六 輪 生 活

街歩きとバイクとクルマが好きです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

熱気球ホンダグランプリ鈴鹿大会 観戦記・・・・その2

前回《記事》の続きです。


19日の朝は6時半からの競技スタートに合わせて会場入りしました。
会場へ着いてみると気球はおらず。
今朝の競技はフライ・インになったようです。
フライ・インとは、各チーム好きな場所から飛び立ち、会場めがけて飛んでくる競技です。
会場へやって来るのをしばらく待たなければいけません。


10_0919_熱気球鈴鹿_001

土手の上には待ち構えてる人達が。
熱気球はマイナーなスポーツですが地味に固定ファンがいるようです。
ちょっと雲が多めなので、どの方向から飛来してくるか心配です。


10_0919_熱気球鈴鹿_002

待つこと30分ほど。
やって来ました!!


10_0919_熱気球鈴鹿_003

会場内にセットされたゴールをめがけて急降下していきます。
土手の上は絶好の観戦ポイントですね ♪


10_0919_熱気球鈴鹿_004

上空に留まって様子見です。
蛍光イエローの機体は空に映えますね。
ちょっと空に雲が多くなってきました。


10_0919_熱気球鈴鹿_005

かなりの高度からゴールめがけてマーカー投下!
ゴールの×印に近いほど得点が増えます。
これはホンダ・シロクマ号。
ボクの好きな機体の一つです。


10_0919_熱気球鈴鹿_006

女子も頑張ってます。
なぜか無理な姿勢で撮ってますが、どんなのを狙ってるんでしょうね?


10_0919_熱気球鈴鹿_007

東の空が一面うろこ雲に覆われました。
今回はちょっと引き気味のアングルを狙ってたんですが、ちょっと引きすぎですね。
引くべきかズームで寄るべきかその場その場で判断して使い分けます。
ズーム域を目一杯使ってもカバーしきれない場合はレンズ交換。
撮影開始してからもう10回くらいレンズ交換してます。
こういうときはカメラが2台あると便利ですが、体力的にちょっと無理かも。


8時過ぎ。
やって来る気球がなくなりそろそろ終了です。
気球は速さを競う競技ではないのですが、一応時間制限はあります。


朝の部が終わると、午後の部がスタートする2時半まで大きく時間が空きます。
バイクだったら空き時間に付近を巡回パトロールして時間をつぶせますが、クルマの場合はいったん会場を出ると戻ってきたときに駐車場の遠いマスに止めざるを得なくなるので迂闊には出られません。
今回は会場の中で時間を過ごすことにします。


10_0919_熱気球鈴鹿_008

なにか人だかりがしてますね。
何だろう?と覗いてみると・・・・・・・・・・
















10_0919_熱気球鈴鹿_009 ギャッ ( ̄▽ ̄;)!!!



いろんなヒトがいますね・・・・・




つづく


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2010/10/22(金) 18:55:09|
  2. 熱気球
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

<<R152ドライブ | ホーム | 熱気球ホンダグランプリ鈴鹿大会 観戦記・・・・その1>>

コメント

女子はカップルと気球を撮ってるんでしょうね。
まさか自分達が撮られてるとは・・・(笑
ウロコ雲と気球の写真が好きです!やっぱり私は引いてる写真が好きなのかな。

宇都宮の会場なんですが、もてぎじゃない宇都宮の会場ってどんな感じなんでしょうか??
こんな感じの河原の土手ですか?
  1. 2010/10/23(土) 08:24:04 |
  2. URL |
  3. ナコ #-
  4. [ 編集]

◆ナコさんへ

>まさか自分達が撮られてるとは・・・(笑
うはは。
面白い構図だったので思わず撮ってしまいました。

>ウロコ雲と気球の写真が好きです!
ありがとうございます!
太陽の部分とのバランスを考えてこうしたんですが、いくらなんでも小さすぎますね (^o^;)

>やっぱり私は引いてる写真が好きなのかな。
望遠で切り取るのもダイナミックで良いですが、飽きやすいと思います。
引いて撮るのは条件が揃わないと絵にならないので難しいです。

気球を撮るコツを一つお伝えします。
それは光の方向を常に読むということです。
気球は丸い形をしてますからサイドから光線が当たった状態じゃないと立体感が出ません。
わらわら飛んでるとどれを撮っていいか迷ってしまうと思いますが、実はかなりピンポイントで狙います。
太陽の方向を読んで適度な位置に気球があって、背景が整ってる・・・・という条件に恵まれるのはそうそうあるものではありませんから。
ナコさんも最初は戸惑うかもですが戸惑うのが普通だと思います。
ボクもいまだに戸惑ってます (笑)

>こんな感じの河原の土手ですか?
そうそう、どこにでもあるこんな感じの土手です。
土手の最上段だけでなく、土手の中腹や麓、土手を下りきった平場など立ち位置を色々工夫してみてください。

とちぎ大会の詳細はこちらです。
http://www.air-b.com/gp-info/tochigi/tochigi-event.htm

会場がツインリンクもてぎと芳賀と道場宿の3つに分かれてますので要注意です。
スケジュールを見ればどの会場で開催するか分かります。
ただしその会場から飛び立つのか、あるいはその会場へ向けて飛んでくるかは直前の風次第です。
また風によっては会場が全く別の場所になることもあります。
現地入りしちゃうと却って情報不足になりがちですが、オフィシャルブログがあるので携帯からアクセスすれば最新情報が分かります。
モバイルサイト http://www.blog.m.livedoor.jp/mc-aki/
※PCからは見れませんが携帯からなら見れるはずです。


  1. 2010/10/23(土) 15:55:25 |
  2. URL |
  3. kazu_hiro #mB.BT9Ic
  4. [ 編集]

ありがとうございます^^
予定だと1日しか行けそうもないので、天気が悪いとアウトですね。
>気球は丸い形をしてますからサイドから光線が当たった状態じゃないと立体感が出ません。
なるほど~。
当日はあたふたしてるうちに全ていなくなってそうですね^^;
モバイルサイトチェックします!!
  1. 2010/10/23(土) 19:32:09 |
  2. URL |
  3. ナコ #-
  4. [ 編集]

こんばんわ。
7枚目、最高にいいッスねー。
うろこ雲にシルエットの気球。
海を漂う小舟の様にも見えます。
  1. 2010/10/23(土) 22:17:13 |
  2. URL |
  3. fukuseuke #rfUKsBvE
  4. [ 編集]

四番目の写真が好きです。
うろこ雲の表情がいいなと思いました。

レンズ交換は確かに面倒ですね。
特に頻度が多くなると…。
7Dなどはがあれば、望遠側には強いですし、どうでしょう?
僕も、D90とD200を持って撮影に挑んだことは数度あります。
D90はそれほど重くないので、なんとかなりました。
今ではEP-1に広角を付けてD90に望遠か標準を付けて2台体制です。
  1. 2010/10/23(土) 23:49:21 |
  2. URL |
  3. これくたあ #uEXqy11M
  4. [ 編集]

◆ナコさんへ

前にも言いましたが、午後の部は風で中止になることが割と多いので朝の部を見逃さないようにしてくださいね!


◆fukuseukeさんへ

>7枚目、最高にいいッスねー。
ありがとうございます~♪
青空もいいですが、こういうのもアリですよね!


◆これくたあさんヘ

>うろこ雲の表情がいいなと思いました。
ありがとうございます。
周辺光量落ちが気になりますが・・・・ (^o^;)
それが味になる場合も多いのであまり気にしてませんが、こういうケースではもう少し絞った方が良かったですね。

>7Dなどはがあれば、望遠側には強いですし、どうでしょう?
そうなんですけどねー。
7Dだとちょっと重すぎるので60Dとかならあり得るかも?
でも年に数回の熱気球撮影のためにカメラをもう一台ってのも勿体ないような気も・・・・。
フィルムカメラなら頑張ってもう一台ってのは充分考えられますが、デジカメだとボディは消耗品なので勿体なさ度がかなり高いですよねー。
悩ましいところです。
  1. 2010/10/24(日) 17:54:27 |
  2. URL |
  3. kazu_hiro #mB.BT9Ic
  4. [ 編集]

青空に浮かぶ気球見ている方も、空に浮かぶ方もどちらも気持ち良さそうですね!
鮮やかな色のバルーンが空に映えてとても綺麗です。
熱気球、いつかチャレンジしてみたい被写体ですが、難しそうですね^^;
  1. 2010/10/25(月) 07:49:18 |
  2. URL |
  3. momo #-
  4. [ 編集]

◆momoさんへ

>青空に浮かぶ気球見ている方も、空に浮かぶ方もどちらも気持ち良さそうですね!
ボクは高所恐怖症なので見る専門です (笑)
気球はフワフワ緩やかに飛んでるイメージですが、実物を見るとかなり印象が変わります。
バーナーを焚く轟音が聞こえてきてかなり荒々しい一面もあります。

面白いのでぜひ一度見て欲しいです  (^o^)丿
11月の後半に宇都宮で大会があるのでデビューしてみてはいかがでしょう??
http://www.air-b.com/gp-info/tochigi/tochigi-event.htm
ナコさんは行くそうですよ ♪
  1. 2010/10/25(月) 20:28:05 |
  2. URL |
  3. kazu_hiro #mB.BT9Ic
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kz9999.blog35.fc2.com/tb.php/244-d173d7f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazu_hiro

Author:kazu_hiro
kazu_hiro

■居住地:神奈川県
■性別:♂
■クルマ
 Nissan Z33
  2003.6~
■バイク
 Suzuki DR-Z400SM
  2005.7~
 KTM 690 DUKE R
  2011.4~  
■カメラ
 Canon EOS 30D
  2006.6~2010.01
 Canon EOS 40D
  2007.11~2010.01
 Canon EOS 5D MarkII
  2010.01~
 Canon EOS 5D MarkIII
  2013.06~ 
 Canon EOS M2
  2014.01~

■レンズ
 Canon EF24-105 F4L
  2006.09~
 Canon EF100-400 F4.5-5.6L
  2007.12~
 Canon EF70-300 F4.5-5.6
  2006.09~
 Canon EF50 F1.4
  2010.08~
 Canon EF-S60 F2.8 Macro
  2006.07~~2010.01
 Tokina AT-X124 Pro F4
  2007.10~~2010.01
 Tokina AT-X M100 PRO D F2.8
  2008.04~
 Canon EF28 F1.8
  2010.12~
 Tokina AT-X 16-28 F2.8 PRO FX
  2011.12~
■三脚
 Velbon Neo Carmagne 640
  2006.07~
 Velbon El Carmagne 445
  2008.04~

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/03│≫ 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ツーリング (KTM 690 DUKE R) (83)
ツーリング (DR-Z400SM) (57)
ツーリング(その他) (11)
バイク (KTM 690 DUKE R) (18)
バイク (DR-Z400SM) (6)
ドライブ (32)
クルマ (5)
風景写真 (150)
建築物写真・街歩き (278)
工場風景 (14)
熱気球 (28)
猫写真 (22)
飛行機 (10)
ブツ撮り (11)
フォトコンテスト (0)
カメラ (7)
音楽 (7)
マメ知識 (9)
その他 (110)
ラムジー・ハント症候群闘病記 (4)
未分類 (0)
読書 (4)
映画 (1)
鉄道 (2)

ユーザータグ

キリスト看板  無理やり店名  

人気ブログランキング

PIXTA

写真販売始めました

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
725位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
249位
アクセスランキングを見る>>

ブログ仲間

このブログをリンクに追加する

レポート

■ ツーリング・レポート集
■ ドライブ・レポート集
■ DR-Z スピードセンサ交換記
■ 関東街歩きマップ

旧ブログ

六輪生活(LoveLog)

検索フォーム

車両情報


◆KTM690DUKE R('10)主要諸元
型式 690DUKELDU47
エンジン種類
 水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒
総排気量 690cc
内径/行程 102/84.5mm
最高出力 70ps(51.5kW)/7500rpm
最大トルク 70Nm/5500rpm
圧縮比 12.5:1
始動方式 セル式
変速機 6速
変速比
 第1速 2.500
 第2速 1.750
 第3速 1.333
 第4速 1.095
 第5速 0.957
 第6速 0.870
減速比(1次/2次) 36:79/16:40
潤滑方式
 2個のオイルポンプによるオイル圧送式
エンジンオイル モトレックス SAE 10W-60
クラッチ形式
APTCスリッパークラッチ 油圧操作式
燃料供給方式
 ケイヒン電子制御フューエルインジェクション

全長/全幅/全高 2122/830/1243mm
フレーム クロームモリブデン鋼
サブフレーム アルミニウム
ハンドルバー アルミニウムφ28/22mm
フロントフォーク
 WP倒立フォークφ48mm
リアサスペンション
 WPモノショック・プロレバーリンク
サスペンションストロークF/R 140/140mm
ブレーキF/R
 ディスクブレーキ φ320/240mm
リムF/R 3.50×17 5.00×17
タイヤF/R 120/70R 17 160/60R 17
サイレンサー ステンレススチール
ステアリングヘッド角 63.5°
軸間距離 1472±15mm
最低地上高(無負荷) 155mm
シート高(無負荷) 865mm
燃料タンク容量 約13.5L/2.5Lリザーブ
半乾燥重量 約148.5kg(燃料含まず)
乗車定員 2名
生産国 オーストリー


◆DR-Z400SM('05)主要諸元

型式 BC-SK44A
全長 / 全幅 / 全高
2225mm/870mm/1,185mm
軸間距離/最低地上高
 1,460mm/260mm
シート高 / 乾燥重量 870mm/133kg
最小回転半径 2.6m
キャスター/トレール 26°15’/94mm
タイヤサイズ
 F: 120/70R17M/C 58H
 R: 140/70R17M/C 66H
 (リム幅4.5inch)

エンジン型式
 K419・水冷・4サイクル・単気筒
弁方式 DOHC・4バルブ
総排気量 398cm3
内径×行程 / 圧縮比
 90.0mm×62.6mm/11.3
最高出力 29kW[40PS]/7,500rpm
最大トルク 39Nm[4.0kgm]/6,500rpm
キャブレター形式 BSR36
潤滑方式 / 潤滑油容量
 ドライサンプ式/1.9L
燃料タンク容量 10L(リザーブ2L)
定地燃費 40km/L (60km/h)
変速比
 1速 2.285
 2速 1.733
 3速 1.375
 4速 1.090
 5速 0.863
減速比(1次/2次) 2.960/2.733


◆Z33('02)主要諸元

車種 フェアレディZ/クーペ/2WD
車名型式 UA-Z33
エンジン型式 VQ35DE(NEO)
運転タイプ 6MT

全長×全幅×全高
 4310mm×1815mm×1315mm
室内寸法 長×幅×高
 1005mm×1475mm×1100mm
ホイールベース 2650mm
トレッド前/後 1535mm/1540mm
最低地上高 120mm
車両重量 1430kg
乗車定員 2名
最小回転半径 5.4m
燃料消費率|10・15モード 9.7km/L
駆動方式 後輪駆動(FR)
ステアリングギヤ形式
 パワーアシスト付ラック&ピニオン式
サスペンション 前・後
 マルチリンク式 ・ マルチリンク式
主ブレーキ 前・後
 ベンチレーテッドディスク式(前後共)
タイヤ
 F : 225/45R18 91W
 R : 245/45R18 96W
種類・シリンダー数 DOHC・V型6気筒
シリンダー内径×行程 95.5mm×81.4mm
総排気量 3.498L
圧縮比 10.3
最高出力
 206kw[280ps]/6200rpm
最大トルク
 363Nm[37.0kgm]/4800rpm
燃料供給装置 ニッサンEGI(ECCS)
使用燃料・タンク容量
 無鉛プレミアムガソリン・80L
変速比
 第1速 3.794
 第2速 2.324
 第3速 1.624
 第4速 1.271
 第5速 1.000
 第6速 0.794
 後 速 3.446
最終減速比 3.538


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。