六 輪 生 活

街歩きとバイクとクルマが好きです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

GW四国ツーリング・・・・詳細編その4 【2010年5月02日】

前回《記事》の続きです。


前日がかなりハードな行程だったので今朝はゆっくりめの7時半に起床。
出発は8時半を回ってました。


今日は八幡浜までの約200km少々のルート。
海岸沿いを走り、海に突き出た半島を巡るコースです。


10_0502_GW四国ツーリング_001

宿毛から伸びるK4《MAP》を快走。
県道とはいえ、1桁台なのでコンディションは上々。
一部狭い区間もありますが、総じて広くて空いててスピードが出せますので、調子に乗ってガンガン走ります。


ところがK4を走り切った頃には早くもお疲れ気味。
やはり昨日のハードさが効いてるようです・・・・。
一晩グッスリ寝たにも関わらず疲れが取れないとは、もう歳ですかね~ (+。+)


R56に出たところで、このまま国道を使って八幡浜に直行することもできたんですが、貧乏性なのでここまで来て普通の国道オンリーってのはいかにも勿体ない・・・と、とりあえず予定の半島コースに入りました。
様子を見てダメなら国道に戻り直行すればいいってことで。
R56をちょっと南下し、○○半島を周遊するK37《MAP》に入りました。
○○半島ってわざわざ書いたのは、半島名が付いてないから。
考えてみると、この辺りは半島じゃない場所の方が珍しいです。
いちいち名前なんか付けてられないのかもですねー。


地元の軽トラの後をゆっくりと走りつつ、ちょこちょこ停まっては写真を撮りますが、お疲れ気味なのでこれといった写真は撮れませんでした。
写真を撮るのってかなり集中力が必要なので、体力が落ちてると良い写真が撮れません。


10_0502_GW四国ツーリング_002

島津トンネルのあたり《MAP》にて。
エメラルドグリーンの綺麗な海が感動的です。

ここは半島の北側。
なので海方向にカメラを向けると順光で撮ることになります。
水の色を綺麗に出すためには、順光の方が良いようです。
これは憶えておいた方がイイですね ♪


10_0502_GW四国ツーリング_003

高台から見下ろす漁村。
何ていうこともない小さな集落ですが、クネクネと曲がりくねった道と瓦葺きの屋根が良い感じ。
居心地が良さそうですね。

でも、こんな場所にはコンビニなどありませんので便利さとは無縁です。
コンビニがあるのが普通の生活をしてると、こうい場所は大変かも?
ボク自身はコンビニなど無くても平気です。
実際、九州の実家に帰ったときはコンビニどころか、パソコンも無いしインターネットも見れないっていう生活になるので。


10_0502_GW四国ツーリング_004

三浦天満宮《MAP》という小さな神社にて。
ちゃんと手入れが行き届いていて、地元の方が大切にしてるようでした。
上がどうなってるのか興味のあるところですが、お疲れなのでこの階段を上るのはパスしておきました (^o^;)


やがてR56に戻ってくるとしばらくは国道沿いに走ります。
面白くも何ともないですが。
宇和島中心部《MAP》では、R56はあっちに曲がれこっちに曲がれと忙しいのなんのって。
標識に従ってまさに右往左往。


10_0502_GW四国ツーリング_005

国道沿いで給油ついでに洗車。
昨日の汚れを洗い流しました。
こっちは物価が安いのが魅力ですね。
高圧洗車代はたった100円。
もっと郊外に行くとタダで洗車機を貸してもらえることも。
ただし、ガソリンの価格は東京と同じか高いくらいです。


宇和島市街を抜けると、R56を離れ、海沿いに走るR378《MAP》に入ります。
このR378を走りきると終点は八幡浜なので安心して走れます。
終点が近くなると気持的に余裕ができてゆったり走れますね。
このペースだとかなり早く宿に着いてしまいそうな感じ。


このR378、国道とは思えないほど狭い道ですが、時速30kmとかでゆっくる走る分には全く気になりません。
景色は悪くはないですが、さっきのK37に比べると大味な感じ。
撮るものが見つからないまま、もうすぐ走り終わってしまいますので、ちょっと焦って被写体を探しました。


10_0502_GW四国ツーリング_006

小さな神社が道のすぐ脇にありました。
この辺りだけに限ったことではありませんが、四国にはこういう良い感じの素朴な石垣がそこら中にあります。
関東ではコンクリートで固めた擁壁ばかりので、こういう石垣を見るとすごく魅力的に見えます。


10_0502_GW四国ツーリング_007

国宝級の物件を発見 !!
警官人形 (≧▽≦)
いまだに残ってたんですね。


・・・・とワケの分からないものも撮りつつ、やがて八幡浜の市街に入りました。
ところが事前に調べてあったホテルのあるべき位置には何もありません。
ただ普通の家が建ち並んでるだけ。
散々グルグルと回って探したんですが見つからず。
宿に場所を聞こうと電話したんですが、ベルの鳴る音が続くだけで繋がりません。
何度電話をかけても同じ。


ついに匙を投げて交番に場所を聞きに行こうと、フェリー乗り場の近くにある交番を目指しました。
・・・・と、フェリー乗り場のすぐ脇に散々探したホテルの看板が!!
全く見当違いの場所を探してたわけです。


ところが入ろうとすると

「受付は4時半からです」 と殴り書きされた張り紙が ( ̄□ ̄;)!!

電話が通じなかったのはこのせいでした。


ただ今2時40分。
あと2時間近くもあります。
ボーッと待つのも癪なので、佐田岬《MAP》を走り、適当なところで引き返して宿入りしようと考えました。
佐田岬のメインストリートR197は、ものすごい数のバイクが走ってました。
おそらく九州の大分からフェリーで佐田岬に渡ってきたライダー達だと思います。


10_0502_GW四国ツーリング_008

伊方ウインドファーム《MAP》にて。
稜線上に直径70m、荏原フライデラー社製の1500kW風車が12基。
この佐田岬はいつも風が吹くので風力発電に向いてるのか、ここだけでなくいくつも風力発電所が建ち並んでます。


もうそろそろ引き返す頃。
今から引き返すとホテルに着くのは4時半になるはず。


10_0502_GW四国ツーリング_009

三和ビジネスホテル《MAP》にはちょうど4時半に到着しました。
時間ピッタリ。
ところで、かなり怪しい外観ですね・・・ (-_-;)


中に入ると、受付には誰もいません。
よく見ると、「ご用の方はこのボタンを押してください」 の殴り書きのメモが貼ってあります。


ボタンを押して見ましたが・・・・誰も出てきません。
もう1回押してみますが・・・・誰も出てきません  (-_-;)


もしや何かのインチキじゃ・・・と思い始めた頃、ようやくオバサンが奥から現れました。

「予約しておいたkazu_hiroです」
「あー、予約ね。じゃあこれに名前と住所を書いて」

書いて渡すと

「えー、鍵はこれね。 で、お名前は?
「kazu_hiroです」
「ああ、はい」

大丈夫でしょうか?

「料金は4800円ね。 で、お名前は?
「kazu_hiroです」
「ああ、そうね」

「エレベーターは無いので階段で。 で、お名前は?
「kazu_hiroじゃッ (`o´)/」
「ああ、そうね」

・・・・・・ ( ̄▽ ̄;)

ツーリング出発前に予約したときは感じのいい若い女性の声だったんですが、実際に出てくるのはボケたオバサンです (笑)


で、お部屋の様子は?


10_0502_GW四国ツーリング_010

あ、意外に普通かも ♪ ・・・・とか思った0.000001秒後、強烈なカビの匂いが!!
うわっ!!


お部屋の設備は?
ドライヤー無し、歯ブラシ無し、ウォシュレット無し、湯沸かしポット無し、空調機はガーガー発生装置あり、隣室の音がつつぬけ装置あり。
テレビも超最新式の超丸いブラウン管です。
壁にガムテープが貼ってあったので、何だろうと剥がしてみると、壁が破けてました。
うわっ!!


10_0502_GW四国ツーリング_011

外でバイクの音がしたので、窓から見下ろすと、ライダーが。
犠牲者がまた一名 (笑)


その後も続々とライダーがやって来ました。
中には夫婦ライダーも。
夫婦でこんな凄い宿に泊まるとは・・・・。
筋金入りですね。


10_0502_GW四国ツーリング_012

疲れているのと宿の悲惨さに飯屋を探す気力も失せ、近くにあったパン屋さんでパンを買って食べました。
カビの匂いでパンの味が分かりません  (-_-;)


こうして素敵なお部屋に恵まれ、うれし泣きしつつも疲れてグッスリ眠ったのでした。


つづく



にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿


テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

  1. 2010/05/19(水) 23:05:46|
  2. ツーリング (DR-Z400SM)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

<<ちょっとお休み | ホーム | GW四国ツーリング・・・・詳細編その3 【2010年5月01日】>>

コメント

海の色がとても綺麗ですね~。

とって付けたようなビジネスホテルですね~。
ボケた婆さんが面白い・・・。
  1. 2010/05/20(木) 09:11:45 |
  2. URL |
  3. さとう #mdgUF9TI
  4. [ 編集]

今回のツーは疲れが抜けなかったようですね。
もうそういう歳では・・・・ もとい宿で思うように休めなかったからじゃないですか~??
これを気にkazu_hiroさんもシングルテントを買って見てはどうでしょう^m^
たぶん想像よりゆっくり出来ると思いますよ。
最近の寝袋とかはかなり良いらしいので。
  1. 2010/05/20(木) 09:32:17 |
  2. URL |
  3. ナコ #-
  4. [ 編集]

初コメントです。

いつも拝見させて頂いてました。
写真がとてもキレイで、参考にさせてもらってます。

me四国は「フェリー」で通過してしまい、
足を踏み入れたことがありません。。

kazu_hiroさんの日記を拝見して、
とても行きたくなってきました。

つづきも、楽しみにしております(^^)
  1. 2010/05/20(木) 10:42:45 |
  2. URL |
  3. すなこ。 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

◆さとうさんへ

ホテルというより、ドヤに近い感じでした。
ある意味、貴重な体験でしたねー。

婆さん、相当に呆けてました。
おかげでエライ目に・・・(笑)


◆ナコさんへ

>今回のツーは疲れが抜けなかったようですね。
歳かも・・・・ (-_-;)
後半、だいぶ回復するんですが、その話は追々しますね ♪

>これを気にkazu_hiroさんもシングルテントを買って見てはどうでしょう^m^
テントを張るってことはシュラフも必要だし、炊事道具なんかも必要になりますよね。
風呂も朝晩入れないし。
荷物を極力減らして楽をしたいボクにとっては敷居が高いです・・・。
とはいえキャンプに対する憧れもありますので、じっくり考えてみようと思ってます (^o^)


◆すなこ。さんへ

>いつも拝見させて頂いてました。
それはどうもありがとうございます!!
全然気がつきませんでした。
こんな悲惨なツーリング日記なのに行きたくなるなんて、すなこ。さんも変わってますね~ (笑)

四国は面積こそ小さいですが、距離を稼ぐのが大変なので、思った以上に広い感じがします。
スーパースポーツ系のバイクだと思う存分走ることができる道は限られてますが、探検だと思えば良いかも?
2桁台までの国道であればまあ普通に走れるので、四国に一度は行ってみて下さい。
お勧めの道がいくつかありますので、もし四国に行く機会があるのなら事前に声をかけて下されば、情報を教えてあげることもできますので、お気軽に ♪

続きをお楽しみください  (^o^)丿
  1. 2010/05/21(金) 20:59:45 |
  2. URL |
  3. kazu_hiro #mB.BT9Ic
  4. [ 編集]

>エメラルドグリーンの綺麗な海が感動的です。
すごいきれいですね!沖縄みたいにさんご礁があるわけでもないのに、この色になるのは何か理由があるのでしょうか?

>国道沿いで給油ついでに洗車。
いつも思うんですが、ツーリング中に洗車ってすごいな~と思います。僕の場合、もし初日に雨降られたら最終日までバイクがドロだらけというパターンが多いです(笑)
でも、せっかくいい写真を撮るkazu_hiroさんですから、バイクは常にピカピカの方がいいですよね!

そしてお楽しみの今回の宿!!
ボケたおばちゃんはホントストレスになりそうです(笑)
外観はかなりキテますねー。室内は案外普通かと思いきや、カビ臭いとはこれまた!
しかも各種最新設備が導入されてるようで、強烈な宿ですね・・・。

う~ん、こりゃkazu_hiroさんの旅の疲れが毎日蓄積されていくのがわかる気がしてきたぞ(笑)
  1. 2010/05/22(土) 08:51:28 |
  2. URL |
  3. t-matsuki #-
  4. [ 編集]

◆t-matsukiさんへ

>この色になるのは何か理由があるのでしょうか?
水の色が綺麗になるには海底や砂浜が白いというのが条件になります。
多分、四国を構成する岩盤が白系の花崗岩や石灰岩でできてるので、海の底も白い色になるんでしょうね。
関東によくある黒っぽい岩や砂ではこんな色に見えないです。
でも秩父や奥多摩の一部には花崗岩や石灰岩質が露出してるところがあって、そういうところでは水の色が綺麗なブルーやグリーンに見えますよ。
ちなみに花崗岩といっても白い色から黒い色まで各種あるので、花崗岩=白ではないです。

>ツーリング中に洗車ってすごいな~と思います。
汚いままだと気分が悪いので・・・・。
洗車といっても高圧洗車機で汚れを吹き飛ばしてウエスで拭くだけなので大して手間もかかりませんよ。

>強烈な宿ですね・・・。
匂いもオバサンも強烈すぎる宿でした。
こういう悲惨な宿はボディブローのように疲れた身体に静かにダメージを与えていきます (笑)
ネタ的には美味しいので、t-matsukiさんも泊まってみてはいかがでしょう (≧▽≦)!!
  1. 2010/05/22(土) 21:48:49 |
  2. URL |
  3. kazu_hiro #mB.BT9Ic
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kz9999.blog35.fc2.com/tb.php/158-dce3a9fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazu_hiro

Author:kazu_hiro
kazu_hiro

■居住地:神奈川県
■性別:♂
■クルマ
 Nissan Z33
  2003.6~
■バイク
 Suzuki DR-Z400SM
  2005.7~
 KTM 690 DUKE R
  2011.4~  
■カメラ
 Canon EOS 30D
  2006.6~2010.01
 Canon EOS 40D
  2007.11~2010.01
 Canon EOS 5D MarkII
  2010.01~
 Canon EOS 5D MarkIII
  2013.06~ 
 Canon EOS M2
  2014.01~

■レンズ
 Canon EF24-105 F4L
  2006.09~
 Canon EF100-400 F4.5-5.6L
  2007.12~
 Canon EF70-300 F4.5-5.6
  2006.09~
 Canon EF50 F1.4
  2010.08~
 Canon EF-S60 F2.8 Macro
  2006.07~~2010.01
 Tokina AT-X124 Pro F4
  2007.10~~2010.01
 Tokina AT-X M100 PRO D F2.8
  2008.04~
 Canon EF28 F1.8
  2010.12~
 Tokina AT-X 16-28 F2.8 PRO FX
  2011.12~
■三脚
 Velbon Neo Carmagne 640
  2006.07~
 Velbon El Carmagne 445
  2008.04~

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ツーリング (KTM 690 DUKE R) (83)
ツーリング (DR-Z400SM) (57)
ツーリング(その他) (11)
バイク (KTM 690 DUKE R) (18)
バイク (DR-Z400SM) (6)
ドライブ (32)
クルマ (5)
風景写真 (150)
建築物写真・街歩き (278)
工場風景 (14)
熱気球 (28)
猫写真 (22)
飛行機 (10)
ブツ撮り (11)
フォトコンテスト (0)
カメラ (7)
音楽 (7)
マメ知識 (9)
その他 (110)
ラムジー・ハント症候群闘病記 (4)
未分類 (0)
読書 (4)
映画 (1)
鉄道 (2)

ユーザータグ

キリスト看板  無理やり店名  

人気ブログランキング

PIXTA

写真販売始めました

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
1134位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
408位
アクセスランキングを見る>>

ブログ仲間

このブログをリンクに追加する

レポート

■ ツーリング・レポート集
■ ドライブ・レポート集
■ DR-Z スピードセンサ交換記
■ 関東街歩きマップ

旧ブログ

六輪生活(LoveLog)

検索フォーム

車両情報


◆KTM690DUKE R('10)主要諸元
型式 690DUKELDU47
エンジン種類
 水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒
総排気量 690cc
内径/行程 102/84.5mm
最高出力 70ps(51.5kW)/7500rpm
最大トルク 70Nm/5500rpm
圧縮比 12.5:1
始動方式 セル式
変速機 6速
変速比
 第1速 2.500
 第2速 1.750
 第3速 1.333
 第4速 1.095
 第5速 0.957
 第6速 0.870
減速比(1次/2次) 36:79/16:40
潤滑方式
 2個のオイルポンプによるオイル圧送式
エンジンオイル モトレックス SAE 10W-60
クラッチ形式
APTCスリッパークラッチ 油圧操作式
燃料供給方式
 ケイヒン電子制御フューエルインジェクション

全長/全幅/全高 2122/830/1243mm
フレーム クロームモリブデン鋼
サブフレーム アルミニウム
ハンドルバー アルミニウムφ28/22mm
フロントフォーク
 WP倒立フォークφ48mm
リアサスペンション
 WPモノショック・プロレバーリンク
サスペンションストロークF/R 140/140mm
ブレーキF/R
 ディスクブレーキ φ320/240mm
リムF/R 3.50×17 5.00×17
タイヤF/R 120/70R 17 160/60R 17
サイレンサー ステンレススチール
ステアリングヘッド角 63.5°
軸間距離 1472±15mm
最低地上高(無負荷) 155mm
シート高(無負荷) 865mm
燃料タンク容量 約13.5L/2.5Lリザーブ
半乾燥重量 約148.5kg(燃料含まず)
乗車定員 2名
生産国 オーストリー


◆DR-Z400SM('05)主要諸元

型式 BC-SK44A
全長 / 全幅 / 全高
2225mm/870mm/1,185mm
軸間距離/最低地上高
 1,460mm/260mm
シート高 / 乾燥重量 870mm/133kg
最小回転半径 2.6m
キャスター/トレール 26°15’/94mm
タイヤサイズ
 F: 120/70R17M/C 58H
 R: 140/70R17M/C 66H
 (リム幅4.5inch)

エンジン型式
 K419・水冷・4サイクル・単気筒
弁方式 DOHC・4バルブ
総排気量 398cm3
内径×行程 / 圧縮比
 90.0mm×62.6mm/11.3
最高出力 29kW[40PS]/7,500rpm
最大トルク 39Nm[4.0kgm]/6,500rpm
キャブレター形式 BSR36
潤滑方式 / 潤滑油容量
 ドライサンプ式/1.9L
燃料タンク容量 10L(リザーブ2L)
定地燃費 40km/L (60km/h)
変速比
 1速 2.285
 2速 1.733
 3速 1.375
 4速 1.090
 5速 0.863
減速比(1次/2次) 2.960/2.733


◆Z33('02)主要諸元

車種 フェアレディZ/クーペ/2WD
車名型式 UA-Z33
エンジン型式 VQ35DE(NEO)
運転タイプ 6MT

全長×全幅×全高
 4310mm×1815mm×1315mm
室内寸法 長×幅×高
 1005mm×1475mm×1100mm
ホイールベース 2650mm
トレッド前/後 1535mm/1540mm
最低地上高 120mm
車両重量 1430kg
乗車定員 2名
最小回転半径 5.4m
燃料消費率|10・15モード 9.7km/L
駆動方式 後輪駆動(FR)
ステアリングギヤ形式
 パワーアシスト付ラック&ピニオン式
サスペンション 前・後
 マルチリンク式 ・ マルチリンク式
主ブレーキ 前・後
 ベンチレーテッドディスク式(前後共)
タイヤ
 F : 225/45R18 91W
 R : 245/45R18 96W
種類・シリンダー数 DOHC・V型6気筒
シリンダー内径×行程 95.5mm×81.4mm
総排気量 3.498L
圧縮比 10.3
最高出力
 206kw[280ps]/6200rpm
最大トルク
 363Nm[37.0kgm]/4800rpm
燃料供給装置 ニッサンEGI(ECCS)
使用燃料・タンク容量
 無鉛プレミアムガソリン・80L
変速比
 第1速 3.794
 第2速 2.324
 第3速 1.624
 第4速 1.271
 第5速 1.000
 第6速 0.794
 後 速 3.446
最終減速比 3.538


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。