六 輪 生 活

街歩きとバイクとクルマが好きです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

九州帰省ドライブ・・・・帰京編 その2 梅小路蒸気機関車館

前回《記事》の続きです。


今日はいよいよ最終日です。
朝起きて窓を開けると、ホテル厨房の通用口にネコが待ち構えてしました。

09_0913_九州帰省ドライブ_001

そろそろ朝飯の時間ですね。


西脇市のホテルを7時過ぎにチェックアウトし高速道路に乗りました。
懸案だった京都立ち寄りですが、今回は思い切って実行することにしました。
問題はクルマの取り回し。
梅小路蒸気機関車館は隣接して駐車場があるのはわかってましたが、伏見稲荷や祇園周辺はどうか・・・・。
色々と考えた末にたどり着いた考えは、梅小路蒸気機関車館の駐車場にクルマを停めたらそこを基点にしてバスと電車で回ろうという手。
駐車料金もさほど高くないし。
料金は2時間まで700円、その後1時間ごとに200円と東京都内から比べたら半額に近い安さです。
おまけに梅小路蒸気機関車館に入ると駐車料金の割引が受けられます。

ちょっと早めに出すぎたようで、このまま走ると梅小路蒸気機関車館の開館時間より大幅に早くついちゃうことになってしまうので、途中で下道に下りました。
ところが下道は思った以上に流れが悪く、かなり時間が経ってしまいました。
結局梅小路の駐車場《MAP》にクルマを入れたのは開館時間を30分ほど経過した時間でした。


入館チケットを買い、資料展示はパスしてまっすぐ扇形機関車庫に向かいました。

09_0913_九州帰省ドライブ_002

転車台を中心にして線路が放射状に伸びる様は壮観でした。
扇形機関車庫を真正面から撮りたかったんですが、アングルが限られており無理でした。


ここの機関車庫の間口数は20。
ちなみにこの前行った豊後森《MAP》は12で、もう一つ有名な津山《MAP》は17。
梅小路蒸気機関車館は現存する扇形車庫では日本一の規模です。
ここでは19両の蒸気機関車が保存され、うち7台が動態保存で、うち5両は今でも車籍があるそうです。
車籍があるとかないとかっていうのは、具体的にどういうことなのかはわかりませんが・・・。
車籍がないと本線を走れないっていうことでしょうか?


ウロチョロしてると、ブシューッという大きな音が聞こえてきました。
何だろうと駆けつけてみると・・・・。

09_0913_九州帰省ドライブ_003

なにやら準備中みたいですよ。
どうやら動態保存されてる機関車の体験乗車が始まるようです。
あちこちから蒸気らしき煙がでてて、作業員の方が何か弁を調整してますが、なんの作業なのかは不明です。
それにしても動輪が大きいですね。
蒸気機関車のスタイリングの良さはこの大きな動輪にあると思います。


準備が終わったようです。

09_0913_九州帰省ドライブ_004

黒い煙や白い蒸気を吐き出す機関車はまるで生き物のようです。
蒸気機関車が魅力的なのは、こうやって全身で動いてる感があるからでしょうね。
客車は遊園地の列車みたいな貧相なもの。
これはダメでしょう!!
本格的な客車を用意して欲しかったところです。


転車台越しに。

09_0913_九州帰省ドライブ_005

もちろんこの転車台は現役バリバリです。


準備を終えたスチーム号が動き出しました。

09_0913_九州帰省ドライブ_006

往復1kmの道のりを約10分で行き来します。
汽笛の音が哀愁をおびていて良い感じ。
このスチーム号は4台の動態保存機関車を定期的に使いまわしてるらしいです。
今日のスチーム号は見てのとおりC61-2型です。
型式の頭のアルファベットは動輪の数を示しており、Aは動輪1軸、Bは2軸、Cは3軸、Dは4軸、Eは5軸だそうです。


機関車の運転台。

09_0913_九州帰省ドライブ_007

ワケのわからないメーターやバルブがゴチャゴチャついてて全くちんぷんかんぷん。
こんなのを動かせる人って凄いですよね。
運転席=巨大なボイラーの焚き口ですから夏はものすごい暑さでしょうね。
大変そうです。
そのかわり冬は快適かも?


梅小路蒸気機関車館を楽しんだら、次は伏見稲荷です。
京都駅に通じるバス停へ向かったのでした。


つづく


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

 
スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/10/30(金) 22:06:27|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

クリスタルライン→ぶどう峠ツーリング

10月11日にクリスタルライン→信州峠→ぶどう峠という定番コースへツーリングに行ってきました。
気持ちの良い秋晴れの中、朝9時ごろ出発。

中央道上野原ICから奥多摩周遊を経て、R411へ。
柳沢峠で一休み。

09_1011_CL・ぶどう峠ツーリング01

富士山が綺麗に見えました。
この辺りはまだ紅葉には早いようですね。


塩山からは杣口林道にてクリスタルラインへ標高を上げていきます。
クリスタルラインへ入ってすぐの乙女高原《MAP》でバイクを止めました。
ここは何度も来てますが、バイクを降りて歩くのは初めてです。

09_1011_CL・ぶどう峠ツーリング02

白樺の黄葉が始まってました。


09_1011_CL・ぶどう峠ツーリング03

ススキの穂も秋の日差しで輝いていました。


遊歩道を奥まで歩いていきます。
思った以上に奥まで延びており、行き止まりまで歩くと・・・。

09_1011_CL・ぶどう峠ツーリング04

真正面に富士山が見えました。
ここから富士山が見えるってのは思っていなかったのでちょっとビックリ。
もっとクリアに晴れた日なら絶景が撮れそうな気がします。


ここでカメラにトラブル発生。
シャッターを切るとミラーが上がったままになり撮影不能に。
エラー表示でカメラとレンズの通信不良ってことだったので接点を掃除しましたが効果なし。
現場ではどうしようもなく、撮影続行はあきらめました (+。+)


乙女高原を後にし、クリスタルラインを淡々と走りました。
信州峠を越えた先にある行きつけの蕎麦屋『善慶庵』《MAP》にてランチタイム。

09_1011_CL・ぶどう峠ツーリング05

盛りそば(800円)也。
お蕎麦以外にサラダやお新香、デザートがつきます。
レタスはシャキシャキして美味しいです。
春先だともっと甘みがあって絶品です。


お腹がいっぱいになったところで走行再開。
馬越峠を越え、ぶどう峠をバシバシ走って帰ってきました。


後日、壊れたカメラは新宿のサービスセンターに持ち込んだところ、レンズの絞り機構もしくはIS(手ぶれ防止)機構のどちらかに異常があるとの診断でした。
先週木曜日には修理から上がってきました。
結局原因は絞り機構の不具合でした。
費用は19000円。
金欠なのにこの出費は大いに痛かったのでした (+。+)


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

  1. 2009/10/28(水) 20:35:11|
  2. ツーリング (DR-Z400SM)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

九州帰省ドライブ・・・・帰京編 その1

前回《記事》の続きです。


いよいよ今日は帰京日。
あいにく朝から雨が降ってます。
クルマだから良いものの、バイクだったら大変だったはず。
2007年のGWにバイクで帰省したときは行きも帰りも雨に降られました。《関連記事-1関連記事-2
九州方面はボクの晴れ男力が及ばない範囲のようです(笑)

朝食を食べたら両親に別れを告げ、朝8時ごろ九州自動車道に乗りました。
淡々と東へ向かってクルマを走らせます。
基本的に走行車線キープ。
タイヤの溝がそろそろ浅くなり始めてるので要注意です。

それでも昼前にはだんだんペースが速くなりがちに。
これはいかんとペースを下げてもまた気がつくとペースが上がってます。
こういう場合はSAに入って気分をリセットです。


09_0912_九州帰省ドライブ_01

うっとうしい雨ですね~。


今夜の宿は行きと同じく西脇市のホテル《MAP》。
このまま直行するのはつまらないので、ちょっと寄り道することにしました。
実はこの西脇市の南部にある三木市《MAP》はボクが小学校4年生から6年生まで2年間過ごした場所です。
たった2年間だけでしたが楽しい思い出が一杯あって忘れられない場所です。

高速を手前で降り、三木市方面へ。
自宅のあった住宅街に立ち寄ってみました。
ボクが覚えてたのよりはるかに小さく狭い住宅街でちょっとビックリ。
こんなにこぢんまりしてたっけ??
自宅のあった場所はもう周りの環境が変わっていて見分けがつきませんでした。

続いて通った小学校を訪ねてみます。
当時毎日通ったはずの通学路もうろ覚えになってて、迷いつつも正門前に辿り着きました。


09_0912_九州帰省ドライブ_02

手前に併設されてたはずの木造の幼稚園が撤去され、校舎が丸見えになってました。
ここではいろんな思い出があります。
休み時間には散々コマ回しをしたっけ。
爆竹をバラして爆破実験をしたり。
大喧嘩もやらかしたし。
スカートめくりも・・・・いえ、してません(笑)


09_0912_九州帰省ドライブ_03

遊び場だった金剛寺というお寺さん。
当時の面影は残ってないです。
もっと閑散としてたはずですが・・・・。
背後の雑木林にカブトムシとかクワガタを捕りによく来たものです。


こうしてちょっと懐かしい思い出を感じつつ、宿に向かったのでした。
明日はいよいよ自宅に着くわけですが、その前に京都に立ち寄るか否かでかなり悩みました。
ホテルにあるパソコンでいろいろと調べ、行くのであればここ!!ってのは決まりましたが、立ち寄ると夜遅くなるしでちょっと迷いどころです。
明日の気分しだいでってことにしてさっさと寝てしまったのでした。


つづく


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿
 
 
  1. 2009/10/26(月) 19:40:39|
  2. ドライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

九州帰省ドライブ・・・・ご近所散歩

前回《記事》の続きです。


九州帰省も終盤になり、明日は帰京の途につくという日の午前中、両親の散歩に付き合いました。

母は若いころから関節リウマチを患い、今もなお苦しんでいます。
関節リウマチは自己免疫の異常により発生すると考えられ、未だ完治療法が無い不治の進行性の病です。
体中の関節を侵されるために痛み、関節部の変形、そして酷くなると関節が消失してブラブラになり動かなくなります。
近年になって進行を遅らせる治療薬が開発されたようですが、母の場合すでに手遅れでした。

父は定年後、ずっと母の看病に付っきりで家事もすべて自分一人でこなしています。
料理・洗濯・掃除などなど。
ボクが手伝うと申し出ても、ほとんど何もやらせようとしません。
何でも自分流でやらないと気が済まない完璧主義者なので。
毎日の献立とかを綿密に表にし、買い物計画を立てます。
調味料もミリグラム単位で計ってるんじゃないかっていうくらいの厳密さ。
食器洗いなどは半ば強引にボクがやってますが、どうも気に入らないみたいです (笑)
ボクは食器を洗うのと拭くのは職人並みに速いと自負してますが、父の目には気に食わないようで何か言いたげな目でジロジロ見てます。

去年は症状が酷くほとんど母は寝たきり状態でしたが、今年に入って何とか起きることができるようになりました。
リハビリのため、毎日午前中に4kmほどの散歩に出かけます。
動くのは痛みを伴いますが、動かないとほんとに動けなくなってしまうので。


09_0911_九州帰省ドライブ_01

車椅子に乗って出かけ、クルマ通りの無い安全で平坦な場所ではこうして車椅子につかまりながら歩きます。
細かい動きはできませんが、股関節に人工関節を埋め込む手術をしたおかげで脚は何とか動くようです。


実家の近くには田畑が広がり、昔からの農家も多いのでところどころ良い感じの景色に出会うことがあります。
最近、父は写真が趣味になってるそうで、こういった田園風景を撮るのが好きなようです。
ボクが持ってたコンデジはすべて父に召し上げられてしまいました。
ボクは何の変哲も無い田園風景を撮るような境地ではないのですが、歳をとるとそんな風景が無性に良く見えてくるのかもしれません。

明日はいよいよ帰京です。


つづく


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

 

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2009/10/22(木) 19:38:09|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

今日の空

自宅から見た空

今日は身体の調子が悪く、お休みの日にしました。
夕方になって空を見上げるとウロコ雲が。
どんどん秋らしくなってきますね。

昭和記念公園のコスモスの丘MAP》では400万本のコスモスが満開を迎えてるそうです。
近日中に行きたいと思ってます。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

 

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2009/10/20(火) 19:22:45|
  2. 風景写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

九州帰省ドライブ・・・・志免鉱業所竪坑櫓 再訪

九州帰省ドライブレポートの続きです。

2週間にわたる実家滞在も残り少なくなってきた9月10日。
志免町にある志免鉱業所竪坑櫓《MAP》を訪れることにしました。
ここは2007年の5月にも来たことがあります。《前回記事
そのとき撮った写真に満足できないままだったので撮り直しってことです。


今日はとてもいい天気。
気持ちのいい青空が広がっており、絶好の撮影日和です。
でも暑いのなんの。
暑さに負けず、今回は三脚を立ててじっくり撮ろうと思います。


まずはオーソドックスに一枚。
左手の木や背景のボタ山の配分に注意して撮りました。
・・・・・といっても、タワーの周りをグルグル回りながら何枚も撮った中の一枚です。

09_0910_九州帰省ドライブ_001

真っ青な空に要塞のようなタワーが映えます。


ここでこのタワーの概要を書き出しておきます。
正式名称は『志免鉱業所竪坑櫓』といい、旧日本海軍によって建てられました。
竣工は昭和18年(1943年)。
当時の主力エネルギー源は石炭ですからその採掘は軍事的にとても重要な意味を持ちます。
この竪抗櫓は地下約430mの炭坑から石炭を地上に搬出するために作られました。
上部に1000馬力もの巻揚げ機が据えられ、昼夜を問わず働いていました。
終戦後は所有者が国鉄に変わり、蒸気機関車の燃料としての石炭を採掘していました。
その後、エネルギー源が石炭から石油に代わっていくにつれこの竪坑櫓は役目を終え、昭和39年(1964年)に閉山されました。
現在のこの形状の竪坑櫓が残ってるのは世界でもここ志免町、中国の龍鳳炭鉱、ベルギーのトランブルール炭鉱の3つしか無いそうで、世界的にも貴重な近代遺産です。
この竪坑櫓は2007年7月に登録有形文化財に指定されました。

前回ボクがここを訪れたのは2007年の5月でしたが、そのときは登録有形文化財に指定される前のことでした。
そのときは積極的な修復工事は行わない『見守り保存』という形でしたが、登録有形文化財になってその辺はどうなるんでしょうか?
そこまではわかりません。


09_0910_九州帰省ドライブ_002

タワーの周りはぐるっとフェンスが張り巡らせられており、立ち入り禁止ゾーン。
なにやらデンジャラスな雰囲気がプンプンしてます。
痛みがかなり激しいので実際大きな地震でもあったら倒壊してもおかしくないですからね。


このタワーから発せられる強烈な威圧感をどうやって表現するか・・・・・
今回の撮影はそれが大きな課題でした。
何枚も撮って選んだのはこの写真。

09_0910_九州帰省ドライブ_003

敢えて空を入れず、真正面をドーンと画面いっぱいに撮りました。
そこそこ威圧感は表現されてるような気がします。


このタワーの質感を表現しようと撮った写真。

09_0910_九州帰省ドライブ_004

鉄筋が露出し、痛々しい姿。
でも不思議と悲壮感は無く、どちらかというと猛々しいオーラが感じられます。


09_0910_九州帰省ドライブ_005

リズミカルに並んだ窓の陰影が印象的。
荒れたコンクリート面がやはり荒々しいオーラを出しています。


09_0910_九州帰省ドライブ_006

空には鱗雲が。
もう秋の気配がそこまで来ています。


09_0910_九州帰省ドライブ_007

タワーの断面図。
高さは47.6mと記されていますが、これは現状地盤面からの高さ。
このタワーが活躍していたときはもう一層分下に地盤面があったようです。
このタワーで地下深くから石炭が引き上げられ、列車に積み込んで運ばれていったそうです。


今回はこのタワーがもつ強烈なオーラを捉えようと頑張りました。
自分で見る限りは前回写真よりは撮れてると思います。
皆さんいかがでしょうか?


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

 

テーマ:廃墟系 - ジャンル:写真

  1. 2009/10/19(月) 20:10:53|
  2. 建築物写真・街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

クリスタルライン&ぶどう峠ツーリング

今日は天気が良いのでツーリングに行ってきました。
コースは奥多摩周遊→柳沢峠→杣口林道→クリスタルライン→信州峠→ぶどう峠→秩父・・・・
というボクの定番コース。

杣口林道では右コーナーで前輪が浮砂に乗り、あっという間もなくスリップダウン。
痛恨の転倒です ( ̄□ ̄;)!!
でも上下レザーウエア&各部プロテクタのおかげで右肘をちょっと打ち身した程度で済みました。
やはり装備は重要ですね。
とはいえ右のグローブの縫い目がほつれて大穴が開いてしまいました。
直さねば・・・・。

バイクはハンドルガードがちょこっと削れた程度で、その他はどこも傷ついていません。
オフ車、恐るべし。


今日はバイクが多かったです。
いったい何台抜いたことやら・・・・。
多分30台は抜き去ったような気が。

走行距離370kmのコースを8時間で駆け抜けました。
平均速度は46km/hに達しました。
捕まったら完全にアウトなペースです (≧▽≦)!!


先日の記事に書いたように今、常用レンズが修理中なので写真は一枚も無し。
もうそろそろ紅葉が良い感じになってきてました。


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿


 

テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

  1. 2009/10/18(日) 18:38:37|
  2. ツーリング (DR-Z400SM)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

江ノ島のネコ達 その2

前回《記事》の続きです。

交番前の広場はネコがたくさんいます。
江ノ島で最もネコ密度が高いエリアです。

09_0824_江ノ島の猫達_08

エスカー乗り場前の階段にもネコが昼寝中。
皆さん笑顔で通り過ぎるのはネコがほほえましいからなのか、それを撮りまくってるボクがおかしいのか・・・・・(^o^;)??


09_0824_江ノ島の猫達_09

このネコはさっき大通りですれ違ったネコです。 (前回記事の写真4枚目)
人馴れしつつも触られるのは苦手なようで、こうして触りまくってるとネコパンチをすばやく繰り出してきます。
ボクも負けじとすばやくパンチをよけつつ、触りまくり。
この手の運動神経はまだまだ衰えてないです ♪
ひとしきりネコと戯れたらさらに奥を目指して歩きます。


09_0824_江ノ島の猫達_10

お、さっそく別のネコが舌なめずりしながらやってきましたよ。
明らかにキャットフードの匂いを嗅ぎ付けてるようです (笑)
もちろんちゃんとあげました。
グレーの毛の色が綺麗なネコですね。

09_0824_江ノ島の猫達_11

えさをあげたら撮影タイム。
完全に手なずけたのでここまで寄っても全く平気です。
何してるの?って感じの表情ですね。


さらに奥へ歩きます。
サムエル・コッキング苑近くまで歩いたところ・・・・・

09_0824_江ノ島の猫達_12

真昼間から飲んだくれてヘベレケになってるネコを発見!!


09_0824_江ノ島の猫達_13

ちょっといい感じの茶店の庭でもネコがいました。
お客さんもお茶どころではなく、注目の的ですね。


そろそろおなかが空いてきました。
適当なお店に入って生シラス丼を注文。
お味は・・・・・・・う~む・・・・・いまいち。
鮮度が落ちてベチャベチャになってました (+。+)
鮮度のいいものはもっとプリプリしてますが・・・・。
生シラスを食べるならどうも午前中が良いようですね。


09_0824_江ノ島の猫達_14

終点近くの岩場にて。
おしっこタイムで出てきた黒ネコ。
黒ネコは総じてそっけないので撮れた写真はこれだけでした。
黒ネコと仲良くなれる方法ってないんですかねー??


おわり


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

 

テーマ:猫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/10/15(木) 21:09:16|
  2. 猫写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

レンズ故障

愛用のEF24-100 F4Lが先日故障しました。
今日、新宿のキヤノンサービスセンターに持ち込んだところ、絞りバネもしくはIS(手ブレ防止)機能の不具合ではないかとのことでした。
2006年9月に購入後、かなり酷使しましたからねー。
おそらく10万枚近くは撮ってるはず。
だいぶ疲れがたまっての故障だと思います。

修理費は最大で18,000円ほどかかるとのこと。
金欠の今、痛い出費ですが常用レンズなので放置もできず、修理を依頼しました。
期間は意外に短く、1週間程度とのことでした。

戻ってくるのが待ち遠しいです。


 
  1. 2009/10/14(水) 23:20:52|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

江ノ島のネコ達 その1

もうずいぶん前になりますが、8月の後半に江ノ島に遊びに行ってきました。
お目当ては島中にたむろするネコ達の撮影です。
先回《関連記事-1関連記事-2》は冬に来たんですが、そのときネコの多さに驚いて以来、機会を伺ってました。
今回は生シラスが食べられるシーズンってこともあり、それもお目当てです。

昼食は自宅でとってから出たので江ノ島到着は1時過ぎでした。


09_0824_江ノ島の猫達_01

お、早速いましたよ ♪
今日は暑いので木陰で涼をとるネコ。
石の上はヒンヤリしてて気持ちが良いんでしょうね。


09_0824_江ノ島の猫達_02

くつろぎの大あくび。
地面に腹ばいになって撮ってます。
大通りの脇で腹ばいになるのも最近は平気になってきました (笑)


09_0824_江ノ島の猫達_03

道端にはネコ募金箱が。
主旨は見ての通り。
もちろんボクも募金させていただきました。


09_0824_江ノ島の猫達_04

ネコが向こうから歩いてきました。
野性味の強いネコはこうしてモノ伝いに歩きます。
この子とは後でもう一度会うことになります。


09_0824_江ノ島の猫達_05

江ノ島駐在所の前で。
この辺りはネコの溜まり場です。


09_0824_江ノ島の猫達_06

おもむろにバッグから取り出したるは・・・・『モンプチ(天日干し小魚入り)』
封を切った瞬間に激しく反応 (≧▽≦)!!
手にとって食べさせてあげるとネコの舌のザラザラが快感です (笑)


09_0824_江ノ島の猫達_07

それにしてもこの駐在所、お巡りさんが居たことがありません。
パトロール中とか言いつつ、昼寝してると見ました。
この駐在所を守るのは実質、このネコ達です (^o^)


続く


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

 

テーマ:猫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/10/13(火) 20:44:27|
  2. 猫写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

九州帰省ドライブ・・・・阿蘇・別府・高千穂峡ドライブ編 その4 豊後森機関庫

前回の続きです。《前回記事


阿蘇を抜けた後は豊後森機関庫を一路目指しました。
現地《MAP》に着いたのは12時前頃でした。
途中のコンビニで買ったパンでお腹を満たしたら早速撮影開始です。


09_0908_九州帰省ドライブ_008

錆び付いた転車台。
使われなくなって約40年近く。
時の流れを感じさせます。


ここで豊後森機関庫の概要と近況をお話しておきます。
この豊後森機関庫は1934年に完成し、鉄筋コンクリート造の約1800㎡弱。
その後のディーゼル化の普及に伴い役割を終え、1970年に廃止されました。
扇形機関庫としては九州で唯一現存し、日本最大級の規模だそうです。
その後荒れるがままになっていましたが地元の方々がその存続を危惧し2001年に保存委員会を設立。
保存を求める「1万人の署名運動」を展開し、全国から目標を大きく上回る約2万3千人分の署名を集めました。
活動の高まりを受け、玖珠町が2006年にJR九州から跡地を購入しました。
そして2009年2月、経済産業省の「近代化産業遺産」に豊後森機関庫の扇形機関庫と転車台が認定され、保存活動に弾みがつきました。
 ※経済産業省 「近代化産業遺産群 続33」 → P.13参照
今年6月、豊後森機関庫保存委員会は現地を訪れ、専門家の協力を得て本格的な機関庫の現地調査を実施したことは全国ニュースにもなりました。
コンクリート強度のチェックのほか、ひび割れといった破損個所や屋上の防水状況など細部までに及ぶ調査内容をまとめ、保存に必要な技術や費用などを算出するそうです。
玖珠町は同町に残る九州唯一の鉄道遺産「豊後森機関庫」を観光と町民の憩いの場として整える「豊後森鉄道記念公園整備事業計画」を今年策定ました。
計画では、機関庫は可能な限り姿を変えずに耐震、耐火工事を実施。蒸気機関車(SL)を展示し、現在立ち入り禁止となっている機関庫内からも見学できるようにする予定で、車での乗り入れができるよう、駐車場を整備。
SLに関する品を集めた資料館を建設し、町民や観光客に鉄道の歴史や機関庫保存の意義を伝えることなどを検討しているそうです。
 ※保存活動の経緯についてはコチラに詳しく掲載されています。

整備されるとなると今の廃墟としての姿は見れなくなるワケで、撮るなら今しかないかも。
そういう意味で今回の撮影にはかなり力を入れました。


09_0908_九州帰省ドライブ_009

扇形の優美なカーブを描く機関庫ファサード。
まるで古代遺跡のような雰囲気があります。


09_0908_九州帰省ドライブ_010

内部もリズミカルに配置された柱が美しいです。
天井は経年の劣化により白いカルシウムの結晶が付着してます。
写真上部中央のフードは煙を吐き出すためのダクトです。


写真を撮っていると内部で何やら調査されてた玖珠町の担当者から声をかけられました。
保存関連の調査をしてらっしゃるそうです。
その方のお話によれば、柱は耐震強度的には大丈夫ですが、屋根の補修が一番大変だそうです。
防水工事含めウン千万という費用がかかるそうです。
また、壊れた窓をどうするかも問題だとか。
今では一般的でない鉄枠のサッシュですから、それを復元するかどうか・・・・。
埋め戻されてしまったピットもどうするか。
それらの予算をどう捻出するか。
一般公開に向けて課題は多いようです。
ボクは個人的には窓は当時と同じような鉄枠のサッシュを作り、ピットを復旧し、撤去されてしまったレールを敷き、なるべく現役だった頃の姿に戻して余計な手を加えないことを希望しておきました。


09_0908_九州帰省ドライブ_011

よく見ると、この扇形は曲線でなく、多角形になっているのが分かります。
その無骨さがまた良い感じです ♪


09_0908_九州帰省ドライブ_012

背部は高窓がズラリと並び、独特の表情をしています。
窓の表情は華奢な鉄枠のサッシュならではの味ですね。
アルミサッシュとかだと枠が太くなってしまうので、保存再生に向けてはやはり往年の鉄枠で復活させて欲しいものです。


09_0908_九州帰省ドライブ_013

写真の床面に草が生えてる部分は元々は整備用にピットになっていたものを埋め戻されてしまった部分です。
昔は掘り下げられたピットになっていて、機関車の底部を下から整備できるようになっていたそうです。


09_0908_九州帰省ドライブ_014

壁にはツタが這っており、使われなくなってからの年月の長さを物語っています。
こういうツタ系はボクの好みの被写体です。


09_0908_九州帰省ドライブ_015

南側に広がる水田越しに。
のどかな田園風景にすっかり馴染んでいます。
再整備に際してはぜひこの雰囲気を壊さない方向で臨んで欲しいと思います。


現地滞在は約1時間半。
一部を除いてほとんどが三脚を使用して丁寧に撮りました。
この姿を見れるのは今しかないと思うと、手持ちで手軽に撮ろうとは思えませんでした。


09_0908_九州帰省ドライブ_016

帰り際、JR豊後森駅をパチリと。
都内では滅多に見ないトラス形状の跨線橋が印象的でした。



この後は実家に向けてただ走るだけ。
・・・・と言いつつ、途中のワインディングではVTR1000とバトルに。
明らかにペースはボクの方が上ですが、なかなか道を譲って貰えず。
ちょっと長い直線で抜かせていただきました。

その後は交通量が増えてきたこともあって廻りにペースを合わせて走り、夕方4時頃には無事に実家に到着しました。
今回の燃費は思った以上の伸びで、一般道主体で10km/Lを確保しました。
信号が少ないのとこまめに5速を使用したのが効いたようです。


これで阿蘇・別府・高千穂峡ドライブ編は終わります  (^o^)丿


九州帰省の記事はまだつづきます《次回記事》。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

 

テーマ:廃墟系 - ジャンル:写真

  1. 2009/10/09(金) 19:28:15|
  2. 建築物写真・街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

九州帰省ドライブ・・・・阿蘇・別府・高千穂峡ドライブ編 その3

前回の続きです。《前回記事


暑さと疲れで国民宿舎『ホテル高千穂』《MAP》に戻ったときにはヨレヨレになってました。
明日の朝はクルマで行くことに決定。
もう歩くのはイヤです。
フロントのお姉さんに朝の状況を聞いてみると、早朝なら誰もいないから駐車場に入っても料金取られないですよという耳寄りな情報をゲット (笑)

夕食は7時半頃。
大豆が名産なのか大豆を使った料理が多かったです。
でも味付けが濃い、濃すぎる!!
ボクは実家は九州にありますが、生まれ育ちは関西なので好みの味付けは薄めです。
冷や奴とかは醤油一滴たらすだけで食べちゃいます。
豚カツとかもソースは一切かけないし。


そして翌朝は5時過ぎに起床。
6時前にクルマに機材を積んで昨日歩いて下った坂道を下りていきました。

昨日はウジャウジャいたボートも一切無く。
廻りにも誰もいません。

09_0908_九州帰省ドライブ_001

定番の構図ですが、コレ以外に撮りようがないってのが実情。
近景に枝をチョロッと入れ、中景に真名井の滝を配し、遠景には向こう側の隙間を・・・・・というように基本的な構図を組むとどうしてもこうなってしまいます。
光の具合はちょうど良く、白飛びや黒つぶれは抑えられました。
ここを撮るなら早朝が吉ですね。


定番写真だけじゃつまらないので少しでもオリジナリティを出そうと四苦八苦しますが・・・・。
今ひとつ決まらないです。

09_0908_九州帰省ドライブ_002

仕方ないので滝だけを撮ってみました。
綺麗は綺麗ですが何の滝だか分からないですね (^o^;)
でも朝の青みを帯びた光でちょっと良い感じです。


09_0908_九州帰省ドライブ_003

渓谷を跨ぐ橋の上から見下ろしで。
もう少し左に寄った方が良かったかも。
紅葉シーズンならこのアングルの方が綺麗かもしれませんね。


そろそろ朝飯タイムなので宿に戻らなくては。
昨日汗だくになった坂道もクルマなら楽ちん ♪
朝ご飯はバイキング形式。
ついつい食べ過ぎてしまってお腹がパンパン (笑)

8時頃には宿をチェックアウト。
今日の予定は、阿蘇を通過して北上し、豊後森の扇形機関車庫《MAP》を撮るつもりです。


09_0908_九州帰省ドライブ_004

初日に通った道を再び走ります。
まだ時間が早いので空いてて快適 (^o^)


09_0908_九州帰省ドライブ_005

途中通りかかった牧場にて。
どれが一番美味しそうかな~。
真ん中の背番号10番あたり良さげな気が・・・・(笑)
牛と馬が一緒くたになってるのがちょっと不思議な光景でした。
食ってしまえばどっちも同じですからねー。


09_0908_九州帰省ドライブ_006

陽が高くなるにつれ空気が澱んできました。
遠景もこの通り冴えない感じに。
見える街並みは阿蘇市街です。


09_0908_九州帰省ドライブ_007

阿蘇を通過し、途中で通りかかった田んぼにて。
もう刈り入れ寸前ですね。
今年の夏は天候不順だったので不作とも言われてますが、こうして見る分にはそんな気がしません。


こうして旅ももう終わりが近づいてます。
豊後森の扇形機関車庫は次回記事にしますね (^o^)/


つづく



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

 

テーマ:ドライブ - ジャンル:車・バイク

  1. 2009/10/07(水) 19:55:24|
  2. ドライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

九州帰省ドライブ・・・・阿蘇・別府・高千穂峡ドライブ編 その2

前回の続きです。《前回記事

この日は朝6時起床で7時前には宿をチェックアウトしました。
今日はこれから国宝の仏像を見学し、それから原尻の滝っていう滝を見てから高千穂峡に向かい、そこで2泊目をする予定です。

別府ICから大分道に乗り、臼杵IC《MAP》で一般道へ。
下道をちょろっと走るとすぐに臼杵石仏公園《MAP》に到着しました。
ここには今から遡ること900年余り前、平安時代後期から鎌倉時代に天然の岩壁を彫って作られた仏像(摩崖仏:まがいぶつ)が60体以上あり、うち59体が平成7年に国宝に指定されました。《関連HP

朝早いからタダで・・・・と期待したものの入口の発券所にはしっかりおじさんが待ち構えてました。
おじさん真面目すぎです (笑)


09_0907_九州帰省ドライブ_01

阿弥陀如来像。
国宝らしからぬヤンキー目線はいかがなものやら (笑)


09_0907_九州帰省ドライブ_02

大日如来像。
ここの仏像群の中で最も有名なのがコレ。
頭部が落っこちて足元に安置されている姿が印象的《写真》でしたが、近年の修復工事で元に戻され今の姿になりました。
気品のある顔立ちは誰が見ても心を打たれると思います。
頭部を修復するに際しては元に戻すか現状維持(落ちたまま)かで激しい論争が起こったそうです。
確かに迷うところですね。
下半身がかなり削られているのはこの岩壁が脆い凝灰岩であるために長い年月に風雨に晒され、自然に浸食されてこうなってるそうです。


朝早いので全部見て回っても誰も来ませんでした。
国宝を独り占めで堪能したら次は原尻の滝を目指して走ります。

R502を阿蘇方面に走ると10時前に原尻の滝《MAP》に着きました。
この滝は東洋のナイアガラとも呼ばれ、日本の滝100選にも選ばれてるそうですのでかなり期待してました。

09_0907_九州帰省ドライブ_03

東洋のナイアガラ・・・・・・・・・うーむ・・・・・・・・・微妙 (笑)
でも幅120m、落差20mというスペックは確かに日本でも有数の規模じゃないでしょうか?
ちなみに御本家のナイアガラの滝はこんな感じ 《写真

09_0907_九州帰省ドライブ_04

定番のスローシャッターで。
明るすぎてスローになりません。
PLフィルタをND代わりに着けてますがそれでも足りない感じ。
40Dは最低感度がISO200なのでこういうときは困りますね。
ISO50くらいから用意して欲しいところです。


09_0907_九州帰省ドライブ_05

スローがダメなら思い切って速いシャッター速度で撮ってみました。
ISO1600、F4.0でシャッター速度は1/3200です。
水のしぶき一つ一つを捉えることができました。
でもちょっと物足りないですね。
今日は曇りがちな晴れという天気で強い光が当たらない状態。
しぶきに直射日光があたってキラキラしてたら面白い写真になったかもしれません。


ここで過ごしたのは1時間半くらい。
もう11時を回ってます。
暑いので撮り終わったとこでソフトクリームを食べました。

お次は高千穂峡です。
原尻の滝からK7《MAP》を南下すれば高千穂峡へまっしぐらです。
途中で適当なお店があったらお昼ご飯を食べようと思いつつ走りました。
しかし行けども行けどもそんなお店はないどころか、道はどんどん奥地感たっぷりになってきます。
狭い上にタイトコーナーが多く、神経を消耗。
結局、約40km以上にも及ぶ峠越えに2時間近くかかってしまいました。
もう1時を回ってます。

とりあえず今夜宿泊の国民宿舎『ホテル高千穂』《MAP》にクルマを停め、高千穂峡には歩いて行くことにしました。
時間が時間だけにどうせ駐車場は満杯で高い料金を取られると思ったので。

その落差はおそらく80m以上あったでしょうか。
転げ落ちそうな急な下り坂とつづら折れの道を歩きつつ、帰り道が大変なのは明らかでちょっとウンザリしてきました。
重たいカメラバッグと三脚を担いでるからなおさらです。
お腹が空いたし暑いし・・・・・ (+。+)

下に下りきったら何か食べようと思ってましたが・・・・・食事を取れるようなお店は無し。
お腹が空いたより暑い!!の方が勝っててついついソフトクリームを食べてしまいました。
今日の昼食はソフトクリーム2本ってことで (笑)


09_0907_九州帰省ドライブ_06

高千穂峡唯一にして最大の見せ場はこの真名井の滝《MAP》です。
ホントにここ以外には見せ場はありません (笑)
高千穂峡の写真といえばこの滝を中心にしたものばかりですが、そのワケがハッキリ分かりました !!
もう少しアングルを調整できるかと思ってましたが・・・。

2時間かけて何枚も撮ってみましたがどうも今ひとつ。
理由は2つ。
 ①真っ昼間なので明暗差がありすぎてカメラのダイナミックレンジの範疇を越えてしまう。
 ②ボート多すぎ!! ウジャウジャ気持ち悪いくらいいます。
ってことで明日の早朝にもう1回撮りにくることに決定 ♪


・・・・・そして、猛烈な上り坂をフーフー言いながら上りきり、ホテルに戻ったのでした。



つづく



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

 

テーマ:ドライブ - ジャンル:車・バイク

  1. 2009/10/05(月) 20:10:23|
  2. ドライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

Goldberg Variations

バッハの作品の中でも特にお気に入りのゴルトベルク変奏曲。
このグレン・グールドの演奏で有名なわけですが・・・・・




Youtubeを漁ってて見つけた謎のお経バージョン




超気持ち悪っ ( ̄□ ̄;)

コメント欄には恥を知れとか、バッハ様に失礼だとか、超最低!とか書かれまくってますが。
ボク的にはオッケーです (笑)


ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

 

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

  1. 2009/10/04(日) 22:03:10|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ガレージ内でZにぶつけられました (+。+)

一昨日の夜、ガレージに停めてあったZにクルマを当てられてしまいました。
そのクルマの持ち主からマンションの管理会社を通じて電話があり、驚いてガレージに下りてみると・・・・

うわっ ( ̄□ ̄;)!!

09_0930_車庫内接触事故

バンパーに大きなキズが。
白っぽいのと黒いキズが混在してますが、今回の当てキズは黒い方です。
それからナンバープレートも端がグシャッとなっちゃってます。
白っぽいのは今年のお正月早々に近くの公園の駐車場で当て逃げされたときのもの。

今回はちゃんと申告があったので助かりました。
ガレージに下りてきた当てた方のクルマの持ち主とやりとりをし、相手側の保険で修理することになりました。
過失割合は当然ながら 0 : 10 です。

そして今日、日産のショップへZを持ち込みました。
整備担当の方によれば最近はこのくらいのキズが入っちゃうとバンパー交換となるようですね。
心配なのはラジエターなどバンパー内部のパーツに損傷が及んでいないかということです。
かなり強い力で押された形跡があるので・・・・。
その点はちゃんとチェックしてもらうよう担当者にお願いしておきました。

バンパー交換となれば正月にやられた当て逃げのキズも一緒に直っちゃうってことで、ちょっとお得感があります。
損傷がパンパーとナンバープレートだけなら1週間程度で直るそうです。
それまでは代車の日産キューブ(AT)に乗ることになります。
久々のATなのでセレクタレバーの動かし方が分からず (笑)
アクセル踏むだけで動いちゃうATってMTに慣れた身には怖い乗り物ですね。
ハンドルも異様に軽いし。
怖々走って帰宅しました。


テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2009/10/02(金) 19:49:37|
  2. クルマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

プロフィール

kazu_hiro

Author:kazu_hiro
kazu_hiro

■居住地:神奈川県
■性別:♂
■クルマ
 Nissan Z33
  2003.6~
■バイク
 Suzuki DR-Z400SM
  2005.7~
 KTM 690 DUKE R
  2011.4~  
■カメラ
 Canon EOS 30D
  2006.6~2010.01
 Canon EOS 40D
  2007.11~2010.01
 Canon EOS 5D MarkII
  2010.01~
 Canon EOS 5D MarkIII
  2013.06~ 
 Canon EOS M2
  2014.01~

■レンズ
 Canon EF24-105 F4L
  2006.09~
 Canon EF100-400 F4.5-5.6L
  2007.12~
 Canon EF70-300 F4.5-5.6
  2006.09~
 Canon EF50 F1.4
  2010.08~
 Canon EF-S60 F2.8 Macro
  2006.07~~2010.01
 Tokina AT-X124 Pro F4
  2007.10~~2010.01
 Tokina AT-X M100 PRO D F2.8
  2008.04~
 Canon EF28 F1.8
  2010.12~
 Tokina AT-X 16-28 F2.8 PRO FX
  2011.12~
■三脚
 Velbon Neo Carmagne 640
  2006.07~
 Velbon El Carmagne 445
  2008.04~

カレンダー(月別)

09 ≪│2009/10│≫ 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ツーリング (KTM 690 DUKE R) (83)
ツーリング (DR-Z400SM) (57)
ツーリング(その他) (11)
バイク (KTM 690 DUKE R) (18)
バイク (DR-Z400SM) (6)
ドライブ (32)
クルマ (5)
風景写真 (150)
建築物写真・街歩き (278)
工場風景 (14)
熱気球 (28)
猫写真 (22)
飛行機 (10)
ブツ撮り (11)
フォトコンテスト (0)
カメラ (7)
音楽 (7)
マメ知識 (9)
その他 (110)
ラムジー・ハント症候群闘病記 (4)
未分類 (0)
読書 (4)
映画 (1)
鉄道 (2)

ユーザータグ

キリスト看板  無理やり店名  

人気ブログランキング

PIXTA

写真販売始めました

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
1297位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
466位
アクセスランキングを見る>>

ブログ仲間

このブログをリンクに追加する

レポート

■ ツーリング・レポート集
■ ドライブ・レポート集
■ DR-Z スピードセンサ交換記
■ 関東街歩きマップ

旧ブログ

六輪生活(LoveLog)

検索フォーム

車両情報


◆KTM690DUKE R('10)主要諸元
型式 690DUKELDU47
エンジン種類
 水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒
総排気量 690cc
内径/行程 102/84.5mm
最高出力 70ps(51.5kW)/7500rpm
最大トルク 70Nm/5500rpm
圧縮比 12.5:1
始動方式 セル式
変速機 6速
変速比
 第1速 2.500
 第2速 1.750
 第3速 1.333
 第4速 1.095
 第5速 0.957
 第6速 0.870
減速比(1次/2次) 36:79/16:40
潤滑方式
 2個のオイルポンプによるオイル圧送式
エンジンオイル モトレックス SAE 10W-60
クラッチ形式
APTCスリッパークラッチ 油圧操作式
燃料供給方式
 ケイヒン電子制御フューエルインジェクション

全長/全幅/全高 2122/830/1243mm
フレーム クロームモリブデン鋼
サブフレーム アルミニウム
ハンドルバー アルミニウムφ28/22mm
フロントフォーク
 WP倒立フォークφ48mm
リアサスペンション
 WPモノショック・プロレバーリンク
サスペンションストロークF/R 140/140mm
ブレーキF/R
 ディスクブレーキ φ320/240mm
リムF/R 3.50×17 5.00×17
タイヤF/R 120/70R 17 160/60R 17
サイレンサー ステンレススチール
ステアリングヘッド角 63.5°
軸間距離 1472±15mm
最低地上高(無負荷) 155mm
シート高(無負荷) 865mm
燃料タンク容量 約13.5L/2.5Lリザーブ
半乾燥重量 約148.5kg(燃料含まず)
乗車定員 2名
生産国 オーストリー


◆DR-Z400SM('05)主要諸元

型式 BC-SK44A
全長 / 全幅 / 全高
2225mm/870mm/1,185mm
軸間距離/最低地上高
 1,460mm/260mm
シート高 / 乾燥重量 870mm/133kg
最小回転半径 2.6m
キャスター/トレール 26°15’/94mm
タイヤサイズ
 F: 120/70R17M/C 58H
 R: 140/70R17M/C 66H
 (リム幅4.5inch)

エンジン型式
 K419・水冷・4サイクル・単気筒
弁方式 DOHC・4バルブ
総排気量 398cm3
内径×行程 / 圧縮比
 90.0mm×62.6mm/11.3
最高出力 29kW[40PS]/7,500rpm
最大トルク 39Nm[4.0kgm]/6,500rpm
キャブレター形式 BSR36
潤滑方式 / 潤滑油容量
 ドライサンプ式/1.9L
燃料タンク容量 10L(リザーブ2L)
定地燃費 40km/L (60km/h)
変速比
 1速 2.285
 2速 1.733
 3速 1.375
 4速 1.090
 5速 0.863
減速比(1次/2次) 2.960/2.733


◆Z33('02)主要諸元

車種 フェアレディZ/クーペ/2WD
車名型式 UA-Z33
エンジン型式 VQ35DE(NEO)
運転タイプ 6MT

全長×全幅×全高
 4310mm×1815mm×1315mm
室内寸法 長×幅×高
 1005mm×1475mm×1100mm
ホイールベース 2650mm
トレッド前/後 1535mm/1540mm
最低地上高 120mm
車両重量 1430kg
乗車定員 2名
最小回転半径 5.4m
燃料消費率|10・15モード 9.7km/L
駆動方式 後輪駆動(FR)
ステアリングギヤ形式
 パワーアシスト付ラック&ピニオン式
サスペンション 前・後
 マルチリンク式 ・ マルチリンク式
主ブレーキ 前・後
 ベンチレーテッドディスク式(前後共)
タイヤ
 F : 225/45R18 91W
 R : 245/45R18 96W
種類・シリンダー数 DOHC・V型6気筒
シリンダー内径×行程 95.5mm×81.4mm
総排気量 3.498L
圧縮比 10.3
最高出力
 206kw[280ps]/6200rpm
最大トルク
 363Nm[37.0kgm]/4800rpm
燃料供給装置 ニッサンEGI(ECCS)
使用燃料・タンク容量
 無鉛プレミアムガソリン・80L
変速比
 第1速 3.794
 第2速 2.324
 第3速 1.624
 第4速 1.271
 第5速 1.000
 第6速 0.794
 後 速 3.446
最終減速比 3.538


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。