六 輪 生 活

街歩きとバイクとクルマが好きです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東京ゲートブリッジ

今月の12日に東京ゲートブリッジ見物に行ってきました。


この日はゲートブリッジの開通日。
でも当日の記事にも書いたように、この日を選んだのは全くの偶然。《記事
ブログ仲間が写真をアップしてたので、そろそろ行かねば・・・と思ってたところでこの日は天気が良かったし気分的にも良かったので、ちょっと見に行こうという程度のつもりでした。
ところが現場の手前の猛烈な渋滞に巻き込まれ、ようやくあれ?もしかして?ってな具合でした。


まあそれはともかく、現地の若洲公園へ到着は4時前。《MAP
現地と言っても、橋を渡ることそのものには興味は無いので、写真を撮るための撮影スポットに着いたと言う意味。
駐車場は500円の料金を取られますが、意外に空いてました。
皆さんは渡ることに興味があるようで、その手前で降りちゃう人はあまりいないようです。


この日は三脚も持っていったのですが、風がびゅーびゅー吹いてて、却ってぶれると思ったので諦めて手持ちに切り替えました。
駐車場から橋の見える岸壁まではすぐ。
意外に人がいないです。
いるにはいるのですが、1/3は釣り人。
カメラを持ったいかにもな方々はぽつぽついる程度。
まあ中には巨大三脚&脚立という重装備な方もいますが、そんなのはほぼ例外。
開通当日だから岸壁沿いにずらりと砲列が並んでて隙間もないっていうのを想像してたので拍子抜け。
ところで、その巨大三脚の方に富士山はどこだ?と聞かれたので、たぶんあの辺と指差して答えておいたのですが。
重装備なわりにチェックが甘いっ!!


12_0212_東京ゲートブリッジ_001

公園から橋に向かって長い突堤があります。
そこからは真正面にゲートブリッジが見えます。
絶好の角度なのですが、左側の壁が高くて視界が遮られるのが難点。
でも、今時珍しい無骨なトラス橋の雰囲気とコンクリートの地肌が意外に似合っててこれはこれで悪くないかも?


12_0212_東京ゲートブリッジ_002

この橋は、トラス部分手前でクネッとしたわずかに曲がってるのがミソ。
トラスだけでは単調になりますが、このクネをどう取り込むかが考えどころです。
今日は空が澄んでいて気持ちが良いです。
雲があったほうが絵になるのですが、それはそう都合よくは。


12_0212_東京ゲートブリッジ_003

太陽がトラスに反射していい感じに光を放っています。
鉄骨の表面がちょっとつるっとしすぎてます。
洗練されてるとは言えるのですが、ちょっと綺麗過ぎ。
昔の橋のようにリベットがバシバシ打たれてると好みの絵になるのですが。
とはいえ、この時代にこれだけ大胆なトラス橋を作ったところは敬服します!


日没までもうちょっとあるので、一旦突堤を出ました。
岸壁沿いにもう少し南下してみます。


12_0212_東京ゲートブリッジ_004

寒いので暖かいものでも・・・・
え? おでん??
思わず買おうと思いましたが、なんとセレブな350円!!
慎重なる検討のうえ、思い切って・・・・・・・・・・
故障中でした ( ̄▽ ̄;)


やがて日没タイムがやって来ました。
みるみる空の色が変わってきます。
写真のゴールデンタイムです。


12_0212_東京ゲートブリッジ_005

変わっていく空を見ながら適当なアングルを探してうろつきます。
橋がすぐ近くにあるので、立ち位置が5m違ったらかなり違う写真に。
写真を撮ってるときにこの位置がベストだってのがはっきり分かれば苦労はないのですが、現場では分かりにくいです。
自分で何がベストかっていう基準が無いからだと思うのですが、そんな基準があったらかえって退屈かも?
分かりませんが・・・・。


ところで岸壁の南端にはカメラマンがうじゃうじゃいるのが見えました。
いないと思ったらこんなところに密集してたんですね。
位置的に、ゲートブリッジ越しに富士山とその脇に沈む夕日が撮れるようです。
あまり興味ないので、行きませんでしたが、今度行ったときはそこから撮ってみても良いかも。


12_0212_東京ゲートブリッジ_006

鉄骨が夕焼け色に染まっています。
この角度は絶妙ですね ♪
手前左手のクネッがやはり効いています。
これが無かったら単調になってしまいます。


ラストは突堤からの写真で締めよう!・・・と再び長い突堤を歩きました。
なかなか良い場所だと思うのですが、あまり人気がないようでカメラマンはほとんどおらず。


12_0212_東京ゲートブリッジ_007

ちょっと方向が違うのですが、突堤の北側には太平洋セメントの工場が見えます。
まるでモン・サン・ミシェルのようです。
と思ってるのはボクだけでしょうか?


12_0212_東京ゲートブリッジ_008

そしてゲートブリッジの一日は過ぎていくのでした。
コクのある美味しそうな橙色が美しいですね ♪
絶好のタイミングで飛行機も。


この日はもっと望遠レンズが活躍するかと思ってましたが、予想以上に広角レンズが楽しめました。
24mmクラス(35mm換算)でこんな感じに撮れます。
望遠は400mm級ズームを持ち込んだのですが、あまり使いませんでした。
200mmもあれば十分と思います。


さっきから寒かったですが、日が暮れるとさらに冷えてきました。
冷たい北風が吹き付けて寒いのなんの。
撮影が終わったので暖かいコーヒーでも・・・と思ったら自販機の”暖か~い”は全て売切れ御礼になってました (+。+)



ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿


カメラを持ってウロウロしてると家族連れから写真を撮ってとよく言われます。
でも困るのです。
携帯カメラは何がなんだか分からないので。
シャッターボタンの位置すら分かりません。
写真好きがでかい一眼レフを持ち歩くのは、それは操作が簡単で快適だからです。
その快適さからすれば、大きいとか重いってのは帳消しでお釣りがきます。
だからじいさんやばあさんもあれを使ってるのです。
そーゆーことです (≧▽≦)


 

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/02/24(金) 22:33:55|
  2. 建築物写真・街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

<<東名高速 3つの謎 | ホーム | 城南島海浜公園>>

コメント

間近で見るゲートブリッジはどんなんですか?
リベットとかそんなんが見えなくてツルっとしてますが、どんな構造なんだか。。。

そうそう、よく頼まれますね。
kazu_hiroさんも人が良さそうに見えるんですよ。きっと、(^O^)/
  1. 2012/02/26(日) 17:26:28 |
  2. URL |
  3. fukusuke #rfUKsBvE
  4. [ 編集]

◆fukusukeさんへ

>間近で見るゲートブリッジはどんなんですか?
遠めに見た感じと近くで見た感じにあまり差がないのが特徴です。
つるっとしすぎて表情が少ないせいだと思います。
勝鬨橋や永代橋など昔の橋はリベットが盛大に使われてて、遠目には流麗に見えますが、近寄るとかなり無骨な感じにも。
その落差が面白いのですが・・・・。

>kazu_hiroさんも人が良さそうに見えるんですよ。きっと、(^O^)/
たぶんそれはないと思うのですが・・・
でも少なくとも怖そうではないかも?
実物はブラックな話題が大好きな変人で腹黒いです (笑)
  1. 2012/02/26(日) 18:54:41 |
  2. URL |
  3. kazu_hiro #mB.BT9Ic
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kz9999.blog35.fc2.com/tb.php/463-c6fdbcd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazu_hiro

Author:kazu_hiro
kazu_hiro

■居住地:神奈川県
■性別:♂
■クルマ
 Nissan Z33
  2003.6~
■バイク
 Suzuki DR-Z400SM
  2005.7~
 KTM 690 DUKE R
  2011.4~  
■カメラ
 Canon EOS 30D
  2006.6~2010.01
 Canon EOS 40D
  2007.11~2010.01
 Canon EOS 5D MarkII
  2010.01~
 Canon EOS 5D MarkIII
  2013.06~ 
 Canon EOS M2
  2014.01~

■レンズ
 Canon EF24-105 F4L
  2006.09~
 Canon EF100-400 F4.5-5.6L
  2007.12~
 Canon EF70-300 F4.5-5.6
  2006.09~
 Canon EF50 F1.4
  2010.08~
 Canon EF-S60 F2.8 Macro
  2006.07~~2010.01
 Tokina AT-X124 Pro F4
  2007.10~~2010.01
 Tokina AT-X M100 PRO D F2.8
  2008.04~
 Canon EF28 F1.8
  2010.12~
 Tokina AT-X 16-28 F2.8 PRO FX
  2011.12~
■三脚
 Velbon Neo Carmagne 640
  2006.07~
 Velbon El Carmagne 445
  2008.04~

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ツーリング (KTM 690 DUKE R) (83)
ツーリング (DR-Z400SM) (57)
ツーリング(その他) (11)
バイク (KTM 690 DUKE R) (18)
バイク (DR-Z400SM) (6)
ドライブ (32)
クルマ (5)
風景写真 (150)
建築物写真・街歩き (278)
工場風景 (14)
熱気球 (28)
猫写真 (22)
飛行機 (10)
ブツ撮り (11)
フォトコンテスト (0)
カメラ (7)
音楽 (7)
マメ知識 (9)
その他 (110)
ラムジー・ハント症候群闘病記 (4)
未分類 (0)
読書 (4)
映画 (1)
鉄道 (2)

ユーザータグ

キリスト看板  無理やり店名  

人気ブログランキング

PIXTA

写真販売始めました

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
801位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
292位
アクセスランキングを見る>>

ブログ仲間

このブログをリンクに追加する

レポート

■ ツーリング・レポート集
■ ドライブ・レポート集
■ DR-Z スピードセンサ交換記
■ 関東街歩きマップ

旧ブログ

六輪生活(LoveLog)

検索フォーム

車両情報


◆KTM690DUKE R('10)主要諸元
型式 690DUKELDU47
エンジン種類
 水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒
総排気量 690cc
内径/行程 102/84.5mm
最高出力 70ps(51.5kW)/7500rpm
最大トルク 70Nm/5500rpm
圧縮比 12.5:1
始動方式 セル式
変速機 6速
変速比
 第1速 2.500
 第2速 1.750
 第3速 1.333
 第4速 1.095
 第5速 0.957
 第6速 0.870
減速比(1次/2次) 36:79/16:40
潤滑方式
 2個のオイルポンプによるオイル圧送式
エンジンオイル モトレックス SAE 10W-60
クラッチ形式
APTCスリッパークラッチ 油圧操作式
燃料供給方式
 ケイヒン電子制御フューエルインジェクション

全長/全幅/全高 2122/830/1243mm
フレーム クロームモリブデン鋼
サブフレーム アルミニウム
ハンドルバー アルミニウムφ28/22mm
フロントフォーク
 WP倒立フォークφ48mm
リアサスペンション
 WPモノショック・プロレバーリンク
サスペンションストロークF/R 140/140mm
ブレーキF/R
 ディスクブレーキ φ320/240mm
リムF/R 3.50×17 5.00×17
タイヤF/R 120/70R 17 160/60R 17
サイレンサー ステンレススチール
ステアリングヘッド角 63.5°
軸間距離 1472±15mm
最低地上高(無負荷) 155mm
シート高(無負荷) 865mm
燃料タンク容量 約13.5L/2.5Lリザーブ
半乾燥重量 約148.5kg(燃料含まず)
乗車定員 2名
生産国 オーストリー


◆DR-Z400SM('05)主要諸元

型式 BC-SK44A
全長 / 全幅 / 全高
2225mm/870mm/1,185mm
軸間距離/最低地上高
 1,460mm/260mm
シート高 / 乾燥重量 870mm/133kg
最小回転半径 2.6m
キャスター/トレール 26°15’/94mm
タイヤサイズ
 F: 120/70R17M/C 58H
 R: 140/70R17M/C 66H
 (リム幅4.5inch)

エンジン型式
 K419・水冷・4サイクル・単気筒
弁方式 DOHC・4バルブ
総排気量 398cm3
内径×行程 / 圧縮比
 90.0mm×62.6mm/11.3
最高出力 29kW[40PS]/7,500rpm
最大トルク 39Nm[4.0kgm]/6,500rpm
キャブレター形式 BSR36
潤滑方式 / 潤滑油容量
 ドライサンプ式/1.9L
燃料タンク容量 10L(リザーブ2L)
定地燃費 40km/L (60km/h)
変速比
 1速 2.285
 2速 1.733
 3速 1.375
 4速 1.090
 5速 0.863
減速比(1次/2次) 2.960/2.733


◆Z33('02)主要諸元

車種 フェアレディZ/クーペ/2WD
車名型式 UA-Z33
エンジン型式 VQ35DE(NEO)
運転タイプ 6MT

全長×全幅×全高
 4310mm×1815mm×1315mm
室内寸法 長×幅×高
 1005mm×1475mm×1100mm
ホイールベース 2650mm
トレッド前/後 1535mm/1540mm
最低地上高 120mm
車両重量 1430kg
乗車定員 2名
最小回転半径 5.4m
燃料消費率|10・15モード 9.7km/L
駆動方式 後輪駆動(FR)
ステアリングギヤ形式
 パワーアシスト付ラック&ピニオン式
サスペンション 前・後
 マルチリンク式 ・ マルチリンク式
主ブレーキ 前・後
 ベンチレーテッドディスク式(前後共)
タイヤ
 F : 225/45R18 91W
 R : 245/45R18 96W
種類・シリンダー数 DOHC・V型6気筒
シリンダー内径×行程 95.5mm×81.4mm
総排気量 3.498L
圧縮比 10.3
最高出力
 206kw[280ps]/6200rpm
最大トルク
 363Nm[37.0kgm]/4800rpm
燃料供給装置 ニッサンEGI(ECCS)
使用燃料・タンク容量
 無鉛プレミアムガソリン・80L
変速比
 第1速 3.794
 第2速 2.324
 第3速 1.624
 第4速 1.271
 第5速 1.000
 第6速 0.794
 後 速 3.446
最終減速比 3.538


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。