六 輪 生 活

街歩きとバイクとクルマが好きです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

デジタル一眼レフ センサークリーニング

デジタル一眼レフを使ってて頻繁にレンズ交換してると、どうしてもセンサーにゴミが付きやすくなります。
今回はボクがやってる方法を参考までに紹介します。
この方法がベストなのかは不明ですが、一応これでゴミは落ちてるので一つの方法としてはアリだと思ってます。


そもそもセンサーにゴミが付いてるかどうかをどうやって調べるのかは最後に書きます。


11_0721_センサークリーニング_001

クリーニングに使う道具はコレ。
いづれもHCL(堀内カラー)の製品です。
左 : クリーニング液 『HCL ローパスフィルタ用 デジタルクリーナー』
右 : クリーニングペーパー 『HCL デジタルクリーニングペーパー』


11_0721_センサークリーニング_002

クリーニングペーパーは1/3くらいに切って使います。
一枚使っちゃうのは勿体ないです。
勿体ないとうか必要がないので。


11_0721_センサークリーニング_003

クルクルッと捲きます。
直径はだいたい5mmくらいが目安です。


11_0721_センサークリーニング_004

巻いたらそれを2段折りで2つ折りにします。


11_0721_センサークリーニング_005

巻いたクリーニングペーパーを固定するのがこのピンセット。
GISUKEの樹脂製ピンセットを使っています。
もし無ければ普通の金属製の先が尖ったヤツでもOK。
ただしあまり鋭利なものは避けた方が良いです。
柄は短い方が扱いやすいです。


11_0721_センサークリーニング_006

クリーニングペーパーをピンセットに挟みこみ、輪ゴムでギューギュー締め付けてペーパーをガッチリ固定します。
グラグラ動くと力が逃げてしまいうまく拭き取れないばかりか、ピンセットの先端でセンサーに傷を付けてしまうということにもなりかねません。
よくよく注意してください。
重要ポイントです。


11_0721_センサークリーニング_008

先端の形に着目。
こんな風にします。
この形が大事なのでよく見て下さい。


そして先端にクリーナー液を付けます。
量は一滴で充分です。
ちょっと湿らせる程度。
※ 軽い汚れならクリーナー液をつけないでも良いかもしれません。


11_0721_センサークリーニング_009

クリーニング本番。
ミラーアップをしてセンサーを露出させます。
赤い枠がセンサーだと思って見て下さい。
この写真の場合左から右へ拭き取ってます。
隅っこにゴミが溜まりがちなので、しっかり隅から隅まで拭ききって下さい。

ピンセットの持ち方は好みですが、ボクの場合は親指と中指でピンセットを掴み、人差し指をピンセットのお尻に置いて力加減を調整してます。
指一本分の重量を先端にかけるようなイメージです。
普通にペンを持つような感じでも良いと思いますが、このピンセットは形的にその持ち方がしにくいのでこのような持ち方をしてます。
また、ピンセットの軸はセンサー面に対して垂直にします。


力加減はごく軽い力でOK。
力一杯かける必要はありません。
先の尖ったピンセットを使ってるときにそんなに力を入れるとセンサーを傷めてしまう可能性も。
軽く押しつけるだけで良いです。



11_0721_センサークリーニング_010

右端まで拭き取ったら戻すときがペーパーをセンサーから浮かせます。
ここが大事なポイントですが、戻すときにセンサーに触れていると、せっかく拭き取ったゴミをまたセンサーに擦り付けてしまいます。
ゴミがあっち行ったりこっち行ったりするだけで一向に綺麗になりません。
戻すときは必ずペーパーを浮かせてください。
右→左、あるいは左→右と必ず方向を決めて拭くようにします。
右利きの方なら多分左から右へってのがやりやすいと思います。


11_0721_センサークリーニング_011

そしてまた左から右へ拭き取っていきます。
この要領でセンサーを隅から隅まで拭き取っていきます。


この作業を2回ほど行ったら、ゴミが取れたかを確認します。
綺麗になってなかったらクリーニングペーパーを取り替えてもう一回やります。
面倒でもかならずペーパーは取り替えて下さい。






最後にセンサーにゴミが付いてるかどうかをどうやって確認するかの方法を書いておきます。


11_0721_センサークリーニング_012

絞りはレンズの最大絞りにします。
露出補正は+2EV。
そしてなるべく明るいところで白い無地のものを撮ります。
無地がなければMFにしてアウトフォーカスにしても良いです。
とにかく絞り込んでゴミを写し取ることと、白いものを背景にしてゴミを判別しやすくするわけです。
この写真の場合、左下に何やら見えますね。


11_0721_センサークリーニング_013

拡大すると、かなりゴミが付いてます。
これはカメラ内蔵のクリーニング機能では落ちませんのでクリーニングをかけるレベルです。


ゴミは絞って撮った場合に写りやすいので、開放でしか撮らないっていう方の場合は、多少ゴミがあったとしても写らないのであれば無理にクリーニングをかけなくても良いと思います。
使い勝手上、問題がある場合に限ってクリーニングしてください。



ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿


今回紹介したクリーニングで使う道具への商品リンクを貼っておきます。
リンク先は楽天およびアマゾンです。


 








 

テーマ:写真 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/07/24(日) 18:24:25|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

<<PC更新!! | ホーム | 野沢温泉ツーリング・・・・その2>>

コメント

ペンタックスからも販売されていて、
シリコン粘着タイプを、センサーに押し当てて掃除するといったものです。

この作業は、一番緊張する作業なので、
心を落ち着かせての作業ですね。
  1. 2011/07/25(月) 12:11:16 |
  2. URL |
  3. さとう #mdgUF9TI
  4. [ 編集]

◆さとうさんへ

>シリコン粘着タイプを、センサーに押し当てて掃除するといったものです。
ありますねー。
でも結構値段が高いし、かえって傷をつけそうなので躊躇しました。

センサーを直接触るのは確かに緊張しますが、掃除するときは繊細かつ大胆にってのがコツのようです。
 
  1. 2011/07/27(水) 22:02:16 |
  2. URL |
  3. kazu_hiro #mB.BT9Ic
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kz9999.blog35.fc2.com/tb.php/363-0d9c8223
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazu_hiro

Author:kazu_hiro
kazu_hiro

■居住地:神奈川県
■性別:♂
■クルマ
 Nissan Z33
  2003.6~
■バイク
 Suzuki DR-Z400SM
  2005.7~
 KTM 690 DUKE R
  2011.4~  
■カメラ
 Canon EOS 30D
  2006.6~2010.01
 Canon EOS 40D
  2007.11~2010.01
 Canon EOS 5D MarkII
  2010.01~
 Canon EOS 5D MarkIII
  2013.06~ 
 Canon EOS M2
  2014.01~

■レンズ
 Canon EF24-105 F4L
  2006.09~
 Canon EF100-400 F4.5-5.6L
  2007.12~
 Canon EF70-300 F4.5-5.6
  2006.09~
 Canon EF50 F1.4
  2010.08~
 Canon EF-S60 F2.8 Macro
  2006.07~~2010.01
 Tokina AT-X124 Pro F4
  2007.10~~2010.01
 Tokina AT-X M100 PRO D F2.8
  2008.04~
 Canon EF28 F1.8
  2010.12~
 Tokina AT-X 16-28 F2.8 PRO FX
  2011.12~
■三脚
 Velbon Neo Carmagne 640
  2006.07~
 Velbon El Carmagne 445
  2008.04~

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ツーリング (KTM 690 DUKE R) (83)
ツーリング (DR-Z400SM) (57)
ツーリング(その他) (11)
バイク (KTM 690 DUKE R) (18)
バイク (DR-Z400SM) (6)
ドライブ (32)
クルマ (5)
風景写真 (150)
建築物写真・街歩き (278)
工場風景 (14)
熱気球 (28)
猫写真 (22)
飛行機 (10)
ブツ撮り (11)
フォトコンテスト (0)
カメラ (7)
音楽 (7)
マメ知識 (9)
その他 (110)
ラムジー・ハント症候群闘病記 (4)
未分類 (0)
読書 (4)
映画 (1)
鉄道 (2)

ユーザータグ

キリスト看板  無理やり店名  

人気ブログランキング

PIXTA

写真販売始めました

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
1246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
435位
アクセスランキングを見る>>

ブログ仲間

このブログをリンクに追加する

レポート

■ ツーリング・レポート集
■ ドライブ・レポート集
■ DR-Z スピードセンサ交換記
■ 関東街歩きマップ

旧ブログ

六輪生活(LoveLog)

検索フォーム

車両情報


◆KTM690DUKE R('10)主要諸元
型式 690DUKELDU47
エンジン種類
 水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒
総排気量 690cc
内径/行程 102/84.5mm
最高出力 70ps(51.5kW)/7500rpm
最大トルク 70Nm/5500rpm
圧縮比 12.5:1
始動方式 セル式
変速機 6速
変速比
 第1速 2.500
 第2速 1.750
 第3速 1.333
 第4速 1.095
 第5速 0.957
 第6速 0.870
減速比(1次/2次) 36:79/16:40
潤滑方式
 2個のオイルポンプによるオイル圧送式
エンジンオイル モトレックス SAE 10W-60
クラッチ形式
APTCスリッパークラッチ 油圧操作式
燃料供給方式
 ケイヒン電子制御フューエルインジェクション

全長/全幅/全高 2122/830/1243mm
フレーム クロームモリブデン鋼
サブフレーム アルミニウム
ハンドルバー アルミニウムφ28/22mm
フロントフォーク
 WP倒立フォークφ48mm
リアサスペンション
 WPモノショック・プロレバーリンク
サスペンションストロークF/R 140/140mm
ブレーキF/R
 ディスクブレーキ φ320/240mm
リムF/R 3.50×17 5.00×17
タイヤF/R 120/70R 17 160/60R 17
サイレンサー ステンレススチール
ステアリングヘッド角 63.5°
軸間距離 1472±15mm
最低地上高(無負荷) 155mm
シート高(無負荷) 865mm
燃料タンク容量 約13.5L/2.5Lリザーブ
半乾燥重量 約148.5kg(燃料含まず)
乗車定員 2名
生産国 オーストリー


◆DR-Z400SM('05)主要諸元

型式 BC-SK44A
全長 / 全幅 / 全高
2225mm/870mm/1,185mm
軸間距離/最低地上高
 1,460mm/260mm
シート高 / 乾燥重量 870mm/133kg
最小回転半径 2.6m
キャスター/トレール 26°15’/94mm
タイヤサイズ
 F: 120/70R17M/C 58H
 R: 140/70R17M/C 66H
 (リム幅4.5inch)

エンジン型式
 K419・水冷・4サイクル・単気筒
弁方式 DOHC・4バルブ
総排気量 398cm3
内径×行程 / 圧縮比
 90.0mm×62.6mm/11.3
最高出力 29kW[40PS]/7,500rpm
最大トルク 39Nm[4.0kgm]/6,500rpm
キャブレター形式 BSR36
潤滑方式 / 潤滑油容量
 ドライサンプ式/1.9L
燃料タンク容量 10L(リザーブ2L)
定地燃費 40km/L (60km/h)
変速比
 1速 2.285
 2速 1.733
 3速 1.375
 4速 1.090
 5速 0.863
減速比(1次/2次) 2.960/2.733


◆Z33('02)主要諸元

車種 フェアレディZ/クーペ/2WD
車名型式 UA-Z33
エンジン型式 VQ35DE(NEO)
運転タイプ 6MT

全長×全幅×全高
 4310mm×1815mm×1315mm
室内寸法 長×幅×高
 1005mm×1475mm×1100mm
ホイールベース 2650mm
トレッド前/後 1535mm/1540mm
最低地上高 120mm
車両重量 1430kg
乗車定員 2名
最小回転半径 5.4m
燃料消費率|10・15モード 9.7km/L
駆動方式 後輪駆動(FR)
ステアリングギヤ形式
 パワーアシスト付ラック&ピニオン式
サスペンション 前・後
 マルチリンク式 ・ マルチリンク式
主ブレーキ 前・後
 ベンチレーテッドディスク式(前後共)
タイヤ
 F : 225/45R18 91W
 R : 245/45R18 96W
種類・シリンダー数 DOHC・V型6気筒
シリンダー内径×行程 95.5mm×81.4mm
総排気量 3.498L
圧縮比 10.3
最高出力
 206kw[280ps]/6200rpm
最大トルク
 363Nm[37.0kgm]/4800rpm
燃料供給装置 ニッサンEGI(ECCS)
使用燃料・タンク容量
 無鉛プレミアムガソリン・80L
変速比
 第1速 3.794
 第2速 2.324
 第3速 1.624
 第4速 1.271
 第5速 1.000
 第6速 0.794
 後 速 3.446
最終減速比 3.538


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。