六 輪 生 活

街歩きとバイクとクルマが好きです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

九州帰省ドライブ・・・・阿蘇・別府・高千穂峡ドライブ編 その1

少々間が開きましたが前回の続きです。《前回記事
実家に落ち着いて約一週間が経過。
今回はせっかく九州まで来たんだから滅多に行けない場所を巡ろうと2泊3日のプチドライブを企画してました。
阿蘇周辺の景色を楽しみ、国宝の仏像見学、高千穂峡、豊後森機関車庫などがメインディッシュです。
天気予報をにらみつつタイミングを計り、出発は9月6日(日)としました。
日曜日を絡めたのはもちろんETC休日割引を使って一気に阿蘇入りするためです。

当日の朝、朝食を取ったらすぐに出発。
高速道路に乗り、大分道の九重IC《MAP》で下道に下り、阿蘇を目指します。

日曜日なのでクルマもそこそこいましたが要所要所で追い越しをかけつつマイペースで走ります。
阿蘇が近づいてくると両脇の樹林が消え、見晴らしのよい快走路になります。


09_0906_九州帰省ドライブ_02

バイクもたくさん走ってました。
爽やかな高原を走るのは気持が良いでしょうねー ♪
かなり以前にバイクでこの辺りを走ったことがありますが、路面ばっかり見てて景色は全く覚えてません (^o^;)


09_0906_九州帰省ドライブ_01

辺りでは肥後の赤牛が放牧されてました。
美味しそうですね~ (^o^)
『歩き回るがゆえに、無駄な脂肪分が少なく、赤身には鮮やかな赤色と光沢があり、牧草をたくさん食べた証である黄色がかった脂肪など、和牛本来の自然な風味を持ちます。
たくさん食べても胃にもたれず、さっぱりとした後味です』
だそうですよ。
じゅるるっ (笑)


09_0906_九州帰省ドライブ_03

今日は快晴。
この辺りの山は皆こんな感じで、木が少ないハゲ山です。
火山性の土壌で土地が痩せてるからでしょうか?


09_0906_九州帰省ドライブ_04

草千里ヶ浜《MAP》にて。
ここでは乗馬体験ができます。
ボクは柴犬より大きい動物は怖くて近寄れないタチなので乗馬体験はパス。
熊本といえば馬肉が有名ですが、食われたり人を乗せられたりと、馬にとって熊本は鬼門ですね ( ̄□ ̄;)!
熊本生まれの馬に生まれつかなくて良かったです (笑)


09_0906_九州帰省ドライブ_05

Zも一休み。
当て逃げされたり自分で擦ったりとFバンパーは傷だらけですが、まとまったお金が入ったら直そうと思ってます。
この写真じゃ分からないですかね?


阿蘇周辺を一筆書きで周遊しつつ景色を楽しんでいたとき、ふと気付けば背後にハーレー・スポーツスターが迫ってきます。
即座にスイッチオン!!
ダッシュ開始で数コーナーでミラーから消えました (≧▽≦)


もうそろそろ阿蘇周辺にお別れして今夜の宿のある別府に向かわねば。
湯布院を過ぎ、由布岳の麓を走るK11は快走路でした。

09_0906_九州帰省ドライブ_06

いかにも気持ちよさそうですよねー (^o^)/


09_0906_九州帰省ドライブ_07

展望台《MAP》からは由布岳とその麓を走るK11が両方眺められます。
豪快さが味わえる快走路です。


別府の中心地からやや離れた宿はビジネスホテル《MAP》。
夕食は経費節減のためコンビニ弁当で済ませました。
明日は高千穂峡の国民宿舎に宿泊予定なので美味しいものはそこで食べられるはずです。


つづく



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

スポンサーサイト

テーマ:ドライブ - ジャンル:車・バイク

  1. 2009/09/30(水) 20:37:37|
  2. ドライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

またもや・・・巾着田の曼珠沙華

今月20日《関連記事》に引き続き、25日にもまた行ってきました。
前回はコントラストの強い硬調なタッチの写真が多かったので今度は穏やかなのを撮ろうってわけ。
今回のメインレンズもEF 100-400 F4.5-5.6L。
三脚は持っていきませんでした。

高麗駅から現場までの途中にある河渡りに懲りずにリベンジ。
今度は失敗しませんでした。
三脚が無い分、跳躍力が増したんでしょう (笑)

平日だってのにこの日も客がわんさかいました。
前回撮った早咲きエリアの花は早くも萎んでしまっており、遅咲きエリアを目指します。
現地入りするなりアイスクリームで涼をとりました。
今日はやや暑いです。


09_0925_日高巾着田の曼珠沙華_01

茎の鮮やかなグリーンを背景にして。
何でもない写真ですが、実際にこんな風に撮れる場所は限られてます。
それを探すのが写真の醍醐味ですね。


09_0925_日高巾着田の曼珠沙華_02

もう赤とんぼがいました。
否応なしに季節は秋に向かっているんですね。


09_0925_日高巾着田の曼珠沙華_03

花がまるでダンスを踊ってるかのような光景に出くわしました。


09_0925_日高巾着田の曼珠沙華_04

爽やかなグリーンを背景にしてシベを強調。
クモの巣のかかってないのを丁寧に探して見つけました。



今回は前回より早めに引き上げ。
西武池袋線で高麗から東飯能に出て八高線へ。
・・・・・・えーと、次の列車は・・・・・・ん?30分後・・・・・・・・ ( ̄□ ̄;)!!

09_0925_日高巾着田の曼珠沙華_05

東京近郊にこんなスカスカの時刻表が存在するとは・・・・・。
驚愕の事実です (笑)

仕方ないので駅併設の『マルヒロ』なる聞いたこともない百貨店に入り、備え付けの椅子に座って時間を潰しました。
結局、撮影より列車の乗り継ぎで疲れてしまったのでした。


ちなみに、山手線は朝のピーク時は1時間に24本が運行されてます。《時刻表
平均すると2.5分おき。
これほど頻発するなら時刻表要らないですよね。


おわり。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

 

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/09/28(月) 19:08:07|
  2. 風景写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

日高市 巾着田の曼珠沙華

今月20日、埼玉県日高市にある巾着田の曼珠沙華MAP》を見に行ってきました。
広い雑木林の中に一面に咲く曼珠沙華の群生は見応え充分です。
他県からも観光バスで訪れる客がいるほどで、全国的にも有名な群生地です。
元々は自然に群生地になっていたものを、現在は人為的に球根を植え、群生地を拡大することにより今のような姿になっているそうです。

カメラの被写体としてもとても魅力的で今回で3年目になります。
いつもはクルマで行ってますが、今回はシルバーウィークど真ん中&ETC休日割引のせいでもの凄い渋滞になると思ったので、電車を乗り継いで行きました。
乗り換えが多いので結構大変ですが・・・。

最寄りの高麗駅(西武池袋線)から現地までの間に河渡りの部分《MAP》があります。
ちょっと遠回りをすれば橋があるんですが、近道したい人は河渡りをしないといけません。
コンクリートの堰と堰の間を3連ジャンプしなければいけない部分があるんですが、ボクは2つ目でまさかの失敗。
左脚がすっかりずぶ濡れになってしまいました・・・・恥ずかしいし・・・・ ( ̄▽ ̄;)
ボクの失敗を目の当たりにした後続の人はしっかり靴を脱いで渡ってました (笑)


この日は快晴。
木漏れ日がスポットライトのようになってあちこちに陰影を作っています。
今回はこの陰影をさらに強調し硬調なタッチの写真をメインに撮ってみました。

09_0920_巾着田の曼珠沙華_01

09_0920_巾着田の曼珠沙華_02

コントラストと色の濃度を上げるとこんな感じの絵になります。
シャドウの中の赤の配分に留意しながら撮りました。


今回のメインレンズはEF 100-400 F4.5-5.6L 。
恐ろしく重たいレンズですが、カリッとしたシャープな描写が得意なレンズでこういう被写体にはピッタリなレンズです。
三脚も持っていきましたが、人があまりにも多く、迷惑になるので今回は使いませんでした。


お次はハイキーな感じで撮ってみました。

09_0920_巾着田の曼珠沙華_03

09_0920_巾着田の曼珠沙華_04

色々な角度を試しつつ絵になるようなアングルを探しました。
曼珠沙華の茎はシャキシャキしてて美味しそうですね (笑)
おひたしや炒め物に使えそうな気もしますが、実際はアルカロイド系の毒性があるので食べられません。


今度は赤の中の赤を表現してみました。

09_0920_巾着田の曼珠沙華_05

曼珠沙華のシベは光沢があって光ってくれるので赤背景でもシベの存在感がでます。
この光沢はなぜかPLフィルタで除去できないんですよね。
なぜだろう??


曼珠沙華の繊細な姿は木の幹や切り株との愛称も抜群。
ボクの好きな取り合わせです。

09_0920_巾着田の曼珠沙華_06


ラストは今回チャレンジしてみようと思ってた絵です。
曼珠沙華を敢えてシャドウにし、背景は赤という逆パターンです。

09_0920_巾着田の曼珠沙華_07

100-400mmレンズは背景が面白いようにとろけてくれるのでこういう作画には相性がいいですね。
望遠レンズならではの表現です。
一部シベに蜘蛛の巣がかかってるのが惜しい点です。
今年はクモが多いですね。
九州の実家の庭もクモの巣だらけになってました。
身の毛がよだつくらいクモが嫌いなボクは片っ端から殺虫剤で退治してしまいました。


レンズとボディで2kgオーバーの機材に三脚という重装備で歩き回ったのでクタクタになりました。
帰り道はちょっと辛かったです。


おわり。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

 

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/09/25(金) 19:59:32|
  2. 風景写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

86PJ in 山中湖

21日は久々に86PJが開催されました。
86PJとは社内のクルマ好きの集まりを意味する言葉で、初代会長の愛車がトヨタAE86だったことにちなみます。

今回の目的地は山中湖。
シルバーウイークど真ん中ってこともあり、渋滞を避けるために朝5時に中央道石川PA集合ってことにしました。

そして当日の朝、目が覚めると・・・・・・・・5時20分・・・・・・・( ̄□ ̄;)!!!!!!!!!

うぎゃあああああああっと泣き喚きながら着替えてるところへ電話が。
『えー、どーなってますー??』
『さ、先に行ってくださいっ、追っかけますっ!!』

5時半過ぎに家を出て高速に乗り、ひたすら追い越しをかけつつ前へ前へ。
途中軽い渋滞もあったりして。
中央道の混雑は早朝から始まるんですよね~。

大月JCTから河口湖線へ入ったところで、再び電話が。
『今、谷村PA《MAP》だけど、今どこ?』
『さっき大月JTC越えたところですっ』
『え?もう?』

最後の直線を○○○km/hですっ飛ばし、谷村PAに入りました。
結果的にさほど待たせることなく追いつけたようです。

河口湖で高速を下り、山中湖へ。
R413とR138の分岐点《MAP》にあるPICA山中湖ヴィレッジのレストランで朝食を取りました。
ここはコテージ形式のキャンプ場でワンコ連れ用のコテージもあるようです。

今回の参加車はコレ!

09_0921_86PJ_山中湖_01

左から、ユーノス・ロードスター、フェアレディZ、ユーノス・ロードスター、アウディ・TT、ロータス・エリーゼ、アルファロメオ・GTVです。


今回の目的は長らく閉館してたギャラリー・アバルトMAP》が再オープンしたということで、そこに行くことでした。

09_0921_86PJ_山中湖_02

もう9時半なのでだいぶ道が混んできましたね。


ギャラリー・アバルトにて。
ランチア・テージスがさりげなく停まってました。

09_0921_86PJ_山中湖_03

ここは12歳以下のお子様は入場禁止!!
オトナのための空間です。
残念ながら内部は撮影禁止。
以前はオッケーだったのになー。

ギャラリー・アバルトHPのTOP画像に出てくるアルファロメオ・カングーロはまだ入庫してませんでした。
オーナーの小坂士朗さんの話によれば来週入ってくる予定だそうです。
カングーロは世界で一台だけ作られたプロトタイプですが、試乗したジャーナリストが壊してしまい、長らく姿を消してました。
それをこの小坂さんが買い取り、完璧に復元したそうです。
この美しいクルマの実物を見れるのは世界で唯一ギャラリー・アバルトだけです。

ギャラリー内部には特別な時間が流れ、すごく落ち着きます。
エスプレッソを楽しみつつオーナーさんとの会話が弾みました。


その後、近くの中華料理店で昼食をとり、そこで散会しました。
皆は中央道・東名で帰りますが、ボクだけはR413道志路をひたすら走って帰宅したのでした。



にほんブログ村 車ブログへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

 


テーマ:ドライブ - ジャンル:車・バイク

  1. 2009/09/23(水) 14:05:54|
  2. ドライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

巾着田の曼珠沙華

09_0920巾着田の曼珠沙華_00

埼玉県日高市にある巾着田の曼珠沙華MAP》が現在満開を迎えています。
今日は朝8時半に家を出て電車を乗り継ぎ、10時過ぎに現地入り。
それから延々2時半まで写真を撮りまくってました。

今日のメインレンズは100-400mm望遠ズーム。
ボディと合わせて2kgオーバーの重量級機材を振り回しての撮影は体力を消耗しました (+。+)

詳細は後ほど  (^o^)丿

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

 

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/09/20(日) 17:40:58|
  2. 風景写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

九州帰省ドライブ・・・・今村天主堂見学ドライブ

九州の実家に無事に辿り着き、しばらくのんびりした後のこと。
9月2日に日帰りドライブに行きました。
目的地は今村天主堂《MAP》です。
平日なので高速道路は使わず、下道で走ること約3時間。
ナビを頼りに無事に着きました。
九州は道が複雑で分かりにくく、さらにこの教会は入り組んだ路地の奥にあるのでナビ無しには辿り着くのは困難だったかも。

09_0902_九州帰省ドライブ_01

ようやく辿り着くと・・・・お?何か工事してますよ。
撮影には多少の支障がありますが、まあ仕方ないですね。
アプローチの両側は煉瓦の壁で作られ、雰囲気を盛り上げてます。


この教会は長崎に多くの教会建築を残した鉄川与助により設計施工されました。
昨年の冬に帰省したときに行った田平教会も鉄川与助によるものです。《関連記事

09_0902_九州帰省ドライブ_02

なんの工事か・・・・と思ってよく見たらステンドグラスの補修のようですね。
窓枠ごと外されています。
こうして古い建物を補修しつつ長く使うというのは大事なことだと思います。
施設が老朽化したからと言って今までどれだけ貴重な建築物が失われてきたかと考えると、こういうことは特に大事に思えてきます。


09_0902_九州帰省ドライブ_03

双塔のキューポラがこの教会の特徴です。
なかなかチャーミングで良いんじゃないでしょうか。


09_0902_九州帰省ドライブ_04

教会に併設された信徒会館に展示されていたマリア像。
一見して仏像に見えますが、胸元に十字架が見えます。
1600年代に吹き荒れたキリシタン弾圧を逃れるためにやむなくこうした形で仏教徒を装いながら信仰を守り通したんですね。
明治に入ってキリスト教が解禁され、一時期土蔵を教会代わりに使用したり、木造の教会を建てたりと変遷を辿りつつ、今の教会ができたのは1913年(大正2年)のことでした。


09_0902_九州帰省ドライブ_05

この辺りの作りは田平天主堂に似ており、重厚感が漂っています。


09_0902_九州帰省ドライブ_06

内部は黒い木製の柱と白い天井のコントラストが渋い印象です。
柱頭の装飾も木彫りで丁寧に作られています。


09_0902_九州帰省ドライブ_07

この彫りの深い重厚感は煉瓦造ならでは。
コンクリートではこの味は出ません。


現地滞在は約1時間。
日差しが強く、あっという間に日焼けしてしまいました。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

 

テーマ:建物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/09/17(木) 19:02:37|
  2. 建築物写真・街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

九州帰省ドライブ・・・・往路編

早速ですが、九州帰省ドライブのご報告記事を始めたいと思います。

出発は8月29日。
九州の実家まで1100kmを一気に走るのは無理なので、途中で一泊して2日がかりで走ることになります。

09_0829_九州帰省ドライブ_01

出発当日の起床は4時半、荷物をクルマに放り込み、出発は5時前でした。
いざ出発!!


朝早いので中央道はかなり空いてました。
快調に距離を稼ぎ、諏訪湖を通過し、小牧JTC《MAP》から名神へ。
途中、一度も休憩することもなしに走っていたら12時にはホテルに辿り着きそうな勢いでした。
さうがにチェックインには早いと思ったのでホテルに電話したら1時ならオッケーとのことでした。
時間調整しなければ・・・・。
兵庫県に入った辺りから天気が怪しくなり始め、ついに雨が降ってきました。

09_0829_九州帰省ドライブ_02

西宮名塩SA《MAP》にて。
雨の中、バイクは可哀想ですね。
クルマだと雨が降ろうが風が吹こうが平気なので楽ちんです ♪


時間調整のため、ホテル最寄りICの一つ手前で高速を下りて下道を走りました。
途中の道路標示で『→日本へそ公園』《MAP》ってのを見つけ、そっちに寄ってみることにしました。
この公園は学生時代に電車旅行で行ったことがある場所です。

09_0829_九州帰省ドライブ_03

ココが日本の中心位置、まさにへそです。
東経135度と北緯35度の交差地点となります。


09_0829_九州帰省ドライブ_04

公園には一匹の黒猫が。
お腹が空いてるのか擦り寄ってきましたが、あいにく何も食べさせるものは無し。
ちなみに公園の看板には『野良猫に餌を与えないでください』との厳しいお達しが。
捨て猫など野良猫を生み出す原因を放置しておいて餌だけは禁止ってものいかがなものかと思いますが・・・・・。


公園で時間調整したところでココからすぐ近くのホテルに到着はちょうど1時過ぎでした。
走行距離は約600kmでした。

部屋に入って窓を開けたら真下に猫を発見。
さっそくカメラを持って下に降りました。

09_0829_九州帰省ドライブ_05

夕ご飯を探しまくるネコ。
ここはホテルのレストランの厨房出入口です。
出入りするおばさんによると、役所からはネコに餌を与えないように言われてるそうですが、可哀想なので餌をあげてるらしいです。
ご飯の時間にはまだ早いですが、ここでじっと待ってるようです。


09_0829_九州帰省ドライブ_06

足元をスリスリと擦り寄ってきます。
かなりの濃厚サービス(笑)でしたが、残念ながら何もあげるものは無いです。


09_0829_九州帰省ドライブ_07

しばらくするともう一匹白いのがやって来て列に並びました。
さらに付近には2匹ほど待ち構えてるのが見えました。
部屋に戻ってしばらくして下を見下ろすと、ちょうど厨房のおばさんが餌をあげてるところでした。
まさに”行列のできるレストラン”ですね。


翌30日は朝7時にホテルを出発。
中国道はガラガラに空いてるのでかなりのペースを維持し、宗像の実家到着は昼2時頃でした。



続く


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

 

テーマ:ドライブ - ジャンル:車・バイク

  1. 2009/09/15(火) 19:55:29|
  2. ドライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

九州帰省ドライブより帰還

09_0913_九州帰省ドライブより帰還

本日夜9時30分、九州帰省ドライブから無事帰ってきました。
行き帰りと現地での走行を含め、総走行距離は3615km、写真撮影枚数は1700枚に及びました。

現地では2度の日帰りドライブや2泊3日のお泊まりドライブをこなし、多量のガソリンを消費しましたが、ETC休日割引で高速代が大幅に安くなったおかげでそれもなんとか予算内に収められました。

今日は兵庫県西脇市のホテルを出て、京都に立ち寄りました。
憧れの伏見稲荷の千本鳥居を撮りまくり、さらには梅小路蒸気機関車庫を廻り、京都を出たのが2時頃。
小牧JCTから中央道に入り比較的スムーズに走れましたが、大月JCTからは30kmの渋滞という恐ろしげな電光表示に恐れをなし、一宮御坂ICで高速を下り、河口湖・山中湖から道志道で帰ってきました。
夜間走行は疲れますね。
目がショボショボします。

ではそろそろ寝ます。
お休みなさいませ  (^o^)丿


 
  1. 2009/09/13(日) 23:57:45|
  2. ドライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

Luciano Pavarotti 没後2周年

20世紀後半における最も偉大なテノール歌手、ルチアーノ・パバロッティが亡くなって今日で2年目です。
ボクはクラシックはあまり聴きませんが、パバロッティの歌声の素晴らしさは素人でも充分分かります。
比類のない豊穣かつ華麗な声、充分な声量、発音の明瞭さ、どれを取っても他の歌手を圧倒してます。
生前はホセ・カレーラスやプラシド・ドミンゴらと”3大テノール”なる共演が何度かありましたが、パバロッティの歌声の魅力は群を抜いてました。
カレーラスとドミンゴが可哀想なくらいでした。

ボクのお気に入りをいくつか紹介しておきます。
まあ、あまりにポピュラーすぎてベタですが (^o^;)







ちなみにラストの”カルーソ”はクラシックではなく、イタリアのPOPS歌手であるルーチョ・ダッラ作曲のれっきとした現代曲です。


それにして惜しい人を亡くしましたね。
今後、これほどの歌手は出てくるのでしょうか?


※この記事は予約投稿というFC2ブログの機能を利用してあらかじめ書いておいたものです。
 ただ今九州帰省中です ♪



ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

 

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

  1. 2009/09/06(日) 21:00:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

旧国鉄豊後森機関庫

20090903002503
今日はコレを見に行ってきました。
近代歴史遺産として玖珠町では保存の方向に動いています。
ちょうど町の保存調査の方が来ており、色々とお話しをお伺いすることができました。

独特な雰囲気をどう撮るか迷いつつ200枚ほど撮影しました。
帰宅したらまたご紹介したいと思います (^o^)
  1. 2009/09/03(木) 00:25:05|
  2. 建築物写真・街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

kazu_hiro

Author:kazu_hiro
kazu_hiro

■居住地:神奈川県
■性別:♂
■クルマ
 Nissan Z33
  2003.6~
■バイク
 Suzuki DR-Z400SM
  2005.7~
 KTM 690 DUKE R
  2011.4~  
■カメラ
 Canon EOS 30D
  2006.6~2010.01
 Canon EOS 40D
  2007.11~2010.01
 Canon EOS 5D MarkII
  2010.01~
 Canon EOS 5D MarkIII
  2013.06~ 
 Canon EOS M2
  2014.01~

■レンズ
 Canon EF24-105 F4L
  2006.09~
 Canon EF100-400 F4.5-5.6L
  2007.12~
 Canon EF70-300 F4.5-5.6
  2006.09~
 Canon EF50 F1.4
  2010.08~
 Canon EF-S60 F2.8 Macro
  2006.07~~2010.01
 Tokina AT-X124 Pro F4
  2007.10~~2010.01
 Tokina AT-X M100 PRO D F2.8
  2008.04~
 Canon EF28 F1.8
  2010.12~
 Tokina AT-X 16-28 F2.8 PRO FX
  2011.12~
■三脚
 Velbon Neo Carmagne 640
  2006.07~
 Velbon El Carmagne 445
  2008.04~

カレンダー(月別)

08 ≪│2009/09│≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ツーリング (KTM 690 DUKE R) (83)
ツーリング (DR-Z400SM) (57)
ツーリング(その他) (11)
バイク (KTM 690 DUKE R) (18)
バイク (DR-Z400SM) (6)
ドライブ (32)
クルマ (5)
風景写真 (150)
建築物写真・街歩き (278)
工場風景 (14)
熱気球 (28)
猫写真 (22)
飛行機 (10)
ブツ撮り (11)
フォトコンテスト (0)
カメラ (7)
音楽 (7)
マメ知識 (9)
その他 (110)
ラムジー・ハント症候群闘病記 (4)
未分類 (0)
読書 (4)
映画 (1)
鉄道 (2)

ユーザータグ

キリスト看板  無理やり店名  

人気ブログランキング

PIXTA

写真販売始めました

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
801位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
292位
アクセスランキングを見る>>

ブログ仲間

このブログをリンクに追加する

レポート

■ ツーリング・レポート集
■ ドライブ・レポート集
■ DR-Z スピードセンサ交換記
■ 関東街歩きマップ

旧ブログ

六輪生活(LoveLog)

検索フォーム

車両情報


◆KTM690DUKE R('10)主要諸元
型式 690DUKELDU47
エンジン種類
 水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒
総排気量 690cc
内径/行程 102/84.5mm
最高出力 70ps(51.5kW)/7500rpm
最大トルク 70Nm/5500rpm
圧縮比 12.5:1
始動方式 セル式
変速機 6速
変速比
 第1速 2.500
 第2速 1.750
 第3速 1.333
 第4速 1.095
 第5速 0.957
 第6速 0.870
減速比(1次/2次) 36:79/16:40
潤滑方式
 2個のオイルポンプによるオイル圧送式
エンジンオイル モトレックス SAE 10W-60
クラッチ形式
APTCスリッパークラッチ 油圧操作式
燃料供給方式
 ケイヒン電子制御フューエルインジェクション

全長/全幅/全高 2122/830/1243mm
フレーム クロームモリブデン鋼
サブフレーム アルミニウム
ハンドルバー アルミニウムφ28/22mm
フロントフォーク
 WP倒立フォークφ48mm
リアサスペンション
 WPモノショック・プロレバーリンク
サスペンションストロークF/R 140/140mm
ブレーキF/R
 ディスクブレーキ φ320/240mm
リムF/R 3.50×17 5.00×17
タイヤF/R 120/70R 17 160/60R 17
サイレンサー ステンレススチール
ステアリングヘッド角 63.5°
軸間距離 1472±15mm
最低地上高(無負荷) 155mm
シート高(無負荷) 865mm
燃料タンク容量 約13.5L/2.5Lリザーブ
半乾燥重量 約148.5kg(燃料含まず)
乗車定員 2名
生産国 オーストリー


◆DR-Z400SM('05)主要諸元

型式 BC-SK44A
全長 / 全幅 / 全高
2225mm/870mm/1,185mm
軸間距離/最低地上高
 1,460mm/260mm
シート高 / 乾燥重量 870mm/133kg
最小回転半径 2.6m
キャスター/トレール 26°15’/94mm
タイヤサイズ
 F: 120/70R17M/C 58H
 R: 140/70R17M/C 66H
 (リム幅4.5inch)

エンジン型式
 K419・水冷・4サイクル・単気筒
弁方式 DOHC・4バルブ
総排気量 398cm3
内径×行程 / 圧縮比
 90.0mm×62.6mm/11.3
最高出力 29kW[40PS]/7,500rpm
最大トルク 39Nm[4.0kgm]/6,500rpm
キャブレター形式 BSR36
潤滑方式 / 潤滑油容量
 ドライサンプ式/1.9L
燃料タンク容量 10L(リザーブ2L)
定地燃費 40km/L (60km/h)
変速比
 1速 2.285
 2速 1.733
 3速 1.375
 4速 1.090
 5速 0.863
減速比(1次/2次) 2.960/2.733


◆Z33('02)主要諸元

車種 フェアレディZ/クーペ/2WD
車名型式 UA-Z33
エンジン型式 VQ35DE(NEO)
運転タイプ 6MT

全長×全幅×全高
 4310mm×1815mm×1315mm
室内寸法 長×幅×高
 1005mm×1475mm×1100mm
ホイールベース 2650mm
トレッド前/後 1535mm/1540mm
最低地上高 120mm
車両重量 1430kg
乗車定員 2名
最小回転半径 5.4m
燃料消費率|10・15モード 9.7km/L
駆動方式 後輪駆動(FR)
ステアリングギヤ形式
 パワーアシスト付ラック&ピニオン式
サスペンション 前・後
 マルチリンク式 ・ マルチリンク式
主ブレーキ 前・後
 ベンチレーテッドディスク式(前後共)
タイヤ
 F : 225/45R18 91W
 R : 245/45R18 96W
種類・シリンダー数 DOHC・V型6気筒
シリンダー内径×行程 95.5mm×81.4mm
総排気量 3.498L
圧縮比 10.3
最高出力
 206kw[280ps]/6200rpm
最大トルク
 363Nm[37.0kgm]/4800rpm
燃料供給装置 ニッサンEGI(ECCS)
使用燃料・タンク容量
 無鉛プレミアムガソリン・80L
変速比
 第1速 3.794
 第2速 2.324
 第3速 1.624
 第4速 1.271
 第5速 1.000
 第6速 0.794
 後 速 3.446
最終減速比 3.538


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。