六 輪 生 活

街歩きとバイクとクルマが好きです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

伊豆 お花見ツーリング

4月の3日に伊豆ツーリングに行ってきました。
もう山梨とか群馬方面もオッケーっぽい陽気ですが、万が一峠が閉鎖になってると嫌なので毎度お馴染みの伊豆にしました。


3月の22日に東京で桜の開花宣言があってから2週間近く。
もう伊豆では桜はとっくに散ってると思ってましたが・・・・

10_0403_伊豆ツーリング_001

満開キープ (≧▽≦)!!
ここは片瀬白田にあるお寺《MAP》です。
駐車場から見上げると、鐘楼とソメイヨシノの取り合わせが良い感じです。


さっそく境内に上がってみましたが・・・・・

10_0403_伊豆ツーリング_002

いきなりイヌに吠えられまくり ( ̄▽ ̄;)!!


2007年の春に山梨へ桜を撮りに行ったときにもお寺でイヌに吠えられまくりました《写真》・・・・(+。+)
ほんとにボクはイヌとは相性が悪いようです。
まあ、イヌは飼い主に似るって言いますから、ここの住職もそんな感じのヤツなんだろうなと悔し紛れに思いつつ、帰れと言わんばかりの吠え声に追い立てられるようにお寺を後にしました。
今度来るときは長~い棒かなにか武器を持ってきて突っついてやろうかと ( ̄∀ ̄)/


・・・・などと企みつつ近くのコンビニでランチを仕入れ、海岸のいつもの場所で食べました。


10_0403_伊豆ツーリング_003

片瀬白田駅の駅前にある桜。
いつもは邪魔っけな”止まれ”の標識も、こうして桜と取り合わせると悪くないですね ♪


10_0403_伊豆ツーリング_004

白浜にて。
今回は浜に下りず、浜辺を見下ろす高台から撮りました。
真っ白な砂とエメラルドグリーンの海が美しいです。
この砂の白さは伊豆随一。
相模湾や駿河湾に近いところではこんなに白くありません。
なぜここだけ白いんでしょう??
ちなみにハワイのワイキキビーチの砂も白いですが、あの砂は他所から運んできた砂だそうですよ。
元々の色は火山性の黒い砂だそうです。


白浜からは西伊豆に渡り、西伊豆を北上。
R1で箱根峠を越えて帰ってきました。
そして東名横浜町田ICを下りて帰途に着く途中、かなり酷い渋滞に出くわしました。
あまりの酷さに何かある・・・・と思ったらやっぱり!!

10_0403_伊豆ツーリング_006

川沿いの桜並木が満開でした。
行きには全然気がつきませんでした。
暮れ色に溶け込んでいく桜も色気があって良いものですね。


10_0403_伊豆ツーリング_005

華やかさを表現するため、脇役として街灯やクルマのヘッドライトを積極的に取り入れてみました。


もう日没を過ぎてますが、見物客が山ほどいました。
やはり桜は大人気ですね。
一日の終わりを桜で締めくくることができ、渋滞もあまり気にならず上機嫌で帰途に着いたのでした。
途中で強い雨に降られたのにはビックリしましたが・・・・。


おわり。



にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/04/14(水) 21:26:56|
  2. ツーリング (DR-Z400SM)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

<<乙ヶ妻の枝垂れ桜 ♪ | ホーム | 昭和記念公園の春 ♪ ・・・・その2>>

コメント

青が素敵すぎです!!綺麗ですねぇ~。
犬は棒でつつくより、目の前で肉でも食べて
やったほうがダメージがでかいかと思われます(笑)

カメラも色々考えているのですが、やはり一眼サイズとなると、自分はあまり持ち歩かない気がするので、コンデジを売って、LUMIXのGF1とかがいいのかなぁ??と考えたりもしつつ・・・
妄想で楽しんでます(笑)
  1. 2010/04/15(木) 23:20:31 |
  2. URL |
  3. kent_225 #8w8Th2ek
  4. [ 編集]

◆kentさんへ

>青が素敵すぎです!!綺麗ですねぇ~。
ありがとうございます!
海の写真ですよね。
ここの海は砂が白くて遠浅なので海の色がホントにこんな風に青く見えます。
四国方面でも伯方島の伯方ビーチのあたりは水が青くて綺麗でしたよ。
http://maps.google.com/maps?ie=UTF8&om=1&ll=34.201084,133.076706&spn=0.007436,0.024011&t=h&z=16
http://pds.exblog.jp/pds/1/200609/06/77/b0104777_211957.jpg

>犬は棒でつつくより、目の前で肉でも食べてやったほうがダメージがでかいかと思われます(笑)
あ、それ、ナイス過ぎます (≧▽≦)!!
今度は血が滴るようなレアのステーキを目の前で見せびらかしながら食べてやろうかと思います ( ̄∀ ̄)v
kentさんも意外に性格が悪いですね~ (笑)

>LUMIXのGF1とかがいいのかなぁ??
GF1はレンズ交換式のカメラのようですね。
ざっと概要を見ていて気になるのは、
①レンズ交換が本当に必要か?
②手ブレ補正機能が付いてない。
の2点です。
レンズ交換式のメリットを生かすのであれば複数のレンズを所有して適宜交換して使うというスタイルになりますが、もしレンズを一本買ってそれをつけっぱなしにするのであればレンズ交換式の意味はないですよね。
また、レンズとして何を選ぶかによりますが、標準ズームレンズ(14-45mm)を選ぶとしたらレンズがかなり大きいのでボディの小ささ・軽さを殺ぐかたちになってしまいます。
一番コンパクトなのは20mmの単焦点レンズですが、単焦点だと撮れる対象が限られるのでそれでいいかどうか・・・・。
もちろんその制約を敢えて楽しむという考えもありますが。
http://panasonic.jp/dc/gf1/lens_accessory.html#topic02
手ブレ補正に関しては、この手のコンパクト機ではカメラのホールドが甘くなりがち。
ファインダー付きの一眼レフの場合は両手と額の3点でホールドできるのですが、ファインダー無しの本機の場合、それができません。
今や手ぶれ補正は必須と言えます。

と、聞かれてもいないのに色々と書いてしまいましたが (笑)
高い買い物なのでよく悩んでから買ってください  (^o^)丿
  1. 2010/04/16(金) 20:33:26 |
  2. URL |
  3. kazu_hiro #mB.BT9Ic
  4. [ 編集]

伯方!!かなり近所です☆

色々とありがとうございます!すごく参考になります。 確かに単焦点が少しネックだったりします。
それなりの撮り方で割り切ればいいのかもしれませんが、素人の自分には14-45mmが使い勝手が良い気がします。しかしそうなるとあんまりX4などと
あまり変わらないサイズに・・・
色々勉強しながら考えてみます^^
  1. 2010/04/17(土) 00:00:24 |
  2. URL |
  3. kent_225 #8w8Th2ek
  4. [ 編集]

◆kentさんへ

レンズ交換を必要としないのであれば、思い切ってコンデジの方が便利だと思います。
コンデジは各社から山ほど機種が出てるのでセレクトは難しいですね。
例えばズームレンズと手ぶれ補正搭載というポイントを絞っても、それに該当する機種はかなりあります。
後は、ファインダーを覗きながら撮影したいとかISO感度の高いカメラがいいとか、色々と条件をセレクトしてみてください。
そうすればかなり絞られると思いますよ (^o^) b
  1. 2010/04/17(土) 13:33:51 |
  2. URL |
  3. kazu_hiro #mB.BT9Ic
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kz9999.blog35.fc2.com/tb.php/132-917d105e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazu_hiro

Author:kazu_hiro
kazu_hiro

■居住地:神奈川県
■性別:♂
■クルマ
 Nissan Z33
  2003.6~
■バイク
 Suzuki DR-Z400SM
  2005.7~
 KTM 690 DUKE R
  2011.4~  
■カメラ
 Canon EOS 30D
  2006.6~2010.01
 Canon EOS 40D
  2007.11~2010.01
 Canon EOS 5D MarkII
  2010.01~
 Canon EOS 5D MarkIII
  2013.06~ 
 Canon EOS M2
  2014.01~

■レンズ
 Canon EF24-105 F4L
  2006.09~
 Canon EF100-400 F4.5-5.6L
  2007.12~
 Canon EF70-300 F4.5-5.6
  2006.09~
 Canon EF50 F1.4
  2010.08~
 Canon EF-S60 F2.8 Macro
  2006.07~~2010.01
 Tokina AT-X124 Pro F4
  2007.10~~2010.01
 Tokina AT-X M100 PRO D F2.8
  2008.04~
 Canon EF28 F1.8
  2010.12~
 Tokina AT-X 16-28 F2.8 PRO FX
  2011.12~
■三脚
 Velbon Neo Carmagne 640
  2006.07~
 Velbon El Carmagne 445
  2008.04~

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ツーリング (KTM 690 DUKE R) (83)
ツーリング (DR-Z400SM) (57)
ツーリング(その他) (11)
バイク (KTM 690 DUKE R) (18)
バイク (DR-Z400SM) (6)
ドライブ (32)
クルマ (5)
風景写真 (150)
建築物写真・街歩き (278)
工場風景 (14)
熱気球 (28)
猫写真 (22)
飛行機 (10)
ブツ撮り (11)
フォトコンテスト (0)
カメラ (7)
音楽 (7)
マメ知識 (9)
その他 (110)
ラムジー・ハント症候群闘病記 (4)
未分類 (0)
読書 (4)
映画 (1)
鉄道 (2)

ユーザータグ

キリスト看板  無理やり店名  

人気ブログランキング

PIXTA

写真販売始めました

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
1135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
396位
アクセスランキングを見る>>

ブログ仲間

このブログをリンクに追加する

レポート

■ ツーリング・レポート集
■ ドライブ・レポート集
■ DR-Z スピードセンサ交換記
■ 関東街歩きマップ

旧ブログ

六輪生活(LoveLog)

検索フォーム

車両情報


◆KTM690DUKE R('10)主要諸元
型式 690DUKELDU47
エンジン種類
 水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒
総排気量 690cc
内径/行程 102/84.5mm
最高出力 70ps(51.5kW)/7500rpm
最大トルク 70Nm/5500rpm
圧縮比 12.5:1
始動方式 セル式
変速機 6速
変速比
 第1速 2.500
 第2速 1.750
 第3速 1.333
 第4速 1.095
 第5速 0.957
 第6速 0.870
減速比(1次/2次) 36:79/16:40
潤滑方式
 2個のオイルポンプによるオイル圧送式
エンジンオイル モトレックス SAE 10W-60
クラッチ形式
APTCスリッパークラッチ 油圧操作式
燃料供給方式
 ケイヒン電子制御フューエルインジェクション

全長/全幅/全高 2122/830/1243mm
フレーム クロームモリブデン鋼
サブフレーム アルミニウム
ハンドルバー アルミニウムφ28/22mm
フロントフォーク
 WP倒立フォークφ48mm
リアサスペンション
 WPモノショック・プロレバーリンク
サスペンションストロークF/R 140/140mm
ブレーキF/R
 ディスクブレーキ φ320/240mm
リムF/R 3.50×17 5.00×17
タイヤF/R 120/70R 17 160/60R 17
サイレンサー ステンレススチール
ステアリングヘッド角 63.5°
軸間距離 1472±15mm
最低地上高(無負荷) 155mm
シート高(無負荷) 865mm
燃料タンク容量 約13.5L/2.5Lリザーブ
半乾燥重量 約148.5kg(燃料含まず)
乗車定員 2名
生産国 オーストリー


◆DR-Z400SM('05)主要諸元

型式 BC-SK44A
全長 / 全幅 / 全高
2225mm/870mm/1,185mm
軸間距離/最低地上高
 1,460mm/260mm
シート高 / 乾燥重量 870mm/133kg
最小回転半径 2.6m
キャスター/トレール 26°15’/94mm
タイヤサイズ
 F: 120/70R17M/C 58H
 R: 140/70R17M/C 66H
 (リム幅4.5inch)

エンジン型式
 K419・水冷・4サイクル・単気筒
弁方式 DOHC・4バルブ
総排気量 398cm3
内径×行程 / 圧縮比
 90.0mm×62.6mm/11.3
最高出力 29kW[40PS]/7,500rpm
最大トルク 39Nm[4.0kgm]/6,500rpm
キャブレター形式 BSR36
潤滑方式 / 潤滑油容量
 ドライサンプ式/1.9L
燃料タンク容量 10L(リザーブ2L)
定地燃費 40km/L (60km/h)
変速比
 1速 2.285
 2速 1.733
 3速 1.375
 4速 1.090
 5速 0.863
減速比(1次/2次) 2.960/2.733


◆Z33('02)主要諸元

車種 フェアレディZ/クーペ/2WD
車名型式 UA-Z33
エンジン型式 VQ35DE(NEO)
運転タイプ 6MT

全長×全幅×全高
 4310mm×1815mm×1315mm
室内寸法 長×幅×高
 1005mm×1475mm×1100mm
ホイールベース 2650mm
トレッド前/後 1535mm/1540mm
最低地上高 120mm
車両重量 1430kg
乗車定員 2名
最小回転半径 5.4m
燃料消費率|10・15モード 9.7km/L
駆動方式 後輪駆動(FR)
ステアリングギヤ形式
 パワーアシスト付ラック&ピニオン式
サスペンション 前・後
 マルチリンク式 ・ マルチリンク式
主ブレーキ 前・後
 ベンチレーテッドディスク式(前後共)
タイヤ
 F : 225/45R18 91W
 R : 245/45R18 96W
種類・シリンダー数 DOHC・V型6気筒
シリンダー内径×行程 95.5mm×81.4mm
総排気量 3.498L
圧縮比 10.3
最高出力
 206kw[280ps]/6200rpm
最大トルク
 363Nm[37.0kgm]/4800rpm
燃料供給装置 ニッサンEGI(ECCS)
使用燃料・タンク容量
 無鉛プレミアムガソリン・80L
変速比
 第1速 3.794
 第2速 2.324
 第3速 1.624
 第4速 1.271
 第5速 1.000
 第6速 0.794
 後 速 3.446
最終減速比 3.538


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。