六 輪 生 活

街歩きとバイクとクルマが好きです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

九州帰省ドライブ・・・・阿蘇・別府・高千穂峡ドライブ編 その3

前回の続きです。《前回記事


暑さと疲れで国民宿舎『ホテル高千穂』《MAP》に戻ったときにはヨレヨレになってました。
明日の朝はクルマで行くことに決定。
もう歩くのはイヤです。
フロントのお姉さんに朝の状況を聞いてみると、早朝なら誰もいないから駐車場に入っても料金取られないですよという耳寄りな情報をゲット (笑)

夕食は7時半頃。
大豆が名産なのか大豆を使った料理が多かったです。
でも味付けが濃い、濃すぎる!!
ボクは実家は九州にありますが、生まれ育ちは関西なので好みの味付けは薄めです。
冷や奴とかは醤油一滴たらすだけで食べちゃいます。
豚カツとかもソースは一切かけないし。


そして翌朝は5時過ぎに起床。
6時前にクルマに機材を積んで昨日歩いて下った坂道を下りていきました。

昨日はウジャウジャいたボートも一切無く。
廻りにも誰もいません。

09_0908_九州帰省ドライブ_001

定番の構図ですが、コレ以外に撮りようがないってのが実情。
近景に枝をチョロッと入れ、中景に真名井の滝を配し、遠景には向こう側の隙間を・・・・・というように基本的な構図を組むとどうしてもこうなってしまいます。
光の具合はちょうど良く、白飛びや黒つぶれは抑えられました。
ここを撮るなら早朝が吉ですね。


定番写真だけじゃつまらないので少しでもオリジナリティを出そうと四苦八苦しますが・・・・。
今ひとつ決まらないです。

09_0908_九州帰省ドライブ_002

仕方ないので滝だけを撮ってみました。
綺麗は綺麗ですが何の滝だか分からないですね (^o^;)
でも朝の青みを帯びた光でちょっと良い感じです。


09_0908_九州帰省ドライブ_003

渓谷を跨ぐ橋の上から見下ろしで。
もう少し左に寄った方が良かったかも。
紅葉シーズンならこのアングルの方が綺麗かもしれませんね。


そろそろ朝飯タイムなので宿に戻らなくては。
昨日汗だくになった坂道もクルマなら楽ちん ♪
朝ご飯はバイキング形式。
ついつい食べ過ぎてしまってお腹がパンパン (笑)

8時頃には宿をチェックアウト。
今日の予定は、阿蘇を通過して北上し、豊後森の扇形機関車庫《MAP》を撮るつもりです。


09_0908_九州帰省ドライブ_004

初日に通った道を再び走ります。
まだ時間が早いので空いてて快適 (^o^)


09_0908_九州帰省ドライブ_005

途中通りかかった牧場にて。
どれが一番美味しそうかな~。
真ん中の背番号10番あたり良さげな気が・・・・(笑)
牛と馬が一緒くたになってるのがちょっと不思議な光景でした。
食ってしまえばどっちも同じですからねー。


09_0908_九州帰省ドライブ_006

陽が高くなるにつれ空気が澱んできました。
遠景もこの通り冴えない感じに。
見える街並みは阿蘇市街です。


09_0908_九州帰省ドライブ_007

阿蘇を通過し、途中で通りかかった田んぼにて。
もう刈り入れ寸前ですね。
今年の夏は天候不順だったので不作とも言われてますが、こうして見る分にはそんな気がしません。


こうして旅ももう終わりが近づいてます。
豊後森の扇形機関車庫は次回記事にしますね (^o^)/


つづく



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

 

テーマ:ドライブ - ジャンル:車・バイク

  1. 2009/10/07(水) 19:55:24|
  2. ドライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

<<九州帰省ドライブ・・・・阿蘇・別府・高千穂峡ドライブ編 その4 豊後森機関庫 | ホーム | 九州帰省ドライブ・・・・阿蘇・別府・高千穂峡ドライブ編 その2>>

コメント

東洋のナイアガラ行ったことありますよ!
なんだかなぁって感じですよね。本家に怒られるぞ、みたいな(笑
こっちの滝のが全然綺麗ですね~!!
写真のせいかしら^^
牛と馬が一緒にいるのってそういえばなかなか見ないかも。
  1. 2009/10/08(木) 09:27:02 |
  2. URL |
  3. ナコ #-
  4. [ 編集]

ナコさんへ

>東洋のナイアガラ行ったことありますよ!
あれれ?そうだったんですか。
たしかに御本家と比べると笑っちゃいますよね。
でも廻りに山がない平地にいきなりドドーンと滝がある点は共通してますよ。
まあ許してあげましょう (笑)

>牛と馬が一緒にいるのってそういえばなかなか見ないかも。
日本では馬肉を食べる習慣があるのは熊本県、長野県伊那地方、福島県会津地方、青森県南部地方くらいだそうです。
完全に少数派ですよね。
ですから珍しく見えるんでしょう。
ボクも馬肉はほとんど食べたことないです。
昔、熊本で馬肉の刺身を食べたことがありました。
たしかニンニク醤油かなにかで食べたような気がしますが、美味しかったことだけは憶えてます ♪
  1. 2009/10/08(木) 19:13:09 |
  2. URL |
  3. kazu_hiro #mB.BT9Ic
  4. [ 編集]

なるほど、ここはこういうアングルしかできないんですね~^_^;
確かに、高千穂峡の滝の写真、といえばこの滝が有名ですが、そういう理由があったとは(笑)。

こんな時間でもなければ、観光客や、ほかのカメラ兄ちゃん(おじちゃん、オバちゃん、
おじいちゃん…)たちをよけるのもテクニックではあると思いますが、そういう制限も
加わっちゃいますしね…

> 紅葉シーズンならこのアングルの方が綺麗かもしれませんね。

確かに、紅葉していれば手前のモミジがいい脇役だったかも知れませんね~
でも、緑の若々しいモミジも結構好きなので、こういうのもいいと思いますよ。

それにしても、滝とモミジ、って似合いますね。これぞ日本の風景…みたいな。
  1. 2009/10/13(火) 00:44:37 |
  2. URL |
  3. 7pandas #-
  4. [ 編集]

◆7pandasさんへ

>確かに、高千穂峡の滝の写真、といえばこの滝が有名ですが、そういう理由があったとは(笑)。
そーゆーことです (笑)
高千穂峡そのものは全長は結構長いんですが、流れ落ちる滝はコレ一本だけ。
なのでそうなっちゃいます。
幸いにここは人は多いですが、見物客の頭越しに撮る・・・というほどじゃないので助かります。
でも夏休みシーズン真っ只中だと三脚は立てられないかも。
ボートに乗って下から滝を狙うっていう手もありかもですが、料金がやたらに高いし一人で乗るのも何だか寂しい(笑)のでやめておきました。

>確かに、紅葉していれば手前のモミジがいい脇役だったかも知れませんね~
いやいや、紅葉がメインで真名井の滝は脇役という贅沢な構図が可能だったかもですね ♪
水面が空を写して白けてるのでもっと早い時間の夜明け前とかのほうが良い写真になりそうな気がします。
7pandasさん、今度行ったら頑張って夜明け前に行っちゃって下さい (≧▽≦)

滝とモミジのセットは定番中の定番ですよね。
銭湯に富士山の絵みたいな (笑)
でもやっぱり絵になるのでついつい撮っちゃいますよね。
  1. 2009/10/13(火) 18:56:43 |
  2. URL |
  3. kazu_hiro #mB.BT9Ic
  4. [ 編集]

九州征服計画編集部です

はじめまして。
私は、今月10日に公開を控えているウェブサイト、
「九州征服計画」編集部のヒラシマと申します。

突然のコメント、失礼いたします。

Kazu_hiroさんの書かれた、九州の魅力が詰まった
素敵なブログを拝見させていただきました。

「九州征服計画」とは、
九州のことが書かれたブログを集めることで
九州の魅力を「征服」してしまおうというプロジェクトです。

さらに「征服」の第一人者『デーモン閣下』を名誉編集長に迎え、
私たち編集部はただいま、全力でブログの記事を集めております。

つきましては、勝手にコメントをさせていただいている立場で
大変恐縮ではございますが、Kazu_hiroさんの書かれたブログ記事を是非、
「九州征服ブログ」として採用させていただけませんでしょうか?

「九州征服計画」の概要は、
以下のURLからご覧になることができます。
http://www.welcomekyushu.jp/demon-kakka/(九州観光推進機構特設サイト)
選ばれたあなたに是非、先行エントリーをしていただければ幸いです。
※サイト下部のエントリーボタンよりご入場ください。

あなたのエントリーを、デーモン名誉編集長以下編集部一同、
心よりお待ちしております。
  1. 2009/11/08(日) 20:08:44 |
  2. URL |
  3. ヒラシマ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kz9999.blog35.fc2.com/tb.php/43-d07ea5c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazu_hiro

Author:kazu_hiro
kazu_hiro

■居住地:神奈川県
■性別:♂
■クルマ
 Nissan Z33
  2003.6~
■バイク
 Suzuki DR-Z400SM
  2005.7~
 KTM 690 DUKE R
  2011.4~  
■カメラ
 Canon EOS 30D
  2006.6~2010.01
 Canon EOS 40D
  2007.11~2010.01
 Canon EOS 5D MarkII
  2010.01~
 Canon EOS 5D MarkIII
  2013.06~ 
 Canon EOS M2
  2014.01~

■レンズ
 Canon EF24-105 F4L
  2006.09~
 Canon EF100-400 F4.5-5.6L
  2007.12~
 Canon EF70-300 F4.5-5.6
  2006.09~
 Canon EF50 F1.4
  2010.08~
 Canon EF-S60 F2.8 Macro
  2006.07~~2010.01
 Tokina AT-X124 Pro F4
  2007.10~~2010.01
 Tokina AT-X M100 PRO D F2.8
  2008.04~
 Canon EF28 F1.8
  2010.12~
 Tokina AT-X 16-28 F2.8 PRO FX
  2011.12~
■三脚
 Velbon Neo Carmagne 640
  2006.07~
 Velbon El Carmagne 445
  2008.04~

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ツーリング (KTM 690 DUKE R) (83)
ツーリング (DR-Z400SM) (57)
ツーリング(その他) (11)
バイク (KTM 690 DUKE R) (18)
バイク (DR-Z400SM) (6)
ドライブ (32)
クルマ (5)
風景写真 (150)
建築物写真・街歩き (278)
工場風景 (14)
熱気球 (28)
猫写真 (22)
飛行機 (10)
ブツ撮り (11)
フォトコンテスト (0)
カメラ (7)
音楽 (7)
マメ知識 (9)
その他 (110)
ラムジー・ハント症候群闘病記 (4)
未分類 (0)
読書 (4)
映画 (1)
鉄道 (2)

ユーザータグ

キリスト看板  無理やり店名  

人気ブログランキング

PIXTA

写真販売始めました

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
801位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
292位
アクセスランキングを見る>>

ブログ仲間

このブログをリンクに追加する

レポート

■ ツーリング・レポート集
■ ドライブ・レポート集
■ DR-Z スピードセンサ交換記
■ 関東街歩きマップ

旧ブログ

六輪生活(LoveLog)

検索フォーム

車両情報


◆KTM690DUKE R('10)主要諸元
型式 690DUKELDU47
エンジン種類
 水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒
総排気量 690cc
内径/行程 102/84.5mm
最高出力 70ps(51.5kW)/7500rpm
最大トルク 70Nm/5500rpm
圧縮比 12.5:1
始動方式 セル式
変速機 6速
変速比
 第1速 2.500
 第2速 1.750
 第3速 1.333
 第4速 1.095
 第5速 0.957
 第6速 0.870
減速比(1次/2次) 36:79/16:40
潤滑方式
 2個のオイルポンプによるオイル圧送式
エンジンオイル モトレックス SAE 10W-60
クラッチ形式
APTCスリッパークラッチ 油圧操作式
燃料供給方式
 ケイヒン電子制御フューエルインジェクション

全長/全幅/全高 2122/830/1243mm
フレーム クロームモリブデン鋼
サブフレーム アルミニウム
ハンドルバー アルミニウムφ28/22mm
フロントフォーク
 WP倒立フォークφ48mm
リアサスペンション
 WPモノショック・プロレバーリンク
サスペンションストロークF/R 140/140mm
ブレーキF/R
 ディスクブレーキ φ320/240mm
リムF/R 3.50×17 5.00×17
タイヤF/R 120/70R 17 160/60R 17
サイレンサー ステンレススチール
ステアリングヘッド角 63.5°
軸間距離 1472±15mm
最低地上高(無負荷) 155mm
シート高(無負荷) 865mm
燃料タンク容量 約13.5L/2.5Lリザーブ
半乾燥重量 約148.5kg(燃料含まず)
乗車定員 2名
生産国 オーストリー


◆DR-Z400SM('05)主要諸元

型式 BC-SK44A
全長 / 全幅 / 全高
2225mm/870mm/1,185mm
軸間距離/最低地上高
 1,460mm/260mm
シート高 / 乾燥重量 870mm/133kg
最小回転半径 2.6m
キャスター/トレール 26°15’/94mm
タイヤサイズ
 F: 120/70R17M/C 58H
 R: 140/70R17M/C 66H
 (リム幅4.5inch)

エンジン型式
 K419・水冷・4サイクル・単気筒
弁方式 DOHC・4バルブ
総排気量 398cm3
内径×行程 / 圧縮比
 90.0mm×62.6mm/11.3
最高出力 29kW[40PS]/7,500rpm
最大トルク 39Nm[4.0kgm]/6,500rpm
キャブレター形式 BSR36
潤滑方式 / 潤滑油容量
 ドライサンプ式/1.9L
燃料タンク容量 10L(リザーブ2L)
定地燃費 40km/L (60km/h)
変速比
 1速 2.285
 2速 1.733
 3速 1.375
 4速 1.090
 5速 0.863
減速比(1次/2次) 2.960/2.733


◆Z33('02)主要諸元

車種 フェアレディZ/クーペ/2WD
車名型式 UA-Z33
エンジン型式 VQ35DE(NEO)
運転タイプ 6MT

全長×全幅×全高
 4310mm×1815mm×1315mm
室内寸法 長×幅×高
 1005mm×1475mm×1100mm
ホイールベース 2650mm
トレッド前/後 1535mm/1540mm
最低地上高 120mm
車両重量 1430kg
乗車定員 2名
最小回転半径 5.4m
燃料消費率|10・15モード 9.7km/L
駆動方式 後輪駆動(FR)
ステアリングギヤ形式
 パワーアシスト付ラック&ピニオン式
サスペンション 前・後
 マルチリンク式 ・ マルチリンク式
主ブレーキ 前・後
 ベンチレーテッドディスク式(前後共)
タイヤ
 F : 225/45R18 91W
 R : 245/45R18 96W
種類・シリンダー数 DOHC・V型6気筒
シリンダー内径×行程 95.5mm×81.4mm
総排気量 3.498L
圧縮比 10.3
最高出力
 206kw[280ps]/6200rpm
最大トルク
 363Nm[37.0kgm]/4800rpm
燃料供給装置 ニッサンEGI(ECCS)
使用燃料・タンク容量
 無鉛プレミアムガソリン・80L
変速比
 第1速 3.794
 第2速 2.324
 第3速 1.624
 第4速 1.271
 第5速 1.000
 第6速 0.794
 後 速 3.446
最終減速比 3.538


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。