六 輪 生 活

街歩きとバイクとクルマが好きです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

GW四国ツーリング・・・・詳細編その1 【2010年4月29日】

4月29日から5月09日にかけて10泊11日で行ってきた四国ツーリングの詳細編です ♪


今年は天候が安定せず、ギリギリまで行くかどうか決めることができませんでした。
結局ツーリングプランの全容を決め、宿の手配をしたのはなんと出発直前の27日の夜でした《記事》。
いつもスロースターターなボクですが、これほどまでにギリギリになったのはこれが初めてです。


そして出発当日。
朝5時半に起床。
コーヒーで目を覚まし、6時半過ぎには出発しました。
いよいよロングツーリングの始まりです。
普通ならワクワクするところですが、不思議なことに最近はちょっと憂鬱気味になることが多いです。
その理由は不明ですが、長旅になると何か行く先に良くないものが待ち構えてるような不安がするせいかも?
もちろん不安感だけでなくワクワク感も入り交じった不思議な感覚ですが・・・・。


朝早く出発したのには理由があります。
今日は東京から300kmほど走った末に伊良湖岬から伊勢湾フェリーで海を渡って伊勢まで行かねばなりません。
その伊勢湾フェリーの運航ダイヤは最終便が5時40分。
これに乗るのであればもっとゆっくり出発してもイイのですが、満員とかでもし乗れなかった場合のダメージはかなり大きいものが。
伊勢まで辿り着くために伊勢湾をグルッと回らねばなりません。
体力的にそんなのは絶対に無理!!
そういう事態を防ぐために最終の3本前の3時20分に目標を定めました。
また高速道路の混雑状態も分かりませんし、早めに出るに越したことはありません。


横浜町田ICから東名に乗ると、心配してたような渋滞は全くありませんでした。
ん??
どうやら世間のGWは5月1日からだからのようですね。
順調に高速道路を走り、静岡県に入ってしばらくすると行く手の雲がどす黒くなってきました。
今日の予報は晴れ一時雨です。
その雨雲に突入することになりそう。
富士SAでバイクを停め、雨具を着ました。
廻りにいるライダーも皆雨具を着ける準備をしてました。
ライダーは雨雲には敏感ですからね~。


そして走り出すとすぐに雨が降ってきました。
大粒のちょっと強めの雨でした。
ツーリング初日から雨ってのは気分が良くないですが、予報で分かってたので我慢するしかありません。
この雨は静岡ICあたりまで続き、日本坂トンネルをくぐると雨は止んでました。
相良牧之原SAで休止がてら雨具を脱ぎました。
もう天気は回復して日が差してます。
でも気温は低めで薄ら寒いくらい。
ネックウォーマーをしてきて正解でした。


今回の服装は
下半身 : 厚手タイツ+レザーパンツ
上半身 : 薄手長袖アンダーシャツ+長袖Tシャツ+レザージャケット
です。
GWにしては重装備ですが、気温が低めなのでこれでちょうど良いくらいです。


その後、晴れてるのに雨がパラパラと降ってきたりもしましたが、これは大したことないので無視して走り続けます。
なぜか掛川あたりで渋滞してました。
こんなところで渋滞してるのは珍しいです。


そして浜松西ICで高速を下り、一般道で渥美半島を縦断し、先端の伊良湖岬に辿り着いたのは3時前でした。
途中のコンビニでサンドイッチとオニギリと野菜ジュースでランチを取りました。
今回の旅のテーマは『激安』 (笑)
宿も安さ一番で決めてます。


10_0429GW四国ツーリング_001

1時ちょうどの便にタイミング良く乗れました!!
もっと混んでるかと思いましたが、車室は3割程度しか埋まっておらず、客室もガラ空きでした。
バイクもボクの他に一台いるだけでした。


10_0429GW四国ツーリング_002

遠くなっていく伊良湖岬。
船に乗ると、旅してる!!って気分が高まりますね ♪
出発した頃に感じてた漠然とした不安感も今は無く。


鳥羽のフェリー乗り場に着いたのは約1時間後の2時頃。
あっという間に伊勢湾を横断しました。
この伊勢湾フェリーは今年9月末をもって廃止になってしまいます。
便利だっただけにものすごく残念です・・・・。
やはりETC1000円上限制度の威力には敵わなかったんでしょうねー。
クルマなら東京-伊勢は家族4人でも1000円ポッキリですが、フェリーに乗ると1万円ほど余計にかかります。
これは全く太刀打ちできない価格差ですね。


伊勢市駅のすぐ近くにあるビジネスホテルに着いたのは2時半頃でした。
大して疲れていないので一っ風呂浴びて伊勢神宮の外宮に行くことにしました。


10_0429GW四国ツーリング_003

内部は樹齢何百年かってな巨大なスギかヒノキかがボンボン生えまくっており、大通りのクルマの音も全く聞こえず静寂に包まれています。
この伊勢神宮は推定1500~2000年の歴史がありますから、今見てるこの樹はその頃からあるのかも・・・・と思うとタイムスリップしたような気になります。


10_0429GW四国ツーリング_004

御正殿の前にある拝殿。
この白い暖簾のようなものの奥に御正殿が控えてます。
ここから先は撮影禁止。
御正殿の姿は拝殿両脇の柵越しに見ることができます。
その姿は言葉では表せないほど端正且つ厳粛です。
ここには特別な空気が流れてる・・・・と心底から思います。
この感覚は現地に行けば多分誰でも感じられるはず。

柵に張り付いて眺めること30分ほど。
いくら見ても飽きません。
ベルサイユ宮殿とかがデコレーションケーキなら、伊勢神宮はかっぱえびせん。
いくらでもオッケーです (笑)



10_0429GW四国ツーリング_005

この風宮など別宮は撮影ができます。
全体としてはなんというか非常に単純な造形なんですが、一つ一つの部材の非常に精度高く組み合わされてるような感じで、非常にシャープな印象です。
お寺などは中国から渡ってきた形や造り方がベースになってるんでしょうけど、この姿は日本独自のもの(ですかね?)。
2000年前にこんな格好いい建物を考え出した人は天才ですね!!


1時間少々見学したらさすがに疲れてきたし、喉も渇いてきたので喫茶店にでも・・・・と思って小さなアーケードをのぞき込んだら・・・・。


10_0429GW四国ツーリング_006

にゃ~と白いネコが鳴いてました。
ネコの先に喫茶店の看板が出てますが、内部からは超下手クソな歌声が聞こえてきます。
怪しすぎる・・・・( ̄▽ ̄;)


10_0429GW四国ツーリング_007

茶トラもいました。
お茶などすっかり忘れてネコを撮りまくってしまいました。
天照大神のお膝元のネコだけに少々おっとりした感じのネコ達でした。


10_0429GW四国ツーリング_008

スナック「局」 (笑)
UCCコーヒーのロゴもあり、スナックなのか、喫茶店なのか、熟女バーなのか正体不明です。
ヤケクソでネーミングしたとしか。


今日の宿は『タウンホテルいせ』《MAP》というビジホ。
1泊5040円でした。
まあ値段なりのホテルで、特に不満はありません。
歩いて数分のところにコンビニとファミレスがあります。


今夜は初日ということで多少贅沢をして夕食はそのファミレスで「ひつまむしセット」。
「ひつまぶし」の間違いでは??・・・と思いましたが後日調べると、「ひつまむし」とも言うそうですね。
”まむし”という名前からヘビでも食べてるような気がしつつも、完食!
ひつまぶしはボクの大好物です。


本日の走行は318kmでした。



つづく


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

  1. 2010/05/11(火) 20:56:33|
  2. ツーリング (DR-Z400SM)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

<<GW四国ツーリング・・・・詳細編その2 【2010年4月30日】 | ホーム | GW四国ツーリングより帰還  (^o^)丿 >>

コメント

ツボネ(爆笑) 
熟女通り越してババ・・  に一票( ̄ー ̄)
  1. 2010/05/11(火) 21:45:45 |
  2. URL |
  3. kent_225 #8w8Th2ek
  4. [ 編集]

ん~ワイルドなコース日程でワクワクしますね~
続きが楽しみだ。

しかし、ネコちゃん沢山のGWでしょうか?
  1. 2010/05/12(水) 08:45:41 |
  2. URL |
  3. さとう #mdgUF9TI
  4. [ 編集]

◆kentさんへ

>熟女通り越してババ・・  に一票( ̄ー ̄)
ホントにそんな感じが・・・・
って、それは言い過ぎですッ (笑)


◆さとうさんへ

ワイルドと言うほどでは無いはずだったんですが・・・。
まあ体力的にハードだったのは確かです。

ネコは後にも先にもこれっきりでした。
もっといるかと思ったんですけどねー。
  1. 2010/05/12(水) 19:20:59 |
  2. URL |
  3. kazu_hiro #mB.BT9Ic
  4. [ 編集]

お、早速ツーレポのはじまりですねー!

>もちろん不安感だけでなくワクワク感も入り交じった不思議な感覚ですが・・・・。

その気持ち、わかります。
僕もロングツーリングに出かける前はいつもそんな気分になります。
もっとも、僕の場合はいつも週間天気予報の具合が悪いからかもしれませんが(笑)

それにしても伊勢湾フェリーがなくなっちゃうのは残念ですね。僕も四国に行くとしたらkazu_hiroさんの上陸コースをパクろうと思ってたんですが・・・。今後は最初からフェリーか、グルっと伊勢湾をまわるか、迷うところですね。

スナック「局」はものすごく昭和の香りがしますね。
なんかその商店街自体、地元の方に申し訳ないのですが廃墟チックなにおいもします(笑)
  1. 2010/05/12(水) 19:35:15 |
  2. URL |
  3. t-matsuki #-
  4. [ 編集]

◆t-matsukiさんへ

>お、早速ツーレポのはじまりですねー!
早く始めないと6月とかになっちゃいますし (笑)
今から始めても、このレポが完結するのは6月に入ってしまいますが・・・。
飽きないうちに終わらせねばッ!!

>僕の場合はいつも週間天気予報の具合が悪いからかもしれませんが(笑)
多分、ボクもそう思います (笑)

>今後は最初からフェリーか、グルっと伊勢湾をまわるか、迷うところですね。
紀伊半島にこだわらなければ、高速で淡路島経由で行くのが最も安くて早いと思います。
距離は東京起点として625km程度ですからビッグバイクなら楽勝で走破できますよね。
DR-Zでは不可能な距離ですが。。。。
もし紀伊半島にこだわりたい場合のケーススタディをしてみました。
浜松西起点として伊勢まで行く場合・・・・
 ①渥美半島縦断+伊勢湾フェリー : 距離75km、所要時間3~4時間(休憩やフェリー待ち時間含む)
 ②伊勢湾沿いに高速道路 : 距離220km、所要時間3時間(休憩含む)
となります。
渥美半島先端の伊良湖岬までは相当に距離がありますので、フェリーの待ち時間などを考慮すると湾岸沿いに走った方が同じかやや早いと思います。
よく検討してみてください ♪

>その商店街自体、地元の方に申し訳ないのですが廃墟チックなにおいもします(笑)
廃墟チックというより完全に廃墟寸前でした。
客といっても地元のオッサンとかだけでは・・・(^o^;)
  1. 2010/05/12(水) 20:42:14 |
  2. URL |
  3. kazu_hiro #mB.BT9Ic
  4. [ 編集]

伊勢湾フェリーとってもよさげですね♪
車で乗るのは金銭的に無理ですが。。。
旅って感じしますもんね~。
外宮を何時間後に訪れてるって不思議な感じします^^
神明造カッコいいですよね。
外宮の千木(屋根の飛び出してる木の所)は垂直切りなのに対して内宮は水平切りらしいです。
言ってくれなきゃ気付かない細かさ!!
  1. 2010/05/12(水) 21:06:35 |
  2. URL |
  3. ナコ #-
  4. [ 編集]

◆ナコさんへ

>車で乗るのは金銭的に無理ですが。。。
フェリーって元々は安い交通手段だったはずですが、いつの間にやら贅沢品になってしまいましたね。
それにしてもECT1000円ってのは反則すぎるような気がします。
個人的には反対派ですが・・・・。

>外宮を何時間後に訪れてるって不思議な感じします^^
ですよねー。
朝はまだ東京にいたのに、夕方には伊勢神宮って。
江戸時代にお伊勢参りが流行ったときは江戸からはるばる歩いて行ったんですよね。
信じられないです!!

>神明造カッコいいですよね。
ですよねー。
誰が考え出したんでしょう?
ナコさんご存じですか?

>外宮の千木(屋根の飛び出してる木の所)は垂直切りなのに対して内宮は水平切りらしいです。
それは気がつかなかったですね。
調べてみると、祭神が男神の社は千木を外削ぎ(先端を地面に対して垂直に削る)にし、鰹木の本数は奇数、女神の社は千木が内削ぎ(水平に削る)で、鰹木が偶数っていうのが一般的らしいですが、伊勢神宮の外宮は祭神が女神なのにもかかわらず男神の作りになってるということで、ちょっと他とは違うんだそうです。
それにしてもそんなところに決まりがあったとは、芸が細かいですね!!
  1. 2010/05/13(木) 21:51:01 |
  2. URL |
  3. kazu_hiro #mB.BT9Ic
  4. [ 編集]

おかえりなさい~(^^ゞ
毎度毎度の超亀レス、失礼いたします。

連休中はちょくちょく覗いていたんで、旅の様子が見えてきて楽しかったですよ~(^_^)

この時期でも、結構寒いものなんですね。
バイクの場合は風が直なので、体感温度、という意味ではなんとなくわかる気がします。

旅の前の不安感、わかりますね~
あちこちの山に登っていた(登らされていた)ころもそうなんですが、自力で行く旅は、
具体的な何かではないんですが、なんとなく不安感がよぎるものだと思います。
ここ何年かそんな思いはしていなかったのですが、言われてみて、昔の感覚を思い出しました。

伊勢、趣がありますね。写真から伝わってきます。
文中にもありますが、単純な造詣がふしぎな感じでなじんでいるんですよね。
苔むした部分の繊細な感じが対照的で、神秘性の演出なのか、美しさを感じます。

「局」もまた別の趣が…
  1. 2010/05/19(水) 01:11:49 |
  2. URL |
  3. 7pandas #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kz9999.blog35.fc2.com/tb.php/154-60fdf89e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazu_hiro

Author:kazu_hiro
kazu_hiro

■居住地:神奈川県
■性別:♂
■クルマ
 Nissan Z33
  2003.6~
■バイク
 Suzuki DR-Z400SM
  2005.7~
 KTM 690 DUKE R
  2011.4~  
■カメラ
 Canon EOS 30D
  2006.6~2010.01
 Canon EOS 40D
  2007.11~2010.01
 Canon EOS 5D MarkII
  2010.01~
 Canon EOS 5D MarkIII
  2013.06~ 
 Canon EOS M2
  2014.01~

■レンズ
 Canon EF24-105 F4L
  2006.09~
 Canon EF100-400 F4.5-5.6L
  2007.12~
 Canon EF70-300 F4.5-5.6
  2006.09~
 Canon EF50 F1.4
  2010.08~
 Canon EF-S60 F2.8 Macro
  2006.07~~2010.01
 Tokina AT-X124 Pro F4
  2007.10~~2010.01
 Tokina AT-X M100 PRO D F2.8
  2008.04~
 Canon EF28 F1.8
  2010.12~
 Tokina AT-X 16-28 F2.8 PRO FX
  2011.12~
■三脚
 Velbon Neo Carmagne 640
  2006.07~
 Velbon El Carmagne 445
  2008.04~

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ツーリング (KTM 690 DUKE R) (83)
ツーリング (DR-Z400SM) (57)
ツーリング(その他) (11)
バイク (KTM 690 DUKE R) (18)
バイク (DR-Z400SM) (6)
ドライブ (32)
クルマ (5)
風景写真 (150)
建築物写真・街歩き (278)
工場風景 (14)
熱気球 (28)
猫写真 (22)
飛行機 (10)
ブツ撮り (11)
フォトコンテスト (0)
カメラ (7)
音楽 (7)
マメ知識 (9)
その他 (110)
ラムジー・ハント症候群闘病記 (4)
未分類 (0)
読書 (4)
映画 (1)
鉄道 (2)

ユーザータグ

キリスト看板  無理やり店名  

人気ブログランキング

PIXTA

写真販売始めました

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
1135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
396位
アクセスランキングを見る>>

ブログ仲間

このブログをリンクに追加する

レポート

■ ツーリング・レポート集
■ ドライブ・レポート集
■ DR-Z スピードセンサ交換記
■ 関東街歩きマップ

旧ブログ

六輪生活(LoveLog)

検索フォーム

車両情報


◆KTM690DUKE R('10)主要諸元
型式 690DUKELDU47
エンジン種類
 水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒
総排気量 690cc
内径/行程 102/84.5mm
最高出力 70ps(51.5kW)/7500rpm
最大トルク 70Nm/5500rpm
圧縮比 12.5:1
始動方式 セル式
変速機 6速
変速比
 第1速 2.500
 第2速 1.750
 第3速 1.333
 第4速 1.095
 第5速 0.957
 第6速 0.870
減速比(1次/2次) 36:79/16:40
潤滑方式
 2個のオイルポンプによるオイル圧送式
エンジンオイル モトレックス SAE 10W-60
クラッチ形式
APTCスリッパークラッチ 油圧操作式
燃料供給方式
 ケイヒン電子制御フューエルインジェクション

全長/全幅/全高 2122/830/1243mm
フレーム クロームモリブデン鋼
サブフレーム アルミニウム
ハンドルバー アルミニウムφ28/22mm
フロントフォーク
 WP倒立フォークφ48mm
リアサスペンション
 WPモノショック・プロレバーリンク
サスペンションストロークF/R 140/140mm
ブレーキF/R
 ディスクブレーキ φ320/240mm
リムF/R 3.50×17 5.00×17
タイヤF/R 120/70R 17 160/60R 17
サイレンサー ステンレススチール
ステアリングヘッド角 63.5°
軸間距離 1472±15mm
最低地上高(無負荷) 155mm
シート高(無負荷) 865mm
燃料タンク容量 約13.5L/2.5Lリザーブ
半乾燥重量 約148.5kg(燃料含まず)
乗車定員 2名
生産国 オーストリー


◆DR-Z400SM('05)主要諸元

型式 BC-SK44A
全長 / 全幅 / 全高
2225mm/870mm/1,185mm
軸間距離/最低地上高
 1,460mm/260mm
シート高 / 乾燥重量 870mm/133kg
最小回転半径 2.6m
キャスター/トレール 26°15’/94mm
タイヤサイズ
 F: 120/70R17M/C 58H
 R: 140/70R17M/C 66H
 (リム幅4.5inch)

エンジン型式
 K419・水冷・4サイクル・単気筒
弁方式 DOHC・4バルブ
総排気量 398cm3
内径×行程 / 圧縮比
 90.0mm×62.6mm/11.3
最高出力 29kW[40PS]/7,500rpm
最大トルク 39Nm[4.0kgm]/6,500rpm
キャブレター形式 BSR36
潤滑方式 / 潤滑油容量
 ドライサンプ式/1.9L
燃料タンク容量 10L(リザーブ2L)
定地燃費 40km/L (60km/h)
変速比
 1速 2.285
 2速 1.733
 3速 1.375
 4速 1.090
 5速 0.863
減速比(1次/2次) 2.960/2.733


◆Z33('02)主要諸元

車種 フェアレディZ/クーペ/2WD
車名型式 UA-Z33
エンジン型式 VQ35DE(NEO)
運転タイプ 6MT

全長×全幅×全高
 4310mm×1815mm×1315mm
室内寸法 長×幅×高
 1005mm×1475mm×1100mm
ホイールベース 2650mm
トレッド前/後 1535mm/1540mm
最低地上高 120mm
車両重量 1430kg
乗車定員 2名
最小回転半径 5.4m
燃料消費率|10・15モード 9.7km/L
駆動方式 後輪駆動(FR)
ステアリングギヤ形式
 パワーアシスト付ラック&ピニオン式
サスペンション 前・後
 マルチリンク式 ・ マルチリンク式
主ブレーキ 前・後
 ベンチレーテッドディスク式(前後共)
タイヤ
 F : 225/45R18 91W
 R : 245/45R18 96W
種類・シリンダー数 DOHC・V型6気筒
シリンダー内径×行程 95.5mm×81.4mm
総排気量 3.498L
圧縮比 10.3
最高出力
 206kw[280ps]/6200rpm
最大トルク
 363Nm[37.0kgm]/4800rpm
燃料供給装置 ニッサンEGI(ECCS)
使用燃料・タンク容量
 無鉛プレミアムガソリン・80L
変速比
 第1速 3.794
 第2速 2.324
 第3速 1.624
 第4速 1.271
 第5速 1.000
 第6速 0.794
 後 速 3.446
最終減速比 3.538


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。