーキ 前・後
 ベンチレーテッドディスク式(前後共)
タイヤ
 F : 225/45R18 91W
 R : 245/45R18 96W
種類・シリンダー数 DOHC・V型6気筒
シリンダー内径×行程 95.5mm×81.4mm
総排気量 3.498L
圧縮比 10.3
最高出力
 206kw[280ps]/6200rpm
最大トルク
 363Nm[37.0kgm]/4800rpm
燃料供給装置 ニッサンEGI(ECCS)
使用燃料・タンク容量
 無鉛プレミアムガソリン・80L
変速比
 第1速 3.794
 第2速 2.324
 第3速 1.624
 第4速 1.271
 第5速 1.000
 第6速 0.794
 後 速 3.446
最終減速比 3.538


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。