六 輪 生 活

街歩きとバイクとクルマが好きです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

浅草・上野散歩・・・・その2

前回の続きです。


浅草から上野へ向かいつつ。
浅草通り《MAP》から北のエリアを回ります。


12_0520_浅草・上野散歩_005

銅板葺きの家が密集するエリアにやって来ました。
こんな洒落た家に住みたいものですが、実際住んでる方はそんなこと全く思ってないかも。


12_0520_浅草・上野散歩_006

はり・灸・マッサージ・指圧は分かりますが、心理療法とは何でしょう??
かなりの夜型ですね。

ちなみに僕はマッサージが苦手。
特にわき腹とお腹はダメです。
触れただけで悶絶します。
滅多なことでは誰にも触らせません。




ところで・・・

12_0520_浅草・上野散歩_007

れっきとした日本人が描いてるそうですが・・・
せめて法隆寺くらいにしてほしいものです。




おわり




ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿

スポンサーサイト

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/06/29(金) 22:44:11|
  2. 建築物写真・街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浅草・上野散歩・・・・その1

5月20日に浅草へ行ったのですが・・・・・
駅を降りてびっくり。
猛烈な人ごみです!
殺人的です!!
凶悪なほどです!!!


何の騒ぎ??と思ったら、『三社祭』の当日でした。
行けども行けども人ごみは無くならず。
人ごみが何よりも苦手なので、顔を引きつらせつつ急ぎ足で逃げ回りました。
行く先々で待ち構えたようにお祭り騒ぎ。
四方八方から御輿とはっぴ姿のお兄さん達がゾンビのように襲ってきます。
万事休すです!
ホラーです!!
バイオハザード状態です!!!
バイオハザードII は見てません。


かなり逃げたところで追っ手は減りました。
もう嫌になり、帰ろうと思ったのですが、またあの人ごみを抜けるのはとんでもありません。
そんなことになるなら自殺しますw


地図を見ると、浅草から西方面へ歩いていくと上野へたどり着きます。
迷わずそっち方面へ。
浅草通りを越えると、人気がなくなりました。
ようやく平静さを取り戻し、写真を撮る気になりました。


12_0520_浅草・上野散歩_001

ほっとします。
静寂を愛するものとして、この風情には和みます。


12_0520_浅草・上野散歩_002

487-645 ムスコ・シアワセだそうです。
了解です。


12_0520_浅草・上野散歩_003

12_0520_浅草・上野散歩_004

赤繋がりで。
道路に赤を塗ってしまおうという発想は誰が?
ただ者ではありません。



つづきます。



ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿


僕は人の気配が濃厚にあるものに興味を引かれるのですが、人そのものには執着しません。
人はいなければいないほど良いのです。
人を入れるときはアクセントとして扱う場合だけです。
これってかなり矛盾というか、身勝手ですが、仕方がないのです。


 

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/06/27(水) 20:55:42|
  2. 建築物写真・街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

柳沢峠・松姫峠ツーリング

5月26日にいつものコースを回ってきました。


最近は新しい道を探して走り回るより、走りなれた道を反復練習することが増えました。
昔と違って、興味がライディングそのものに向いてきてるからだと思います。
ライディングに集中するには道を探しながら走るより、迷わないで走れる定番コースのほうが集中できます。


また、関東近県の道はほとんど走り尽くしたこともあります。
DR-Zの頃はどこにでも入っていける気楽さがあってあちこちに行ってましたが、DUKEは基本的に舗装路に特化してますので、その意味での気楽さは少なくなりました。
サスペンションがガチガチに硬いので、ダートに入るとタイヤがグリップしきれずに流れてしまうので怖いのです。


12_0526_柳沢峠・松姫峠ツー_001


12_0526_柳沢峠・松姫峠ツー_002

柳沢峠付近のいつもの場所にて。
ここは良いです。
バイクが映えます。
単なる道端の空き地なのですが、写真を撮るには絶好の場所です。


何気なく撮ってるように見えるかもですが、ちゃんと陰影を読んで撮ってるつもりです。
DUKEは撮られる向きを選ぶので、似たような写真になりがちなのが欠点といえば欠点です。



12_0526_柳沢峠・松姫峠ツー_003

塩山から大月へ向かう途中にある空き地にて。
最近発見した草地です。
広い広場ですが、撮るとなると、ガードレールや山側にあるコンクリートの擁壁が入らないようにするのにはかなり画角が制限されます。



大月からは松姫峠を越え、小菅村から上野原に抜けて中央道で帰宅しました。
このコースは一周250km程度。
クルマが少なく、快適に走れます。


ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿


このルートは食事タイムに塩山にかかるようなタイミングを選ばないと、他にまともな食事が取れる場所がほとんどないのが難点です。
奥多摩湖の湖畔に蕎麦屋があるのですが、使ってる水が良くないらしく、わずかですが臭います。
これは蕎麦にとっては致命的。
新たな蕎麦屋を開拓してるところです。
道の駅丹波山の近辺に蕎麦屋があるらしいのですが、場所が分かりにくく見つけられませんでした。
見つけたらまたご報告します。

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/06/25(月) 18:32:52|
  2. ツーリング (KTM 690 DUKE R)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

佃島散歩・・・・その2

前回の続きです。


佃1丁目《MAP》を丹念に見て回りました。


12_0504_月島・佃島散歩_004

神社の囲い。
石の質感を出すためにあえて赤い色は飽和するくらいにコントラストを上げてあります。


12_0504_月島・佃島散歩_005

何でもない植木も、こうして水滴がつくと生き生きとして見えます。
雨上がりならではです。
なかなかタイミングが難しいですが、雨のち曇りの予報は要注意です。


12_0504_月島・佃島散歩_006

ペンキの剥げた窓枠と薄汚いカーテンが良かったのですが、手前の植木にも気を取られました。
植木は無い方が良かったような気がしますがどうでしょうか?



この辺りは地図で見ると古そうな雰囲気が強いですが、実際に行ってみると、意外に新しい家が多くて冴えない部分も多かったのが残念。
小さいエリアだったこともあり、1時間半ほどで切り上げました。


ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/06/22(金) 21:12:48|
  2. 建築物写真・街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

佃島散歩・・・・その1

以前から気になっていた佃島を5月4日に散歩してきました。
佃島というと江戸時代から続く古い町っていうイメージがあり、古いからには何かがあるという期待がありました。
地図で見ると、なかでも佃1丁目《MAP》は何か曰くありげな風情を感じさせてくれます。


月島駅《MAP》を下り、さっそく佃1丁目に向かう前に、3丁目の辺りも見ておこうと思います。
・・・・・・と歩きだしたら・・・・・あっという間に完了。
街割が細かいので錯覚してしまうのですが、ものすごく小さなエリアです。


12_0504_月島・佃島散歩_001

地図には出てないような細い路地がたくさんあります。
雨上がりを狙って行ったので、色が濃い目に出ました。
なのでレタッチも濃い目にしてあります。


路地を丹念に見て歩きたいところですが、銀座の外れとかの無味乾燥な路地でもなく、有楽町・新橋辺りの商業地域でもなく、生活感丸出しでプライベート感がたっぷり。
見知らぬ人間がほいほいと入っていくのはためらわれます。


12_0504_月島・佃島散歩_002

今日のテーマはとりあえず『質感』にしました。
なんだか意味あいまいですが、しっとりした雨上がりは質感が写りやすいですし。
乾ききった質感ってのは否定しませんが、難易度が高いです。


3丁目はあっという間に切り上げ、1丁目に向かいましたが・・・・・あっという間につきました。
ほんとに小さなエリアです。
狭い地域なので地図が無くても分かるだろうと、手ぶらです。
なので却ってスケール感が狂うようです。


12_0504_月島・佃島散歩_003

かんかん照りに晴れてたらつまらない写真だったことでしょう。



佃島といえば佃煮。
もっと佃煮屋が立ち並んでるのかと思いきや、全く??
思い込みが激しい人間なので、全住民が総出で佃煮屋をやってるかのようなイメージがありましたが、そんなわけないですよねw


続きます。




ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿


佃煮をちびちびと食べつつ、緑茶をちびちびと飲むのが最近の好みです。
正しいオヤジ道を着実に歩んでるような気がします。
もう引き返せないのでしょうかw

 

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/06/20(水) 20:31:02|
  2. 建築物写真・街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

ぶどう峠・十石峠ツーリング

5月19日にぶどう峠《MAP》と十石峠《MAP》を回るツーリングに行ってきました。


入梅までのこの時期、走れるだけ走っておきたいです。
DUKEの面白さもだんだん分かってきて、乗る度に楽しめます。
疲れますが、疲れるほど積極的に操らないと言う事を聞かないバイクなので仕方がないのです。


どっちの峠もタイトなのが持ち味で、埼玉方面から長野入りしようとすると、必ずどちらかは超える必要があります。
もう一本、田口峠《MAP》というのがあるのですが、恐ろしくタイトで路面もかなり荒れていてあまり走る気になれません。


ぶどう峠は十石峠より知名度が劣るようですが、僅差でこっちの方が路面状況も良く、道幅もあります。
ちょっと遠回りですが。
長野側はかなり走りやすいのは十石峠とだいたい同じです。


12_0519_ぶどう峠・十石峠ツーリング_001


ぶどう峠を超えて麓に下りてきたところで、記念撮影をしました。
森の中の小路という雰囲気ですが、実際は単なる生活道路です。
右手は畑になってます。
写真とは真実を写すものと思われる方がいるかもですが、真っ赤なウソですw
騙す意図はありませんが、かなり意図的に操作するものです。

白基調の色のバイクは写真写りが良いですね。
黒とかシルバーではこのクッキリした感じは出ません。


いつもこの辺りにやってくると、食事の場所に困ります。
場所柄を考えるとかなり美味しいっていうお店はありますが、あくまでも場所を考えるとってことであり、絶対評価ではありません。
この後で馬刺し丼を食べに行ったわけです。《記事
このお店はなかなか美味しかったように思えます。
馬刺しはお店によって差が大きく、ひどいのになると、凍ったまま解凍されてないのが出てきたりします。
外見では分からないので、これは運不運でしょうかね?


ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿


こういう細かい描写の多い画像データは大きく、アップロードするのに大幅に画質を下げました。
500KBという制限は何とかならないんですかね?
実情に即してないような気がします。

 

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/06/18(月) 21:26:10|
  2. ツーリング (KTM 690 DUKE R)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

梅雨でいやなのは・・・

12_0617洗濯物が乾かん01

です。

丸一日外に出してるのに全然です。

困ります。




ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿




テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2012/06/17(日) 20:19:56|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヨーロッパ退屈日記

今、伊丹十三の『ヨーロッパ退屈日記』を読んでます。
映画監督であり、俳優である伊丹十三が、1960年代にヨーロッパに長期滞在し、そこで見聞きしたことを元に、エッセイとしたものです。


12_0526ヨーロッパ退屈日記


そのなかで面白いと思う部分があったので、抜き書きしておきます。
長いので一部編集してあります。




■ 伊丹さんが人から聞いた小咄

イギリスで、ある紳士がエセクター行きの汽車に乗ったときのこと。
コンパートメントに入って席に着こうとした時、彼は向かい側の男の顔に目をやって、そこに異様なものを発見した。
その男は山高帽に黒いオーバー、銀色っぽいスカーフを首に巻いて、細身の蝙蝠を持っていた。いわば典型的な中年のイングリッシュ・ジェントルマンである。
ところがその紳士は左の耳にバナナを詰めていたのだ。
誰しもやるように、バナナを食べようとする時は、皮を半分くらいまでむいて、後は手で持つように残しておく、そういう具合にむいたバナナの身のほうを、その紳士は耳に差していたのである。

さて後からきた男はしばらく黙って観察し、--どうしたもんだろう、やっぱり忠告してやるべきでだろうか--
しかし一体どう切り出したもんだろう。まさかバナナが耳に詰まってますよともいいにくいし。
こんな具合にして時間はのろのろと過ぎ去っていった。
彼はため息をついて思った、最早逃れるすべはない。エセクターまではまだ2時間もある。彼はついに勇気を振りしぼって相手の眼を捕えた。

「まことに失礼ですが---」
ところが彼の声は少しばかり低すぎたようだ。しかも相手の紳士は左耳にバナナを詰めている。
「何とおっしゃいました?」
「まことに失礼ですが---」
彼は大声でどなった。
「耳にバナナが詰まってるのをご存じですか?」
「何ですって?もう一度おっしゃってください」
「あなたの耳にですね、バナナが詰まってますよ!」
「何ですか?何とおっしゃいました?」
「ミーミーニーバーナーナーガーツーマーツーテーマースーヨー」
「すみませんが全然聞こえないのです。何しろ耳にバナナを詰めているものですから」




■ 伊丹さんの映画のシナリオについての考え方。

安手のテレビ・ドラマやB級の刑事ものの映画では、殺人が電話で報告されるシーンは、およそ次のような形をとることが多い。

「ああ、もしもし、うん田中だ---なに?---山口電気の社長が?---うん---死体になって発見された?---場所は?---麹町一番町、十八の五---よしわかった---うんすぐ行く」
電話では相手の声が聞こえないから、相手の分までやってるわけだ。こんな調子ならシナリオを書くのは訳はない。

おそらく書いてるシナリオ・ライター本人も、さぞかし恥ずかしかったことだろう。しかし、こんな台詞をもらった俳優はもっと恥ずかしいんだよ。みんな恥ずかしさをこらえて、何とか、気分を出そうと「なに死体になって発見された?」なんて緊迫した声でいってみたりしてるが、どうにも御都合主義の印象はまぬがれない。

たとえば、原子怪獣ラドン、のような奴が突如出現する。逃げまどう群集。その中に原子力研究所の所員がいる。彼のクローズ・アップになると、彼は恐怖に顔を引きつらせ、わななく指で怪物の方を指し示しながら叫ぶ。
「あっ!あれは、うちの所長を殺したラドンだ!」

一体、恐怖にわなないてる筈の人がこんな説明的なことを叫ぶものだろうか。どうせ説明するなら、いっそ徹底的に、こんな工合にやったらどうかといいたくなる。
「あっ、あれは約六千万年前に地球上から一切絶滅したといわれてたにもかかわらず、どういうわけか最近突然出現して、うちの所長を殺したラドンだ!」





電車の中で笑いを堪えるのは大変でしたww





ところで、ラドンってそんなに怖いんですね?

12_0615怪獣ラドン

全く緊迫感が感じられないのですが。




ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿


この本は前半1/4までは伊丹さん個人の考え方が前面にでてて面白いかと思ったのですが、以降はつまらなかったです。
基調としては、おお麗しのヨーロッパ、それにくらべて日本は・・・・的な論調。
それがブラックユーモアなら面白いのですが、かなり本気らしいです。
ある世代以上の方に見られるパターンです。

 
 

テーマ:エッセイ/随筆 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2012/06/15(金) 20:23:05|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

東京駅・箱崎散歩・・・・その2

前回の続きです。


箱崎JCTを後にし、東京駅まで歩いて戻ります。
その途中で目に付いたものを撮っていきました。


12_0501_東京駅→箱崎散歩_005


12_0501_東京駅→箱崎散歩_006


12_0501_東京駅→箱崎散歩_007


12_0501_東京駅→箱崎散歩_008


はっきり言って、何を撮ろうとしてるのか全く分からないで撮ってます。
今までの写真のように、被写体が面白いからといって、目の前の風景を引っ剥がしてきて貼っただけの写真とは方向性を変えようとは思ってるのですが。
一見して見逃しがちですが、普通とは違う存在感のあるもの、尖ったもの、という基準で一応は被写体を選んでるつもりです。
異質なものを撮ろうと思っても、現場に居合わせない方に伝わるのかどうか、そもそも状況を伝える必要があるのか・・・
状況がどうであろうと、写真単体が面白ければ良いのでは?
面白いってなに?


色々考えてはいます。
わけも分からずに枚数だけ撮っても上達はしないと思ってます。
目標地点無しにやっても迷うだけでは。
それも面白いかもですが、今後しばらくは具体的に考えていこうと思ってます。
異質とか尖ってるとかいう抽象的な言葉ではなく、もう少し具体的なものがあるのでは?
皆どうしてるんでしょうね??
聞きたいですが、どう質問すればよいのか分かりません。



ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/06/13(水) 20:29:32|
  2. 建築物写真・街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京駅・箱崎散歩

5月1日に東京駅から箱崎まで散歩してきました。


ちなみに東京駅で下りたところでトイレに行きたくなり、あわててトイレを探しました。
眼が血走って急ぎ足で歩いてる人を見たらそれは僕ですww


東京駅から日本橋、江戸橋から箱崎へ。


12_0501_東京駅→箱崎散歩_001

日本橋の麒麟。
格好いいです。
こんな格好いい像を作った方は天才です。


こんかいはかなり強引な調整をしております。
コントラストを思い切って下げ、シャドウを起こしつつ、特定の色だけ持ち上げてます。


12_0501_東京駅→箱崎散歩_002

箱崎というと首都高のJCTっていうイメージが大きいですが、町としては古そうです。
かなり新旧交代してますが、あちこちに古びたものが残ってます。


12_0501_東京駅→箱崎散歩_003

箱崎JCT。 《MAP
以前も来たのですが、画角に捉えきれず。 《2011/09/22の記事
今回は16mm級の広角を持ち込んでます。
・・・・・・・
前回とあまり変わらないような・・・・・

見事なまでに叩き潰され、わずかに残る空を強調したくて、空の色だけ持ち上げてます。
かなり強引です。


ここで写真をガンガン撮ってると、斜向かいの交番のお巡りさんから厳しい視線が始終向けられていました。
テロリストが下見に来てると思ってるのでしょうか。
善良なる市民に向かって失礼なw
お巡りさんの熱いまなざしを浴びつつ現場を後にしました。
どうせなら美人の婦警さんにww


つづきます。



ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿

 

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/06/11(月) 17:50:04|
  2. 建築物写真・街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ちょっとお疲れ気味

・・・・なので、手抜きの記事を書きましょう。


最近ツーリング先で食べたものは・・・・・・・

12_0519_ぶどう峠・十石峠ツーリング_000

馬刺し丼。


このお店です。 《食べログ
お肉がたっぷり載っていて、食べ応えありです。


この辺りではあまり美味しいお店がないのでこういうお店は貴重です。



ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿


 
ニンニクがついていて、元気モリモリになります。
どこが元気になるかは想像におまかせしますww


 

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

  1. 2012/06/07(木) 21:11:16|
  2. ツーリング (KTM 690 DUKE R)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

柳沢峠・松姫峠ツーリング

5月12日に日帰りツーリングに行ってきました。
天候が少々不安定ながら、5月は毎週のようにツーリングに行ってます。
春から梅雨入りにかけては1年で一番良い季節です。

柳沢峠と松姫峠を巡るコースは最近のお気に入り。
奥多摩周遊から青梅街道を山梨方面に走り、柳沢峠《MAP》を超え、塩山からR20を東方向に大月まで戻って松姫峠《MAP》を超えるというコース。


総じてクルマが少なく、走りやすい道です。
特に松姫峠はかなり少ないうえに、タイトなコーナーが多くて楽しめます。
一部狭いですが、大部分は2車線相当で、路面もかなり良好です。
お勧めです。


12_0512_柳沢峠・松姫峠ツー_001


12_0512_柳沢峠・松姫峠ツー_002


柳沢峠では新たに見つけた廃道に入り込みました。
峠の塩山側の大半は今は高速道路並みの快走路ですが、ちょっと前はタイトな峠道でした。
この廃道も昔走ったことがあるはずです。
中央道の渋滞を避けるため、よく夜に走ってました。


12_0512_柳沢峠・松姫峠ツー_003

塩山から大月方面に走っていく途中にある運動場にて。
前々から狙っていたのですが、いつ見ても人がいません。
思い切って入り込みました。
草原になっていて雰囲気が良いです。


飽きずにバイク入りの写真を撮ってます。
そもそもカメラを弄くりだしたのはバイクの写真を撮りたかったから。
いわば原点です。
なかなか絵になる場所は少ないのですが、丹念に見ていくと意外にあるものです。
そういう場所を見つけるのが楽しいのです ♪


ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/06/04(月) 19:03:35|
  2. ツーリング (KTM 690 DUKE R)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

東京駅・神田駅散歩・・・・その2

前回の続きです。


東京駅北部のガード下と、神田駅南部のガード下を撮った後は神田駅周辺をうろつきました。


12_0430_東京駅・神田駅散歩_006



12_0430_東京駅・神田駅散歩_007

この画面中に何軒の看板があるでしょう?
ヒマな方は数えてくださいw


アジアンです。
昔は汚いだけだと思ってましたが・・・・。
確かに汚いです。
チープです。
下品です。
そう言われると反論できないのですが、好きなものは仕方がないのですw
なぜなのかは分かりません。




12_0430_東京駅・神田駅散歩_008



12_0430_東京駅・神田駅散歩_009





3枚目。
この写真を撮った理由は、東京の多くのガード下がどんなものかをご存知な方には分かっていただけるかも?



ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/06/01(金) 19:47:34|
  2. 建築物写真・街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

kazu_hiro

Author:kazu_hiro
kazu_hiro

■居住地:神奈川県
■性別:♂
■クルマ
 Nissan Z33
  2003.6~
■バイク
 Suzuki DR-Z400SM
  2005.7~
 KTM 690 DUKE R
  2011.4~  
■カメラ
 Canon EOS 30D
  2006.6~2010.01
 Canon EOS 40D
  2007.11~2010.01
 Canon EOS 5D MarkII
  2010.01~
 Canon EOS 5D MarkIII
  2013.06~ 
 Canon EOS M2
  2014.01~

■レンズ
 Canon EF24-105 F4L
  2006.09~
 Canon EF100-400 F4.5-5.6L
  2007.12~
 Canon EF70-300 F4.5-5.6
  2006.09~
 Canon EF50 F1.4
  2010.08~
 Canon EF-S60 F2.8 Macro
  2006.07~~2010.01
 Tokina AT-X124 Pro F4
  2007.10~~2010.01
 Tokina AT-X M100 PRO D F2.8
  2008.04~
 Canon EF28 F1.8
  2010.12~
 Tokina AT-X 16-28 F2.8 PRO FX
  2011.12~
■三脚
 Velbon Neo Carmagne 640
  2006.07~
 Velbon El Carmagne 445
  2008.04~

カレンダー(月別)

05 ≪│2012/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ツーリング (KTM 690 DUKE R) (83)
ツーリング (DR-Z400SM) (57)
ツーリング(その他) (11)
バイク (KTM 690 DUKE R) (18)
バイク (DR-Z400SM) (6)
ドライブ (32)
クルマ (5)
風景写真 (150)
建築物写真・街歩き (278)
工場風景 (14)
熱気球 (28)
猫写真 (22)
飛行機 (10)
ブツ撮り (11)
フォトコンテスト (0)
カメラ (7)
音楽 (7)
マメ知識 (9)
その他 (110)
ラムジー・ハント症候群闘病記 (4)
未分類 (0)
読書 (4)
映画 (1)
鉄道 (2)

ユーザータグ

キリスト看板  無理やり店名  

人気ブログランキング

PIXTA

写真販売始めました

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
1084位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
388位
アクセスランキングを見る>>

ブログ仲間

このブログをリンクに追加する

レポート

■ ツーリング・レポート集
■ ドライブ・レポート集
■ DR-Z スピードセンサ交換記
■ 関東街歩きマップ

旧ブログ

六輪生活(LoveLog)

検索フォーム

車両情報


◆KTM690DUKE R('10)主要諸元
型式 690DUKELDU47
エンジン種類
 水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒
総排気量 690cc
内径/行程 102/84.5mm
最高出力 70ps(51.5kW)/7500rpm
最大トルク 70Nm/5500rpm
圧縮比 12.5:1
始動方式 セル式
変速機 6速
変速比
 第1速 2.500
 第2速 1.750
 第3速 1.333
 第4速 1.095
 第5速 0.957
 第6速 0.870
減速比(1次/2次) 36:79/16:40
潤滑方式
 2個のオイルポンプによるオイル圧送式
エンジンオイル モトレックス SAE 10W-60
クラッチ形式
APTCスリッパークラッチ 油圧操作式
燃料供給方式
 ケイヒン電子制御フューエルインジェクション

全長/全幅/全高 2122/830/1243mm
フレーム クロームモリブデン鋼
サブフレーム アルミニウム
ハンドルバー アルミニウムφ28/22mm
フロントフォーク
 WP倒立フォークφ48mm
リアサスペンション
 WPモノショック・プロレバーリンク
サスペンションストロークF/R 140/140mm
ブレーキF/R
 ディスクブレーキ φ320/240mm
リムF/R 3.50×17 5.00×17
タイヤF/R 120/70R 17 160/60R 17
サイレンサー ステンレススチール
ステアリングヘッド角 63.5°
軸間距離 1472±15mm
最低地上高(無負荷) 155mm
シート高(無負荷) 865mm
燃料タンク容量 約13.5L/2.5Lリザーブ
半乾燥重量 約148.5kg(燃料含まず)
乗車定員 2名
生産国 オーストリー


◆DR-Z400SM('05)主要諸元

型式 BC-SK44A
全長 / 全幅 / 全高
2225mm/870mm/1,185mm
軸間距離/最低地上高
 1,460mm/260mm
シート高 / 乾燥重量 870mm/133kg
最小回転半径 2.6m
キャスター/トレール 26°15’/94mm
タイヤサイズ
 F: 120/70R17M/C 58H
 R: 140/70R17M/C 66H
 (リム幅4.5inch)

エンジン型式
 K419・水冷・4サイクル・単気筒
弁方式 DOHC・4バルブ
総排気量 398cm3
内径×行程 / 圧縮比
 90.0mm×62.6mm/11.3
最高出力 29kW[40PS]/7,500rpm
最大トルク 39Nm[4.0kgm]/6,500rpm
キャブレター形式 BSR36
潤滑方式 / 潤滑油容量
 ドライサンプ式/1.9L
燃料タンク容量 10L(リザーブ2L)
定地燃費 40km/L (60km/h)
変速比
 1速 2.285
 2速 1.733
 3速 1.375
 4速 1.090
 5速 0.863
減速比(1次/2次) 2.960/2.733


◆Z33('02)主要諸元

車種 フェアレディZ/クーペ/2WD
車名型式 UA-Z33
エンジン型式 VQ35DE(NEO)
運転タイプ 6MT

全長×全幅×全高
 4310mm×1815mm×1315mm
室内寸法 長×幅×高
 1005mm×1475mm×1100mm
ホイールベース 2650mm
トレッド前/後 1535mm/1540mm
最低地上高 120mm
車両重量 1430kg
乗車定員 2名
最小回転半径 5.4m
燃料消費率|10・15モード 9.7km/L
駆動方式 後輪駆動(FR)
ステアリングギヤ形式
 パワーアシスト付ラック&ピニオン式
サスペンション 前・後
 マルチリンク式 ・ マルチリンク式
主ブレーキ 前・後
 ベンチレーテッドディスク式(前後共)
タイヤ
 F : 225/45R18 91W
 R : 245/45R18 96W
種類・シリンダー数 DOHC・V型6気筒
シリンダー内径×行程 95.5mm×81.4mm
総排気量 3.498L
圧縮比 10.3
最高出力
 206kw[280ps]/6200rpm
最大トルク
 363Nm[37.0kgm]/4800rpm
燃料供給装置 ニッサンEGI(ECCS)
使用燃料・タンク容量
 無鉛プレミアムガソリン・80L
変速比
 第1速 3.794
 第2速 2.324
 第3速 1.624
 第4速 1.271
 第5速 1.000
 第6速 0.794
 後 速 3.446
最終減速比 3.538


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。