六 輪 生 活

街歩きとバイクとクルマが好きです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヨーロッパ退屈日記

今、伊丹十三の『ヨーロッパ退屈日記』を読んでます。
映画監督であり、俳優である伊丹十三が、1960年代にヨーロッパに長期滞在し、そこで見聞きしたことを元に、エッセイとしたものです。


12_0526ヨーロッパ退屈日記


そのなかで面白いと思う部分があったので、抜き書きしておきます。
長いので一部編集してあります。




■ 伊丹さんが人から聞いた小咄

イギリスで、ある紳士がエセクター行きの汽車に乗ったときのこと。
コンパートメントに入って席に着こうとした時、彼は向かい側の男の顔に目をやって、そこに異様なものを発見した。
その男は山高帽に黒いオーバー、銀色っぽいスカーフを首に巻いて、細身の蝙蝠を持っていた。いわば典型的な中年のイングリッシュ・ジェントルマンである。
ところがその紳士は左の耳にバナナを詰めていたのだ。
誰しもやるように、バナナを食べようとする時は、皮を半分くらいまでむいて、後は手で持つように残しておく、そういう具合にむいたバナナの身のほうを、その紳士は耳に差していたのである。

さて後からきた男はしばらく黙って観察し、--どうしたもんだろう、やっぱり忠告してやるべきでだろうか--
しかし一体どう切り出したもんだろう。まさかバナナが耳に詰まってますよともいいにくいし。
こんな具合にして時間はのろのろと過ぎ去っていった。
彼はため息をついて思った、最早逃れるすべはない。エセクターまではまだ2時間もある。彼はついに勇気を振りしぼって相手の眼を捕えた。

「まことに失礼ですが---」
ところが彼の声は少しばかり低すぎたようだ。しかも相手の紳士は左耳にバナナを詰めている。
「何とおっしゃいました?」
「まことに失礼ですが---」
彼は大声でどなった。
「耳にバナナが詰まってるのをご存じですか?」
「何ですって?もう一度おっしゃってください」
「あなたの耳にですね、バナナが詰まってますよ!」
「何ですか?何とおっしゃいました?」
「ミーミーニーバーナーナーガーツーマーツーテーマースーヨー」
「すみませんが全然聞こえないのです。何しろ耳にバナナを詰めているものですから」




■ 伊丹さんの映画のシナリオについての考え方。

安手のテレビ・ドラマやB級の刑事ものの映画では、殺人が電話で報告されるシーンは、およそ次のような形をとることが多い。

「ああ、もしもし、うん田中だ---なに?---山口電気の社長が?---うん---死体になって発見された?---場所は?---麹町一番町、十八の五---よしわかった---うんすぐ行く」
電話では相手の声が聞こえないから、相手の分までやってるわけだ。こんな調子ならシナリオを書くのは訳はない。

おそらく書いてるシナリオ・ライター本人も、さぞかし恥ずかしかったことだろう。しかし、こんな台詞をもらった俳優はもっと恥ずかしいんだよ。みんな恥ずかしさをこらえて、何とか、気分を出そうと「なに死体になって発見された?」なんて緊迫した声でいってみたりしてるが、どうにも御都合主義の印象はまぬがれない。

たとえば、原子怪獣ラドン、のような奴が突如出現する。逃げまどう群集。その中に原子力研究所の所員がいる。彼のクローズ・アップになると、彼は恐怖に顔を引きつらせ、わななく指で怪物の方を指し示しながら叫ぶ。
「あっ!あれは、うちの所長を殺したラドンだ!」

一体、恐怖にわなないてる筈の人がこんな説明的なことを叫ぶものだろうか。どうせ説明するなら、いっそ徹底的に、こんな工合にやったらどうかといいたくなる。
「あっ、あれは約六千万年前に地球上から一切絶滅したといわれてたにもかかわらず、どういうわけか最近突然出現して、うちの所長を殺したラドンだ!」





電車の中で笑いを堪えるのは大変でしたww





ところで、ラドンってそんなに怖いんですね?

12_0615怪獣ラドン

全く緊迫感が感じられないのですが。




ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿


この本は前半1/4までは伊丹さん個人の考え方が前面にでてて面白いかと思ったのですが、以降はつまらなかったです。
基調としては、おお麗しのヨーロッパ、それにくらべて日本は・・・・的な論調。
それがブラックユーモアなら面白いのですが、かなり本気らしいです。
ある世代以上の方に見られるパターンです。

 
 

テーマ:エッセイ/随筆 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2012/06/15(金) 20:23:05|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

<<梅雨でいやなのは・・・ | ホーム | 東京駅・箱崎散歩・・・・その2>>

コメント

エッセイ面白いですね(笑) ごもっとも!という感じですね、個人的にはちびまるこちゃんを描いている
「さくらももこ」のエッセイも好きです。
よくぞそんな体験があるなという感じです(笑)
  1. 2012/06/15(金) 21:43:37 |
  2. URL |
  3. kent_225 #8w8Th2ek
  4. [ 編集]

◆kentさんへ

面白かったです。
全半1/4だけですが。
さくらももこのエッセイってまだ読んだことが。
ちなみにさくらももこは静岡県の清水市の青果店の出身です。
清水は僕も5年ほどいたことがあるので知ってます。

今度読んでみますね。
  1. 2012/06/16(土) 07:53:26 |
  2. URL |
  3. kazu_hiro #mB.BT9Ic
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kz9999.blog35.fc2.com/tb.php/511-09a53aea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazu_hiro

Author:kazu_hiro
kazu_hiro

■居住地:神奈川県
■性別:♂
■クルマ
 Nissan Z33
  2003.6~
■バイク
 Suzuki DR-Z400SM
  2005.7~
 KTM 690 DUKE R
  2011.4~  
■カメラ
 Canon EOS 30D
  2006.6~2010.01
 Canon EOS 40D
  2007.11~2010.01
 Canon EOS 5D MarkII
  2010.01~
 Canon EOS 5D MarkIII
  2013.06~ 
 Canon EOS M2
  2014.01~

■レンズ
 Canon EF24-105 F4L
  2006.09~
 Canon EF100-400 F4.5-5.6L
  2007.12~
 Canon EF70-300 F4.5-5.6
  2006.09~
 Canon EF50 F1.4
  2010.08~
 Canon EF-S60 F2.8 Macro
  2006.07~~2010.01
 Tokina AT-X124 Pro F4
  2007.10~~2010.01
 Tokina AT-X M100 PRO D F2.8
  2008.04~
 Canon EF28 F1.8
  2010.12~
 Tokina AT-X 16-28 F2.8 PRO FX
  2011.12~
■三脚
 Velbon Neo Carmagne 640
  2006.07~
 Velbon El Carmagne 445
  2008.04~

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ツーリング (KTM 690 DUKE R) (83)
ツーリング (DR-Z400SM) (57)
ツーリング(その他) (11)
バイク (KTM 690 DUKE R) (18)
バイク (DR-Z400SM) (6)
ドライブ (32)
クルマ (5)
風景写真 (150)
建築物写真・街歩き (278)
工場風景 (14)
熱気球 (28)
猫写真 (22)
飛行機 (10)
ブツ撮り (11)
フォトコンテスト (0)
カメラ (7)
音楽 (7)
マメ知識 (9)
その他 (110)
ラムジー・ハント症候群闘病記 (4)
未分類 (0)
読書 (4)
映画 (1)
鉄道 (2)

ユーザータグ

キリスト看板  無理やり店名  

人気ブログランキング

PIXTA

写真販売始めました

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
1410位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
497位
アクセスランキングを見る>>

ブログ仲間

このブログをリンクに追加する

レポート

■ ツーリング・レポート集
■ ドライブ・レポート集
■ DR-Z スピードセンサ交換記
■ 関東街歩きマップ

旧ブログ

六輪生活(LoveLog)

検索フォーム

車両情報


◆KTM690DUKE R('10)主要諸元
型式 690DUKELDU47
エンジン種類
 水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒
総排気量 690cc
内径/行程 102/84.5mm
最高出力 70ps(51.5kW)/7500rpm
最大トルク 70Nm/5500rpm
圧縮比 12.5:1
始動方式 セル式
変速機 6速
変速比
 第1速 2.500
 第2速 1.750
 第3速 1.333
 第4速 1.095
 第5速 0.957
 第6速 0.870
減速比(1次/2次) 36:79/16:40
潤滑方式
 2個のオイルポンプによるオイル圧送式
エンジンオイル モトレックス SAE 10W-60
クラッチ形式
APTCスリッパークラッチ 油圧操作式
燃料供給方式
 ケイヒン電子制御フューエルインジェクション

全長/全幅/全高 2122/830/1243mm
フレーム クロームモリブデン鋼
サブフレーム アルミニウム
ハンドルバー アルミニウムφ28/22mm
フロントフォーク
 WP倒立フォークφ48mm
リアサスペンション
 WPモノショック・プロレバーリンク
サスペンションストロークF/R 140/140mm
ブレーキF/R
 ディスクブレーキ φ320/240mm
リムF/R 3.50×17 5.00×17
タイヤF/R 120/70R 17 160/60R 17
サイレンサー ステンレススチール
ステアリングヘッド角 63.5°
軸間距離 1472±15mm
最低地上高(無負荷) 155mm
シート高(無負荷) 865mm
燃料タンク容量 約13.5L/2.5Lリザーブ
半乾燥重量 約148.5kg(燃料含まず)
乗車定員 2名
生産国 オーストリー


◆DR-Z400SM('05)主要諸元

型式 BC-SK44A
全長 / 全幅 / 全高
2225mm/870mm/1,185mm
軸間距離/最低地上高
 1,460mm/260mm
シート高 / 乾燥重量 870mm/133kg
最小回転半径 2.6m
キャスター/トレール 26°15’/94mm
タイヤサイズ
 F: 120/70R17M/C 58H
 R: 140/70R17M/C 66H
 (リム幅4.5inch)

エンジン型式
 K419・水冷・4サイクル・単気筒
弁方式 DOHC・4バルブ
総排気量 398cm3
内径×行程 / 圧縮比
 90.0mm×62.6mm/11.3
最高出力 29kW[40PS]/7,500rpm
最大トルク 39Nm[4.0kgm]/6,500rpm
キャブレター形式 BSR36
潤滑方式 / 潤滑油容量
 ドライサンプ式/1.9L
燃料タンク容量 10L(リザーブ2L)
定地燃費 40km/L (60km/h)
変速比
 1速 2.285
 2速 1.733
 3速 1.375
 4速 1.090
 5速 0.863
減速比(1次/2次) 2.960/2.733


◆Z33('02)主要諸元

車種 フェアレディZ/クーペ/2WD
車名型式 UA-Z33
エンジン型式 VQ35DE(NEO)
運転タイプ 6MT

全長×全幅×全高
 4310mm×1815mm×1315mm
室内寸法 長×幅×高
 1005mm×1475mm×1100mm
ホイールベース 2650mm
トレッド前/後 1535mm/1540mm
最低地上高 120mm
車両重量 1430kg
乗車定員 2名
最小回転半径 5.4m
燃料消費率|10・15モード 9.7km/L
駆動方式 後輪駆動(FR)
ステアリングギヤ形式
 パワーアシスト付ラック&ピニオン式
サスペンション 前・後
 マルチリンク式 ・ マルチリンク式
主ブレーキ 前・後
 ベンチレーテッドディスク式(前後共)
タイヤ
 F : 225/45R18 91W
 R : 245/45R18 96W
種類・シリンダー数 DOHC・V型6気筒
シリンダー内径×行程 95.5mm×81.4mm
総排気量 3.498L
圧縮比 10.3
最高出力
 206kw[280ps]/6200rpm
最大トルク
 363Nm[37.0kgm]/4800rpm
燃料供給装置 ニッサンEGI(ECCS)
使用燃料・タンク容量
 無鉛プレミアムガソリン・80L
変速比
 第1速 3.794
 第2速 2.324
 第3速 1.624
 第4速 1.271
 第5速 1.000
 第6速 0.794
 後 速 3.446
最終減速比 3.538


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。