六 輪 生 活

街歩きとバイクとクルマが好きです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

GW四国ツーリング・・・・詳細編その11 最終編 【2010年5月09日】

前回《記事》の続きです。


今日はいよいよ最終日。
伊勢を出て東京の自宅へ戻ります。
思えば長かった・・・・と感慨もひとしおです。


伊勢を出発は8時半すぎ。
鳥羽港からの伊勢湾フェリーの出航は9時20分。
伊勢から鳥羽まではほんの少しですが、ちょっと出発が遅れました。
20分前くらいには受付をしないといけないんですが・・・。


急いでたので有料のバイパス道路を使いました。
なんとかギリギリで鳥羽港《MAP》へ到着し、受付を済ませました。


10_0609_GW四国ツーリング001

GWの最盛期は過ぎてたので車両デッキはガラ空きでした。
バイクはボクの他にGPZが1台いるだけという寂しさ。
この伊勢湾フェリーも9月末をもって廃止 《関連記事》。
ボク的には四国・九州方面へのメインルートだっただけに廃止になると困ってしまいます。
なんとかならなかったんでしょうか?・・・・と思いつつも、この乗船率ではどうにもならないかもですね。
9時20分、定刻通り出航しました。


10_0609_GW四国ツーリング002

10時過ぎ。
伊良湖岬沖にて。
航跡を見てると長かった道のりが思い起こされます。


10_0609_GW四国ツーリング003

10時15分。
時間ピッタリで伊良湖岬《MAP》に到着しました。


船旅をすると一仕事したような気になりますが、今日の行程はこれからが本番。
ここから自宅までの330kmを走らねばなりません。
伊良湖岬を縦断し、浜松西ICから東名に乗ってしまえば5時間程度の距離ですが、高速道路を延々とってのも今ひとつつまらないし、どうしようかと思いつつ走り出しました。


10_0609_GW四国ツーリング004

伊良湖岬付近の海岸にて。
写真を撮ってるとオジさんに話しかけられました。
四国の西の端まで行ってきたって言うと驚いてました。
ボクのようにあちこち出かける人にとってはごく普通のことですが、そうではない人にとっては地平線の彼方まで行ってきたかのように思えるのかもですね。


伊良湖岬を縦断し、浜名バイパスに乗ったところでランチタイム。
バイパス沿いにある道の駅『潮見坂』《MAP》にてシラス丼を食べましたが、生姜が効きすぎてシラスの味は全くせず (+。+)


とりあえず予定通り浜松西IC《MAP》から東名に乗りました。
空いてる道ばっかり走ってきたのでここまでの混雑した道はストレスになりました。
東名ではほとんど追い越し車線に出ることなくトラックをペースメーカーにしつつ淡々と走り、御殿場でふと思い立って高速を下りました。
高速道路は飽きたので御殿場から山中湖に抜け、道志路で帰宅しようってわけ。
時間が早いのでもっと空いてるかと思いきや、かなり混んでてまともに走れた区間はほとんどありませんでしたが、気分転換にはなりました。


10_0609_GW四国ツーリング005


道志路を抜けてわりとすぐのコンビニにて。
缶コーヒーで一服。
やや疲れてますが、普通のツーリングの疲れ程度。
今回のツーリングでは宿毛から高知までの4日間、ひどい疲れに悩まされましたが、もうすっかり回復してます。


そして16時34分。
無事に自宅へ到着しました ♪


いやー、ホントに長かったツーリングでした。
11日という日数は過去にも例がありますが、これほど長く感じたのは初めてです。
やはりR438・R439走破《記事》のダメージが中盤まで効いたのが長く感じさせられた理由だと思います。
今回のツーリングでは色々と学ぶことがありました。
それをざっと書き出してみると・・・・

① ハードな行程の次の日には休養日を入れるべし。
  また、パワーのつく食事で体力回復を図るべし。

  ※ ボクの場合はロングでは一日の走行距離を250km程度に抑えてますが、それを大きく越える場合は要注意。

② 荷物は最小限にすべし。
  ※ ホテル泊なら下着の1セット+薄手の予備衣類上下+カッパ上下+その他小物でオッケー。 《関連記事
    身軽ということはロングになるほど体力的に有利になります。

③ 5000円以下のホテルは危険と知るべし。
  ※ 安心できるホテルは7000円台以上が相場です。
  

ツーリング歴20年近くになろうとしますが、いまだに学ぶことはあるんですね (^o^)


今回ツーリングのデータは、

総走行日数:10泊11日
総走行距離:2552km
平均走行距離:232km/日
総写真撮影枚数:882枚

でした。



最後まで読んで下さった方、ありがとうございました m(_ _)m



にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿


テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

  1. 2010/06/16(水) 21:48:35|
  2. ツーリング (DR-Z400SM)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

<<梅雨の晴れ間 | ホーム | GW四国ツーリング・・・・詳細編その10 【2010年5月08日】>>

コメント

お疲れ様でした♪
そしてツーレポもお疲れ様でした(笑
ほんと長かったですね。最後の日に体力回復してるなんて凄いですよ。きっと私ならヘトヘトの体ガチガチ^^;
帰りルートの紀伊半島、同じルートだったので楽しみにしてましたが観光(?)はあまりしなかったんですね。まぁあれだけの距離だと無理か・・・^^;

ホテルは・・・勉強になりましたね(笑
  1. 2010/06/17(木) 16:31:39 |
  2. URL |
  3. ナコ #-
  4. [ 編集]

◆ナコさんへ

>そしてツーレポもお疲れ様でした(笑
お疲れでした。
もっと早くに書き上げる予定でしたが、やはり手間取りました。
5月11日に書き始めて終わったのが6月16日。
1ヶ月以上もかかってしまいましたが、平均すると3日に1つくらいのペースなので悪くないかも。

>最後の日に体力回復してるなんて凄いですよ。
高知でドーピング食を食べ、キューピーコーワゴールド錠を飲んだのが効いたようです。
しかし宿毛から高知までの4日間はきつかったです・・・・(+。+)
高知で回復してなかったら今頃どうなってたことやら。

>同じルートだったので楽しみにしてましたが観光(?)はあまりしなかったんですね。
今回は走りメインだったんですよ。
写真はあまり撮りませんでした。
写真を撮ってばかりだと走りのリズムが取れませんし。
紀伊半島はほとんど写真撮りませんでしたが、橋杭岩の見事な夕景が見れて満足してます。
もうあれだけでお腹一杯になりました。

>ホテルは・・・勉強になりましたね(笑
はい、身をもって勉強しました (笑)
まあ半分分かってましたが、今回改めてそのデンジャラス度を確認したってことで。
ナコさんも肝試しにいかがですか ( ̄∀ ̄)/
  1. 2010/06/17(木) 20:35:35 |
  2. URL |
  3. kazu_hiro #mB.BT9Ic
  4. [ 編集]

旅もレポートもお疲れ様でした(笑)

いろいろな思いがよくわかるレポート、ありがとうございました。無事に帰りつかれて何よりです。

特に、

>③ 5000円以下のホテルは危険と知るべし。

宿の記事では、各所なにやら相当な怨念を感じることができましたが…(笑)。

私の場合は、どこかに行っても写真以外の記録はつけることが無いので、
こんなレポートはまず書けません(笑)

こういったレポートを拝読すると、つくづく旅は悲喜こもごもだと感じます。
「悲喜」のうちには、もちろん自分自身のことが含まれるんですが、
それ以外にも、フェリーが廃止になってしまうことなど、そういった外的な感情を
思うことができるのも、また旅の魅力なんでしょうね~。

これを読んで7月末、ちょっとの間、自由の身になりそうなので、
ちょっと遠くへ行ってみようと思いました。

まぁ、仕事が放してくれたなら、ですけど(ーー;)
  1. 2010/06/19(土) 01:37:35 |
  2. URL |
  3. 7pandas #-
  4. [ 編集]

◆7pandasさんへ

ボクの記事はダラダラ長いので読む方も疲れたかと思います。
お疲れ様でした (笑)

>宿の記事では、各所なにやら相当な怨念を感じることができましたが…(笑)。
経験的に7000円あたりが相場だってのは知ってましたが、今回はお金を節約するために思い切って5000円以下を狙ってみました。
結果は・・・・・・・・・・やっぱり (≧▽≦)!!
全てではありませんが、相当数危険な宿が混じってます。
特に八幡浜のホテルは酷かったです。
あの鼻をつくようなカビの匂いと半分ボケたオバさんの応対、当分トラウマになりそうです (+。+)
http://kz9999.blog35.fc2.com/blog-entry-158.html

>こんなレポートはまず書けません(笑)
いやいや、案外やってみるとできると思いますよ。
写真を見るとその場の雰囲気とか体調とかが記憶に立ちのぼります。
撮った位置もだいたいは憶えてますし。
これってもしかして特技でしょうか??

>つくづく旅は悲喜こもごもだと感じます。
”喜”はともかく、”悲”はあってはならないと思うんですが、今回のツーリングは激安狙いだったのでまさに悲喜交々でした。
いい歳したオトナのツーリングではないですよねー。
資金さえ潤沢なら一泊3~5万円程度の旅館を巡って安楽なツーリングがしたいでところですが・・・・。

>ちょっとの間、自由の身になりそうなので、ちょっと遠くへ行ってみようと思いました。
そのチャンスを逃してはいけませんよ!!
ちょうど梅雨も明けて夏全開のころ、北海道なんていいのでは (^o^)/
仕事なんかブチ切って行っちゃってください ♪
  1. 2010/06/19(土) 18:28:49 |
  2. URL |
  3. kazu_hiro #mB.BT9Ic
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kz9999.blog35.fc2.com/tb.php/172-aba2070e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazu_hiro

Author:kazu_hiro
kazu_hiro

■居住地:神奈川県
■性別:♂
■クルマ
 Nissan Z33
  2003.6~
■バイク
 Suzuki DR-Z400SM
  2005.7~
 KTM 690 DUKE R
  2011.4~  
■カメラ
 Canon EOS 30D
  2006.6~2010.01
 Canon EOS 40D
  2007.11~2010.01
 Canon EOS 5D MarkII
  2010.01~
 Canon EOS 5D MarkIII
  2013.06~ 
 Canon EOS M2
  2014.01~

■レンズ
 Canon EF24-105 F4L
  2006.09~
 Canon EF100-400 F4.5-5.6L
  2007.12~
 Canon EF70-300 F4.5-5.6
  2006.09~
 Canon EF50 F1.4
  2010.08~
 Canon EF-S60 F2.8 Macro
  2006.07~~2010.01
 Tokina AT-X124 Pro F4
  2007.10~~2010.01
 Tokina AT-X M100 PRO D F2.8
  2008.04~
 Canon EF28 F1.8
  2010.12~
 Tokina AT-X 16-28 F2.8 PRO FX
  2011.12~
■三脚
 Velbon Neo Carmagne 640
  2006.07~
 Velbon El Carmagne 445
  2008.04~

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ツーリング (KTM 690 DUKE R) (83)
ツーリング (DR-Z400SM) (57)
ツーリング(その他) (11)
バイク (KTM 690 DUKE R) (18)
バイク (DR-Z400SM) (6)
ドライブ (32)
クルマ (5)
風景写真 (150)
建築物写真・街歩き (278)
工場風景 (14)
熱気球 (28)
猫写真 (22)
飛行機 (10)
ブツ撮り (11)
フォトコンテスト (0)
カメラ (7)
音楽 (7)
マメ知識 (9)
その他 (110)
ラムジー・ハント症候群闘病記 (4)
未分類 (0)
読書 (4)
映画 (1)
鉄道 (2)

ユーザータグ

キリスト看板  無理やり店名  

人気ブログランキング

PIXTA

写真販売始めました

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
1300位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
462位
アクセスランキングを見る>>

ブログ仲間

このブログをリンクに追加する

レポート

■ ツーリング・レポート集
■ ドライブ・レポート集
■ DR-Z スピードセンサ交換記
■ 関東街歩きマップ

旧ブログ

六輪生活(LoveLog)

検索フォーム

車両情報


◆KTM690DUKE R('10)主要諸元
型式 690DUKELDU47
エンジン種類
 水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒
総排気量 690cc
内径/行程 102/84.5mm
最高出力 70ps(51.5kW)/7500rpm
最大トルク 70Nm/5500rpm
圧縮比 12.5:1
始動方式 セル式
変速機 6速
変速比
 第1速 2.500
 第2速 1.750
 第3速 1.333
 第4速 1.095
 第5速 0.957
 第6速 0.870
減速比(1次/2次) 36:79/16:40
潤滑方式
 2個のオイルポンプによるオイル圧送式
エンジンオイル モトレックス SAE 10W-60
クラッチ形式
APTCスリッパークラッチ 油圧操作式
燃料供給方式
 ケイヒン電子制御フューエルインジェクション

全長/全幅/全高 2122/830/1243mm
フレーム クロームモリブデン鋼
サブフレーム アルミニウム
ハンドルバー アルミニウムφ28/22mm
フロントフォーク
 WP倒立フォークφ48mm
リアサスペンション
 WPモノショック・プロレバーリンク
サスペンションストロークF/R 140/140mm
ブレーキF/R
 ディスクブレーキ φ320/240mm
リムF/R 3.50×17 5.00×17
タイヤF/R 120/70R 17 160/60R 17
サイレンサー ステンレススチール
ステアリングヘッド角 63.5°
軸間距離 1472±15mm
最低地上高(無負荷) 155mm
シート高(無負荷) 865mm
燃料タンク容量 約13.5L/2.5Lリザーブ
半乾燥重量 約148.5kg(燃料含まず)
乗車定員 2名
生産国 オーストリー


◆DR-Z400SM('05)主要諸元

型式 BC-SK44A
全長 / 全幅 / 全高
2225mm/870mm/1,185mm
軸間距離/最低地上高
 1,460mm/260mm
シート高 / 乾燥重量 870mm/133kg
最小回転半径 2.6m
キャスター/トレール 26°15’/94mm
タイヤサイズ
 F: 120/70R17M/C 58H
 R: 140/70R17M/C 66H
 (リム幅4.5inch)

エンジン型式
 K419・水冷・4サイクル・単気筒
弁方式 DOHC・4バルブ
総排気量 398cm3
内径×行程 / 圧縮比
 90.0mm×62.6mm/11.3
最高出力 29kW[40PS]/7,500rpm
最大トルク 39Nm[4.0kgm]/6,500rpm
キャブレター形式 BSR36
潤滑方式 / 潤滑油容量
 ドライサンプ式/1.9L
燃料タンク容量 10L(リザーブ2L)
定地燃費 40km/L (60km/h)
変速比
 1速 2.285
 2速 1.733
 3速 1.375
 4速 1.090
 5速 0.863
減速比(1次/2次) 2.960/2.733


◆Z33('02)主要諸元

車種 フェアレディZ/クーペ/2WD
車名型式 UA-Z33
エンジン型式 VQ35DE(NEO)
運転タイプ 6MT

全長×全幅×全高
 4310mm×1815mm×1315mm
室内寸法 長×幅×高
 1005mm×1475mm×1100mm
ホイールベース 2650mm
トレッド前/後 1535mm/1540mm
最低地上高 120mm
車両重量 1430kg
乗車定員 2名
最小回転半径 5.4m
燃料消費率|10・15モード 9.7km/L
駆動方式 後輪駆動(FR)
ステアリングギヤ形式
 パワーアシスト付ラック&ピニオン式
サスペンション 前・後
 マルチリンク式 ・ マルチリンク式
主ブレーキ 前・後
 ベンチレーテッドディスク式(前後共)
タイヤ
 F : 225/45R18 91W
 R : 245/45R18 96W
種類・シリンダー数 DOHC・V型6気筒
シリンダー内径×行程 95.5mm×81.4mm
総排気量 3.498L
圧縮比 10.3
最高出力
 206kw[280ps]/6200rpm
最大トルク
 363Nm[37.0kgm]/4800rpm
燃料供給装置 ニッサンEGI(ECCS)
使用燃料・タンク容量
 無鉛プレミアムガソリン・80L
変速比
 第1速 3.794
 第2速 2.324
 第3速 1.624
 第4速 1.271
 第5速 1.000
 第6速 0.794
 後 速 3.446
最終減速比 3.538


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。