六 輪 生 活

街歩きとバイクとクルマが好きです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

木更津の海上電柱

木更津の海上電柱を撮りに行ってきました。
今年1月初めにも行って、その独特の雰囲気に強く惹かれました。→ 《前回記事
もう一回行ってみたいと思ってましたがさすがに遠いのでなかなか行けず。
そして2月の終わり、ようやく足を向けました。


前回は東京湾をグルッと回って走りましたが、今回はアクアライン使用です。
夕景狙いだったので午後になって出発。
3時半頃に現地に着きました。


今日は電柱に的を絞って・・・・とか思ってましたが日が傾いた頃の浅瀬の水の表情がすごく魅力的。
いろいろ撮ってみました。


11_0226_木更津海上電柱_001

お食事中のサギ。
サギって淡水域にいるものだと思ってましたが、海岸にもいるんですね。
塩味がして美味しいのにヤミ付きかも??

サギのシルエットって綺麗です。
首のS字がなんとも言えません。
何のためなのか分かりませんが竹竿の列が画面にリズムを作り、サギを引き立ててくれます。


11_0226_木更津海上電柱_002

対岸には新日鉄君津製鉄所の高炉が。
これも魅力的ですが、今回用事があるのは手前の小屋と電柱です。
このあたりの浅瀬は潮干狩りの名所になってるそうで、この小屋は密漁を防止するための監視小屋で、そこに電気を送るために電柱が立ち並んでるんだとか。
小屋の屋上には賊をやっつけるために機関銃とライフルと対戦車ロケット弾と手榴弾と竹ヤリが据え付けられ睨みを効かせています。ウソ。


電柱沿いは水が無くて砂地が出てるので普通に歩いて沖に行けるようなにってます。
ベストポジションを探りつつちょっとづつ前進。


11_0226_木更津海上電柱_003

とんでもない沖合に釣り人が。
岸から500mはあるでしょうか。
浅瀬とはいえ海のど真ん中によくまあ。
ボクは泳ぎが苦手で水が怖いタチなのでこんな沖に出る勇気はありません (+。+)

海の色がオレンジ色に染まってきました。
そろそろ日没が近づいてきてます。
写真撮影のゴールデンタイムですね ♪


11_0226_木更津海上電柱_004

そして太陽が雲の中に沈んでいきました。
肉眼では半熟タマゴのようなコクのあるオレンジ色の太陽も、こうしてカメラを通すと白く飛んでしまいます。
あー勿体ない・・・・。


日が沈むとともに空気の色が一変しました。
オレンジの世界から紫色の世界へ。
ハッキリと空気が入れ替わるのが感じられました。
海の中だからでしょうか?
陸上ではこれほど鮮やかには切り替わりません。


11_0226_木更津海上電柱_005

5秒のスローシャッター。
かすかな潮の流れが美しい波紋を作ってくれました。


もうだいぶ暗くなってきました。
小屋はハッキリ目視できるものの、細かな部分はぼやけてしまい、ピントを合わせるのが難しくなってきました。
ライブビュー機能はこんな状態でも肉眼より鮮明な絵を写してくれます。
もうこの機能なしでは写真を撮れないカラダになってしまいました。


11_0226_木更津海上電柱_006

30秒。
クリームを溶かしたようなトロッとしたソフトな描写になりました。
肉眼では決して見れない写真ならではの描写ですね。

ところで製鉄所が火事になってますが!!??
・・・・と思ったら場内の灯りが煙に反射してこんな感じになります。



これ以上暗くなると岸に帰れなくなりそうなので名残惜しみつつも撤退することに。
ふと気がつくとさっきまで明るいような気がしてたのが、足元は真っ暗になってきてます。
なにかとんでもない失敗をやらかしたような気がしてちょっとパニック状態に。
岸辺から300m以上は出てきてます。
懐中電灯は持ってましたが、そんな小さな灯りはあってないようなもの。
足場は悪くなかなか前に進みません。
岸にたどり着くまでの長かったこと・・・・・
恐怖の体験でした。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿



ここに来られる方に警告します。
沖合に出ててその間にもし潮が満ちてきたら退路を断たれて帰れなくなる可能性もあります。
周りに注意していつでも引き返せるようにして撮影に臨んでください!!

 

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2011/06/15(水) 22:44:58|
  2. 風景写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

<<BATES M-9 タクティカルブーツ | ホーム | 国立博物館にて学習 ♪>>

コメント

スゴイ!!!!!!!!!!

スローシャッターの写真、とっても幻想的!!!!
雪原にも見える~^^♪
2枚目の写真も好き~、奥に見えてる風景が、いい感じにぼんやりしていて、なんだか立体的に見えますね☆

・・・にしても、懐中電灯片手に岸まで戻ったとか。。。
無理、絶対無理。
小学生の頃校内でやった肝試し思い出した(笑)
極度の暗所恐怖症なくせに、寝るときは豆電球とか許せないっていう、ちょっと矛盾しているワタシ(^_^;)
  1. 2011/06/16(木) 01:42:04 |
  2. URL |
  3. mika #ZgLcQyEo
  4. [ 編集]

いいですね~すんばらしい !!
スローシャッターもいい味出しています。
個人的にお寺関係よりもこういった写真が好きです。

人間の目っていうのは、
良く出来ていると思いますね~。
それを、写真にする難しさったら・・・ないですね。
  1. 2011/06/16(木) 12:45:54 |
  2. URL |
  3. さとう #mdgUF9TI
  4. [ 編集]

2枚目の写真が一番好きです♪
やっぱりここは絶対行かなくては・・・。
これだけ大きい太陽を撮るには大砲じゃないと無理ですよね~。
いつか撮ってみたいなぁ。
  1. 2011/06/16(木) 16:27:36 |
  2. URL |
  3. ナコ #-
  4. [ 編集]

◆mikaさんへ

6枚目は確かに白くて雪原にも見えますね。
スローシャッターは肉眼ではとても見れないような表現をしてくれます。
面白いですね。

>奥に見えてる風景が、いい感じにぼんやりしていて、なんだか立体的に見えますね☆
どの写真もそうですが、前景と背景を取り入れることで画面に奥行きを出そうと工夫しています。
写真の難しくも面白いところです。

>極度の暗所恐怖症なくせに、寝るときは豆電球とか許せないっていう、ちょっと矛盾しているワタシ(^_^;)
あー、それ分かります!
豆電球って目が慣れてくると意外に明るいし、目に痛い感じなんですよね。
月の光とかならあまり気にならないんですが・・・・。
コワイ映画を見た後は真っ暗が怖いですよね (笑)


◆さとうさんへ

>個人的にお寺関係よりもこういった写真が好きです。
寺とか神社は個人的には好きなんですが・・・・・(笑)
それもキンキラキンの豪華なものより、適度に寂れた感じのが好みです。

>人間の目っていうのは、 良く出来ていると思いますね~。
確かに!!
現代の最新カメラでも難しいような光景をクッキリと見せてくれます。
でもカメラの方が優れてる部分も多いです。
20年後のカメラはどうなってるのか楽しみです ♪


◆ナコさんへ

>2枚目の写真が一番好きです♪
ありがとうございます。
予想に反してなぜかこれが人気のようですね。
ホントは5枚目6枚目がヤマ場なんですが・・・・(笑)

ここはすごく良いところです。
ぜひ行ってみて下さい。
ちょっと道が分かりにくいですが、ナビ付きならOKでしょうね。
干潟に踏み込むときは本文最後にも書いたように充分注意してください。
マジで危ないことになる可能性もあるので。

>これだけ大きい太陽を撮るには大砲じゃないと無理ですよね~。
今回は400mmのレンズを使いました。
ナコさんは確か300mm級のレンズはお持ちでしたよね??
35mm換算で480mmに相当するのでこの写真より大きく撮れるはず。
もし200mmまでだとしても320mmに相当するので割と大きく撮れるはずです。
夕日を撮るときは太陽の色が濃いオレンジ色に見えるくらいが撮りやすいです。
それ以上明るいと真っ白に写ってしまうので絵になりません。
今度ぜひ!!
  1. 2011/06/16(木) 19:46:12 |
  2. URL |
  3. kazu_hiro #mB.BT9Ic
  4. [ 編集]

どの写真も幻想的で行ってみたくなっちゃう景色ですね!
空のグラデーションと海面が雲の上みたいで、5枚目の写真が特に好きです。

>ふと気がつくとさっきまで明るいような気がしてたのが、足元は真っ暗になってきてます。
>なにかとんでもない失敗をやらかしたような気がしてちょっとパニック状態に。
これには恐怖を感じるかもしれませんね~。
無事に帰還できて良かったですね^^
  1. 2011/06/17(金) 10:11:24 |
  2. URL |
  3. momo #-
  4. [ 編集]

◆momoさんへ

>どの写真も幻想的で行ってみたくなっちゃう景色ですね!
では日曜日にでもGoですっ (笑)
高速道路休日1000円は19日がラストですし。

>5枚目の写真が特に好きです。
ありがとうございます。
ボクも5枚目当たりが良いかなと思ってます。
6枚目になると波の波紋が完全に消えてしまってノッペリしちゃうので・・・・。

>無事に帰還できて良かったですね^^
マジでかなりの恐怖体験でした \(>o<)/
もし行くとしたら潮の満ち引きには要注意です!!
  1. 2011/06/17(金) 20:00:35 |
  2. URL |
  3. kazu_hiro #mB.BT9Ic
  4. [ 編集]

う~ん、セレクトに迷っちゃいますねw
どれも好みの写真ばっかり!
前半の3枚の色合いが特にお気に入り。
海、工場、船、電柱...
こんな所行ったら、自分気絶しちゃいそう^^;
  1. 2011/06/18(土) 12:09:57 |
  2. URL |
  3. d@m@ #WOq6nlhY
  4. [ 編集]

◆d@m@さんへ

>前半の3枚の色合いが特にお気に入り。
見せ場はラスト2枚のつもりでしたが、前半を気に入ってくれる方が多いようですね。
まあそんなものですかね (笑)

工場や舟は珍しくないとしても、海に立つ電柱ってのは希少価値ありです。
熊本の方にも海に水没していく電柱と桟橋があるそうで、いつか撮りに行きたいと思ってます。
焼酎の二階堂って言うメーカーのCMにもなりました。
そちらではあまり知名度がないかも??
http://www.nikaido-shuzo.co.jp/cm/2008/index.html
  1. 2011/06/18(土) 13:50:50 |
  2. URL |
  3. kazu_hiro #mB.BT9Ic
  4. [ 編集]

こんばんわ。
日没前後のグラデーションの変化が綺麗です。
この辺そろそろ潮干狩りの季節ですかねー?
  1. 2011/06/19(日) 23:10:28 |
  2. URL |
  3. fukusuke #rfUKsBvE
  4. [ 編集]

◆fukusukeさんへ

日没前後は光の色が移り変わっていくのが面白いですよね!!
良い場所を教えていただき、ありがとうございます  (^o^)丿

>この辺そろそろ潮干狩りの季節ですかねー?
そうみたいですね。
全然知らなかったのですが、3月中旬から8月辺りまでがシーズンのようです。
この時期は人が多いので写真を撮るときは外した方がよさそうですね。

 
  1. 2011/06/20(月) 20:49:22 |
  2. URL |
  3. kazu_hiro #mB.BT9Ic
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kz9999.blog35.fc2.com/tb.php/339-8153591c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazu_hiro

Author:kazu_hiro
kazu_hiro

■居住地:神奈川県
■性別:♂
■クルマ
 Nissan Z33
  2003.6~
■バイク
 Suzuki DR-Z400SM
  2005.7~
 KTM 690 DUKE R
  2011.4~  
■カメラ
 Canon EOS 30D
  2006.6~2010.01
 Canon EOS 40D
  2007.11~2010.01
 Canon EOS 5D MarkII
  2010.01~
 Canon EOS 5D MarkIII
  2013.06~ 
 Canon EOS M2
  2014.01~

■レンズ
 Canon EF24-105 F4L
  2006.09~
 Canon EF100-400 F4.5-5.6L
  2007.12~
 Canon EF70-300 F4.5-5.6
  2006.09~
 Canon EF50 F1.4
  2010.08~
 Canon EF-S60 F2.8 Macro
  2006.07~~2010.01
 Tokina AT-X124 Pro F4
  2007.10~~2010.01
 Tokina AT-X M100 PRO D F2.8
  2008.04~
 Canon EF28 F1.8
  2010.12~
 Tokina AT-X 16-28 F2.8 PRO FX
  2011.12~
■三脚
 Velbon Neo Carmagne 640
  2006.07~
 Velbon El Carmagne 445
  2008.04~

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ツーリング (KTM 690 DUKE R) (83)
ツーリング (DR-Z400SM) (57)
ツーリング(その他) (11)
バイク (KTM 690 DUKE R) (18)
バイク (DR-Z400SM) (6)
ドライブ (32)
クルマ (5)
風景写真 (150)
建築物写真・街歩き (278)
工場風景 (14)
熱気球 (28)
猫写真 (22)
飛行機 (10)
ブツ撮り (11)
フォトコンテスト (0)
カメラ (7)
音楽 (7)
マメ知識 (9)
その他 (110)
ラムジー・ハント症候群闘病記 (4)
未分類 (0)
読書 (4)
映画 (1)
鉄道 (2)

ユーザータグ

キリスト看板  無理やり店名  

人気ブログランキング

PIXTA

写真販売始めました

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
845位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
314位
アクセスランキングを見る>>

ブログ仲間

このブログをリンクに追加する

レポート

■ ツーリング・レポート集
■ ドライブ・レポート集
■ DR-Z スピードセンサ交換記
■ 関東街歩きマップ

旧ブログ

六輪生活(LoveLog)

検索フォーム

車両情報


◆KTM690DUKE R('10)主要諸元
型式 690DUKELDU47
エンジン種類
 水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒
総排気量 690cc
内径/行程 102/84.5mm
最高出力 70ps(51.5kW)/7500rpm
最大トルク 70Nm/5500rpm
圧縮比 12.5:1
始動方式 セル式
変速機 6速
変速比
 第1速 2.500
 第2速 1.750
 第3速 1.333
 第4速 1.095
 第5速 0.957
 第6速 0.870
減速比(1次/2次) 36:79/16:40
潤滑方式
 2個のオイルポンプによるオイル圧送式
エンジンオイル モトレックス SAE 10W-60
クラッチ形式
APTCスリッパークラッチ 油圧操作式
燃料供給方式
 ケイヒン電子制御フューエルインジェクション

全長/全幅/全高 2122/830/1243mm
フレーム クロームモリブデン鋼
サブフレーム アルミニウム
ハンドルバー アルミニウムφ28/22mm
フロントフォーク
 WP倒立フォークφ48mm
リアサスペンション
 WPモノショック・プロレバーリンク
サスペンションストロークF/R 140/140mm
ブレーキF/R
 ディスクブレーキ φ320/240mm
リムF/R 3.50×17 5.00×17
タイヤF/R 120/70R 17 160/60R 17
サイレンサー ステンレススチール
ステアリングヘッド角 63.5°
軸間距離 1472±15mm
最低地上高(無負荷) 155mm
シート高(無負荷) 865mm
燃料タンク容量 約13.5L/2.5Lリザーブ
半乾燥重量 約148.5kg(燃料含まず)
乗車定員 2名
生産国 オーストリー


◆DR-Z400SM('05)主要諸元

型式 BC-SK44A
全長 / 全幅 / 全高
2225mm/870mm/1,185mm
軸間距離/最低地上高
 1,460mm/260mm
シート高 / 乾燥重量 870mm/133kg
最小回転半径 2.6m
キャスター/トレール 26°15’/94mm
タイヤサイズ
 F: 120/70R17M/C 58H
 R: 140/70R17M/C 66H
 (リム幅4.5inch)

エンジン型式
 K419・水冷・4サイクル・単気筒
弁方式 DOHC・4バルブ
総排気量 398cm3
内径×行程 / 圧縮比
 90.0mm×62.6mm/11.3
最高出力 29kW[40PS]/7,500rpm
最大トルク 39Nm[4.0kgm]/6,500rpm
キャブレター形式 BSR36
潤滑方式 / 潤滑油容量
 ドライサンプ式/1.9L
燃料タンク容量 10L(リザーブ2L)
定地燃費 40km/L (60km/h)
変速比
 1速 2.285
 2速 1.733
 3速 1.375
 4速 1.090
 5速 0.863
減速比(1次/2次) 2.960/2.733


◆Z33('02)主要諸元

車種 フェアレディZ/クーペ/2WD
車名型式 UA-Z33
エンジン型式 VQ35DE(NEO)
運転タイプ 6MT

全長×全幅×全高
 4310mm×1815mm×1315mm
室内寸法 長×幅×高
 1005mm×1475mm×1100mm
ホイールベース 2650mm
トレッド前/後 1535mm/1540mm
最低地上高 120mm
車両重量 1430kg
乗車定員 2名
最小回転半径 5.4m
燃料消費率|10・15モード 9.7km/L
駆動方式 後輪駆動(FR)
ステアリングギヤ形式
 パワーアシスト付ラック&ピニオン式
サスペンション 前・後
 マルチリンク式 ・ マルチリンク式
主ブレーキ 前・後
 ベンチレーテッドディスク式(前後共)
タイヤ
 F : 225/45R18 91W
 R : 245/45R18 96W
種類・シリンダー数 DOHC・V型6気筒
シリンダー内径×行程 95.5mm×81.4mm
総排気量 3.498L
圧縮比 10.3
最高出力
 206kw[280ps]/6200rpm
最大トルク
 363Nm[37.0kgm]/4800rpm
燃料供給装置 ニッサンEGI(ECCS)
使用燃料・タンク容量
 無鉛プレミアムガソリン・80L
変速比
 第1速 3.794
 第2速 2.324
 第3速 1.624
 第4速 1.271
 第5速 1.000
 第6速 0.794
 後 速 3.446
最終減速比 3.538


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。