六 輪 生 活

街歩きとバイクとクルマが好きです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

神の国 秩父散歩・・・・その1

突然ですが、秩父はキリスト看板の宝庫です。
バシバシ貼られてます。


自称カンバニスト(KANBANIST)の僕としては足を向けて寝れない街なのです。


秩父は以前行ってますが、今回は看板狙いでもう1回。 《前回記事
愛用の16-28mmの超広角を持って、朝早くから出発しました。
9時には既に秩父に到着。
気合は十分です。

朝飯は饅頭3つ入り。
1つはおやつ用に残しておき、2つを食べましたが・・・・・
あれっ? 目の前に蕎麦屋が。
気がつきませんでした。
寒いので天ぷら蕎麦。
七味をたっぷり。
お腹がパンパンです。


お腹をタプタプ言わせつつ街に出ました。
まずは秩父駅南部を回り、続いて街中心部の西部に行き、その後は北部へ行く予定です。


街を歩くときは地図持参です。
あらかじめ地図をよく観察し、獲物がありそうなところを狙い打ちにします。
むろん脱線も頻繁にしますが、基本的には予定を立てます。
広い街ではそうしないと漫然と歩くことになるからです。



13_0105_秩父散歩_001

罪の報いは死
神の賜物はキリストにある永遠の命


13_0105_秩父散歩_002

ああ、世、世、世
神の言葉を聞け

道に対して並行に貼られているのは珍しいです。
直角に貼るのが基本なのですが。


13_0105_秩父散歩_003

もはや看板というより文様と化しています。


13_0105_秩父散歩_004

秩父で最もメインの通りです。
手前が食堂パリーで、奥が小池煙草店屋です。
煙草屋は今は閉店してますが、パリーは現役です。


13_0105_秩父散歩_005

小池煙草店屋。
装飾の施された粋のある建物です。
あと100年後に見たらどう感じるでしょう?
やはり美しく見えるだろうと思います。
現代の建物で100年先に評価されるものがどれだけあるでしょう?
改修された東京駅舎くらいではないでしょうか。
現代において建物は耐久消費財に過ぎません。
冷蔵庫やクルマと同じです。


13_0105_秩父散歩_006

甦ったキリストは永遠の命を与える


キリスト看板はブロック塀がお好きです。
なぜかは分かりませんが、勝手に貼りやすいからではないでしょうか?
建物の外壁に貼ったら怒られますが、塀なら見逃してくれるかもしれません。


見たところ、釘などで取り付けるわけではなさそうです。
接着剤を団子状にして対象物に貼り付け、続いて看板を押し付けます。
そして足早に立ち去っていく・・・・かどうかは分かりません。


13_0105_秩父散歩_007

初めに神は天と地を造られた

こういう微妙な隙間も見逃しません。



13_0105_秩父散歩_008

このパッチワークは素晴らしいです。
木目って他の材料では絶対に出ないものです。
でも考えてみるとたかが板張りでこんなに感動するのはおかしいかも?
それだけ無機質な材料に囲まれすぎてるってことでしょう。



つづきます。



ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿



 
職場で隣に座ってるおじ様によれば、

 『列車と電車は違うのだっ!!』

そこで

 『電車も列車の一種であります』

と的確に返答しておきました・・・・・・・・・・・・・が

 『そ、それは違うっ!!』
 『電車はかつて東京にしかなく、普通のは列車と言ったのである』

それは電車が珍しい頃の田舎の話では・・・・ww


 『そういえばkazu_hiro君、東京オリンピック見た?』

 『見てねーよ』

 
スポンサーサイト

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/02/27(水) 20:28:09|
  2. 建築物写真・街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

牝猫

『牝猫』という本を読みました。
作者はシドニー・ガブリエル・コレットというフランスの女流作家で20世紀の文壇の大物だそうです。

文庫本で180ページほどの短いもの。
手軽に読めるかなと手に取りました。

主人公は結婚したばかりの青年。
彼が溺愛する牝猫。
そして妻。

青年と猫の絆の強さに戸惑いを感じつつ、嫉妬心になり、やがてそれが・・・・・・・・・
というシンプルなものです。
男女の間にある打算や欲が豊富に描かれております。
それは普通かもですが、それが猫の存在によっていびつに歪んで行くのです。

主人公は青年ですが、どちらかというと奥さん側の気持ちに訴える部分が多い印象。
女性向かも?
むろん旦那さんに肩入れする向きもオッケー。

僕は猫に肩入れして読みました。
猫の描写が山ほどあるわけではないのですが、その仕草の表現が生々しく可憐です。。

舞台は20世紀のフランスですから古めかしくはありません。
かなり読みやすいです。

猫好きにはお勧めです。







ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿



  

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

  1. 2013/02/26(火) 19:02:52|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

哲学堂→中野散歩・・・・その3

前回の続きです。


今回シリーズのラストを飾るのは・・・・・



これです!!

13_0103_哲学堂→中野散歩_013

ワールド会館。
中野ブロードウェイの隣です。
その強烈な造形が光ります。
オレンジ色もソウルフルですw
これは見ごたえあり!!



久々にカラーです。
これはカラーでないと伝わらないので・・・
最近はモノクロばかりです。
カラーは久しぶり。
前回のカラーはこれでした。 《昭和記念公園の雪景色
約1ヶ月ぶりでした。


基本的にはカラー好きです。
写真の濃淡を習得しようという目的があってモノクロを続けてます。
カラーだと色に惑わされてしまうので、却って難しいです。
そろそろ折を見てカラーもアップしようと思ってます。



おわります。



ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿


今日の夕方、大きな地震がありました。


栃木県北部で震度5強 直後に余震とみられる震度4の地震も

フジテレビ系(FNN) 2月25日(月)17時22分配信

25日午後4時23分ごろ、栃木県北部を中心に強い地震があった。
栃木・日光市で震度5強、栃木・那須塩原市、群馬・沼田市、片品村、福島県の檜枝岐村で震度4などとなっている。
震源地は栃木県北部で、震源の深さはおよそ10km、地震の規模はマグニチュード6.2と推測される。
この地震による津波の心配はない。
東京電力管内の原子力発電所に、異常はないという。
また、栃木県北部ではその後、余震とみられる地震が起きていて、直後に震度4が観測されている。



新宿では大して揺れませんでしたが、ダラーリ・ダラーリという長周期に揺れが長く続きました。
ちょうどこのタイミングでは建物の中にいたのですが、周りを高い棚に囲まれてました。
重量のある棚が倒れ掛かってくると危険なので、前後左右を伺いながら、倒れてきたらササッと逃げられるような姿勢で踏ん張ってました。



その雄姿は・・・・・・・・・・・・・・

























13_0225非常口サインl



こんな感じですww


 

 

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/02/25(月) 20:10:44|
  2. 建築物写真・街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

哲学堂→中野散歩・・・・その2

前回の続きです。


超怪しい哲学堂公園を出てJR中野駅まで約2kmを歩きました。
中央線の主要駅で大きな街ですが今までまともに歩いたことはありません。

駅前エリアの北側から攻め入りました。


13_0103_哲学堂→中野散歩_007


13_0103_哲学堂→中野散歩_008


13_0103_哲学堂→中野散歩_009

おお!!
さっそく極上の物件に遭遇。
この集中感の強さはなかなかあるものではありません。
板塀の木目の気持ち悪さが気持ちいいのが気持ち悪いです ← 意味分かりますか?


13_0103_哲学堂→中野散歩_010

大胆なRが緊張感ありです。


13_0103_哲学堂→中野散歩_012

なぜか舌を出しっぱなしのネコがずっとこちらを見てました。
どうも人間くさい顔なのです。


あと一回だけ続きます。




ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿



昨夕は散々でした。
帰りの電車の中で調子が悪くなり、途中で電車を降りました。
回復を待ってまた電車にのったのですが、数駅行ったところでまた気持ち悪くなってまた降りて。
各駅停車で帰宅しました。
帰り着くのに2時間かかりました。

今日も行きの電車でどうなるやら心配したのですが、無事でした。
帰りも大丈夫。

いったい何だったんでしょう?


最近書類仕事が多いです。
とある社内プロジェクトを2件抱えているのですが、その書類の数が半端ではありません。
スタート地点で書類、審査で書類、期末と期首で書類、また来年度の審査が近々あります。
それに加えて期中の書類も。
プロジェクトの周辺手続きも煩雑そのもの。

書類の書き方など分かりませんので、分かる人に聞きまくってます。
勝手に内容を書けないので関係者と調整も必要です。
適当に書いて何か言われたら書き直す手もあるのでしょうが、スムースに事を運ばないと結局前に進みませんし、信頼も得られず却って面倒なことに。
なので手抜きがしにくいのです。
2件やってると混乱してワケが分からなくなります。
もともと大雑把な性格をしてるのでなおさらきついです。

僕はいい加減なO型です。
几帳面なA型に寄生してしぶどく生き抜くタイプです。
書類仕事などできる性格ではないのです。

気持ち悪くなったのはそのストレスの影響もあったかもしれません。


 

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/02/22(金) 19:27:11|
  2. 建築物写真・街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

哲学堂→中野散歩・・・・その1

都民であれば哲学堂の名前くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか?
僕は名前くらいは知ってましたが行ったことがありませんでした。
なのでふと行ってみようかと。


この公園は明治32年に東洋大学の創設者である哲学者の井上円了氏が創設したものだそうです。
昭和19年に都に寄贈され、現在は中野区立公園です。


西武線の新井薬師前駅から歩き、哲学堂公園へ到着。 《MAP


13_0103_哲学堂→中野散歩_001

これは何??


13_0103_哲学堂→中野散歩_002

ねずみ小僧がエクナトン、キリスト、釈迦、老子に必死に謝って・・・・いる様に見えます。
実はアブラハムだそうです。
どう見てもねずみ小僧にしか見えないのですが。


この像を作ったワグナーさんによると「これは異なった文化を象徴する人々で、思想を作り世界の大きな宗教の祖となった人物像です。各宗教の中心は、それぞれ、神、仏、イシュタール、アラー等々、名は異なりますが、それ自身違いはありません・・・」と言ってるそうです。
まったく意味が分かりません。
本人自身も意味が分かってるかどうか怪しいものですw
有名人を一緒くたにした短絡的な発想としか思えませんww


13_0103_哲学堂→中野散歩_006

鬼燈。
解説によると『人の心中に宿る鬼にも良心の光明は存することを寓している』そうです。
分かったような分からないような・・・・
鬼にも尻があったということは了解しました。


13_0103_哲学堂→中野散歩_004

何者??


13_0103_哲学堂→中野散歩_003

ガンジーさんです。
後ろは聖フランシスと達磨大師。
『文化、時代は違っても同じように悟りの境地に達して、同じようにそれぞれの社会で実践し、 同じように成果を得た人物像』ということだそうですが。
有名人を一緒くたにした短絡的な発想としか思えませんw


13_0103_哲学堂→中野散歩_005

ネコもあきれ果てて寝てました。



かなり怪しげです。
ふ~ん、という感じで公園を出て、JR中野まで歩くことにしました。



ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿



この園内には色々な建物があります。
名前の由来となったのが『哲学堂』で東洋哲学の孔子と釈迦、西洋哲学のソクラテスとカントを世界的四哲人として祀るために建立されたそうですが、のっけから怪しいです。

常識門
経験坂
客観廬
神秘洞
独断峡
理性島
心理崖
主観亭
認識路
論理域
意識駅
絶対城
理想橋
無尽蔵
望遠橋
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
だんだん胡散臭くなってきます。
怪しいです。




ちなみに秘宝館はありませんのでご注意ください。


 

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/02/20(水) 20:16:52|
  2. 建築物写真・街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ご近所散歩

何をいまさらですが・・・・・・・・・・


13_0102_地元散歩_001

初詣はここ。
化け物が出てきそうな陰鬱な雰囲気に気持ちもテンションダウン。
これはいかんと、逃げるように立ち去りました。


今回はいままで入ったことのないエリアに入ってみました。
休日は郊外に出かけてばかりなので、地元は案外と知らないのです。
これでもまだましで、以前住んでた社宅では駅までの往復路以外は全く入ったことがありません。
そのうち行ってみようとは思ったのですが、思うだけで実行せず。
いつかとか、そのうち、ってのは全くダメな言葉です。
思ったら実行しないと意味をなしません。


例えばいつか日本一周したいとか言ってるだけではできません。
明日にでも出発するくらいの勢いでなくては!!



いつか豪華客船の一等室で1年くらいかけて世界を廻り、行く先々でロマンスが・・・・・・・
まあそのうちw




13_0102_地元散歩_002


13_0102_地元散歩_003


13_0102_地元散歩_004


この辺りは昭和40年代以来の多摩ニュータウンの開発が無ければ、辺鄙な山の中だったところです。
この街の歴史は50年にも満たないのです。
歴史に裏付けられてない街は殺風景なだけです。
歴史といっても重厚で風格・品格があるものだけが価値あるものではありません。
貧弱なものでも構いません。
いろいろあっても結局いつの間にか生き残ったという飄々とした感じが好きなのです。
ここで言う歴史ってのはそういうニュアンスです。



ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿



『いつか』はいつまで経ってもできないってことだと言いながらも、そういうことは多いです。
でも小さくてもできることからやろうと思ってます。
例えば各鉄道路線の駅めぐりとか。
週末ごとに行って、その町を撮るとか。
あまり中途半端なところはつまらないってことは分かりきってるので、ちょっと遠目がいいです。
もう八高線沿線は始めてます。
現時点での最北端は寄居です。 《MAP
脈絡を付けずにあちこち行くのもいいかもですが、その沿線ごとの良さがあると思いますので、こんな手もあるかなと思います。



テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/02/18(月) 21:12:56|
  2. 建築物写真・街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

目線を感じます

FC2のアクセス解析を時々見てます。
アクセスしてきた地域の履歴をみると、日本だけでなく欧米などからも数は少ないながらありますね。
ツバルとかイスラエルなんてのも。


なかでも目を引くのが・・・・・

ドメイン: gov 米国政府機関
ドメイン: mil 米軍


なぜにアクセスが・・・・?


CIAのHPをご存知ですよね?
https://www.cia.gov/index.html

国防総省のHPはこちら
http://www.defense.gov/

米国陸軍のHPはこちら
http://www.army.mil/

米国海兵隊のHPはこちら
http://www.marines.mil/Home.aspx


たしかにドメインはgovやmilです。


そういえば最近見張られてるような気配を感じますw
もし僕が忽然と姿を消したら、それは米軍特殊部隊かCIAの仕業ですw



ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿




そういえばホワイトハウスのHPはこちら
http://www.whitehouse.gov/


もしかしたらオバマ大統領が見てるかもしれません。
緊張しますww



テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2013/02/17(日) 23:51:59|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

青梅散歩・・・・その3

前回の続きです。



12_1231_青梅散歩_011

結局どこが車庫なのか分かりませんでしたが?


12_1231_青梅散歩_012

ここがeのだそうです。 《青梅赤塚不二男会館HP
てっきり赤塚不二男って青梅関係者かと思ったのですが、違うようです。
は?


12_1231_青梅散歩_013

トンカツ屋にしてこの風格!!
トンカツ屋敷とでも言いましょうか。
外観からして廃墟化してると思ったのですが・・・・・・・・・・・・・・・・・・
現役みたいですよ。 《食べログ


12_1231_青梅散歩_014

印象として、コカコーラよりペプシのほうが地方への浸透が強いような。
こんな感じのペプシ看板はよく見ます。


12_1231_青梅散歩_015

青梅というとレトロ看板による町おこしで名が知られていますが。
そんな街、青梅に映画館はいったいいくつあるでしょう!!??

答えは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ゼロです。

は?



看板はあるけど映画館が実はゼロで、赤塚不二男と関係ないのに青梅赤塚不二男会館がある街、青梅。
ある意味で潔いと思いましたw



終わります。




ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿



職場で隣に座る60代のおじ様との会話

Q 『うーむ、人手が足りん!! ヒト型ロボットを作って人員不足を補うべきである!! わが社の研究所は何を研究しとるのだっ!!!??? 』
A 『開発のあかつきには僕ら全員要らないですね♪』

 

 

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/02/16(土) 00:21:13|
  2. 建築物写真・街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

青梅散歩・・・・その2

前回の続きです。


青梅散歩は続きます。
表通りを歩くのを軸にしつつ、路地を覗きながら丹念に見ていきます。



12_1231_青梅散歩_006


12_1231_青梅散歩_007


12_1231_青梅散歩_008


12_1231_青梅散歩_009


12_1231_青梅散歩_010



最近は中間調を意識してると前に書きました。
始めは中間調を気にしすぎてハイライトやシャドウを中途半端に抑えてしまってなんとも締まりのない絵になってましたが、ここのところは飛ばすところは飛ばすし、潰すところは潰すというようにメリハリをつける工夫をしてます。
モノクロはこの手の研究には向いてますね。
カラーだと色に惑わされて分かりにくいです。
基本的にはカラー好きなので、しばらくモノクロで訓練してカラーに応用してみようと思ってます。



もう1回続きます。



ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿



今日はバレンタインデーでした。
義理チョコを一個もらいました。
義理でも嬉しかったりする今日この頃ですw


バレンタインデーそのものは昔からあって、世界でも行われてるそうです。
日本ではチョコを贈る習慣ですがこれは菓子メーカーの陰謀です。
 同じく体育の日はスポーツ用品メーカーの陰謀・・・・・だと思います。
 同じく端午の節句とひな祭りは人形業界の陰謀・・・・・だと思います。
 同じく海の日は海水パンツ業界の陰謀・・・だと思います。
世の中は陰謀に満ちているのです。

 そのうち土建屋業界の陰謀で〇〇〇の日は恋人に鉄骨やコンクリートを贈る日だとか言い出しかねません。
 そのうち燃料業界の陰謀で〇〇〇の日は恋人に天然ガスやジェット燃料を贈る日だとか言い出しかねません。
 そのうち農林水産業界の陰謀で〇〇〇の日は恋人に肉や米や野菜やマグロやイワシやハマチやウナギや牛乳やチーズやバターやマヨネースやケチャップやタマゴや食塩や原木や角材を贈る日だとか言い出しかねません。
世の中は陰謀に満ちているのです。


テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/02/14(木) 20:14:44|
  2. 建築物写真・街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

青梅散歩・・・・その1

前から着目していた青梅。 《MAP
大晦日、2012年のラストは青梅にて過ごしました。


この日は暖かく、バイクも多かったです。
道行くバイクを見てツーリングに行けば良かったかな?と思いつつもメインストリートをウロウロしました。


大きな町なら路地裏が面白いのですが、こういう小さな街だと面白そうなものは表に出てます。
1.5kmほどのメインストリートを歩きます。
最近の歩き方は一筆書きではなく、一本の道路を往復して歩いてます。
道路の反対側からでは見えないものもあるからです。
また反対側から見たほうがいいものもあります。


12_1231_青梅散歩_001


12_1231_青梅散歩_002


12_1231_青梅散歩_003


12_1231_青梅散歩_004


12_1231_青梅散歩_005


うん。
悪くないですね。
細かく見ていくと面白いものがかなりあります。
かなり凝縮感がありますね。


青梅は青梅街道の宿場町として栄えました。
青梅街道は新宿から山梨県の甲府に至る街道です。
今の青梅街道がそのものなのか、かつては違うルートだったのか調べましたがちょっと分からず。


地理的には青梅駅前は山の斜面にあたり、有効な土地が狭いのです。
ですから無秩序な開発から守られ、往年の雰囲気が残ってるようです。
その辺の事情は秩父とかと似てますね。
良い感じの街は地形を案ずれば見えてくるかもしれません。



続きます。




ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿


 

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/02/12(火) 18:54:33|
  2. 建築物写真・街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

警戒心について

作家の髙村薫の『半眼訥訥』というエッセイ集があります。
その中に『精神の張り』というタイトルの一文があり、そこでこう書かれています。
作家自身のとある小説に関することについて語っているのですが。
『・・・・その後もっとすごい話を耳にした。すなわち学力低下もさることながら、「挨拶が出来ない」「友達作り方が分からない」といった学生の切実な相談の声に応えて、いわゆる生活指導を採り入れる大学が現れたというのである。
ここまで来ると、もう驚きを通り越して疑問が湧いてくる。今の大学生たちはなぜ、「友達の作り方が分からない」といったことを大学に相談するのだろう。子供ではあるまいし、きわめて個人的な私生活の悩みを、なぜ大学のような公の場に対して打ち明けるのか。なぜそこまで無防備なのか。あるいは無邪気なのか。わたくしは今、ただその一点が理解できずに戸惑っている。』


13_0126八王子散歩_000



今日はあることで人に怒鳴られたのですが・・・・・
向こうの気にいらないことをしてしまったようなのですぐに詫びました。
しかし今回に限らず、ちょっと違和感を感じることがあります。
違和感と言うより心配に近いですかね?


というのは怒鳴ったことによって相手がどう出るか分からないってことに無関心・無防備すぎると思うからです。
逆切れして刃物を振り回すかもしれません。
鉄砲も持ってたら撃たれるかもしれません。
蹴飛ばされるかもしれません。
そうなったら法的には相手が悪いのでしょうが、怪我をして損をするのはどっちでしょう?
他人に対して世間に対してそういう警戒感を持たないってことに違和感と心配を感じます。


信頼関係があり、相手のことも分かってるなら喧嘩できついことを言うのは理解できるのですが、全くの赤の他人に対して警戒感を持たないというのはどうしてでしょう?
ある意味で楽天家なのだとも言えるのでしょう。


僕自身は楽天家気質と悲観的気質と両方を併せ持っていますが、外を歩くときは基本的に悲観主義者としてです。
ペシミストなのですw
お先真っ暗ですww
それはやはり世間に対して身構えることがあり、そういう体験をベースにしてるからなのです。
赤の他人に対して無制限に自分をさらけ出すようなことはしません。
それが警戒感と言うか緊張感だと思います。


最近スマホだかケータイだかを弄くりまわして通路のど真ん中で立ち止まってる人が多いです。
ひどいのになると横断歩道のど真ん中でもやります。
いま自分が街という公の場に投げ出されているという意識がないのでしょう。
どこまでも自分のプライバシーを延長し、街中にまで引きずっているのでしょう。


ニュースを見てると凶悪な事件が多いです。
はっきり言って恐ろしいです。
人を傷つけることを屁とも思ってない奴らです。
そんな奴が自分のすぐ後ろを歩いてるかもしれません。
そんなのが自分にぶつかってきたらどんな結果になるでしょう?
もっと警戒心を持ってもいいのではないでしょうか?


法的に相手が悪いとか自分が正しいってのは意味のない理屈です。
法は自分を守ってはくれません。
事が起こってはじめて動き出すのが法です。
自分の身は自分が知恵を出し、警戒心を持って守るしかないのです。



ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿



ちなみに家の中や職場ならやりたい放題です。
正しいと思ったら遠慮などありません。
ボケとツッコミの応酬もします。
おかげで職場でのストレスはあまりありません。
でも玄関を出たとたんに恐怖でスイッチが入ったように眉間に皺がよるのですw


僕はおかしいんですかね?


 

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2013/02/09(土) 20:41:45|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

鷲宮散歩・・・・その2

前回の続きです。


鷲宮です。
鷲宮神社前の目抜き通りに出て来ました。 《MAP


12_1228_鷲宮散歩_005

目抜き通りにしてこれです。
素晴らしいです。

それにしても昔の建物の建具って繊細で美しいですね。
現代日本では色々なドアや窓があってデザインも色々ありますが、美しいものはほとんどありません。
ゴツすぎるのです。


12_1228_鷲宮散歩_006

この微妙な隙間に幾らか恐れ敬った形跡があります。

それにしてもこの神社の門前町にこれ見よがしに看板を貼るとはいい度胸です。
じつは鳥居の目の前の壁にもキリスト看板が貼ってあったらしき跡が残ってました。
ある意味で面白い対決ではあるのですが・・・・


12_1228_鷲宮散歩_007

これだけ並ぶと壮観ですが、なぜ『もち』なのでしょう。
年末だから正月、正月だからもちということでしょうか。
子供の日には『がき』と書いたらとても面白いと思います。


12_1228_鷲宮散歩_008

このセンスは・・・・・ww



おわります。




ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿





12_1228_鷲宮散歩_009

寝台車送迎というのが気になりますね。





 

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/02/08(金) 21:03:43|
  2. 建築物写真・街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

鷲宮散歩・・・・その1

非常に紛らわしいのですが、「鷺宮」ではありません。
「鷲宮」です。
この違いが分かりますか?

もっと大きくしましょう。
鷺宮≠鷲宮です。
うーむ、微妙。

今回行ったのは鷲宮(ワシミヤ)。 《MAP
関東最古と言われる鷲宮神社があります。
聞いたことないですが。
古い神社があって、門前町がありそうで、しかもin STMとなれば、その匂いがしてきます。
何の脈絡もないのですが、思いついたらすぐの人なので行ってきました。


12_1228_鷺宮散歩_001

予想は的中しました。
駅前がすでにこれですw


12_1228_鷺宮散歩_002

これも駅から徒歩5秒です。


12_1228_鷺宮散歩_003

これも駅から徒歩30秒です。


12_1228_鷺宮散歩_004

ここでトタンについておさらいしてみましょう。
規格としてはJIS G 3316があります。
大波と小波があってそれぞれ波のピッチと波の深さが定められております。
写真は小波のようですね。
素材はJIS G 3302 溶融亜鉛めっき鋼板及び鋼帯およびJIS G 3312 塗装溶融亜鉛めっき鋼板及び鋼帯です。
この規格ではトタンという言葉は使われていません。
あくまでも溶融亜鉛めっき鋼板及び鋼帯です。
では「トタン」という呼び名は何でしょう?
wikipediaによれば、語源は「Tutanaga」といわれているそうですが。
グーグル翻訳で調査した結果・・・・・・トルコ語「Tutanaga」 → 「議事録に記録」・・・・
は?
ちなみにブリキ(JIS G 3303)はすずめっきであって、トタンの亜鉛めっきとは違います。
トタンはもともとは輸入物だったようですが、明治44年頃から国産化されているようです。


つづきます。



ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿


トタンなんて過去の遺物だと思ってましたが、今もホームセンターで販売されてるようです。
お買い求めは↓↓↓↓↓↓↓↓からお願いします。
カラートタン波板 0.19mm厚 ブルー 6尺


テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/02/06(水) 20:54:48|
  2. 建築物写真・街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

フロント命

唐突ですが、690 DUKE Rは想像以上にフロント荷重で乗るバイクのようです。
思い切り前に座り、ブレーキングでフロントフォークの上に全体重をかけるような感じ。
そのまま倒しこんでいくと、驚くくらい素直に曲がっていきます。
上体のフォームは直立か、ブレーキングのときは後ろに反らせるくらいでちょうど良いようです。
とにかくフロント命なのです。
以前から下りに入るとクルクルと良く曲がるので、かなりF重視だなとは気がついてましたが、これほどとは。




なぜこんなことを言うかというと、僕は昔のライダースクラブ誌が提唱していたリアステア乗りで育ったので、フロントに頼る乗り方は避けてきました。
それに今まで乗ったバイクはそれでよく走ったわけです。

しかし690 DUKEは違います。
リアを意識してもよく曲がるのですが、かなりピンポイントな操作を要求され、相当に難しいです。
そういうもんだと思い込んで難しいバイクだと考えていたのですが・・・。

あるときふと思い切ってフロントに極端に乗ってみようと考えました。
最初は怖かったのですが、劇的に変わります。
スパスパと楽に曲がってくれます。
リヤが不安定になるかと思いきや、そうでもないようです。
ちゃんとグリップしてます。

ただこれが万能かというわけでもなさそうです。
かなりの勢いで走るタイトなコーナーでは良いのですが、急な下りではしっくり来ないですし、Rの大きなコーナーではさほど優位でもなさそう。交差点でクルリと曲がるのもダメです。
色々と工夫の余地はありそうですが、少なくともFに鍵がありそうです。


ここで言ってることはとっくに気がついてる方には稚拙としか言いようのないものかもですが、こうやって色々と考えて乗り、工夫し、発見があるのが楽しいのです。






2年前の4月にDUKE購入後、2年近くが経ちます。
走行距離はあとわずかで3万キロに届きます。
燃料ポンプが焼きつくこと3回。
50km/h以下でクルマについていくペースだと猛烈にギクシャクします。
低速でアクセル一定というのは全く想定外なのです。
色々とありますが面白いバイクです。
取り回しは軽いし、シート下に収納スペースもあるし、荷物もちゃんと積めるし、意外にツーリングにも向いてます。
当分乗ると思います。



12_1229_伊豆ツーリング_001

12_1229_伊豆ツーリング_002


伊豆は冬ライダーの聖地です。
でもどういうわけか一番面白い西伊豆ではバイクを見かけません。
東ではかなり見るのですが、彼らはどういうコースを走ってるんでしょう?
河津や下田から中伊豆を北上して帰ってしまうのでしょうか?
はっきり言って伊豆まで来て西伊豆を走らないなんて勿体無すぎます。
西伊豆の極上のワインディングがあるから東伊豆の殺人的な退屈さを我慢できるのです。


冬ライダーに告ぐ。
西伊豆を走りなさい! 西伊豆を!!




ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. 2013/02/04(月) 18:49:49|
  2. ツーリング (KTM 690 DUKE R)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

春到来?

今日は異常なる陽気につられて奥多摩から柳沢峠をクルマで走って来ました。
この時期考えられないことです。
こんな機会は異例中の異例。
冬には絶対に行けないところに行こうと前日から考えてました。


朝は意外に寒かったですね。
八王子で朝6時で5℃ちょっとでした。
空はどんよりしてます。
うううむ・・・・と思いつつも、9時ごろに日が差してきたので出かけることに。


中央道は空いてました。
例の笹子トンネル事故以降初めて走りましたが、こんな絶好の日和にしてはガラ空き。
事故のせいで交通量が少ないのでしょうか。


13_0202_春到来?_001

上野原ICを出たところで15℃。


うわさ通り異常に暖かいです。
っていうか暑いくらいです。
窓を半開したまま暖房無しで走ります。


13_0202_春到来?_002

奥多摩周遊の都民の森駐車場で13℃。
暖かいです。
上着が要らないくらいです。


13_0202_春到来?_003

奥多摩周遊で最も高いところで9度。
標高は1000mくらいです。


さすがに両脇は雪が積もってて路面はしみ出した水でウエットでしたが、全く問題なく走れます。
なんとバイクも何台か。
筋金入りのライダーがこんな日を見逃すはずはありません。
僕は今回は路面状況がいまいち不安だったのでクルマにしましたが、バイクでも全然よかったですね。


13_0202_春到来?_004

柳沢峠。
なんと9℃。
標高は1500m弱もあるのです。
ありえません。


塩山で行きつけのお店で昼食を取ったあと、塩山市街をブラブラと散歩しました。
歩いてるとうっすら汗をかくほどです。
暖かいと本当に楽です。


一年で最もクソ寒い時期、その時期にこんな所を走れるなんて全く考えていませんでした。
感激です。




13_0202_春到来?_005

これもネ申の御心で御座いましょうw





帰りは塩山から奥多摩周遊を超えるまでほぼ完全独走態勢でした。
こんな良い天気なのにガラ空きです。
皆はどこに行ったのでしょうね?


ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿


山間部は融雪剤がたっぷり撒かれていて、クルマは泥と塩でドロドロに。
GSで洗車をしてから帰宅しました。


実に快適な一日でした。
八王子では夜9時の段階でまだ10℃以上あります。
明日はまた冬に逆戻りするってのが信じられないほどです。

 

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2013/02/02(土) 21:38:33|
  2. ドライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

伊豆ツーリング 伊東散歩・・・・その2

前回の続きです。


伊東というのは不思議な街で、何本もの商店街が入り乱れています。
伊豆の鄙びた町というイメージでしたが、意外に大きい街です。
それぞれ斜めに交差してるので土地勘がつかみにくく、どこを歩いてるのかが分からなくなりそうです。
街の西側が急な山があるのでそれをみると場所の見当が付きます。



12_1223_伊豆ツーリング_005

伊東は温泉地ですから、街中にこういう源泉があります。
匂いはまったくしませんでしたが?
塩化物泉なので特に匂いがしないのかもしれません。
浮き出た木目が良い感じです。


12_1223_伊豆ツーリング_007

コンクリートブロックもこれだけシミだらけになると良い感じになります。
自衛隊隊員募集というと青春をうたったものが多いですが・・・・・・戦車の中で過ごす青春ってのは・・・・・


ちなみに陸上自衛隊HPの今月の壁紙はこちら
どう反応したらいいのか分かりません。




12_1223_伊豆ツーリング_006

巨大な犬に遭遇。
ライオン並みです。
恐る恐る遠巻きにして撮ってます。
これが限界です。
でも優しい目をしてますね。



12_1223_伊豆ツーリング_008

伊豆の夜 大人の貝酔欲情ww



終わります。


ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿


 

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/02/01(金) 19:20:04|
  2. 建築物写真・街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

プロフィール

kazu_hiro

Author:kazu_hiro
kazu_hiro

■居住地:神奈川県
■性別:♂
■クルマ
 Nissan Z33
  2003.6~
■バイク
 Suzuki DR-Z400SM
  2005.7~
 KTM 690 DUKE R
  2011.4~  
■カメラ
 Canon EOS 30D
  2006.6~2010.01
 Canon EOS 40D
  2007.11~2010.01
 Canon EOS 5D MarkII
  2010.01~
 Canon EOS 5D MarkIII
  2013.06~ 
 Canon EOS M2
  2014.01~

■レンズ
 Canon EF24-105 F4L
  2006.09~
 Canon EF100-400 F4.5-5.6L
  2007.12~
 Canon EF70-300 F4.5-5.6
  2006.09~
 Canon EF50 F1.4
  2010.08~
 Canon EF-S60 F2.8 Macro
  2006.07~~2010.01
 Tokina AT-X124 Pro F4
  2007.10~~2010.01
 Tokina AT-X M100 PRO D F2.8
  2008.04~
 Canon EF28 F1.8
  2010.12~
 Tokina AT-X 16-28 F2.8 PRO FX
  2011.12~
■三脚
 Velbon Neo Carmagne 640
  2006.07~
 Velbon El Carmagne 445
  2008.04~

カレンダー(月別)

01 ≪│2013/02│≫ 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ツーリング (KTM 690 DUKE R) (83)
ツーリング (DR-Z400SM) (57)
ツーリング(その他) (11)
バイク (KTM 690 DUKE R) (18)
バイク (DR-Z400SM) (6)
ドライブ (32)
クルマ (5)
風景写真 (150)
建築物写真・街歩き (278)
工場風景 (14)
熱気球 (28)
猫写真 (22)
飛行機 (10)
ブツ撮り (11)
フォトコンテスト (0)
カメラ (7)
音楽 (7)
マメ知識 (9)
その他 (110)
ラムジー・ハント症候群闘病記 (4)
未分類 (0)
読書 (4)
映画 (1)
鉄道 (2)

ユーザータグ

キリスト看板  無理やり店名  

人気ブログランキング

PIXTA

写真販売始めました

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
1297位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
466位
アクセスランキングを見る>>

ブログ仲間

このブログをリンクに追加する

レポート

■ ツーリング・レポート集
■ ドライブ・レポート集
■ DR-Z スピードセンサ交換記
■ 関東街歩きマップ

旧ブログ

六輪生活(LoveLog)

検索フォーム

車両情報


◆KTM690DUKE R('10)主要諸元
型式 690DUKELDU47
エンジン種類
 水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒
総排気量 690cc
内径/行程 102/84.5mm
最高出力 70ps(51.5kW)/7500rpm
最大トルク 70Nm/5500rpm
圧縮比 12.5:1
始動方式 セル式
変速機 6速
変速比
 第1速 2.500
 第2速 1.750
 第3速 1.333
 第4速 1.095
 第5速 0.957
 第6速 0.870
減速比(1次/2次) 36:79/16:40
潤滑方式
 2個のオイルポンプによるオイル圧送式
エンジンオイル モトレックス SAE 10W-60
クラッチ形式
APTCスリッパークラッチ 油圧操作式
燃料供給方式
 ケイヒン電子制御フューエルインジェクション

全長/全幅/全高 2122/830/1243mm
フレーム クロームモリブデン鋼
サブフレーム アルミニウム
ハンドルバー アルミニウムφ28/22mm
フロントフォーク
 WP倒立フォークφ48mm
リアサスペンション
 WPモノショック・プロレバーリンク
サスペンションストロークF/R 140/140mm
ブレーキF/R
 ディスクブレーキ φ320/240mm
リムF/R 3.50×17 5.00×17
タイヤF/R 120/70R 17 160/60R 17
サイレンサー ステンレススチール
ステアリングヘッド角 63.5°
軸間距離 1472±15mm
最低地上高(無負荷) 155mm
シート高(無負荷) 865mm
燃料タンク容量 約13.5L/2.5Lリザーブ
半乾燥重量 約148.5kg(燃料含まず)
乗車定員 2名
生産国 オーストリー


◆DR-Z400SM('05)主要諸元

型式 BC-SK44A
全長 / 全幅 / 全高
2225mm/870mm/1,185mm
軸間距離/最低地上高
 1,460mm/260mm
シート高 / 乾燥重量 870mm/133kg
最小回転半径 2.6m
キャスター/トレール 26°15’/94mm
タイヤサイズ
 F: 120/70R17M/C 58H
 R: 140/70R17M/C 66H
 (リム幅4.5inch)

エンジン型式
 K419・水冷・4サイクル・単気筒
弁方式 DOHC・4バルブ
総排気量 398cm3
内径×行程 / 圧縮比
 90.0mm×62.6mm/11.3
最高出力 29kW[40PS]/7,500rpm
最大トルク 39Nm[4.0kgm]/6,500rpm
キャブレター形式 BSR36
潤滑方式 / 潤滑油容量
 ドライサンプ式/1.9L
燃料タンク容量 10L(リザーブ2L)
定地燃費 40km/L (60km/h)
変速比
 1速 2.285
 2速 1.733
 3速 1.375
 4速 1.090
 5速 0.863
減速比(1次/2次) 2.960/2.733


◆Z33('02)主要諸元

車種 フェアレディZ/クーペ/2WD
車名型式 UA-Z33
エンジン型式 VQ35DE(NEO)
運転タイプ 6MT

全長×全幅×全高
 4310mm×1815mm×1315mm
室内寸法 長×幅×高
 1005mm×1475mm×1100mm
ホイールベース 2650mm
トレッド前/後 1535mm/1540mm
最低地上高 120mm
車両重量 1430kg
乗車定員 2名
最小回転半径 5.4m
燃料消費率|10・15モード 9.7km/L
駆動方式 後輪駆動(FR)
ステアリングギヤ形式
 パワーアシスト付ラック&ピニオン式
サスペンション 前・後
 マルチリンク式 ・ マルチリンク式
主ブレーキ 前・後
 ベンチレーテッドディスク式(前後共)
タイヤ
 F : 225/45R18 91W
 R : 245/45R18 96W
種類・シリンダー数 DOHC・V型6気筒
シリンダー内径×行程 95.5mm×81.4mm
総排気量 3.498L
圧縮比 10.3
最高出力
 206kw[280ps]/6200rpm
最大トルク
 363Nm[37.0kgm]/4800rpm
燃料供給装置 ニッサンEGI(ECCS)
使用燃料・タンク容量
 無鉛プレミアムガソリン・80L
変速比
 第1速 3.794
 第2速 2.324
 第3速 1.624
 第4速 1.271
 第5速 1.000
 第6速 0.794
 後 速 3.446
最終減速比 3.538


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。