六 輪 生 活

街歩きとバイクとクルマが好きです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

野沢温泉ツーリング・・・・その2

前回の続きです。《前回記事


野沢温泉の旅館に到着後、フロントに荷物を預け、再び出かけました。
昨日走れなかった奥志賀林道《MAP》がここまで延びてきてるので、逆方向から探索してみようということで。


11_0504_野沢温泉ツーリング_008

麓からだいぶ登ってきました。
この辺りは大規模なスキー場。
冬になるとここは完全に雪に埋もれてしまいます。
冬の野沢温泉はスキーで一度訪れたことがあるはずなのですが、風呂が異様に熱かったことだけ憶えてて、後は酔っぱらって憶えてません (^o^;)


11_0504_野沢温泉ツーリング_009

さらに登ってきて、なだらかな斜面になったところ《MAP》にて。
この広大な敷地を夏の間放置するのはいかにも勿体ないと思います。
超高低差の山岳サーキットとオフロードコースを作ったらかなり人気になるのでは??


ココまで走ってきてとりあえずゲート閉鎖はありませんでした。
途中で”この先通行止め”の看板が出てましたが、向こうからクルマやバイクが結構走ってくるので、実は通れるのでは??
明日はちょっと試してみようってことで今日はここでUターンし、宿に戻りました。


4時頃、宿にチェックイン。
食事は6時半を指定しました。
で、肝心のお部屋は・・・・・??








11_0504_野沢温泉ツーリング_010

10畳あってかなり広いはずなのですが、ベッドがドドーンと置かれてるので狭いです。
古い旅館を改装してちょこっとグレードアップ感を計った感じの宿ですね。
うーん・・・・。
去年の四国ツーリングで経験した悲惨なホテル(4000円クラス)の連続攻撃よりは遙かにマシなのは明らかですが、15000円出す宿かというと微妙ですが。。。。。
フロントの女の子が自分好みだったってことでオッケーです (笑)


まだ夕食まで時間があるので近くを散歩することに。
だいたいの土地鑑はあるのですが細かいところはちょっと。
フロントで念のために地図をもらって出かけました。


11_0504_野沢温泉ツーリング_011

野沢温泉の代表的な源泉である麻釜(おがま)です。《MAP
もうもうと湯気が立ちのぼっており、壮観です。
90℃以上の熱湯が湧き出ており、地元の方が野沢菜を茹でたり温泉タマゴを作ったりするのに利用されています。
ちなみに向こうに見えるお店の主人はうるさいウンチクオヤジなので要注意です (笑)


11_0504_野沢温泉ツーリング_012

この辺りは曲がりくねった路ばかりで直線というものがほとんどありません。
適度な囲まれ感が心地良いです。
いわゆる歴史的建造物などは無いのですが、良い具合にヤレた感じの建物が密集して独特の雰囲気が出てます。


11_0504_野沢温泉ツーリング_013

湯沢神社《MAP》に来ました。
ちょっと登ってみましょう。


11_0504_野沢温泉ツーリング_014

この神社の見ものはなんと言ってもこの彫り物!!
すごい力作です。


11_0504_野沢温泉ツーリング_015

ちょっと他ではあまり見られないくらいの立体感です。
超凝り性の彫り師がこだわりまくって作ったんでしょう (^o^)
迫力満点。

ちなみに超こだわってない彫り物はこんな感じです → Photo
この差は驚愕的です (≧▽≦)!!


11_0504_野沢温泉ツーリング_016

急斜面に街なのでこんな風に高低差が大きいです。
クネクネしててアップダウンが激しく街は迷路のようです。
この迷路感が魅力なんですよね ♪
これでもし江戸時代とかの建物がバシバシ残ってたら世界遺産モノですね。


宿に戻ったのは夕食5分前。
夕食のメニューは前菜と肉料理と鍋物とデザートでした。
品数は多いしそれなりに手間がかかってますが、あまり美味しくはなかったです。
いつも泊まってる8000円くらいの旅館と大差なし。
次回はそのいつもの旅館にするか、思い切って2万円くらい踏ん張って別の旅館にしようと思います。


つづく


ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. 2011/07/22(金) 20:10:52|
  2. ツーリング (KTM 690 DUKE R)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

<<デジタル一眼レフ センサークリーニング | ホーム | 野沢温泉ツーリング・・・・その1>>

コメント

わぁ~セレブ宿だ♪
せっかくの広い部屋にベットを置かれると、もったいないですね~。
食事はイマイチだったんですね。。
でも2万円出すのは・・^^;
それなら素泊まりにして、美味しいお店で食べる手もありますよ^^
  1. 2011/07/22(金) 22:30:04 |
  2. URL |
  3. momo #-
  4. [ 編集]

一気に下げて、
テントなんて如何ですか?
自然を身体で感じ、
野鳥の声で目を覚ます・・・最高ですよ!
  1. 2011/07/23(土) 08:56:49 |
  2. URL |
  3. さとう #mdgUF9TI
  4. [ 編集]

◆momoさんへ

和室はやはり布団でないと、狭くて仕方ないですね。
落ち着きませんでした。
食事はそこそこ。
15000円出したということと天秤にかけると合格点ではありませんでした。
ホテルで15000円出せば立派なのに泊まれますが、旅館は相場が違うようですね。

>それなら素泊まりにして、美味しいお店で食べる手もありますよ^^
そうですねー。
でも野沢温泉って食事ができるお店が少ないようで。
少ないというより皆無かも?
見たことがありません。
でも今度はもう少し調べてみますね  (^o^)丿


◆さとうさんへ

テントは気持ちよさそうですよね。
でもボクはベッドの上でないと寝られないし、なにより荷物が大幅に増えるのが困りものでして。
でもいつかしたいですね ♪
 
  1. 2011/07/23(土) 10:26:45 |
  2. URL |
  3. kazu_hiro #mB.BT9Ic
  4. [ 編集]

念のためにフロントの女の子について来てもらったら
よかったですね(笑) 風情あふれる感じでいいですねぇ^^
  1. 2011/07/23(土) 20:49:08 |
  2. URL |
  3. kent_225 #8w8Th2ek
  4. [ 編集]

◆kentさんへ

>念のためにフロントの女の子について来てもらったらよかったですね(笑)
そのつもりでしたが、その子の勤務シフトが終わったのか、フロントにいたのはむさ苦しいオッサンでした ( ̄▽ ̄;)!!

松山あたりもちゃんと見て回ったら良い感じの街がありそうですね。
四国に2回行って2回とも素通りだったので次回は宿泊してみたいと思います。
 
  1. 2011/07/23(土) 21:44:05 |
  2. URL |
  3. kazu_hiro #mB.BT9Ic
  4. [ 編集]

野沢温泉、行ったことは当然ないですが、
凄くいい雰囲気の温泉街ですね!
4枚目の縦の構図の路地とか、
ラストの坂道が分かれる佇まいなんか最高です。
神社の龍の彫り物も何か凄い迫力感ですね。
  1. 2011/07/29(金) 22:37:15 |
  2. URL |
  3. d@m@ #WOq6nlhY
  4. [ 編集]

◆d@m@さんへ

どちらかというとショボイ建物が多いのですが、路地の表情としてはなかなか良いです。
ここは狭いので観光バスなどがガンガン入ってくることもないし、交通量も少ないので落ち着いて歩けます。
また水量が多いので路を歩いてると、どこでも水の流れる音がしてきます。
これも癒し効果が。
その知名度の割には観光地化されてなくて、ここはお勧めの温泉地ですよ ♪

龍の彫り物、ちょっと異様なぐらいグレードが高かったです。
これだけの傑作はよそでもそうそう見れないような・・・・・。

もし機会があれば行ってみてください  (^o^)丿 
  1. 2011/07/30(土) 08:20:39 |
  2. URL |
  3. kazu_hiro #mB.BT9Ic
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kz9999.blog35.fc2.com/tb.php/362-359a1a67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazu_hiro

Author:kazu_hiro
kazu_hiro

■居住地:神奈川県
■性別:♂
■クルマ
 Nissan Z33
  2003.6~
■バイク
 Suzuki DR-Z400SM
  2005.7~
 KTM 690 DUKE R
  2011.4~  
■カメラ
 Canon EOS 30D
  2006.6~2010.01
 Canon EOS 40D
  2007.11~2010.01
 Canon EOS 5D MarkII
  2010.01~
 Canon EOS 5D MarkIII
  2013.06~ 
 Canon EOS M2
  2014.01~

■レンズ
 Canon EF24-105 F4L
  2006.09~
 Canon EF100-400 F4.5-5.6L
  2007.12~
 Canon EF70-300 F4.5-5.6
  2006.09~
 Canon EF50 F1.4
  2010.08~
 Canon EF-S60 F2.8 Macro
  2006.07~~2010.01
 Tokina AT-X124 Pro F4
  2007.10~~2010.01
 Tokina AT-X M100 PRO D F2.8
  2008.04~
 Canon EF28 F1.8
  2010.12~
 Tokina AT-X 16-28 F2.8 PRO FX
  2011.12~
■三脚
 Velbon Neo Carmagne 640
  2006.07~
 Velbon El Carmagne 445
  2008.04~

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ツーリング (KTM 690 DUKE R) (83)
ツーリング (DR-Z400SM) (57)
ツーリング(その他) (11)
バイク (KTM 690 DUKE R) (18)
バイク (DR-Z400SM) (6)
ドライブ (32)
クルマ (5)
風景写真 (150)
建築物写真・街歩き (278)
工場風景 (14)
熱気球 (28)
猫写真 (22)
飛行機 (10)
ブツ撮り (11)
フォトコンテスト (0)
カメラ (7)
音楽 (7)
マメ知識 (9)
その他 (110)
ラムジー・ハント症候群闘病記 (4)
未分類 (0)
読書 (4)
映画 (1)
鉄道 (2)

ユーザータグ

キリスト看板  無理やり店名  

人気ブログランキング

PIXTA

写真販売始めました

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
1802位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
625位
アクセスランキングを見る>>

ブログ仲間

このブログをリンクに追加する

レポート

■ ツーリング・レポート集
■ ドライブ・レポート集
■ DR-Z スピードセンサ交換記
■ 関東街歩きマップ

旧ブログ

六輪生活(LoveLog)

検索フォーム

車両情報


◆KTM690DUKE R('10)主要諸元
型式 690DUKELDU47
エンジン種類
 水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒
総排気量 690cc
内径/行程 102/84.5mm
最高出力 70ps(51.5kW)/7500rpm
最大トルク 70Nm/5500rpm
圧縮比 12.5:1
始動方式 セル式
変速機 6速
変速比
 第1速 2.500
 第2速 1.750
 第3速 1.333
 第4速 1.095
 第5速 0.957
 第6速 0.870
減速比(1次/2次) 36:79/16:40
潤滑方式
 2個のオイルポンプによるオイル圧送式
エンジンオイル モトレックス SAE 10W-60
クラッチ形式
APTCスリッパークラッチ 油圧操作式
燃料供給方式
 ケイヒン電子制御フューエルインジェクション

全長/全幅/全高 2122/830/1243mm
フレーム クロームモリブデン鋼
サブフレーム アルミニウム
ハンドルバー アルミニウムφ28/22mm
フロントフォーク
 WP倒立フォークφ48mm
リアサスペンション
 WPモノショック・プロレバーリンク
サスペンションストロークF/R 140/140mm
ブレーキF/R
 ディスクブレーキ φ320/240mm
リムF/R 3.50×17 5.00×17
タイヤF/R 120/70R 17 160/60R 17
サイレンサー ステンレススチール
ステアリングヘッド角 63.5°
軸間距離 1472±15mm
最低地上高(無負荷) 155mm
シート高(無負荷) 865mm
燃料タンク容量 約13.5L/2.5Lリザーブ
半乾燥重量 約148.5kg(燃料含まず)
乗車定員 2名
生産国 オーストリー


◆DR-Z400SM('05)主要諸元

型式 BC-SK44A
全長 / 全幅 / 全高
2225mm/870mm/1,185mm
軸間距離/最低地上高
 1,460mm/260mm
シート高 / 乾燥重量 870mm/133kg
最小回転半径 2.6m
キャスター/トレール 26°15’/94mm
タイヤサイズ
 F: 120/70R17M/C 58H
 R: 140/70R17M/C 66H
 (リム幅4.5inch)

エンジン型式
 K419・水冷・4サイクル・単気筒
弁方式 DOHC・4バルブ
総排気量 398cm3
内径×行程 / 圧縮比
 90.0mm×62.6mm/11.3
最高出力 29kW[40PS]/7,500rpm
最大トルク 39Nm[4.0kgm]/6,500rpm
キャブレター形式 BSR36
潤滑方式 / 潤滑油容量
 ドライサンプ式/1.9L
燃料タンク容量 10L(リザーブ2L)
定地燃費 40km/L (60km/h)
変速比
 1速 2.285
 2速 1.733
 3速 1.375
 4速 1.090
 5速 0.863
減速比(1次/2次) 2.960/2.733


◆Z33('02)主要諸元

車種 フェアレディZ/クーペ/2WD
車名型式 UA-Z33
エンジン型式 VQ35DE(NEO)
運転タイプ 6MT

全長×全幅×全高
 4310mm×1815mm×1315mm
室内寸法 長×幅×高
 1005mm×1475mm×1100mm
ホイールベース 2650mm
トレッド前/後 1535mm/1540mm
最低地上高 120mm
車両重量 1430kg
乗車定員 2名
最小回転半径 5.4m
燃料消費率|10・15モード 9.7km/L
駆動方式 後輪駆動(FR)
ステアリングギヤ形式
 パワーアシスト付ラック&ピニオン式
サスペンション 前・後
 マルチリンク式 ・ マルチリンク式
主ブレーキ 前・後
 ベンチレーテッドディスク式(前後共)
タイヤ
 F : 225/45R18 91W
 R : 245/45R18 96W
種類・シリンダー数 DOHC・V型6気筒
シリンダー内径×行程 95.5mm×81.4mm
総排気量 3.498L
圧縮比 10.3
最高出力
 206kw[280ps]/6200rpm
最大トルク
 363Nm[37.0kgm]/4800rpm
燃料供給装置 ニッサンEGI(ECCS)
使用燃料・タンク容量
 無鉛プレミアムガソリン・80L
変速比
 第1速 3.794
 第2速 2.324
 第3速 1.624
 第4速 1.271
 第5速 1.000
 第6速 0.794
 後 速 3.446
最終減速比 3.538


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。