六 輪 生 活

街歩きとバイクとクルマが好きです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

九州帰省ツーリング・・・・その4

前回《記事》の続きです。


福岡の実家到着後4日目。
ようやく肩の痛みが薄れ、天気も良くなりました。
絶好のツーリング日和。


朝9時頃、出発前に軽く洗車してるとワンコ連れで散歩中のおじさんに話しかけられ、そこから1時間くらい話し込んでしまいました。
出発は10時半近くに。
急いで出発!!


九州自動車道は鳥栖JTC《MAP》の辺りで恒例の大渋滞でした。
ここは九州を東西南北に結ぶ各高速道路が十文字に交差する交通の要所で、それだけに交通量も多いです。
もうちっと何とかならないんですかね??


今日の行き先は大分の方。
久住山の南東にあるとある公園です。
関東なら大抵の場所は知ってる道なので距離感も分かりますが、この辺りは全然知らない道。
行って帰ってどのくらいになるのか・・・・・まああまり気にしないで走ってます。


大分道の日田IC《MAP》で高速を下り、広域農道を乗り継いで久住高原のメインルートR442へ合流《MAP》。
もうあとちょっとです。
R442はかなり混雑しておりノロノロ運転。
バイクも多かったです。
ここは有名なやまなみハイウェイとも交差するメインルートなので仕方ないです。


到着は3時前でした。
納池公園(のいけこうえん)という名前です。《MAP


11_0504_九州帰省ツーリング_001

久住連山の伏流水が湧き出している場所です。
公園のほとんどを美しい流れが占めています。
・・・・・・と言いつつ、この時期は水量が少なかったらしくあまり写真映えしませんでした。
うーむ残念。


11_0504_九州帰省ツーリング_002

黄色い花を咲かせた水草が花畑のようになってました。


想像以上に小さな公園です。
長手で250mくらい。
静岡にある柿田川湧水群のような大規模なのを想像してたので拍子抜け。
でもこの地味さ故に人気が無いのが良いです。
近所の子供達が釣りをしていたのを除けば誰もいませんでした。
この公園の歴史は古く、15世紀前後にまで遡る由緒ある公園らしいです。


11_0504_九州帰省ツーリング_003

この花は何だろう??
ネットで調べてみましたが分かりませんでした。


この公園には小さな神社があります。
ちょっとお参りでも・・・・・・


11_0504_九州帰省ツーリング_004

なんちゅうチャチな神社!!
普通の大工さんが見よう見まねで作った感じです。


11_0504_九州帰省ツーリング_005

定番アイテムのの獅子と象がとりあえずくっついてます。
もうなんて言ったらいいのか・・・・
迫真の脱力感が味わい深いです (≧▽≦)!!
ちなみに普通のはこんな感じです → Photo


脱力しつつ帰途に着きます。
帰路は久住山の東側を回り込むようにして道を辿りました。
そして豊後森でちょっと寄り道したのでした。


つづく

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

 
スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2011/06/29(水) 20:50:19|
  2. ツーリング (KTM 690 DUKE R)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

九州帰省ツーリング・・・・その3

前回《記事》の続きです。


福岡の実家到着後3日目。
家族3人で近くのお寺へ藤の花を見に行きました。


・・・・・とその前に通りがかりの道の駅で鯛と筍の水煮をゲット。
鯛一匹が1000円もしない値段で買えます。
この辺りは鯛の漁場だからですが、下手するとアジとかより安いそうです。


で続いてお寺へGo。


11_0503_九州帰省ツーリング_001

ちょうど満開でした。
藤の花は簡単そうで意外に難しいですね。
一房分綺麗に咲き揃ってるのは意外に少ないのと、藤棚の支柱や水平に張り巡らされたフレームが写り込んでしまうので、そういう邪魔なのをフレームアウトできる場所探しが手間の9割を占めます。
散々探して撮った一枚です。


11_0503_九州帰省ツーリング_002

親父とお袋です。
お袋は長くリウマチを患っておりほとんどは車椅子の生活ですが、このときはちょっとだけ歩きました。
リウマチは全身の関節が侵される病気で、症状が進むと関節が固着して動かなくなったり、関節が消滅してブラブラになったりする厄介な病気です。
最近は治療法もあるようですが、お袋が患いはじめた頃は効果的な治療法はありませんでした。
あちこちに人工関節が入ってます。
それでもまあ元気でやってます。


バイクで走った2日間、強い向かい風にやられたせいか、右の肩と首筋が痛くて仕方ないです。
風呂でマッサージしても治らず参りました。
この痛さと連日の強風と気温の低さで、実家に着いてからはバイクには乗る気になれず。
せっかくここまで来たんですから熊本や鹿児島のあたりまで行きたいところですが・・・・・
毎日やきもきしてました。


続きます



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

 

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2011/06/27(月) 21:41:22|
  2. 風景写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

高幡不動の紫陽花

近所にある高幡不動《MAP》の境内では紫陽花が見頃を迎えています。
久々にマクロレンズを持ち出して行ってみました。


11_0621_高幡不動_001

これだけ真っ青なのも珍しいですね。
背景の暗さを生かしてまとめました。
紫陽花は黒との相性が思った以上に良いですね ♪


11_0621_高幡不動_002

大抵の花はこんな風に青と紫が入り交じった色をしています。
土の成分や開花からの経過日数によっても色が変化していくそうです。


紫陽花は撮るには難しい花です。
上手く撮れたことがあまりないですね。
特に近接撮影ではかなり難しいと思います。
かといって中途半端に離れるとまとめづらいので最短撮影距離あたりで撮ってます。


11_0621_高幡不動_003

ガクアジサイの真ん中部分。
思い切って周囲の花はフレームアウトしてしまいました。
一つ一つ微妙に色が違うんですよね。
なんだか小宇宙っていう感じがします (^o^)


この日は風があってユラユラ揺れるのでピントを保持するのが大変でした。
緊張して息を止めるので酸欠寸前 (笑)
疲れたので帰り際に蕎麦屋で盛りそばを食べました。


11_0621_高幡不動_004

家に帰ると、東の方にはすごい入道雲がモクモクと立ち上がってました。
雲の下は嵐になってそうですね。
夏が来たっていう気持になります。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿


今日は殺人的な暑さでした。
埼玉の熊谷では39.8℃を記録し、6月としては過去最高だそうで。
八王子でも朝9時で既に30℃を超え、夕方7時の時点でも30℃以上。
たまらずクーラーを使ってます。
設定温度は29℃。
案外こんな設定でも全然平気ですが・・・・真夏になったらどうでしょうか・・・・・?
まだ6月ですよね??
こんなに暑かったでしたっけ??
毎年繰り返されるのに去年のことはすっかり忘れてしまうのが不思議です。 

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2011/06/24(金) 20:03:55|
  2. 風景写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

九州帰省ツーリング・・・・その2

前回《記事》の続きです。


実家到着の翌日は親父の運転するクルマに乗って近所の麦畑を見に行ってきました。
関東近郊ではあまり見かけることがありませんが、実家の周りにはあちこちにあります。
田植えをするまでの農閑期に麦を植えるらしいです。


11_0501_九州帰省ツーリング_001

スッとした立ち姿の美しさと穂の繊細さが麦の魅力ですね。
麦といっても色々種類があるようですが・・・・これは小麦かな??


この日はやたらに風が強かったです。
黄砂も酷く遠くの山が黄色っぽく見えました。
麦が風で煽られ、じっとしていてくれません。


11_0501_九州帰省ツーリング_002

スローシャッターで動きを出してみました。
遅ければいいというものではないので色々試しつつ撮りました。


数年前まではもっと麦畑が広がっていたそうですが、最近はかなり減ってるそうです。
確かに同じ一連の耕作地の中にも麦が植わってるのと何も植わってないのがパッチワークのようになってます。
気候変動などによるものなのか、人手の問題なのかは分かりませんが・・・・・。


山林も荒れがちで、ここ10年ほどの間にやたらに竹林が増えました。
意図的な竹林ではないと思います。
竹は繁殖力が強いので放っておくとあっという間に竹林に山が飲み込まれてしまいます。
一見のどかな田園風景ですが、一皮剥くと色々ありそうです。


つづく


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

 

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2011/06/22(水) 19:59:43|
  2. 風景写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

九州帰省ツーリング・・・・その1

4月29日から始まったGW。
福岡の実家に向けて帰省ツーリングに出かけました。


DUKE納車からまだ間もなく、まだ慣らしが終わった直後。
初めての外車ってことで長旅は不安で一杯でしたが、思い切って出かけました。
KTMでは外出先のトラブルに関しては車両を最寄りのKTMショップへの搬送やその他費用を負担してくれるサービスが付いてるので、いざというときは何とかなるはず・・・・
と言いつつもやっぱり不安。
かなり悩んだ末の決定でした。


バイクで九州へ帰省するのは2007年のGW以来4年ぶりです。
前回はDR-Zで四国経由で3日かけて帰りました。
今回はETC休日特別割引を利用して最短距離で帰ることに。
つまり高速道路を乗り継いで走るってこと。


29日は特に早起きすることもなく普通に起床。
9時頃に出発しました。
高速道路は混んでましたが、しばらくすり抜けをしてるとやがて渋滞を抜け出ました。


11_0429_九州帰省ツーリング_001

中央道談合坂SA《MAP》にて。
今回は中央道経由で西へ走ります。
東京から名古屋方面に向かうのに中央道を使うのと東名を使うのとではどっちが近いか・・・・・
答えは”ほぼ同じ”です!!
無視できるほどの差しかありません。

実家で必要な衣類などはあらかじめ宅急便で送っておいたので荷物は最小限です。
DUKEはリヤカウルの幅が割と大きいので積載性は見かけより高いです。
タンク容量は13.5L。
リザーブは2.5L。
高速道路メインだと燃費は30km/L近いので、300~350kmを目処に給油です。


今日はいやに強い向かい風が吹き荒れてます。
身体をかなり伏せてやり過ごしながら耐えます。
おまけに風が冷たく寒いです。
薄手の長袖アンダーシャツの上に長袖シャツと春秋物ジャケットを着てましたが、寒いので途中でたまらずレインジャケットを重ね着しました。


スピードは法定速度+α。
極力追い越し車線に出ないように左車線をキープ。
長距離を走る際はゆっくり目で一定速度を保つのが疲れないコツです。
100kmを目安に休憩を取ります。


11_0429_九州帰省ツーリング_002

淡々と距離を稼ぎ、名神高速の養老SA《MAP》にて。
排気量1000ccオーバーのビッグバイクがほとんど。
750以下の中排気量のバイクは滅多に見ません。
このクラスのは完全にマニアの領域になってしまったようです。


お尻がジンジンしかけてますが、シートを太腿でキュッと締め上げて太腿の裏に体重を載せるとかなり楽になります。
ちなみにコーナリングでバイクを倒し込んだりブレーキングの時もこの太腿裏の感覚を頼りにすると楽で効果的に操作できます。


名神は途中何箇所かかなり渋滞してました。
すり抜けでやり過ごして先へ進みます。
地味に走り続けること10時間近く。
18地45分に兵庫県西脇にあるホテル《MAP》に到着しました。
走行距離は575kmでした。
平均速度は60km/h弱。
渋滞があったせいで少々遅くなりました。


11_0429_九州帰省ツーリング_003

西脇は東京⇔福岡間のちょうど中間地点に位置するので、宿泊地に選ぶことが多いです。
いつも使う宿が満室だったので今回は別のホテルにしました。
部屋は粗末ながらかなり広め。
1階に大浴場があるので、とにかく一っ風呂浴びました。


風呂から上がったら夕食タイム。
ホテルのすぐ隣りに大型ショッピングセンターがあったので入ってみました。
レストランに入るのが面倒だったので、ロッ○リアにてチーズバーガーのセットを注文。
そのお味は・・・・・・激マズ ( ̄□ ̄;)!!
バンズ・パティ・チーズそのどれもがダメ。
薬品臭い嫌な臭いもします。
この業界でマク○ナルドがトップを走ってるには理由があるんだと思いました。



11_0430_九州帰省ツーリング_001

翌朝は早めに起きて出発は7時。
福岡は晴れのち雨の予報だったので早めに出発しました。


中国道はガラ空き。
走行車線をキープして淡々と走りました。
昨日に引き続き、寒いのでレインジャケットを上に着込んでます。
また、向かい風も強いです。
ひたすら我慢の走行。
90km/hをキープする長距離トラックにペースを合わせて先導してもらうコバンザメ走法でした。


11_0430_九州帰省ツーリング_002

そして3時頃。無事に実家へ辿り着きました。
ふー、やっと・・・・。
予報では夕方から雨ってことでしたが早めに出発したおかげで雨には降られずに済みました。


走行距離は560km。
平均速度は70km/hでした。
XJR1300に乗ってた頃と変わらないタイムなので上々です。
2日間の走行距離は1135kmになりました。
やはり遠いです!!


つづく


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2011/06/20(月) 23:59:39|
  2. ツーリング (KTM 690 DUKE R)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

BATES M-9 タクティカルブーツ

バイク用ブーツを買い換えました。
前のは手入れしつつも10年履いたのでさすがに革がクタクタ。
ちょっと雨に降られるとびしょ濡れになるので、今度は防水タイプのを買おうと思ってました。


バイク用品各社のブーツを検討しましたが気に入ったのは無し。
最近はショートブーツが主流のようでロングブーツはそもそもラインナップが少ないです。
そこで白羽の矢が立ったのはミリタリーブーツ。
バイク用ではないものの頑丈な造りなので品を選べば流用できるはず。

いろいろ探した結果、BATES(ベイツ)というメーカーのミリタリーブーツを選びました。
BATES M-9 Gore-Tex Insulated Waterproof Side Zip
というやたらに長い名前。


11_0329_BATESタクティカルブーツ001

こんな感じのブーツです。
かなりゴツイです。
ソールもかなり厚いです。
シート高の高いDUKEに乗るにはこのくらいソールが厚い方が助かります。


BATESは国内ではバイク用ジャケットやパンツのメーカーとして知られてますが、実は軍隊や警察関係のブーツも作ってます。《本国HP
そんなことは全く知らなかったのですが、ネット通販サイトを探してるとミリタリーブーツの分野ではBATESはかなり有力メーカーのようです。
なおミリタリーブーツといっても色々ありますが、防水仕様になってるのは意外に少ないですから、選択肢はそれほど多くはありませんでした。


11_0329_BATESタクティカルブーツ002

一見して編み上げですが、サイドにジッパーが付いていて脱ぎ履きは楽です。
素材は天然レザーとナイロン生地です。
曲げ伸ばしが必要な部分はナイロン生地になってるので馴染むのに時間がかかるってこともありません。
2回ほど履けばもう馴染んでしまいます。


このブーツはゴアテックスブーティを使用してるので雨に降られても大丈夫。
・・・・なはず。まだ雨に降られてないので分かりませんが・・・・。
また断熱材としてシンサレートが入ってるので暑さ寒さにも強いはず。


11_0329_BATESタクティカルブーツ003

ジッパー部分は袋状のマチになってるので雨やホコリの侵入を防いでくれます。


11_0329_BATESタクティカルブーツ004

ソールはかなりグリップが良いです。
慣れないうちは凸凹がステップに引っかかることもありますが、2回ほど履いたらもう慣れてそんなことも無くなりました。
ちゃんと土踏まずの部分が凹んでるのでステップへの収まりも良いです。


11_0329_BATESタクティカルブーツ005

高さは25cmくらい。
最も高いところで28cm。
いわゆるバイク用のロングブーツに相当する高さです。
足元から寒風や雨風が吹き込んでくるのを防ぐにはこの位の高さが必要です。


以上です!!



ところでこのブーツはバイク用ではありませんので、くるぶしや脛部分のプロテクタは入っていませんので、それを重視される方には向いていません。(外側くるぶし部のみクッション内臓)
ただし、つま先やかかと部分は樹脂製のカップが入ってるのでこの部分はさほどヤワではありません。
またソールが厚いのとつま先の高さもかなりあるのでシフトペダルを繊細に操作するには向いていません。
ボクの乗ってるDUKEはペダルストロークが大きいので全く不具合はありませんが・・・・。
ジッパーが内側に着いているので肌への当たり具合によっては擦れて痛いこともあります。
厚手の靴下を履けば問題ないレベルとは思います。





にほんブログ村 バイクブログへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. 2011/06/17(金) 19:47:20|
  2. バイク (KTM 690 DUKE R)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

木更津の海上電柱

木更津の海上電柱を撮りに行ってきました。
今年1月初めにも行って、その独特の雰囲気に強く惹かれました。→ 《前回記事
もう一回行ってみたいと思ってましたがさすがに遠いのでなかなか行けず。
そして2月の終わり、ようやく足を向けました。


前回は東京湾をグルッと回って走りましたが、今回はアクアライン使用です。
夕景狙いだったので午後になって出発。
3時半頃に現地に着きました。


今日は電柱に的を絞って・・・・とか思ってましたが日が傾いた頃の浅瀬の水の表情がすごく魅力的。
いろいろ撮ってみました。


11_0226_木更津海上電柱_001

お食事中のサギ。
サギって淡水域にいるものだと思ってましたが、海岸にもいるんですね。
塩味がして美味しいのにヤミ付きかも??

サギのシルエットって綺麗です。
首のS字がなんとも言えません。
何のためなのか分かりませんが竹竿の列が画面にリズムを作り、サギを引き立ててくれます。


11_0226_木更津海上電柱_002

対岸には新日鉄君津製鉄所の高炉が。
これも魅力的ですが、今回用事があるのは手前の小屋と電柱です。
このあたりの浅瀬は潮干狩りの名所になってるそうで、この小屋は密漁を防止するための監視小屋で、そこに電気を送るために電柱が立ち並んでるんだとか。
小屋の屋上には賊をやっつけるために機関銃とライフルと対戦車ロケット弾と手榴弾と竹ヤリが据え付けられ睨みを効かせています。ウソ。


電柱沿いは水が無くて砂地が出てるので普通に歩いて沖に行けるようなにってます。
ベストポジションを探りつつちょっとづつ前進。


11_0226_木更津海上電柱_003

とんでもない沖合に釣り人が。
岸から500mはあるでしょうか。
浅瀬とはいえ海のど真ん中によくまあ。
ボクは泳ぎが苦手で水が怖いタチなのでこんな沖に出る勇気はありません (+。+)

海の色がオレンジ色に染まってきました。
そろそろ日没が近づいてきてます。
写真撮影のゴールデンタイムですね ♪


11_0226_木更津海上電柱_004

そして太陽が雲の中に沈んでいきました。
肉眼では半熟タマゴのようなコクのあるオレンジ色の太陽も、こうしてカメラを通すと白く飛んでしまいます。
あー勿体ない・・・・。


日が沈むとともに空気の色が一変しました。
オレンジの世界から紫色の世界へ。
ハッキリと空気が入れ替わるのが感じられました。
海の中だからでしょうか?
陸上ではこれほど鮮やかには切り替わりません。


11_0226_木更津海上電柱_005

5秒のスローシャッター。
かすかな潮の流れが美しい波紋を作ってくれました。


もうだいぶ暗くなってきました。
小屋はハッキリ目視できるものの、細かな部分はぼやけてしまい、ピントを合わせるのが難しくなってきました。
ライブビュー機能はこんな状態でも肉眼より鮮明な絵を写してくれます。
もうこの機能なしでは写真を撮れないカラダになってしまいました。


11_0226_木更津海上電柱_006

30秒。
クリームを溶かしたようなトロッとしたソフトな描写になりました。
肉眼では決して見れない写真ならではの描写ですね。

ところで製鉄所が火事になってますが!!??
・・・・と思ったら場内の灯りが煙に反射してこんな感じになります。



これ以上暗くなると岸に帰れなくなりそうなので名残惜しみつつも撤退することに。
ふと気がつくとさっきまで明るいような気がしてたのが、足元は真っ暗になってきてます。
なにかとんでもない失敗をやらかしたような気がしてちょっとパニック状態に。
岸辺から300m以上は出てきてます。
懐中電灯は持ってましたが、そんな小さな灯りはあってないようなもの。
足場は悪くなかなか前に進みません。
岸にたどり着くまでの長かったこと・・・・・
恐怖の体験でした。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿



ここに来られる方に警告します。
沖合に出ててその間にもし潮が満ちてきたら退路を断たれて帰れなくなる可能性もあります。
周りに注意していつでも引き返せるようにして撮影に臨んでください!!

 

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2011/06/15(水) 22:44:58|
  2. 風景写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

国立博物館にて学習 ♪

国立博物館で歴史のお勉強をしてきました。
膨大な展示なので全部はとても半日では見切れません。
本館の2階だけ見てきました。


11_0423_国立博物館_001

土偶:紀元前2000~1000年
重要文化財

防護服を着た原発作業員にしか見えません。
一度そう見えてしまうと、それ以外には見えないです。


11_0423_国立博物館_002

銅鐸:紀元前2~1世紀

バカボンのようなクルクルマークが癒し系ですね。


11_0423_国立博物館_003

善無畏像:平安時代・11世紀
国宝

これが国宝??
誰が決めたんでしょうね??
いまいち納得が・・・・。
広重や北斎などの浮世絵の傑作ですら国宝じゃないのに、これが国宝だという論理はワケが分かりません。


11_0423_国立博物館_004

11_0423_国立博物館_005

聖徳太子絵伝:南北朝時代・14世紀
重要文化財

聖徳太子絵伝とは、奈良時代に始まった聖徳太子への信仰をもとに、彼にまつわる事柄を描いたものだそうですが・・・・。
かなり血塗られてますね (^o^;)


11_0423_国立博物館_006

縄衣文殊像:南北朝時代・14世紀

風呂上がりにメール送信中。
国民をなめてるとしか思えません。


11_0423_国立博物館_007

武士について学ぶ外人さん。
テストに出るのでしっかり学んでください。


11_0423_国立博物館_008

江戸時代?の具足

この状態で馬で走ったらクビがもげそうですね。
全く意味不明です。


11_0423_国立博物館_009

能面

気持ち悪くて正視できません!!



・・・・・とあまり勉強にはなりませんでした。


以上!!



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

 

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2011/06/13(月) 21:14:04|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

鎌倉 円覚寺

2月の終盤に鎌倉の円覚寺へ行ってきました。

円覚寺《MAP》の最寄り駅は北鎌倉。
駅を出るとすぐに境内です。
ちなみに円覚寺は「えんかくじ」ではなく「えんがくじ」と読みます。


11_0223_鎌倉円覚寺_001

山門。
1783年建造だそうです。
質素な造りですながら、200年を越える風雪に耐えた木の肌は美しい木目がにじみ出してました。
時を経るにしたがって味わいを増す木って凄いですよね!!

ちなみに法隆寺の五重塔を見たことがありますが、建造は7世紀末頃。
1300年という途方もない月日が刻んだ木目は美しいというより凄みを感じました。
それに較べればこれはまだ子供ですね。


11_0223_鎌倉円覚寺_002

境内の北側は険しい崖に面しており、その崖をかいくぐって伸びる小径には磨崖仏がいくつか。
磨崖仏って作った人が一生懸命に掘り出したっていう手の感触があって、普通の仏像にはないものを感じます。


11_0223_鎌倉円覚寺_003

国宝の梵鐘(14世紀初頭)。
鐘本体は・・・・・うーん、これが国宝?? っていう普通の感じでしたが、鐘を撞く丸太の存在感に注目。
鐘を吊してから一回も交換してないんじゃないかという雰囲気でした。
丸太本人もまさか自分が700年もの年月にわたって鐘撞き係りにされるとは思ってなかったでしょうね??


11_0223_鎌倉円覚寺_004

梵鐘のある小高い山の上には茶店が。
長くて急な階段をよじ登ってきたのでクタクタです。
ってことで思わず甘酒を注文。
この日は寒かったので生姜をたっぷり入れて頂きました。
ホッとしますね。

この後、もう一つ別のお寺に・・・・と思ってましたが日が暮れてきてしまったので途中で諦めました。


おわり



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2011/06/10(金) 22:52:42|
  2. 建築物写真・街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

KTM 690 DUKE R @ 伊豆

慣らし運転の1000kmが過ぎたところでオイル交換を済ませ、伊豆へ行ってきました。

小田厚→西湘バイパス→箱根新道→伊豆スカ→R135といういつものルートで走行。
片瀬白田のいつものベンチでランチタイム。


11_0424_4伊豆ツーリング_001

天気が良くて海が綺麗なブルー。
この辺りは海底が白っぽい石ころになってるのでブルーが鮮やかです。


リヤカウルの白い部分はカッティングシートでお化粧したものです。
これだけの大面積にシートを貼るのは初めてなのでかなり手こずりました。
リヤカウルを車体から外して部屋に持ち帰り、新聞紙を当てて型取り。
この作業に半日かかりました。
納車前からイメージは練っていたつもりでしたが、いざ実車を目の前にすると思うようにラインが描けず。

散々悩んでようやく型取りを済ませたらもう後は機械的な作業。
カッティングシートを切り出し、貼り付け作業。
貼り付けの前に溶剤を使って脱脂します。
表面が細かいエンボスになってるので貼り付けたらすかさずドライヤーを当てて密着させます。
夜半まで作業してなんとか終わらせました。
疲れました・・・・(^o^;)



ここでDUKE-Rの乗り味などを書いておきます。

車体は燃料満タンで160kg程度と超軽量なので取り扱いはかなり楽です。
とはいえDR-Zより15kgくらい重いのでその分の重さはやはりあります。
慣れで解消するレベルですが。

エンジンは3000回転以下はトルクが薄くて使い物になりません。
元気に走るなら4000回転以上を保つ必要があります。
エンジンは振動が少なく、スムーズそのもの。
ビッグシングルというイメージとは遠いです。
まるでツインエンジンに乗ってるようです。
高速道路の快適さはDR-Zの比ではありません。

ミッションはかなり極端なハイギヤード。
街中を40~50km/hでクルマに合わせて走るのは苦痛です。
3速では低すぎ、4速では高すぎという感じでちょうどギヤのつなぎ目に当たってしまい、スムーズに走れません。
さらにインジェクションのドン付きが酷いです。
街中を流すような速度域では特に酷く、ギヤ比の問題と合わせて苦痛でしかありません。
市街地を一定走行するってのは全く想定していないようです。
Uターンも苦手項目。
クラッチは油圧式ですが半クラの美味しい部分がかなり狭く、半クラをキープするのが難しいです。
ハイギヤードなギヤ比とドン付きと下のトルクの薄さもそれを助長します。

ギヤ比が高すぎるということでボクは納車早々にFスプロケを2丁落としました。
それで解決するかと思いきや、あまり変わらず。
相変わらず市街地走行ではギヤ比のつなぎ目に当たってしまうことが多く、ひたすらギクシャク。
これ以上ギヤ比を落とすと今度は高速道路でローギヤ過ぎてしまいます。
うーむ・・・・・。

サスペンションはガチガチ。
想定体重が75kgくらいだそうなのでその大男が二人乗りで走れる設定がノーマル。
体重53kgのボクにはバネレートが高すぎます。
スプリングが硬いのでダンパーを緩めるとピョコピョコと落ち着きません。
バネが硬い分、ダンパーは効かせた方が落ち着きます。
速度が80km/hくらいのペースになってくるとしっとりした感じになってきます。
速度レンジの低いタイトなワインディングは難しさを感じます。
短いストレートであっても立ち上がりではしっかり加速し、ブレーキをしっかりかけるというメリハリを効かせるのがコツのようです。

基本的な性格としては60km/h以上の速度域でアクセルをガンガン開けていくという乗り方に特化してると思います。
美味しい部分の狭いバイクです。
その美味しさに魅力を感じるならお勧めのバイクです  (^o^)丿



にほんブログ村 バイクブログへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

 

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. 2011/06/08(水) 22:22:28|
  2. バイク (KTM 690 DUKE R)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

小山内裏公園の枯れ木立

地元の小山内裏公園へ写真を撮りに行ってきました。
大田切池という池《MAP》には立ち枯れた杉が並んでおり、特徴的な景観を作っています。


11_0219_小山内裏公園_001

ちょっと北海道の美瑛にある青池みたいですね。


11_0219_小山内裏公園_002

シャッタースピードをどうするか迷いましたが、波紋をクッキリ出すために早めのシャッターを切りました。


ココだけを切り取ってみると都内とは思えないような景色です。
東京は思ったより広いですね。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2011/06/06(月) 19:09:27|
  2. 風景写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

KTM 690DUKE R @ 長野牧場

KTM 690DUKE Rが納車されて翌週のこと、4月17日に記念撮影を兼ねて長野の佐久にある長野牧場までツーリングに行ってきました。
既に奥多摩方面へ軽く慣らし運転に行ってきたので、ツーリングとしては2回目です。


秩父を経てR299をひたすら西へ。
十石峠《MAP》を越えて長野県へ。
長野牧場《MAP》への到着は2時前でした。


この長野牧場は佐久市街地にいきなり広大な敷地が広がり、その意外性が面白い牧場です。
雰囲気も良くボクのお気に入りの場所。


11_0417_長野牧場ツーリング_001

なかでも特にお気に入りの撮影スポットがこの小径。
カラマツ並木に挟まれた一本の意味ありげな路が絶品の雰囲気・・・・・・・・・・・と言いつつ・・・・・・・・・・
あ~ッ ( ̄□ ̄;)!!??

以前は草の生えた綺麗な路だったのに砂が多量にブチ撒かれて悲惨なことに!!  → 《去年8月の写真
いったいなぜ??
もうガックリです (+。+)

草地なのでフカフカして足触りが良く、雰囲気も良かったのに、舗装工事でもするんでしょうか??
でも舗装する時って普通は地盤を掘り下げ、砂利や砂を撒いて下地を作り、さらにその上に仕上を被せるのが普通。
この砂は既存の草地の上に直接撒かれてるようなので普通の舗装工事とはちょっと手順がが違います。
もしかしたら水はけが悪く大雨の時に水溜まりになるのを防ぐために路のレベルを嵩上げしようという工事かも?
いずれにせよ、間違っても真っ黒なアスファルト舗装などにはして欲しくないです。
今後の動きに要注意ですね。

ちなみにこの小径は一般車進入禁止です。
バイクなら車止めをスリ抜けて入れますが、マナーとしてエンジンは切ってバイクを押して入るようにして下さい。
地元の方が散歩やジョギングをするコースになってますので、バイクで走り抜けるなどはもってのほかです。


11_0417_長野牧場ツーリング_002

納車直後はリヤカウルが真っ黒でしたが、白いカッティングシートでお化粧しました。 → 《納車時の写真
かなり印象がガラリと変わったと思います。
同カウル奥に見える◇型のマークは意匠と実用を兼ねて高輝度の反射シート。
全体のデザインがカクカクしたエッジの効いた形になってるので、お化粧もそれに合わせてエッジを生かした形にしてます。


11_0217_長野牧場ツーリング_003

ハンドルにはZETAのハンドガードを着けてます。
全体的にオフ車的なので似合ってると自分では思うんですが。
転倒してもにブレーキレバーやクラッチレバーが折れたりしないのと、冬の走行でこのガードがあるとないとでは手の寒さが大違いなのでDR-Zの時から愛用してます。
ハンドガードは各社から出てますが、ZETAのはかなり丈夫。
転けても曲がったりしません。
アチェルビスなどはグニャーと大きく曲がったりしていざというときに用をなしません。

リヤカウルの上面にも白いお化粧をしてます。
このアングルだとよく見えないので後日紹介します。

またFフェンダーにも白いアクセントを入れてます。

ちなみにカッティングシートは屋外用のものを選んでます。
屋内用は紫外線で劣化してしまいます。
リヤカウルは表面に細かいシボが入った仕上になってるのでシートを貼った後、ドライヤーを当てながらしっかり密着させる必要があります。
また、シートの角から剥がれやすいので角は全て小さく丸みをつけてあります。


11_0217_長野牧場ツーリング_004

ハンドル周り。
ブレーキとクラッチのマスターシリンダーはラジアル式になってます。
ハンドガードのマウントステーはノーマルの4cmではマスターシリンダーに当たってしまうのでロングタイプ。
またハンドルバーがテーパーバーになってるのでテーパーバー用のマウントステーが必要です。

さらに写真では分かりにくいですが、白いサイドカウルにはスライダーを着けてます。
ハンドル幅が広いのと車体がスリムなので少々では接地しないと思いますが念のため。


参考までにWeb!keとAmazonへのリンクを貼っておきます。


ZETA ジータ/アーマーハンドガードベンド 

ZETA ジータ/アーマーハンドガードベンド チタンカラー



ZETA ジータ/X1プロテクター 

ZETA ジータ/X1プロテクター ブラック



ZETA ジータ/リプレースメントマウンティングアダプターLONG 

ZETA ジータ/リプレースメントマウンティングアダプターLONG テーパーバー用



BABYFACE ベビーフェイス/ポイントガード

BABYFACE ベビーフェイス/ポイントガード 690



11_0217_長野牧場ツーリング_005

このバイクにはヘルメットホルダーが着いてないので、後付けで自分で装着しました。
ヤマハから汎用品が出てます。
Φ22.2用なのでハンドルの根元付近には着きませんが、この位置なら着きます。


YAMAHA ヤマハ/汎用ヘルメットホルダー

YAMAHA ヤマハ/汎用ヘルメットホルダー TW225



11_0217_長野牧場ツーリング_006

今回はETC(アンテナ別体式)を着けました。
バイク用ETCは初めてです。
やっぱり便利ですね。
分かりにくいですが、インジケータをここに取り付けてます。
写真のど真ん中です。


11_0217_長野牧場ツーリング_007

アンテナはこのFマスクの下に取り付けました。
見えませんが・・・・。
この位置でも全く問題なくゲート通過できます。


ETCはバイクショップではこういう風には取り付けてもらえません。
前方に障害物が無いことや角度も○○度と決められてます。
なのでとりあえず取り付けてもらい、あとは自分でアレンジします。
配線の取り回しで一番注意するのはハンドルを目一杯に切ったときに配線が引っかかったりしないこと。
大事故に結びつきかねないので大事なポイントです!!
 ※ やるときは自己責任でお願いしますね。


・・・・と、長くなったのでエンジン特性などの乗り味については次回書きます  (^o^)丿




にほんブログ村 バイクブログへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿


テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. 2011/06/02(木) 20:18:17|
  2. バイク (KTM 690 DUKE R)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

kazu_hiro

Author:kazu_hiro
kazu_hiro

■居住地:神奈川県
■性別:♂
■クルマ
 Nissan Z33
  2003.6~
■バイク
 Suzuki DR-Z400SM
  2005.7~
 KTM 690 DUKE R
  2011.4~  
■カメラ
 Canon EOS 30D
  2006.6~2010.01
 Canon EOS 40D
  2007.11~2010.01
 Canon EOS 5D MarkII
  2010.01~
 Canon EOS 5D MarkIII
  2013.06~ 
 Canon EOS M2
  2014.01~

■レンズ
 Canon EF24-105 F4L
  2006.09~
 Canon EF100-400 F4.5-5.6L
  2007.12~
 Canon EF70-300 F4.5-5.6
  2006.09~
 Canon EF50 F1.4
  2010.08~
 Canon EF-S60 F2.8 Macro
  2006.07~~2010.01
 Tokina AT-X124 Pro F4
  2007.10~~2010.01
 Tokina AT-X M100 PRO D F2.8
  2008.04~
 Canon EF28 F1.8
  2010.12~
 Tokina AT-X 16-28 F2.8 PRO FX
  2011.12~
■三脚
 Velbon Neo Carmagne 640
  2006.07~
 Velbon El Carmagne 445
  2008.04~

カレンダー(月別)

05 ≪│2011/06│≫ 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ツーリング (KTM 690 DUKE R) (83)
ツーリング (DR-Z400SM) (57)
ツーリング(その他) (11)
バイク (KTM 690 DUKE R) (18)
バイク (DR-Z400SM) (6)
ドライブ (32)
クルマ (5)
風景写真 (150)
建築物写真・街歩き (278)
工場風景 (14)
熱気球 (28)
猫写真 (22)
飛行機 (10)
ブツ撮り (11)
フォトコンテスト (0)
カメラ (7)
音楽 (7)
マメ知識 (9)
その他 (110)
ラムジー・ハント症候群闘病記 (4)
未分類 (0)
読書 (4)
映画 (1)
鉄道 (2)

ユーザータグ

キリスト看板  無理やり店名  

人気ブログランキング

PIXTA

写真販売始めました

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
947位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
336位
アクセスランキングを見る>>

ブログ仲間

このブログをリンクに追加する

レポート

■ ツーリング・レポート集
■ ドライブ・レポート集
■ DR-Z スピードセンサ交換記
■ 関東街歩きマップ

旧ブログ

六輪生活(LoveLog)

検索フォーム

車両情報


◆KTM690DUKE R('10)主要諸元
型式 690DUKELDU47
エンジン種類
 水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒
総排気量 690cc
内径/行程 102/84.5mm
最高出力 70ps(51.5kW)/7500rpm
最大トルク 70Nm/5500rpm
圧縮比 12.5:1
始動方式 セル式
変速機 6速
変速比
 第1速 2.500
 第2速 1.750
 第3速 1.333
 第4速 1.095
 第5速 0.957
 第6速 0.870
減速比(1次/2次) 36:79/16:40
潤滑方式
 2個のオイルポンプによるオイル圧送式
エンジンオイル モトレックス SAE 10W-60
クラッチ形式
APTCスリッパークラッチ 油圧操作式
燃料供給方式
 ケイヒン電子制御フューエルインジェクション

全長/全幅/全高 2122/830/1243mm
フレーム クロームモリブデン鋼
サブフレーム アルミニウム
ハンドルバー アルミニウムφ28/22mm
フロントフォーク
 WP倒立フォークφ48mm
リアサスペンション
 WPモノショック・プロレバーリンク
サスペンションストロークF/R 140/140mm
ブレーキF/R
 ディスクブレーキ φ320/240mm
リムF/R 3.50×17 5.00×17
タイヤF/R 120/70R 17 160/60R 17
サイレンサー ステンレススチール
ステアリングヘッド角 63.5°
軸間距離 1472±15mm
最低地上高(無負荷) 155mm
シート高(無負荷) 865mm
燃料タンク容量 約13.5L/2.5Lリザーブ
半乾燥重量 約148.5kg(燃料含まず)
乗車定員 2名
生産国 オーストリー


◆DR-Z400SM('05)主要諸元

型式 BC-SK44A
全長 / 全幅 / 全高
2225mm/870mm/1,185mm
軸間距離/最低地上高
 1,460mm/260mm
シート高 / 乾燥重量 870mm/133kg
最小回転半径 2.6m
キャスター/トレール 26°15’/94mm
タイヤサイズ
 F: 120/70R17M/C 58H
 R: 140/70R17M/C 66H
 (リム幅4.5inch)

エンジン型式
 K419・水冷・4サイクル・単気筒
弁方式 DOHC・4バルブ
総排気量 398cm3
内径×行程 / 圧縮比
 90.0mm×62.6mm/11.3
最高出力 29kW[40PS]/7,500rpm
最大トルク 39Nm[4.0kgm]/6,500rpm
キャブレター形式 BSR36
潤滑方式 / 潤滑油容量
 ドライサンプ式/1.9L
燃料タンク容量 10L(リザーブ2L)
定地燃費 40km/L (60km/h)
変速比
 1速 2.285
 2速 1.733
 3速 1.375
 4速 1.090
 5速 0.863
減速比(1次/2次) 2.960/2.733


◆Z33('02)主要諸元

車種 フェアレディZ/クーペ/2WD
車名型式 UA-Z33
エンジン型式 VQ35DE(NEO)
運転タイプ 6MT

全長×全幅×全高
 4310mm×1815mm×1315mm
室内寸法 長×幅×高
 1005mm×1475mm×1100mm
ホイールベース 2650mm
トレッド前/後 1535mm/1540mm
最低地上高 120mm
車両重量 1430kg
乗車定員 2名
最小回転半径 5.4m
燃料消費率|10・15モード 9.7km/L
駆動方式 後輪駆動(FR)
ステアリングギヤ形式
 パワーアシスト付ラック&ピニオン式
サスペンション 前・後
 マルチリンク式 ・ マルチリンク式
主ブレーキ 前・後
 ベンチレーテッドディスク式(前後共)
タイヤ
 F : 225/45R18 91W
 R : 245/45R18 96W
種類・シリンダー数 DOHC・V型6気筒
シリンダー内径×行程 95.5mm×81.4mm
総排気量 3.498L
圧縮比 10.3
最高出力
 206kw[280ps]/6200rpm
最大トルク
 363Nm[37.0kgm]/4800rpm
燃料供給装置 ニッサンEGI(ECCS)
使用燃料・タンク容量
 無鉛プレミアムガソリン・80L
変速比
 第1速 3.794
 第2速 2.324
 第3速 1.624
 第4速 1.271
 第5速 1.000
 第6速 0.794
 後 速 3.446
最終減速比 3.538


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。