六 輪 生 活

街歩きとバイクとクルマが好きです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日高市 巾着田の曼珠沙華

埼玉県日高市にある巾着田の曼珠沙華を見に行ってきました。 《関連HP


行ったのは昨日。
土日は殺人的な混み方なので平日の午後遅くを狙いました。


自宅で昼食を食べ、12時半頃に出発。
電車を延々乗り継いで最寄の高麗(こま)駅に着いたのは2時過ぎでした。
東飯能ではJR八高線から西武池袋線に乗り換えるのに30分待ち。
毎年のことなので慣れました・・・・と言いたいところですが、慣れません!!
妙に冷たい風がビュービュー吹いていて写真が撮れるか心配しつつ、ホームを散歩しまくるハトの動きを観察しつつ、30分経過。
現地には2時半ごろに到着しました。《MAP
心配してた強風も収まり、ちょっと暑いくらいの陽気。
スッキリと晴れました。


11_0928_日高巾着田の曼珠沙華_001

台風15号の影響が・・・と心配もしてましたが、綺麗に咲きそろってました。
真っ赤な絨毯 ♪
晴れててコントラストが強いので露出が難しいのですが、かといって曇っているとベタッとした絵になってしまいます。


平日とはいえ、観光バスがやってくるたびにものすごい人数が列をなして入ってきます。
それも3時過ぎにはおさまり、だんだんと空いてきました。
人ごみが我慢ならない方は3時過ぎに現地入りすることをお勧めします。


ところで話は変わるのですが・・・・・


11_0928_日高巾着田の曼珠沙華_002

そのTシャツ、何とかならないのでしょうか。



気を取り直して撮影続行。


11_0928_日高巾着田の曼珠沙華_003

明暗をコントロールして爽やかイメージ。
イメージはしててもそのとおりに撮れる場所はわずか。
目を皿のようにして探しました。


11_0928_日高巾着田の曼珠沙華_004

派手に前ボケを入れて。
赤の中の赤。


曼珠沙華は中心部のシベより、花弁にピントを合わせたほうが映えます。
また花弁が細すぎてAFが効きにくいときはMFでピントを合わせます。
少なくとも5D MarkⅡではAFが全く効きませんでした。


ところで今回は去年とは違うナチュラルな絵を撮ろうと思ってました。 → 去年の写真
何をもってナチュラルかというと上手く説明しにくいのですが・・・・。
いかにも構図を厳密に追い込みました!とか、ピンポイントで狙いすぎ!!というのが最近ちょっと食傷気味。
無論食傷するほど極めたなどというつもりは毛頭ないのですが、でももうすこしスナップ的に良い具合に肩の力の抜けたのが撮りたいです。
余計なものが多少入っていてもOK。
でも多すぎてもダメ。
かといって考えすぎても不自然に。
勘どころが難しいです。
何枚もシャッターを切りながら身体と目が自然に反応するのを期待します。


11_0928_日高巾着田の曼珠沙華_005

今日撮った中で一番気に入ったのがこれ。
割とナチュラルだと思うのですが・・・・?
自分しか分からないですかね?
来年見たらどう思うかは分かりませんが。


11_0928_日高巾着田の曼珠沙華_006

今回はちょっと早めだったらしく、蕾も多かったです。
その中でぽつんと咲いてる花。
肉眼で見ると恐ろしく貧弱でして普通は撮ろうと思わないのですが、こうして写真にすると爽やかで良い感じになりますね。
写真マジックです。



今回は色々と考えながらの撮影となりました。
究極的には考えないで撮りたいのですが、そこに行き着くまでは散々考えないといけないようです。
そんなことを思った撮影でした。



ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

スポンサーサイト

テーマ:写真 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/09/29(木) 21:51:41|
  2. 風景写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

船の科学館 羊蹄丸の昭和風景

お台場にある『船の科学館』が閉館してしまうそうです。 《関連HP
正確に言うと、

★『船の科学館』の”本館”→ リニューアル準備のため9月末をもって本館展示を休止。
★同科学館付属の”羊蹄丸”→ 9月末をもって保存・展示を終了。

です。

ここで問題なのは羊蹄丸。
9月末を逃すと永遠に見られなくなります。
かつての青函連絡船羊蹄丸の内部は改修されて展示施設になってるのですが、一番の見ものは『青函ワールド』。
昭和30年代の青森駅の状景が再現されています。


その様子は・・・・・




11_0925_船の科学館_羊蹄丸のマネキン達


こんな感じです!!
マネキンマニア必見 (≧▽≦)!!


駅前の市場から駅構内の雰囲気まで、さほど大きくない展示フロア一杯に独自の世界が広がっています。
昭和の雰囲気が驚くくらいの細部にわたって再現。
マネキンだけではなく、ちょっとした小物も見ごたえありです。


9月末まであとわずか。
昭和とマネキンが好きな人はぜひ行って下さい。
今なら入館料が200円です。


ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿


 
  1. 2011/09/25(日) 19:35:37|
  2. 建築物写真・街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

神田・箱崎 街歩き ・・・・その2

前回の続きです。 《前回記事


中央通りを南下しますと日本橋に差し掛かります。
三越前には最近『COREDO室町』《MAP》という大型の商業・業務施設ができました。
背が高くてガラス貼り。
こういう施設には全く興味ないですので素早くスルー。
そして日本橋《MAP》を渡りました。
かなり久々。
何年ぶりでしょうか?


11_0723_神田→江戸橋→箱崎_009

覆いかぶさる首都高の高架に押しつぶされそうになりつつも一種の威厳が漂っています。
さすが日本の道路の中心、日本橋。
しかしなんとも奇妙な風景ですね。

橋の中央には『日本国道路元標』と書かれたブロンズの標識が埋め込まれてるそうですが、撮ろうとするとクルマにはねられること間違いなしなので止めておきました。


ここからは首都高の高架沿いを東へ向かいます。
すぐに江戸橋JCT《MAP》に着くのですが、あまり見ごたえ感がありませんでした。
下が川になってるので寄りきれないというのも理由の一つ。
数枚写真を撮って次へ向かいます。
お次は箱崎JCTです。


道は川沿いを離れ、市街地へ向かって延びていきます。
川を離れるとがらりと雰囲気が変わり、高架下独特の怪しい感じがしてきました。


11_0723_神田→江戸橋→箱崎_010

恐ろしいほどオンボロなアパート。《MAP
都心の一等地にこんなものがまだ生き残ってるんですね。
驚くべきことに誰かいる気配が。


11_0723_神田→江戸橋→箱崎_011

高架下にある児童公園。《MAP
こんなところで遊びたくないものです。


そろそろやってきました、箱崎JCT。《MAP
そこは想像を超える異空間でした。


11_0723_神田→江戸橋→箱崎_012

のたうつ高架。
ねじ曲げられた空間。


11_0723_神田→江戸橋→箱崎_013

どんな道路でも空に向かっては開けてるものですが、ここは完膚ないまでに叩き潰されています。
圧倒的な重量でのしかかってくる破壊的な重圧感はまさに『空爆』。
騒音というレベルではないまさに爆音が辺りに満ちています。



・・・と撮る分には面白いですが、決して住みたくない街だったのでした。


ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

 

テーマ:街の風景 - ジャンル:写真

  1. 2011/09/22(木) 20:30:32|
  2. 建築物写真・街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

天国への階段

Stairway To Heaven

というタイトルのこの動画。
1768フィート(538m)の電波塔のメンテナンス要員がてっぺん目指して登り続けます。

See more funny videos and TBT at Todays Big Thing.


え?まだ登るの??
という感じです。
先端の先端のそのまた先端まで行ってしまいます。

見てるだけで恐怖のどん底です ( ̄▽ ̄;)!!
ぐわっ!!


全画面で観ることをお勧めします。


 ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

 人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿


 
  1. 2011/09/20(火) 23:20:26|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

神田・箱崎 街歩き ・・・・その1

今まで風景写真メインでしたが、去年辺りから街を撮るようになってきてました。
横浜の町並みや谷中の路地を狙ったり。
でも正直言ってどうやって撮ればいいのかいまひとつ自分でも分からないままで手探り状態。
それでも分からないなりに撮り続けてふと思ったのが、『街は隙間が楽しそう』でした。
過密に建てこんだ建物の間にふと意図せず表れた隙間が面白いってこと。


そんなわけで今回は神田の高架下からスタートして首都高の高架の下を辿って江戸橋から箱崎まで歩く散歩に出かけました。
高架下ってのは密度の高いところなので隙間探しにはもってこいの場所です。
7月23日でした。


自宅で昼食を食べた後出発し、電車を乗り継いで神田駅に到着。
どんな感じなのでしょう?
ここに来るのは初めてです。


11_0723_神田→江戸橋→箱崎_001

改札口を出てすぐ見つけた謎の路地。《MAP
雀荘とゲームセンターや一部飲食店も入ってます。
サブロードと無機質な名前をつけられてますが、なんとも陰惨きわまる路地です。


11_0723_神田→江戸橋→箱崎_002

薄暗く、ジメジメ。
入っていくのがためらわれる路地です。
アウトローな雰囲気がぷんぷんしてますね。
ビビリつつ入っていきました。


怖い路地を抜け、外に出ました。
今度は高架に沿って歩いていきます。


11_0723_神田→江戸橋→箱崎_003

この辺りの高架はレンガ造り。
明治時代に造られた高架が戦災や震災を耐え抜いて今に至ってるようです。
せっかくの文化財ですが、標識やら空調機やらがゴテゴテしてて台無し。
アジアンな雰囲気が漂っています。
この密度感には一種の感嘆をおぼえます。


11_0723_神田→江戸橋→箱崎_004

神田駅南端の高架下《MAP》。
昼なお暗い路地に灯りが煌々と点っていました。


この神田駅は高架下に4本の道路を跨いでいます。
同じ高架の有楽町や新橋でもそれぞれ端部に2本あるだけですから神田駅はどうも別格のようです。


高架沿いに北方向へ歩いていきます。


11_0723_神田→江戸橋→箱崎_005

中央線と山手線・京浜東北線の高架が織り成す陰影。《MAP
何か工事が進行中のようです。
これだけの密度の中でさらに手を加える余地があることに驚きます。


11_0723_神田→江戸橋→箱崎_006

なにもこんなところで新聞を読まなくても・・・・。
ボクと同じ隙間好き?



11_0723_神田→江戸橋→箱崎_007

駅前に戻ってきました。
新聞売りの小屋がひっそりと。
こんな場所で一日過ごしたら発狂しそうな気が・・・・。


11_0723_神田→江戸橋→箱崎_008

道路を跨ぐ高架部分は鉄骨造の橋になってます。
のっぺりした鉄骨ではなく、細かい部材をリベットでつなぎ合わせたものです。
柱などは絶品。
透け具合も軽快だし、それでいて柱脚部分は鋳物でちゃんとデザインされた部材があしらわれています。
今でもカッコイイと思います。


神田駅はここで終了。
次は首都高の高架を目指して歩きます。
中央通を日本橋方面に歩けば首都高の江戸橋JCTにたどり着けます。


つづく


ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

 

テーマ:街の風景 - ジャンル:写真

  1. 2011/09/19(月) 12:23:38|
  2. 建築物写真・街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

昭和記念公園の向日葵

体調が悪くなって約1週間後の8月半ば。
クーラーの効いた部屋に閉じこもってるのが良くないのでは??・・・・と思い、暑い最中ですが思い切ってカメラを持って外に出ました。


行き先はお馴染みの昭和記念公園。
今の時期だと向日葵が全盛のはず。


この公園は最寄の立川駅から園内を入ってかなり歩いたところまで約1.6kmほど日陰の少ないかんかん照りの中を歩かなくてはなりません。
この区間はきついです (+。+)


フーフー言いながらようやく公園中央部の木陰のある場所に到着。
今日は猛烈な暑さです。
最高気温35度オーバーの猛暑日となりました。
木陰でも汗が滝のように出ます。
それでも部屋で悶々としてるよりは気がまぎれます。


11_0814_昭和記念公園_001

向日葵を撮りにくると必ずセットで撮ることにしてるセミ。
降り注ぐ蝉時雨を浴びつつ色々とアングルを考えつつ撮りました。
ついつい縦位置で小さくまとめてしまいがちですが、今回はあえて横にこだわりました。
縦写真が嫌いなわけではないのですが、難しい状況になると縦でごまかそうという良からぬ考えが起こるので、最近は同じ被写体を縦横でなるべく撮り分けるように訓練してます。


しばらく蝉を撮ったら今度は向日葵畑に向かいます。
向日葵畑はとにかく日を遮るものがないのでフライパンの上にいるみたいなのが分かってるので気が重いです。
いっそ止めようかとか思いつつも入場料400円がもったいないので。

11_0814_昭和記念公園_002

・・・でイヤイヤながら向日葵畑に到着。
予想どうりの灼熱地獄です ( ̄▽ ̄;)
日曜日だってのにほとんど人がいません。
まあこのクソ暑いときに当然ですよね。


11_0814_昭和記念公園_003

グッタリ。


11_0814_昭和記念公園_004

さらにグッタリ。
見てるだけで気が滅入ってきます。


15分が限界でした。
これ以上は危険すぎます。
ってことで撤収!!


11_0814_昭和記念公園_005

帰り道で木陰で涼んでるネコを目撃。
木陰と言ってもこの湿気では日向と大して変わりません。
毛皮のコートが超ウザイと本人は思ってることでしょう。


おわり



ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿


虫歯ができてしまい、ここのところ毎週歯医者に通っています。
一旦通いだすと途中で止められないので体調が悪いのを我慢。
子供の頃から歯医者が嫌いでしたが、大人になっても嫌いです。
キュイーンという神経と頭蓋骨を直接刺激する音と独特のにおい。
まさに恐怖の館です ( ̄□ ̄;)!!
虫歯でなければ絶対に行きたくありません!!!!!!
 

テーマ:写真 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/09/14(水) 20:22:10|
  2. 風景写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

going to the store



ハダカの男が踊りながら買い物へ向かうところです。
・・・と、言葉で書けば単にそうなるのですが。


かなり不気味な動画ですのでご注意ください。
予想を超える気味悪さです ♪


ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿





テーマ:怖い動画 ガクブル(ノ゚ο゚)ノ youtube - ジャンル:

  1. 2011/09/08(木) 18:57:23|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

夏の終わりに

各地に甚大な被害をもたらした台風12号。
その影響がようやく抜けた今日、綺麗に晴れ、空気はカラッとして爽やかな暑さとなりました。


11_0906自宅から見た入道雲


夕方、モクモクと立ち上る入道雲が傾いた太陽に照らされて存在感を見せました。


こんな過ごしやすい日なら一年中続いてほしいものです。
台風一過のこの爽やかさには独特の感慨があって、毎年もう夏が終わるな・・・と思うと寂しくなります。
今年の夏は体調を崩してどこにも行けませんでしたので残念な夏になりました。
早く復旧して食欲の秋を迎えたいものです。



ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿


 

テーマ:写真 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/09/06(火) 17:52:07|
  2. 風景写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

東京スカイツリー

7月の9日に東京スカイツリーを見に行ってきました。
去年の12月にも行きましたが、そのときはまだ最高高さに達してない頃。 《当時の記事
その後、3月18日(金)13時34分、最高高さ634mに到達。
いつ見に行こうかとタイミングを計ってる間に時間が経ってしまい、ようやく行くことができました。


浅草まで電車を乗り継ぎ、浅草からは徒歩で向かいます。
墨田区役所を通過し、どんどん歩きますが、近くに見えるのになかなか近づかず。


11_0709_東京スカイツリー_001

枕橋《MAP》にて。
前回は無かった先端のゲイン塔がしっかりそびえてます。
ゲイン塔は思った以上に無骨で太いですね。
もう少し華奢なほうがバランスがいいような気がしますが・・・・。
考えてみるとこのゲイン塔こそがスカイツリー本体。
ゲイン塔以下の構造物は支えに過ぎません。

それにしても画角が目一杯。
今回は28mm単焦点で撮ってますが、ギリギリです。
まだスカイツリーまでは直線距離で700mほどありますが、ここで目一杯になるとは・・・・。


11_0709_東京スカイツリー_002

川を渡り、向島1丁目の路地に入り込みます。
この辺りで路地の延長線上にツリーが見えるはず・・・・
と思ったらやっぱり見えました! 《MAP


さらに路地の奥へ入っていきます。


11_0709_東京スカイツリー_003

スカイツリーってなぜか電線とかとよく似合いますね??
電気関係同士だからでしょうか。


以前は建設のために巨大なタワークレーンが3基ほどありましたが、今は片付けられてしまい、小さいのが1基あるだけ。
タワークレーンの無くなったツリーはのっぺらぼうでつまらないかと思いきや、そうでもないですね。
ゲイン塔が想像以上に無骨だからかもしれません。


スカイツリーの足元にやってきましたが、縦でも画角に収まらないので素早くスルー。
でか過ぎてデカイという気がしないのが不思議ですね。


11_0709_東京スカイツリー_004

バタ臭い倉庫前にて 《MAP》。
JOYMARK DESIGNというアパレルメーカーの倉庫らしいのいですが、閉まってて中の様子は分かりません。


この後、さらに東へ歩いて川を渡る横断歩道《MAP》のところまで行きましたが、光の具合がいまいちだったし、やたらに人が多かったので長居はせず。
浅草通りに出て、浅草方面に向かいながら撮ることに。


11_0709_東京スカイツリー_005

業平4丁目《MAP》のあたりでちょうど日暮れタイム。
この辺りは地図で見てて良さそうだなと思ってた場所。
道の延長上にツリーがあります。
裏の路地からもツリーが見えるので路地と絡めて撮るにはいいかも。
今回はうまく撮れませんでしたので路地の写真は無いですが・・・・。


今回はかなり歩きました。
かなりツリーから離れたところをグルグル回ったので、5km以上歩きましたかね?
さすがに疲れたので浅草駅に戻ってきたところで喫茶店で一休みして帰途に着いたのでした。



ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿


体調は回復傾向に。
まだまだ低調ですが、それでも最悪期は脱したようです。
回復したらまた皆さんのところに遊びに行きたいとおもってます  (^o^)丿

 

テーマ:写真 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/09/05(月) 21:09:43|
  2. 建築物写真・街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

都電荒川線 大塚→王子

7月の初めに都電荒川線の大塚駅から王子駅までを沿線散歩してきました。
5月には大塚駅から雑司が谷駅まで歩いたので、今度は逆方向へってことで。《関連記事


JR大塚駅《MAP》まで電車で行き、そこから王子方面へ線路沿いに北上しました。
線路沿いに綺麗に道が走ってないのでジグザグしながら線路を外さないように歩くのは大変。


11_0702_都電荒川線大塚→赤羽_001

庚申塚駅《MAP》にて。
なんと駅のホームに茶店が。
甘味処の『いっぷく亭』というお店だそうです。
駅蕎麦などはホームから入れるようになってるのは珍しくないですが、こういった茶店はかなり希少ですよね?


11_0702_都電荒川線大塚→赤羽_002

西ヶ原4丁目《MAP》の踏み切りにて。
縦横斜めに色々なラインがごちゃ混ぜになってる光景が面白かったです。


11_0702_都電荒川線大塚→赤羽_003

飛鳥山公園の歩道橋《MAP》にて。
都電を見下ろしで撮れる数少ない場所です。
今は信号待ちの最中。
路面電車も優先とかじゃなくてクルマと同じく信号を守らなければなりません。


今回の3枚の写真はどれも同じ赤いデザインの車両ですが、偶然です。
全部違うタイミングで撮ってるのですが、奇遇にも同じデザインの車両が写ってました。


大塚駅から王子駅までの歩行距離はだいたい3km程度でした。
ちょっとした散歩気分で歩ける距離ですね。
次回は王子からさらに先の三ノ輪橋まで歩いてみたいです。
体調が復活したらですが・・・・。


ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿




テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/09/01(木) 20:34:20|
  2. 建築物写真・街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

kazu_hiro

Author:kazu_hiro
kazu_hiro

■居住地:神奈川県
■性別:♂
■クルマ
 Nissan Z33
  2003.6~
■バイク
 Suzuki DR-Z400SM
  2005.7~
 KTM 690 DUKE R
  2011.4~  
■カメラ
 Canon EOS 30D
  2006.6~2010.01
 Canon EOS 40D
  2007.11~2010.01
 Canon EOS 5D MarkII
  2010.01~
 Canon EOS 5D MarkIII
  2013.06~ 
 Canon EOS M2
  2014.01~

■レンズ
 Canon EF24-105 F4L
  2006.09~
 Canon EF100-400 F4.5-5.6L
  2007.12~
 Canon EF70-300 F4.5-5.6
  2006.09~
 Canon EF50 F1.4
  2010.08~
 Canon EF-S60 F2.8 Macro
  2006.07~~2010.01
 Tokina AT-X124 Pro F4
  2007.10~~2010.01
 Tokina AT-X M100 PRO D F2.8
  2008.04~
 Canon EF28 F1.8
  2010.12~
 Tokina AT-X 16-28 F2.8 PRO FX
  2011.12~
■三脚
 Velbon Neo Carmagne 640
  2006.07~
 Velbon El Carmagne 445
  2008.04~

カレンダー(月別)

08 ≪│2011/09│≫ 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ツーリング (KTM 690 DUKE R) (83)
ツーリング (DR-Z400SM) (57)
ツーリング(その他) (11)
バイク (KTM 690 DUKE R) (18)
バイク (DR-Z400SM) (6)
ドライブ (32)
クルマ (5)
風景写真 (150)
建築物写真・街歩き (278)
工場風景 (14)
熱気球 (28)
猫写真 (22)
飛行機 (10)
ブツ撮り (11)
フォトコンテスト (0)
カメラ (7)
音楽 (7)
マメ知識 (9)
その他 (110)
ラムジー・ハント症候群闘病記 (4)
未分類 (0)
読書 (4)
映画 (1)
鉄道 (2)

ユーザータグ

キリスト看板  無理やり店名  

人気ブログランキング

PIXTA

写真販売始めました

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
1134位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
408位
アクセスランキングを見る>>

ブログ仲間

このブログをリンクに追加する

レポート

■ ツーリング・レポート集
■ ドライブ・レポート集
■ DR-Z スピードセンサ交換記
■ 関東街歩きマップ

旧ブログ

六輪生活(LoveLog)

検索フォーム

車両情報


◆KTM690DUKE R('10)主要諸元
型式 690DUKELDU47
エンジン種類
 水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒
総排気量 690cc
内径/行程 102/84.5mm
最高出力 70ps(51.5kW)/7500rpm
最大トルク 70Nm/5500rpm
圧縮比 12.5:1
始動方式 セル式
変速機 6速
変速比
 第1速 2.500
 第2速 1.750
 第3速 1.333
 第4速 1.095
 第5速 0.957
 第6速 0.870
減速比(1次/2次) 36:79/16:40
潤滑方式
 2個のオイルポンプによるオイル圧送式
エンジンオイル モトレックス SAE 10W-60
クラッチ形式
APTCスリッパークラッチ 油圧操作式
燃料供給方式
 ケイヒン電子制御フューエルインジェクション

全長/全幅/全高 2122/830/1243mm
フレーム クロームモリブデン鋼
サブフレーム アルミニウム
ハンドルバー アルミニウムφ28/22mm
フロントフォーク
 WP倒立フォークφ48mm
リアサスペンション
 WPモノショック・プロレバーリンク
サスペンションストロークF/R 140/140mm
ブレーキF/R
 ディスクブレーキ φ320/240mm
リムF/R 3.50×17 5.00×17
タイヤF/R 120/70R 17 160/60R 17
サイレンサー ステンレススチール
ステアリングヘッド角 63.5°
軸間距離 1472±15mm
最低地上高(無負荷) 155mm
シート高(無負荷) 865mm
燃料タンク容量 約13.5L/2.5Lリザーブ
半乾燥重量 約148.5kg(燃料含まず)
乗車定員 2名
生産国 オーストリー


◆DR-Z400SM('05)主要諸元

型式 BC-SK44A
全長 / 全幅 / 全高
2225mm/870mm/1,185mm
軸間距離/最低地上高
 1,460mm/260mm
シート高 / 乾燥重量 870mm/133kg
最小回転半径 2.6m
キャスター/トレール 26°15’/94mm
タイヤサイズ
 F: 120/70R17M/C 58H
 R: 140/70R17M/C 66H
 (リム幅4.5inch)

エンジン型式
 K419・水冷・4サイクル・単気筒
弁方式 DOHC・4バルブ
総排気量 398cm3
内径×行程 / 圧縮比
 90.0mm×62.6mm/11.3
最高出力 29kW[40PS]/7,500rpm
最大トルク 39Nm[4.0kgm]/6,500rpm
キャブレター形式 BSR36
潤滑方式 / 潤滑油容量
 ドライサンプ式/1.9L
燃料タンク容量 10L(リザーブ2L)
定地燃費 40km/L (60km/h)
変速比
 1速 2.285
 2速 1.733
 3速 1.375
 4速 1.090
 5速 0.863
減速比(1次/2次) 2.960/2.733


◆Z33('02)主要諸元

車種 フェアレディZ/クーペ/2WD
車名型式 UA-Z33
エンジン型式 VQ35DE(NEO)
運転タイプ 6MT

全長×全幅×全高
 4310mm×1815mm×1315mm
室内寸法 長×幅×高
 1005mm×1475mm×1100mm
ホイールベース 2650mm
トレッド前/後 1535mm/1540mm
最低地上高 120mm
車両重量 1430kg
乗車定員 2名
最小回転半径 5.4m
燃料消費率|10・15モード 9.7km/L
駆動方式 後輪駆動(FR)
ステアリングギヤ形式
 パワーアシスト付ラック&ピニオン式
サスペンション 前・後
 マルチリンク式 ・ マルチリンク式
主ブレーキ 前・後
 ベンチレーテッドディスク式(前後共)
タイヤ
 F : 225/45R18 91W
 R : 245/45R18 96W
種類・シリンダー数 DOHC・V型6気筒
シリンダー内径×行程 95.5mm×81.4mm
総排気量 3.498L
圧縮比 10.3
最高出力
 206kw[280ps]/6200rpm
最大トルク
 363Nm[37.0kgm]/4800rpm
燃料供給装置 ニッサンEGI(ECCS)
使用燃料・タンク容量
 無鉛プレミアムガソリン・80L
変速比
 第1速 3.794
 第2速 2.324
 第3速 1.624
 第4速 1.271
 第5速 1.000
 第6速 0.794
 後 速 3.446
最終減速比 3.538


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。