六 輪 生 活

街歩きとバイクとクルマが好きです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

一ノ瀬高原ツーリング

11月の5日に一ノ瀬高原方面に行ってきました。
一ノ瀬高原とは柳沢峠の北東にある一帯。《MAP


高原という名前からは広々とした牧草地みたいのを想像しがちですが、全然。
ただの山林ですw


でも紅葉が綺麗なのでこの時期は良い場所です。
あまりのマイナーさに空いていてほとんど人も来ません。


11_1105_一ノ瀬高原ツーリング_001

で、こんな感じで (^o^)
50mmの単焦点使用です。
ふかふかの落ち葉に腹ばいになって撮ってます。
明るい単焦点はボケ味が魅力。
ですが、この写真は前ボケがちょっとうるさい感じ。
ぼかせば良いってものではないようです。
もうちょっと絞っても良かったですね。


一ノ瀬高原はR411から離れて一周してきて、またR411に戻れます。
R411を塩山へ。
塩山に出たところでもう時間が遅いのに気が付きました。
いつもなら富士五湖から道志路へ回るところでしたがこのときは諦めて来た道を引き返すことに。


再び柳沢峠を超え、奥多摩周遊へ。
奥多摩周遊ではなんと雨が降ってきました。
あれ??そんな予報では・・・
標高が高いので一時的なものだろうと思ったら全然止まず。
強い雨ではないし、装備も撥水素材のを着ているのでカッパ無しで走り続けました。
中央道に入ってしばらくしたところでようやく止みました。
渋滞を抜けて無事に帰宅しました。



ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿



写真を撮るペースにアップが追いつかず、この1週間はスパートをかけましたが全然無理。
来年に持ち越したくはないのですが、かといってお蔵入りはあり得ません。
ブログに載せるのが写真のモチベーションなので。


この1年、当ブログにお越しいただいた方々へ感謝したいと思います。
ありがとうございました。
年越しまでカウントダウンが始まりました。
良いお年を!!
そして来年もまたよろしくお願いします  (^o^)丿

スポンサーサイト

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/12/31(土) 11:01:25|
  2. ツーリング (KTM 690 DUKE R)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

神保町・水道橋散歩・・・・その3

前回の続きです。


九段下ビルを見学後は水道橋駅に向かいます。
駅前の六差路の交差点が気になってたのですが・・・・《MAP
絵になりませんでした。
こういう交差点は角に絵になる建物がないと締まらないものです。


この六差路の由来はちょっと分からないのですが、さほど古いものではなさそう。
明治25年(1892年)の地図にはそれらしいのが載ってまして、安政4年(1858年)の地図には載ってません。
明治以降っぽいですね。


11_1217_神保町→水道橋散歩_021

おや?
水道橋にも高架下があったんですね。
高架下といえばラーメン屋が定番ですね。


11_1217_神保町→水道橋散歩_022

リベットのぼつぼつがたまりません!
柱脚の造形も美しいと思います。
もっと綺麗に掃除してあげて欲しいところです。


今日はこれで散歩終了です。
お疲れました。


おわり



ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

 
全く関係ないのですが、伊豆大島上空にこんなのを見つけました。 《MAP


大きな地図で見る

爆撃機っぽいのが気になります。


 

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/12/30(金) 16:55:15|
  2. 建築物写真・街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

神保町・水道橋散歩・・・・その2

前回の続きです。


都営新宿線の神保町駅《MAP》を下りたのは12時半過ぎでした。
もうちょっと早く着きたかったのですが、家でぐずぐずしてるうちにこんな時間に。
日没の4時半まで持ち時間は4時間。
色々見て回ると意外に時間がかかるのであまりノンビリしてられません。
どこを回るかはあらかじめ下調べしてあり、地図持参です。
だいたいのタイムスケジュールを立てて歩き始めました。


11_1217_神保町→水道橋散歩_001

まずはこの路地から。《MAP
古書店街のすぐ裏手にある通路です。
クルマが入ってこれないような狭い道なので雰囲気が柔らかいです。


11_1217_神保町→水道橋散歩_002

このお店は学生時代によく来ました。
このあたりで有名な喫茶店として『さぼうる』、『ラドリオ』、『ミロンガ』の3つがあって、このミロンガはBGMにタンゴがひたすら流れています。《MAP
薄暗くて空いていてボク好み。
以前は雰囲気のあるマダムが切り盛りしてたのですが、今はもういらっしゃいません。
時間がないので素通りする予定でしたが、懐かしかったのでコーヒーを一杯。
いきなり脱線です。


一息ついたところで散歩開始です。
白山通りの東側エリアを歩きます。


11_1217_神保町→水道橋散歩_003

スマート2台がビルの谷間に絶妙に収まってました。
たしかこの通りだったと思うのですが・・・ 《MAP


11_1217_神保町→水道橋散歩_004

ライスカレー屋の『まんてん』。《MAP
カレーライスではありません。ライスカレーです!
その違いはココに書かれています。→ エスビー食品Q&A
入ってみたかったのですが、夕食が食べられなくなりそうだったので止めておきました。


11_1217_神保町→水道橋散歩_005

こんな場所があったとは・・・・。
女坂です。 《MAP
曲がりくねった段々が雰囲気ありげです。
名前は女坂ですが、野郎しか歩いてませんでした。


このあたりは一見して平坦なのですが、実は微妙に起伏があるんですね。
普通に歩いてると全く気が付きません。

ちなみに100mほど南には男坂ってのがあります。《MAP
一直線の男らしい石の階段ですが、上空をとある大学の不細工な渡り廊下が横切っており、さらに階段脇ギリギリまでみっともないネットフェンスが建てられています。
なんてことを!!

この男坂と女坂、歴史は意外に新しく、大正後期の区画整理で作られたものだそうです。
標識には『大正13年(1924)8月政府による区画整理委員会の議決により作られたものです。』と書かれてました。
それまでは何だったんだろう?
崖になってたんですかね?



これで白山通りの東側エリアはチェック完了。
続いて西側エリアへ移動します。


11_1217_神保町→水道橋散歩_006

この思い切りの良さが爽快です。《MAP
清涼感漂う光景ですね。


11_1217_神保町→水道橋散歩_007

これは・・・・。
これでも道路です。
地図にも載ってます。 《MAP


地味ながらよく見るとなかなか趣のある街でした。
東京は広いですね。
見るべき街はあちこちにありそうです。
この後、九段下ビルに向かったのでした。 《関連記事


つづく



ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿


街歩きの記事がだいぶ貯まったので、なんとかまとめたいと思い、こんなのを作ってみました。
→ 関東街歩きマップ
ブログ左側のサイドバーの中のレポートの段に入ってます。
記事を書くたびに更新していきます。


 

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/12/28(水) 19:36:30|
  2. 建築物写真・街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

バイクに乗りたくなる動画

ニコニコ動画の動画アワード2011、年間GPに輝いた作品です。 《関連HP





かなり感動します!!
バイクでSLと併走。
気持ち良いこと抜群です。
ぜひフルスクリーンで見てください。
再生ボタンを押し、再生が始まってから画面をクリック。
ニコニコ動画に飛ぶので、そこで画面右下のフルスクリーンボタンを押せば見れます。
※残念ながら、2011年12月29日 ~ 2012年1月3日は低画質モードでのみの視聴となるようです


季節は初夏。
津和野を走るSLやまぐち号が相手です。
ロケ3回、カメラ5台を駆使しての大作ですが、あまり仰々しくないのが良いです。
素直にバイクで走ることやSLが走る風景の魅力を伝えてると思います。


最初は普通のバイク動画ですが、踏み切りのシーンから一気に雰囲気が変わります。
迫力のSL併走です。
そして終盤、ちょっと昼飯ネタに変わるのですがそのまま見続けてください。
またSLに戻ります。
爽やかな余韻の残るラストシーンが秀逸。


いったいどうやって撮ったんだろう??
と動画には詳しくないので分かりませんが、相当に手馴れてないと撮れなさそう。
あらかじめ下見を重ね、ポイントを決め、タイミングを計り、カメラアングルを想定し、かなり綿密な撮影計画を立てないと到底撮れそうもありません。
見ごたえがあります。


とにかくバイクに乗りたくなる動画でした。
思わずCBRを買いに行こうかと思いました (^o^)


ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿


うっかり風邪を引いてしまいました。
胃腸の不良と咳が激しい風邪です。
激しい咳に寝ていられません。
寝付けなかったのもあり、今日はさっきまでグロッキー状態でした。
でもこの動画で復活しました (笑)
皆さんも体調を崩さないようにしてください!

 



  1. 2011/12/27(火) 17:03:22|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

有楽町高架下センター商店会

商店会の回し者ではありません。


9月22日に有楽町の北側エリアに行ってきました。
この辺りは以前来たことがあるのですが、まだ街歩き初心者だったのでうっかり見過ごしてました。
もうそろそろ初心者卒業・・・とか勝手に思ってたところでもう一回見直してみることに。


家を出たときは曇りでしたが、東京駅を出ると風が強く、雨まで降ってきました。
傘をさしつつちょっと歩いたらすぐに有楽町です。


そして有楽町高架下センター商店会にやってきました。《MAP
なんとも色気も何もない名称ですが、看板にそう書かれてるので・・・。
この商店街そのものは中途半端な感じなのですが、そこからさらに分岐する小さな横丁に注目。


11_0922_有楽町高架下センター_001

丸三横丁です。《MAP
これです、これ!!
それにしてもこれを見逃してたとは、初心者にもほどがあります (^o^;)


11_0922_有楽町高架下センター_002

この小汚さがたまりません。
時刻はちょうど5時半。
あと30分もしないうちにここは酔っ払いの巣窟になるのでしょう。


飲み屋の雰囲気は好きですが、ボク自身は下戸なのでお店には入りません。
お酒が好きなら一杯やって・・・というところですが残念ながら。


11_0922_有楽町高架下センター_003

換気扇マニアなら見逃せないアングルです。
映画監督のリドリー・スコットなどは泣いて喜ぶのではないでしょうか?



換気扇が汚れてるのが許せない潔癖症の方は要注意です (笑)


ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿


初心者卒業と言いつつも写真的にはどうしようもないです。
我ながら酷い写真かと。
どうすればもう少し良くなるのか、ある程度は分かってるつもりですが、今のタイミングで小細工したくない気持ちもあって踏みとどまってます。
もう少し街を見る目を養うことを優先したいと思ってます。

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/12/26(月) 21:24:18|
  2. 建築物写真・街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昭和記念公園のネコ

11月の12日に昭和記念公園でイチョウ並木を撮った帰りのこと・・・。


11_1112_昭和記念公園_004

お?
ニャンコ発見!
ちょうどお寛ぎになっておられます。


11_1112_昭和記念公園_005

人馴れしてて全く警戒心ゼロ。
触りまくっておきました。
撫でていて気が付いたのですが、黒い毛の部分はものすごく温かいというか熱いくらいになってます。
日向ぼっこの効果が上がるわけですね。
ってことは夏は大変そうです。


11_1112_昭和記念公園_006

やがて腰壁の上に場所を移動。
なにもこんな細い部分に座らなくても・・・


11_1112_昭和記念公園_007

やはりネコ的には高いところが落ち着くようですね。


11_1112_昭和記念公園_008

ドロンジョ様に似てると思ったのですが、気のせいでした (笑)



ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿



テーマ:猫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/12/25(日) 15:49:04|
  2. 猫写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

神保町・水道橋散歩・・・・その1

今月12日に神保町から水道橋にかけての市街地を散歩してきました。
このあたりは古い建物が多く密集する場所として以前から着目。
そして今回、おニューの広角レンズをゲットし、満を持しての出発となりました。


まずは神保町から・・・と言いたいとこですが、今回はちょっと変則的に途中で立ち寄った九段下のとあるビルから始めたいと思います。
このビルはその存在はかなり以前から知ってましたが、場所的にあまり立ち寄らない位置なのでなかなか行けませんでした。
今回、神保町周辺を事前にリサーチしてたところ、このビルが意外に近いことを知り、行ってみる事に。


11_1217_神保町→水道橋散歩_008

九段下ビルです。《MAP
白い仮囲いが一部かかっており、大掛かりな改修か何かと思ったら、なんと取り壊しが始まってるそうです。《関連記事
解体工事そのものは来年1月5日からですが、先立って準備が始まってるような感じ。
ギリギリのタイミングでしたね。
縦長の建物を見慣れてるので、こういう横に長い建物は新鮮に見えます。


11_1217_神保町→水道橋散歩_009

外壁はタイルの剥落による事故を防止するためにネットがはられてます。
1階のテナントはすでに撤退しており、ほぼ無人。
このビル、廃墟っぽいですが、この取り壊しが始まるまでは住民もいて現役のビルだったそうです。
このビルについてはネット上でも情報があるので調べてみてください。
竣工は1927年(昭和2年)。
関東大震災(1923年/大正12年)の4年後です。


11_1217_神保町→水道橋散歩_010

表はタイル貼りでしたが裏手はモルタルむき出しです。
隣のトタンの建物とは中で繋がってるのかそうでないのか、よく分かりません。
いい味わいです。
ちょっと不思議なライティングになってるのは北側にあるガラス貼りの建物に光が反射してここに当たってるから。
タイミングが良かったですね。


11_1217_神保町→水道橋散歩_011

裏手はこんな感じになってます。
まるで戦艦のよう。
こんなのアリですか?っていうくらい適当にその場しのぎで増築をしてるようです。
そのいい加減さが味わいに繋がってます。


11_1217_神保町→水道橋散歩_012

なんてことのない造りなのですが、今時珍しい木製の窓とドアが良いです。
腰から下にタイルがはられてるのも時代を感じます。


今回は特別に中に入ることができました。
取り壊しを惜しむ有志が内部で展示会を開催してるのです。 《さよなら九段下ビル展
26日までです。
もう時間がありません、クリスマスなどと浮かれてる場合では (笑)
興味のある方は明日にでも行ってください!


11_1217_神保町→水道橋散歩_013

階段の狭さはこの時代ならでは。
外は立派にタイルがはられても中に一歩入るとこの質素さっていう落差も時代を感じます。
エレベーターなどという超ハイテク設備はありません。


11_1217_神保町→水道橋散歩_014

3階まで上がってきて、テラスに出ました。
好きそうなおっちゃんがでかいカメラを持って陣取ってました。
まあボクも似たようなものですが。


11_1217_神保町→水道橋散歩_015

手すりなどという親切なものは付いてません。
落ちないでくださいよ!!
まあボクも似たようなものですが (笑)


11_1217_神保町→水道橋散歩_016

写真の方はここにずっと住んでおられた大西信之さんという画家。
最後の住人です。


11_1217_神保町→水道橋散歩_017

塗装は剥げ、お化け屋敷のようになってます。
でもそれが似合ってしまうところがこの時代のビルの特権です。
コンクリートならではの表情。


11_1217_神保町→水道橋散歩_018

屋上に上がりました。
ビルの屋上というとやたらに高いところが多いですが、ここは地上せいぜい10m程度。
ゆるい時間が流れております。


11_1217_神保町→水道橋散歩_019

屋上に出るドアの枠は年月でボロボロに。
建てられてから一回もちゃんとした修繕をしてないのかも?
一度建てたら大事に修繕しながら長く使うべきと思うのですが・・・・
たかがクルマやバイクですら維持に手間をかけるというのに、億単位のお金を投じた建物がそれに似合った手入れがされてないってのは不思議な気がします。
とはいえ手入れされすぎてピカピカでは絵になりにくいかも?


11_1217_神保町→水道橋散歩_020

展示会は13日から始まり、26日まで行われます。
全く良いタイミングで訪れたものです。
くどいですが、もう残り時間がありません。
今を逃したら二度と見れませんので、興味のある方はすぐにでもどうぞ!
意外につまらなかったとか単にボロかったとか、そういう悩みは見た後でするものです。
まずは見よ!!! (笑)



九段下ビル以外の散歩記事は後日改めまして・・・・。


つづく



ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/12/23(金) 15:40:29|
  2. 建築物写真・街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

長野牧場ツーリング

週に3回は記事を書いてますが、写真のストックは減るどころか増える一方。
おかしいですね??
いまだに10月とかの記事、ご容赦ください。


10月29日に長野方面へツーリングに行ってきました。
目的地は長野牧場。《MAP
ボクのお気に入りスポットの一つです。


自宅からは秩父経由で。
R299《MAP》を延々と西を目指します。


11_1029_長野牧場ツーリング_001

ぶどう峠に差し掛かりました。《MAP
だいぶ色づいてきてますね。
いつもならR299をそのまま走って十石峠を越えるところですが、今回はがけ崩れで通行止めになってましたので、こっちに迂回。
無論、ぶどう峠も馴染みの道です。


11_1029_長野牧場ツーリング_002

薄く染まってきた何とも言えない色合いに和みます。
白樺の樹です。
白い樹皮が夏は涼しげだし、秋の黄葉も綺麗だし、冬の枯れ姿も美しいし、四季を通じて見ごたえのある樹です。


11_1029_長野牧場ツーリング_003

だいぶ路肩に落ち葉が目立つようになって来ました。
この時期は麓はまだまだ落葉してませんが、標高の高いところではこう。
峠一本で季節の移り変わりを楽しめる貴重な季節です。


11_1029_長野牧場ツーリング_004

峠の頂上に着きました。
今回は意地でもバイク入りの写真を目指します ♪


峠を快調に走り抜け、今度はK2を北上。《MAP
R141に併走する形ですが、そっちは交通量が多くて味気ないのでほとんど走りません。
臼田市街で行きつけの鳥料理店でササミカツ定食。《MAP
ボリューム満点でお腹がいっぱいになります。
ササミカツ本体は美味しいのですが、それ以外は普通かやや落ちます。


11_1029_長野牧場ツーリング_005

長野牧場に着きました。
綺麗な草の生えた道だったのに4月に来た時は路面の工事で砂がブチ撒かれており、その変貌にショックを受けたものです。《当時の記事
カラマツの落ち葉でだいぶ表情が落ち着いてます。
数年するとまた草が生えて良い感じに戻るんですかね?


11_1029_長野牧場ツーリング_006

今見ると、このアングルはダメですね。
タンクがやたらに大きく見えてしまい、鈍重なイメージに。
DUKEは真横かやや前から撮った方が良いようです。
・・・・というようなことは撮ってみないと分からないものです。


ここで15分ほど滞在。
写真を撮ったらもう満足。
後は帰るのみです。

R254《MAP》で下仁田に出て、そこから湯の沢トンネル《MAP》でR299に戻ってきました。
ここからは行きと逆パターン。


混みあう秩父を超え、名栗村へ入る峠区間《MAP》ではすでに真っ暗でした。
幸いにライトはかなり明るいので割と楽です。


11_1029_長野牧場ツーリング_007

途中で一休み。
長野牧場からほぼノンストップでしたし、少々疲れました。
そして意地でもバイク入りの写真を撮って締めくくったのでした。


おわり



ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/12/21(水) 22:40:06|
  2. ツーリング (KTM 690 DUKE R)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

有楽町・新橋・西銀座界隈・・・・その2

前回の続きです。


有楽町から高架沿いに南下してきました。
今は新橋との中間地点あたり。


11_0918有楽町・新橋・西銀座_007

『西銀座JRセンター』です。《MAP
壁にデカデカと『インターナショナルアーケード 』と書いてあるので、それがここの名前かと思い込んでたのですが、実は違います。
通路の入り口上部にちゃんと『西銀座JRセンター』と書かれています。
インターナショナルアーケードというのはこの壁の向こう、通路の隣にある免税店の名称のようです。
・・・・と今回初めて気が付きました。
紛らわしいです。
以前ここを撮ったときは気が付かなくてインターナショナルアーケードと紹介してしまいました。《当時の記事


11_0918有楽町・新橋・西銀座_008

相変わらず誰もおらず、薄ら怖い通路です。
向こうからたまに人がやってくると緊張が走ります。
延々300mほどのシャッター街がひたすら続きます。


恐怖タイムは10分ほど。
急げば5分もかかりませんが写真を撮ってるとそのくらいかかります。


ところでこの異空間の隣にももう一つの別世界が。
ちょうどJRセンターの隣にもう一本露天の通路が走ってます。《MAP


11_0918有楽町・新橋・西銀座_009

それがこれ。
左手の壁の向こうがJRセンター。
右手の壁の向こうは一続きの店舗街になってます。
たぶん店舗のバックヤードになってるんでしょうね。


11_0918有楽町・新橋・西銀座_010

JRセンターと同じく通行は皆無。
ひたすら狭い路地が延々続きます。
空調機だけが騒音を撒き散らしていて、却ってそれが不気味です。


飽きるほど大味な通路2本を味わったあとは銀座の西部に移動。
移動と言ってもすぐ隣ですが。
銀座の中心街からは離れてるのでこの辺りは来たことがありません。
さて、どんな感じですかね?


11_0918有楽町・新橋・西銀座_011

こんな感じでした (笑)
見ればその雰囲気は一発で分かるかと。《MAP
住所は銀座でも、このあたりは場末です。


11_0918有楽町・新橋・西銀座_012

これは凄い。
空調がジーゼルエンジンで動くんじゃないかと思ったほどです。
ここはビルの隙間でできた狭い路地。《MAP
地図をよく見るとちゃんと通路として書かれてます。
ストリートビューと地図をよく見ることであらかじめ下調べしてから歩くようにしてます。


11_0918有楽町・新橋・西銀座_013

ニャンコも結構いましたよ。
逃げられてしまいましたが・・・・。


11_0918有楽町・新橋・西銀座_014

ダクト工事の人って几帳面なのかズボラなのか分かりません。


11_0918有楽町・新橋・西銀座_015

また強烈な路地を発見!! 《MAP
看板の上では16店舗があるはずなのですが・・・・。


11_0918有楽町・新橋・西銀座_016

この状態。
この看板のお店は営業してるそうです。
味はいかがでしょうか?



今日は散々歩きました。
さすがに疲れたので喫茶店で一息入れてから帰路に着いたのでした。


おわり



ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/12/19(月) 20:06:08|
  2. 建築物写真・街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

昭和記念公園 秋の色

前回記事に書いたように、その次の週末の11月12日にまた昭和記念公園に行ってきました。


今回は朝9時半の開園と同時に入場。
急いで歩いて公園西側にあるイチョウ並木を目指しました。
そろそろ見ごろを迎えてるはずです。


11_1112_昭和記念公園_001

ちょっと黄色が浅いですが、これはこれで良い感じ。
秋らしい爽やかな色合いです。


一番乗りと思ってたのもつかの間。
あっという間に人がウジャウジャやって来ました。


11_1112_昭和記念公園_002

適度に人がいるほうが良いのですが多すぎると困ります。
もうだいぶ多すぎなので構図でごまかしつつも誤魔化せない多さに。


1/3はカメラG3とカメラB3でした。
三脚をど真ん中に立てられると目立ってしまって撮るに撮れず。
邪魔です!!
・・・・と相手もそう思ってるはず (笑)


そういうボクも今回は三脚使用でした。
シャッター速度を下げて人物を適当に流そうと思ったのですが、明るすぎ。
2枚目は、ISO感度は200で、絞りは回折現象バリバリのF45。
そこまでやってもこの状態でした。
NDフィルタが必要ですね・・・・。

2枚目の写真がシャープに見えないのは絞りすぎによる回折現象。
知識としては知ってましたが、ここまで甘くなるとは知りませんでした。
レタッチでシャープネスを上げてますがここまで酷いと救えません。
レンズにもよるとは思いますが、だいたいF16~22あたりが限度ですかね?


今年の秋は暖かい日が続いたので紅葉が遅れてるそうです。
いつもならまっ黄色のはず。
でもこのくらいも色合いに変化があって面白いですね ♪



ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

 

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/12/16(金) 20:41:31|
  2. 風景写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

Newレンズ導入!!

新たに新型レンズを導入しました。

Tokina AT-X 16-28 F2.8 PRO FX

です ♪

FXってのが新型機っぽくて良いですね w


  [Newレンズ導入!!]  の続きを読む


テーマ:写真 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/12/15(木) 20:29:48|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

有楽町・新橋・西銀座界隈・・・・その1

ずっと前のことですが、有楽町近辺の街歩きを楽しんできました。
JR有楽町駅から新橋を経て西銀座まで。
28mm単焦点レンズ一本をつけて電車に乗りました。


11_0918有楽町・新橋・西銀座_001

有楽コンコース。《MAP
コンコースとは名ばかりの薄汚い通路。
文字がもげてても誰も気にしないところがその性格を現しています。


11_0918有楽町・新橋・西銀座_003

なんと汚い・・・・ (-_-;)
画面右側に竣工記念の銘板があり、昭和4☆年4月と書いてあります。 ※ ☆部分は読めませんでした。


11_0918有楽町・新橋・西銀座_002

何故に阿波踊りの真っ只中 ( ̄▽ ̄;)!!
設定が全く意味不明です。
目をつけられた徳島はいい迷惑 (笑)


11_0918有楽町・新橋・西銀座_004

闇市一歩手前の世界が繰り広げられてます。
21世紀とは思えません。
節電の夏だからなのか、もともとこうなのかは分かりませんが、薄暗くて胡散臭い感じがプンプンしてて大好きです ♪


11_0918有楽町・新橋・西銀座_005

ビールケースの即席テーブル。
こんなところで飲むくらいなら自宅で飲んだ方がマシでは??
と思うのですが、酒好きには関係ないのでしょう。《MAP
ボクは下戸なのでこういうところは理解不能です。


11_0918有楽町・新橋・西銀座_006

焼肉屋が繁盛してます。《MAP
アジアンですね。
こういう光景を見ると、GDP世界第3位と言っても西欧化したと言っても、やはり根っこはアジア人だと思います。



次は新橋へ向かいます。



つづく



ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/12/14(水) 18:32:02|
  2. 建築物写真・街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

昭和記念公園 秋の色

最近は人工物を撮ることが増えてきてるので、大自然のなかで写真を撮りたいという気分はあまり無くなりました。
紅葉もわざわざ渓谷とかに行かなくても近くの公園でオッケー ♪
ラクしすぎかも?
別に歩くのが嫌いなわけではありませんが、街中でスナップを撮ったりする面白さとは方向性がかなり違うので・・・


ってことで近くの昭和記念公園へ秋の景色を楽しみに行ってきました。
今回のお目当ては日本庭園です。《MAP
公園中央部にあるその庭園まではかなり歩きます。
最寄り駅から3.5kmとか。
適度な運動になります。


ちなみにこの日は小雨が降ってました。
雨に濡れた紅葉も良い感じだろうと思って傘を差して出かけました。


園内を歩いてると・・・・
お?


11_1106_昭和記念公園_001

珍しい三毛ですが、ちょっと薄汚れた感じなのが可哀想。


ちょうどフードを持ってたので葉っぱに盛ってあげました。
きっとお腹が空いてるでしょう。


11_1106_昭和記念公園_002

半分ほど食べたところで腰を上げました。
あまり空腹ではなかったのか、後で取っておこうということか・・・・。
この子は右肩にひどい怪我をしています。
完全に肉が見えてしまってます。
ご飯をあげたのはこれを見てしまったから。
これから寒くなる季節。
無事に乗り切ってくれることを祈ります。


歩いてるうちに雨は止みました。
傘を差しながらの撮影は面倒なのでどうしようかと思ってたのですが、止んだので楽になりました。
そうこうしてるうちに日本庭園へ。
公園全体としては和風テイストは無いですが、この一画だけは純日本風。
ここの建物は凄いです。
ものすごくお金のかかってそうな数寄屋造りの建物が。
あずまや一つで小さな普通の住宅が建ってしまうのではないかと思えるほど凝った造りに。
和風建築のことは不案内ですが、やたらにこだわってるのは分かります。
軒先の加工を見てるだけでお腹が一杯になります。


でも今回は建物は撮りません。
撮ろうと思ってもどう撮っていいのか全く見当がつかないので・・・。
今回は庭園にあるモミジが目当てです。


11_1106_昭和記念公園_003

まだ黄色いですが、コクのある黄色が美味しそうです。
先端だけ赤くなってるのが余計にそう思わせます。


11_1106_昭和記念公園_004

苔の上に散らばった落ち葉が鮮やかに色づいてました。
乱雑な中にバランスを見つけて構図を組むのは難しいですが面白いです。


やはり濡れていると色が濃く出ますね。
こんな日に来て良かったと思います。
この日のレンズはEF24-105mmのLレンズでした。
こういうシーンではやはりLの威力が発揮されます。


11_1106_昭和記念公園_005

もっとシャープで色鮮やかでしたがファイルサイズの制限に引っかかって大幅に画質を下げました。
500KBっていう制限は何とかならないものでしょうか?
750KBくらいにして欲しいものです。


11_1106_昭和記念公園_006

水流の中にモミジが揺らめいていました。
撮ってるときは気が付きませんでしたが、水の部分の陰影が画面に大きく影響してますね。
モミジだけに気を取られてファインダーでは意外と見過ごしてしまいます。


まだまだ修行が足らん!!と思いつつ撮ってました。
とはいえ、雨だったので空いていて快適でした。
この他にイチョウ並木を撮ったのですが、上手く撮れず。
その後また行ったので近いうちに公開します (^o^) → 次回記事へ



ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

 

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/12/12(月) 17:55:53|
  2. 風景写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

船の科学館・・・・その2 羊蹄丸の青函ワールド

前回の続きです。


南極観測船を出たら、次は羊蹄丸です。
羊蹄丸は青森と北海道の函館を結ぶ青函連絡船でした。
青函連絡船は明治41年3月(1908年)に開通し、昭和63年3月(1988年)に青函トンネルの完成に伴い廃止され、80年の長い歴史を閉じました。
もちろんその後も現在に至るまで青森-函館間はフェリーがありますが、『青函連絡船』とは言いません。
青函連絡船とはその当時固有の呼び名です。

羊蹄丸はその連絡航路に昭和40年(1965年)から昭和63年(1988年)までを勤めた青函連絡船最後の数隻の一つでした。
引退後は船の科学館に移籍され、平成8年(1996年)展示施設の一つとして一般公開となりました。
なかでも目玉なのは昭和30年代の青森駅の様子をジオラマにした「青函ワールド」です。
ですが、今年の9月末をもって展示は終了。
羊蹄丸は解体されてしまうのです。
そういう状況で急いで見に行った次第です。


船内に入るやいなや、一目散に向かいました。
甲板からエスカレーターで下りるとそこが正面なのですが、小さな看板が出てるだけ。
ワールドはその狭い入り口をくぐったところに展開されていました。


11_0925_船の科学館_008

こんな感じになっております。
青森駅前の狭い路地の両側に朝市が立ってる様子が描かれています。
青森といえばりんご。
りんごを売るおばさんたちが必死で客を呼び込もうとしています。
当時の看板や小道具も再現され、かなりの見ごたえ。
電柱の貼紙まで再現するという勢いです。


11_0925_船の科学館_007

魚屋さん。
仲の良い夫婦がいちゃついてます (笑)


11_0925_船の科学館_009

芋?売りのおじさん。
このマネキンはご丁寧にも動くんですよね。
町の喧騒などもスピーカーで再現されていて、あたりはかなり賑やかです。


11_0925_船の科学館_010

駅の待合室でオニギリをほおばるお母さん。
人が食べてるのを見ると自分も食べたくなります。
このマネキンの出来はかなり上出来です。
特にお腹のラインがたまりません (笑)


ここのマネキンはどれもレベルが高いですが、個体によって差があります。
全体的に見て女性モデルの方が出来がよいようです。
マネキンを作る人にも得意分野があるようですね。


11_0925_船の科学館_011

山のような荷物の中に行商のおばさんが紛れてます。
分かりますか?
疲れ果てて寝込んでしまったようです。


11_0925_船の科学館_012

喫茶店でカレーを食べながら飲んでたら寝込んでしまったの図。
困り果てた店長さんの表情が良いです。
それにしてもカレーを肴にして飲むっていう発想はよく分かりませんが??


当時のメニューが机の上に乗ってたので見たところ、カレーライスは100円でした。
安いのか高いのか・・・・?
昭和30年代の初任給が1万円くらいだった時代なので、今の初任給と比べると20倍くらいの換算です。
ってことはカレーライスが2000円相当??!!
え??
ちなみにスパゲテーミートソースは120円、ビーフステーキは330円でした。
20倍と考えると恐ろしいです。

ところで、”スパゲティ”ではありません。
”スパゲテー”です。
なんとなくハイカラな響きがありますが、考えてみると昔のスパゲティは死ぬほど不味かったですよね?
よくまああんなものを食べていたものです。



11_0925_船の科学館_013

津軽海峡冬景色



11_0925_船の科学館_014

子供といえど家計の担い手です。
けなげに荷物を背負っています。
学校は行ってるのでしょうか?
このマネキンも迫真の出来。


ここのマネキン達は柵も何もなく触り放題です。
触られすぎて壊れてしまうのでは?・・・と心配になりましたが、触ってみるとむちゃくちゃ頑丈に作られてます。
ちょっと触ったり引っ張ったりした程度ではびくともしません。
こういうところも気を使って作られてるんですね。


11_0925_船の科学館_015

最後に行商のおばさん達からの挑戦状です。
『あなたには背負うことができますか?』
一番軽いのですら40kg。
重いので80kgです。
40kgはまあ持ち上がりますが、背負うのはかなり大変。
80kgに到っては10cm持ち上げるだけで力尽きました。
行商のおばさん達は本当にこんな荷物を背負っていたのでしょうか?
信じられません。


昔の人は今から見ると信じられないくらい劣悪な労働をしてたんですね。
日々を生きるために過酷な労働をせざるを得なかったのでしょう。
今も別の意味で劣悪ですが・・・・。


この施設はもうありません。
最初に書いたように9月末で展示は終了し、船ごと解体処理に。
全体として出来が良いだけに残念です。
でもギリギリで見れて良かったと思いました。


おわり



ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿


ちょっと紛らわしいのですが、船の科学館そのものは今後も継続営業します。
今回無くなるのは羊蹄丸。
宗谷丸は残ります。
メイン建物は残るものの内部の展示は無くなってしまいます。
事実上の展示は宗谷丸だけになるのですが、それで展示が成り立つのか不思議に思いますが???

 



テーマ:写真 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/12/08(木) 18:46:42|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

船の科学館・・・・その1 宗谷丸

9月の終盤に船の科学館に行ってきました。 《MAP


屋外展示の一つである羊蹄丸が無くなるという話だったので慌てて行きました。
この羊蹄丸は15年前の1996年に公開されましたが、9月の末をもって公開終了し、解体処理されてしまうんだとか。
目玉展示である「青函ワールド」が凄いらしいというウワサは聞いてたのですが、家からは遠いのでなかなか行けませんでした。
でもここで見逃したら永遠に見れません!!
電車とゆりかもめを乗り継いでお台場へGo!!


船の科学館駅を降りると目の前がそれです。
真っ先に羊蹄丸へ行きたいところを抑えてまずは南極観測船『宗谷』のほうを見てみることに。


11_0925_船の科学館_001

あからさまに派手な船体ですね。
なぜこんな色なのかというと、雪と氷で覆われた南極ではオレンジがよく目立ち、見つけやすいためだそうです。
この初代宗谷から始まって現行の4代目『新しらせ』まで歴代オレンジ色だとか。
この宗谷は戦前の1938年(昭和13年)進水です。
現存する数少ない大日本帝国海軍の艦艇。
南極観測船としての役目を担ったのは戦後のことです。



・・・・と重厚な歴史を背負ってる我が宗谷丸ですが・・・・さて中身はどうなってるんでしょう?



11_0925_船の科学館_002

機関長室。
来たっ!!
このシーンだけでこの展示の本質を見抜いたような気がしました (笑)
マネキンマニアにはたまらない展示となっております。
意味不明に苦みばしった場違いなマネキンが雰囲気を盛り上げております。


11_0925_船の科学館_003

一般船員室。
さっきの機関長室は立派だったのに、こっちは6畳ほどの狭い部屋に4人押し込められてます。
格差社会ですね・・・・。


いったい南極までどのくらいの日数が??
宗谷の初めての南極航海は昭和31年の11月8日に晴海を出航し、翌年の1月29日に南極大陸へ接岸したそうです。
3ヶ月近い航海。
こんなむさ苦しい部屋で3ヶ月・・・・。
昔の人は偉かったんだと思いました。


11_0925_船の科学館_004

医務室。
なんともいえない違和感が漂っております。
ズボンを履いたままなのが却っていやらしいですね・・・・
盲腸とかの簡単な手術はここでやったそうですが、それ以上の大病になったらどうするんでしょう?
あまり考えたくありません。


11_0925_船の科学館_005

船長室。
いったいどこにあるんだろう??とさっきから探してたんですが、他の船室とは全く別の区画にありました。
船員と船長が同時に死なないようにするためだと思います。・・・と勝手に想像。
奥まった位置にあってこのアングルでしか見れません。
機関長室ですら二間続きだったので、さぞかし立派な部屋なんではと思うのですが、この角度では分かりません。



11_0925_船の科学館_006

どう見ても切腹3秒前の人にしか見えませんが・・・。
気が滅入ってきますね。


マネキンの出来はハッキリ言ってイマイチですが、微妙なやる気の無さというか空回り具合が味わいとなっております。
その味わいの分かるマニアにはお勧めです  (^o^)丿



次回はいよいよ羊蹄丸です。



ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

テーマ:写真 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/12/05(月) 21:42:08|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

富士浅間神社ドライブ

今日は山中湖方面にドライブに行ってきました。
出たときは雨が降ってたのですが、午後からは止みました。
こういう日は道が空いてるのでドライブ日和です。


それにしても当日の記事をすぐに書くってのは久々です。
いつも煮詰めてっていうか干からびるくらい放置してから書くのがクセになってしまってるので (^o^;)


昼飯は家で食べてから出発。
フルウェットの道志路を流して走りました。


11_1203_富士浅間神社ドライブ_001

お馴染みの富士浅間神社。《MAP
300mの参道に古びた灯篭が立ち並びます。


今回はボクとしては珍しく思い切ったレタッチをしてます。
カラーバランスも弄くりまわしてます。


11_1203_富士浅間神社ドライブ_002

苔むしてます。
いつから生えてるのか分からないくらいです。


11_1203_富士浅間神社ドライブ_003

ここに灯がともってたのはいつのことでしょう?
クリスマスシーズンくらい毎晩灯を入れたら名所になると思うのですが?
まあ神社には関係ないですかね (笑)


11_1203_富士浅間神社ドライブ_004

参道は杉並木なので彩りはありませんが、ここだけは違いました。
一面カラフルなのも悪くないですが、無彩色の中にパッと色があると貴重なものに感じます。
まあその雰囲気が出せてないのはうっかりです。



この後は日帰り温泉『紅富士の湯』に立ち寄り。《MAP
浴室に入ったとたん、琴欧州にそっくりな外人さんが仁王立ちで富士山を眺めてました。
ついつい見てしまうのは男の性です (≧▽≦)



帰りも道志路。
前後に他のクルマはほとんど無く、快適に走れました。
ハンドルの送り方、シートへの体重の預け方、ゆっくりですが考えて工夫する余地はまだまだあります。
乗るたびに発見があるのは面白いですね ♪



ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿




テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/12/03(土) 19:56:25|
  2. ドライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

西新宿8丁目の風景

街中スナップを撮るようになってから、新宿近辺は割とよく行くエリアになりましたが、西口方面は空白地帯のままでした。
西口は高層ビル群が立ち並んでて味気ないと思い込んでたのですが、よくよく地図を眺めてると、高層ビルのあるエリア以外は以外に家が建て込んでるのを発見。
グーグルマップのストリートビューでざっと下調べをし、8丁目のあたりに焦点を絞りました。
程よく荒廃してそうな街並みを期待しましょう。


11_0914_西新宿8丁目_001

メール中 ??
うーむ・・・・荒野ですね・・・・


11_0914_西新宿8丁目_002

早くも優良物件を発見!!
陰気でジメジメしてて危険な香りがプンプンしてます。


11_0914_西新宿8丁目_003

荒野ですね・・・・。

まさか誰もいない・・・・と思いきや、1階の一角が土建屋の事務所になってました。


11_0914_西新宿8丁目_004

由緒正しき昭和なアパート。
傾いてます。
写真が傾いてるのではありません。


このあたりはこんなアパートや一軒家が混在してます。
どれも狭く、表通りといえるような広い道も無く、南側には高層ビルがそびえてるので日当たりが悪いです。
今でこそ西口=オフィス街ですが、昔は普通の住宅街だったんでしょう。
昭和40年に淀橋浄水場が廃止され、跡地に高層ビルが立ち並ぶまでは、このあたりは住宅以外に何も無かった場所のようです。
高層ビルを眺めてると今では考えられませんが、この8丁目のあたりはその当時の匂いを色濃く残しているようです。


11_0914_西新宿8丁目_005

なるこ児童遊園。《MAP
超細長い公園です。
隣が質屋ってのが絶妙な哀愁感です。


11_0914_西新宿8丁目_006

こんな小道がまだ生存してたんですね・・・・。《MAP
左手の仮囲いの向こうは神社ですが神聖な雰囲気は全く無く、ひたすら静まり返り、都心の蟻地獄という感じでした。


11_0914_西新宿8丁目_007

道が狭いので危険が一杯。
この写真を撮ってて危うく轢かれそうに。


8丁目の外れで再開発があり、ビルやらマンションがボンボン建ってきてます。
そのせいで人はいないのに工事車両が狭い路地を抜けて走り回っています。


11_0914_西新宿8丁目_008

今時の自転車屋さんってのはスクーターなんかも売ってるものですが、ここは専業。
奥でおじさんが一心不乱に整備してました。



閑静という言葉ではなく、まさに砂漠化してるような雰囲気も漂う街でした。
20年後はどうなってるでしょう?



ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/12/02(金) 20:40:54|
  2. 建築物写真・街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

kazu_hiro

Author:kazu_hiro
kazu_hiro

■居住地:神奈川県
■性別:♂
■クルマ
 Nissan Z33
  2003.6~
■バイク
 Suzuki DR-Z400SM
  2005.7~
 KTM 690 DUKE R
  2011.4~  
■カメラ
 Canon EOS 30D
  2006.6~2010.01
 Canon EOS 40D
  2007.11~2010.01
 Canon EOS 5D MarkII
  2010.01~
 Canon EOS 5D MarkIII
  2013.06~ 
 Canon EOS M2
  2014.01~

■レンズ
 Canon EF24-105 F4L
  2006.09~
 Canon EF100-400 F4.5-5.6L
  2007.12~
 Canon EF70-300 F4.5-5.6
  2006.09~
 Canon EF50 F1.4
  2010.08~
 Canon EF-S60 F2.8 Macro
  2006.07~~2010.01
 Tokina AT-X124 Pro F4
  2007.10~~2010.01
 Tokina AT-X M100 PRO D F2.8
  2008.04~
 Canon EF28 F1.8
  2010.12~
 Tokina AT-X 16-28 F2.8 PRO FX
  2011.12~
■三脚
 Velbon Neo Carmagne 640
  2006.07~
 Velbon El Carmagne 445
  2008.04~

カレンダー(月別)

11 ≪│2011/12│≫ 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ツーリング (KTM 690 DUKE R) (83)
ツーリング (DR-Z400SM) (57)
ツーリング(その他) (11)
バイク (KTM 690 DUKE R) (18)
バイク (DR-Z400SM) (6)
ドライブ (32)
クルマ (5)
風景写真 (150)
建築物写真・街歩き (278)
工場風景 (14)
熱気球 (28)
猫写真 (22)
飛行機 (10)
ブツ撮り (11)
フォトコンテスト (0)
カメラ (7)
音楽 (7)
マメ知識 (9)
その他 (110)
ラムジー・ハント症候群闘病記 (4)
未分類 (0)
読書 (4)
映画 (1)
鉄道 (2)

ユーザータグ

キリスト看板  無理やり店名  

人気ブログランキング

PIXTA

写真販売始めました

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
987位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
353位
アクセスランキングを見る>>

ブログ仲間

このブログをリンクに追加する

レポート

■ ツーリング・レポート集
■ ドライブ・レポート集
■ DR-Z スピードセンサ交換記
■ 関東街歩きマップ

旧ブログ

六輪生活(LoveLog)

検索フォーム

車両情報


◆KTM690DUKE R('10)主要諸元
型式 690DUKELDU47
エンジン種類
 水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒
総排気量 690cc
内径/行程 102/84.5mm
最高出力 70ps(51.5kW)/7500rpm
最大トルク 70Nm/5500rpm
圧縮比 12.5:1
始動方式 セル式
変速機 6速
変速比
 第1速 2.500
 第2速 1.750
 第3速 1.333
 第4速 1.095
 第5速 0.957
 第6速 0.870
減速比(1次/2次) 36:79/16:40
潤滑方式
 2個のオイルポンプによるオイル圧送式
エンジンオイル モトレックス SAE 10W-60
クラッチ形式
APTCスリッパークラッチ 油圧操作式
燃料供給方式
 ケイヒン電子制御フューエルインジェクション

全長/全幅/全高 2122/830/1243mm
フレーム クロームモリブデン鋼
サブフレーム アルミニウム
ハンドルバー アルミニウムφ28/22mm
フロントフォーク
 WP倒立フォークφ48mm
リアサスペンション
 WPモノショック・プロレバーリンク
サスペンションストロークF/R 140/140mm
ブレーキF/R
 ディスクブレーキ φ320/240mm
リムF/R 3.50×17 5.00×17
タイヤF/R 120/70R 17 160/60R 17
サイレンサー ステンレススチール
ステアリングヘッド角 63.5°
軸間距離 1472±15mm
最低地上高(無負荷) 155mm
シート高(無負荷) 865mm
燃料タンク容量 約13.5L/2.5Lリザーブ
半乾燥重量 約148.5kg(燃料含まず)
乗車定員 2名
生産国 オーストリー


◆DR-Z400SM('05)主要諸元

型式 BC-SK44A
全長 / 全幅 / 全高
2225mm/870mm/1,185mm
軸間距離/最低地上高
 1,460mm/260mm
シート高 / 乾燥重量 870mm/133kg
最小回転半径 2.6m
キャスター/トレール 26°15’/94mm
タイヤサイズ
 F: 120/70R17M/C 58H
 R: 140/70R17M/C 66H
 (リム幅4.5inch)

エンジン型式
 K419・水冷・4サイクル・単気筒
弁方式 DOHC・4バルブ
総排気量 398cm3
内径×行程 / 圧縮比
 90.0mm×62.6mm/11.3
最高出力 29kW[40PS]/7,500rpm
最大トルク 39Nm[4.0kgm]/6,500rpm
キャブレター形式 BSR36
潤滑方式 / 潤滑油容量
 ドライサンプ式/1.9L
燃料タンク容量 10L(リザーブ2L)
定地燃費 40km/L (60km/h)
変速比
 1速 2.285
 2速 1.733
 3速 1.375
 4速 1.090
 5速 0.863
減速比(1次/2次) 2.960/2.733


◆Z33('02)主要諸元

車種 フェアレディZ/クーペ/2WD
車名型式 UA-Z33
エンジン型式 VQ35DE(NEO)
運転タイプ 6MT

全長×全幅×全高
 4310mm×1815mm×1315mm
室内寸法 長×幅×高
 1005mm×1475mm×1100mm
ホイールベース 2650mm
トレッド前/後 1535mm/1540mm
最低地上高 120mm
車両重量 1430kg
乗車定員 2名
最小回転半径 5.4m
燃料消費率|10・15モード 9.7km/L
駆動方式 後輪駆動(FR)
ステアリングギヤ形式
 パワーアシスト付ラック&ピニオン式
サスペンション 前・後
 マルチリンク式 ・ マルチリンク式
主ブレーキ 前・後
 ベンチレーテッドディスク式(前後共)
タイヤ
 F : 225/45R18 91W
 R : 245/45R18 96W
種類・シリンダー数 DOHC・V型6気筒
シリンダー内径×行程 95.5mm×81.4mm
総排気量 3.498L
圧縮比 10.3
最高出力
 206kw[280ps]/6200rpm
最大トルク
 363Nm[37.0kgm]/4800rpm
燃料供給装置 ニッサンEGI(ECCS)
使用燃料・タンク容量
 無鉛プレミアムガソリン・80L
変速比
 第1速 3.794
 第2速 2.324
 第3速 1.624
 第4速 1.271
 第5速 1.000
 第6速 0.794
 後 速 3.446
最終減速比 3.538


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。