六 輪 生 活

街歩きとバイクとクルマが好きです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

川崎湾岸・国道駅ツーリング・・・・その2

前回の続きです。



浮島周辺は既に隅々まで廻ってます。
今回はちょっと違ったアングルで撮りました。



13_0303_川崎湾岸・国道駅ツー_002


13_0303_川崎湾岸・国道駅ツー_003


13_0303_川崎湾岸・国道駅ツー_004



バイクは小回りは効きますが、撮るたびにヘルメットとグローブを外し、バッグからカメラを取り出し・・・・
と面倒です。
徒歩だと歩ける範囲は狭いし、クルマだと停める場所に困るし小回りは効かないし。
それぞれ一長一短です。
もしかしたら自転車あたりがベストバランスかも?


この工業地帯に米軍施設があるのはご存知ですか?
ここここの2箇所に分かれてて、いずれも在日アメリカ海軍の貯油施設だそうです。
この日は閑散として誰も見かけませんでしたが、迷彩服を着たお兄さんが警備してるとか。
3枚目の写真のバス停の裏がその米軍施設です。
あまりウロチョロしてると、何かが起こるかもしれません。
良い子は真似をしないで下さい。


湾岸を離れ、次は国道駅《MAP》を目指します。
高架の駅で、その下が問題の空間です。


13_0303_川崎湾岸・国道駅ツー_005


13_0303_川崎湾岸・国道駅ツー_006


13_0303_川崎湾岸・国道駅ツー_007

コンクリートのアーチが連なる独特の空間。
かつてはお店が並んでたんでしょうけど、今はみな閉鎖され、薄暗いです。
アンダーグラウンドな世界です。

この駅は位置的にどうも意味が分かりません。
湾岸の工業地帯の入り口としては離れてるし、広大な住宅地を抱えてるってほどでも。
直線距離で200mほど離れたところに花月園前駅という京急の駅があり、こっちのほうが路線として便利。
何か訳があるのでしょうが、ちょっと分かりません。
地域の方々の通り抜け通路として自転車が割と頻繁に通ります。


帰る途中、雨が降ってきました。
すぐやむかと思いきや、しつこく降られ、自宅近くまで付きまとわれました。
バイクで夜で雨ってのは最悪です。
さらにヘッドランプのタマ切れが襲いかかりました。
市街地ですから問題ないですが、山の中だったらかなり悲惨なことになっていたでしょう。
悪いことは一時期にやってくるのです。


ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿



この辺りだけでなく、東京湾全般に言えることですが、海のすぐそばなのに海を感じることがありません。
ちらちらとは見えるのですが全身で感じる海ではありません。
海沿いは一部の公園は別としてビッシリと私有地で固められ、管理され、入ることは許されません。
普通の海。普通の砂浜があって目の前に普通の海が広がるっていう景色を見たいだけなのですが。
理不尽と言うと言いすぎですが、なにか納得しかねるものがあります。
 

 
スポンサーサイト

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/05/17(金) 20:47:16|
  2. 工場風景
  3. | コメント:4

川崎湾岸・国道駅ツーリング・・・・その1

久々の工場探訪です。


13_0303_川崎湾岸・国道駅ツー_001


どんより曇ってますね。
やけっぱちで曇り空を撮ってます。




今日は疲れました。
無い脳みそを引っ張り出すのは一苦労なのです。


さっき帰宅。
夕食は出前ピザにでもしておきます。




ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿





ちなみに『探訪』って「たんぽう」と読むのだと思い込んでましたが、「たんぼう」だそうです。
「たんぽう」も間違いではないようですが。


 

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/05/16(木) 22:19:51|
  2. 工場風景
  3. | コメント:0

浮島工業地帯ツーリング

久々に工場を撮りました。
最後に行ったのはいつでしたっけ?
2年前の1月でした。 《当時の記事


夏はあまりに暑苦しいので足が向きませんが、冬は工場めぐりの季節。
冬は撮りに行くところが限られるので、毎回似たようなところになり、飽きてきます。
そこで目先を変えるために工場を撮ります。


行ったのはバイクでです。
クルマもいいですが、場所によっては駐車しにくいところもあるし、何よりも行き帰りの川崎街道がひどい混雑です。
クルマだと現地に入るまでに疲れきってしまいます。


まずは定番の浮島の千鳥町へ。 《MAP

13_0113_浮島湾岸ツーリング_001


13_0113_浮島湾岸ツーリング_002


13_0113_浮島湾岸ツーリング_003


13_0113_浮島湾岸ツーリング_004


13_0113_浮島湾岸ツーリング_005


13_0113_浮島湾岸ツーリング_006


浮島橋《MAP》で運河越しの写真を撮ってると、列車の音が聞こえてきました。

13_0113_浮島湾岸ツーリング_007

線路があるのは知ってましたが実際に稼動してるとは知りませんでした。
慌てて撮ったので、味気ないどアップ。
望遠レンズを付け替えるヒマがありませんでした。

どこに向かうのでしょう?
地図で見ても分かりません。
いつの間にか他の路線に紛れ込んでるので終着駅は不明です。


13_0113_浮島湾岸ツーリング_008

鶴見線武蔵白石駅の脇の踏切にて。 《MAP
空を埋め尽くす幾何学模様が見事。
いったい何事なのでしょう?




ちなみに鶴見線の時刻表を見ると・・・・
最大で1時間に5本。
それはまあ普通ですが、ピークを過ぎた時間帯では1時間に2本。
土日などは1時間に1本という時間帯も多いです。
こんなところに鉄道路線があることをご存じない方もいらっしゃるのでは?

極め付きは海芝浦駅。 《MAP
事実上東芝の通勤専用になってるようです。
改札から先は東芝の工場内なので一般人は駅から出られません。
こんな駅です。 《レイルマン中井の1日1鉄!

しかも驚くべきことにこの駅は道路からアクセスできません。
この駅に行くには電車に乗るしかないのです。
まさに陸の孤島です。
終電を逃したらどうなるのでしょう??


ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとお願いします (^o^)丿


只今、伊豆の河津桜が満開だそうです。 《開花情報
土日はめちゃくちゃ暖かいらしいので絶好の花見日和ですが、なにせ混むのでどうしましょう。
また河津桜を見てしまうと、お腹がいっぱいになってしまい、4月のソメイヨシノの開花の感動が薄れるという副作用が。
慎重に検討が必要です。

行くとしても真昼間は避けようと思います。
写真的に平坦でつまらないだけでなく難しいのです。
日中で花が明るく写ると枝の黒いのがかなり目立ち、乱雑な印象に。
光が落ちた夕方や早朝が撮り頃ではないかと思います。



 

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/03/08(金) 19:55:27|
  2. 工場風景
  3. | コメント:6

茨城 鹿島の巨大ロボット

1月16日に鹿島に行ったばかり《関連記事》ですが、翌週22日にも鹿島へ。
といっても今回のお目当ては工場ではありません。
・・・・・が、ちょうど鹿島を通りかかるのでチョロッと立ち寄りました。


11_0122_鹿島→波崎海洋研究施設_001

鹿島の工業団地を貫くメインストリートの一つ《MAP》。
壮観です。
電気仕掛けのロボットが列をなしてるように見えました。


11_0122_鹿島→波崎海洋研究施設_002

なぜにこれほどの密度で鉄塔が建ちまくってるのか不明ですが・・・・
まとめられないんですかね??


鹿島を出て今日の目的地へ向かいました。
鹿島から走ることわずか10kmほど。
あっという間に着きました。


11_0122_鹿島→波崎海洋研究施設_003

今日の獲物はコレです!!
何??・・・・ってのは次回のお楽しみです  (^o^)丿

 
つづく


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

 

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2011/03/01(火) 23:13:05|
  2. 工場風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

鹿島の工場群

1月16日に茨城県の鹿島に工場を撮りに行ってきました。
以前から行きたいとは思ってたんですが、遠いのでためらってました。
でも高速道路からのアクセスは悪くないってことで思い切って行きました。


首都高から京葉道路そして東関東道と辿って終点の潮来へ。
ちょっと南下すれば鹿島の工場地帯です。
鹿島港をグルッと取り巻く形で工場地帯が広がっており、全部見て回るのはかなり大変そう。
今回は事前に地図を見て良く検討し、撮影ポイント候補をいくつか選び出しておきました。


まず真っ先に向かったのは鹿島港中央の公園《MAP》。
ココから鹿島港を見渡せば雰囲気が分かるかなと。


11_0116_鹿島の工場群_001

公園管理棟の屋上(入場料無料)から見た鹿島港北岸。
広大な住友金属工業鹿島製鉄所が広がってます。
ご覧の通り、茫漠としてて掴み所がありません。
うーむ・・・・・。
望遠で美味しそうなところを切り取れば絵になるかもですが、今回は初見ってことでいきなり細部に切り込むのではなく全体像を掴むのが先決と思い、ココではこれ以上突っ込みませんでした。


ちなみに南岸の雰囲気は大きなタンクが建ち並ぶだけの素っ気ない感じ。
ちょっと撮る気になれませんでした。
なんだか先が心配になってきました。


次に向かったのは鹿島港北岸のココ《MAP》。
港が複雑な形をしてるので直線距離的には2.5km程度なのに、道を辿ると13kmオーバー。
こりゃー大変ですね。


で、目的の場所は人気のほとんど無い工場の裏手。
最後の区間は約2.7kmの超絶ストレート。
300km/hオーバー(笑)で駆け抜けて、突き当たりまで行くと・・・・
無情の私有地につき立入禁止。
チラッと見えた感じでは大したことなかったので深入りせずさっさと引き返しました。


続いて向かったのは鹿島港南岸。
またもや大回りをした末にようやく辿り着きます。
距離にしてなんと20km!!
隣町に着いちゃいそうですね・・・・。
ふ~ (+。+)


ところがこの南岸がこの鹿島の見どころの本拠地だということがすぐに分かりました。
工場中央を貫くこの道路《MAP》。
アンテナがビンビン反応しまくり。


11_0116_鹿島の工場群_002

まず反応したのは三菱瓦斯化学(たぶん)のこのタワー。
華麗なる白亜のタワーに目が釘付け。
『白い巨塔』と名付けさせていただきました。
この他グネグネ曲がりくねったユーティリティのパイプがのたうち回ってたりして見どころが多かったのですが、今回は敢えて深入りせず、先に進みます。
この道は鹿島銀座と呼ぶことに決定 ♪


11_0116_鹿島の工場群_003

砂山都市公園《MAP》からの眺め。
夕闇が迫ってきており、良い感じになってきました。


11_0116_鹿島の工場群_004

銀座通りの一本東の道に出ると真正面に鹿島石油のプラント群が立ちはだかってました《MAP》。
壮観!!!
信号のライトやクルマのテールライトをタイミング良く取り込めば見応えのある写真が撮れるげな予感が・・・・。


11_0116_鹿島の工場群_005

この同じ道《MAP》からJSRとかさっきの三菱瓦斯化学とかの場内が所々から垣間見えます。
これは多分JSR。
何の設備かは不明ですが、立ちのぼるスチームが面白いです。


11_0116_鹿島の工場群_006

先述した白い巨塔の反対側。
うーむ・・・・美しい・・・・ ♪


こうして6時過ぎ、空がどす黒くなってしまったところで撮影終了。
鹿島、期待以上に良い場所でした。
また来たいですね。


帰路は来た道をほぼそのまま辿り、高速道路は80km/hをひたすらキープして帰途に着いたのでした。
総合燃費は13.2km/Lを記録しました。
別にエコランを意識してるわけではありませんが、最近は目を三角にして追い越し車線をガンガン走るっていうのに興味が無くなってきてます。
峠では多少ペースアップしますが、一般道・高速道路はホントおとなしい走りしかしなくなりました。
歳のせいかも??


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿

人気ブログランキングへ ランキング参加中♪ 良いと思ったらポチッとね~ (^o^)丿


 

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2011/02/21(月) 23:55:36|
  2. 工場風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

次のページ

プロフィール

kazu_hiro

Author:kazu_hiro
kazu_hiro

■居住地:神奈川県
■性別:♂
■クルマ
 Nissan Z33
  2003.6~
■バイク
 Suzuki DR-Z400SM
  2005.7~
 KTM 690 DUKE R
  2011.4~  
■カメラ
 Canon EOS 30D
  2006.6~2010.01
 Canon EOS 40D
  2007.11~2010.01
 Canon EOS 5D MarkII
  2010.01~
 Canon EOS 5D MarkIII
  2013.06~ 
 Canon EOS M2
  2014.01~

■レンズ
 Canon EF24-105 F4L
  2006.09~
 Canon EF100-400 F4.5-5.6L
  2007.12~
 Canon EF70-300 F4.5-5.6
  2006.09~
 Canon EF50 F1.4
  2010.08~
 Canon EF-S60 F2.8 Macro
  2006.07~~2010.01
 Tokina AT-X124 Pro F4
  2007.10~~2010.01
 Tokina AT-X M100 PRO D F2.8
  2008.04~
 Canon EF28 F1.8
  2010.12~
 Tokina AT-X 16-28 F2.8 PRO FX
  2011.12~
■三脚
 Velbon Neo Carmagne 640
  2006.07~
 Velbon El Carmagne 445
  2008.04~

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ツーリング (KTM 690 DUKE R) (83)
ツーリング (DR-Z400SM) (57)
ツーリング(その他) (11)
バイク (KTM 690 DUKE R) (18)
バイク (DR-Z400SM) (6)
ドライブ (32)
クルマ (5)
風景写真 (150)
建築物写真・街歩き (278)
工場風景 (14)
熱気球 (28)
猫写真 (22)
飛行機 (10)
ブツ撮り (11)
フォトコンテスト (0)
カメラ (7)
音楽 (7)
マメ知識 (9)
その他 (110)
ラムジー・ハント症候群闘病記 (4)
未分類 (0)
読書 (4)
映画 (1)
鉄道 (2)

ユーザータグ

キリスト看板  無理やり店名  

人気ブログランキング

PIXTA

写真販売始めました

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
1246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
435位
アクセスランキングを見る>>

ブログ仲間

このブログをリンクに追加する

レポート

■ ツーリング・レポート集
■ ドライブ・レポート集
■ DR-Z スピードセンサ交換記
■ 関東街歩きマップ

旧ブログ

六輪生活(LoveLog)

検索フォーム

車両情報


◆KTM690DUKE R('10)主要諸元
型式 690DUKELDU47
エンジン種類
 水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒
総排気量 690cc
内径/行程 102/84.5mm
最高出力 70ps(51.5kW)/7500rpm
最大トルク 70Nm/5500rpm
圧縮比 12.5:1
始動方式 セル式
変速機 6速
変速比
 第1速 2.500
 第2速 1.750
 第3速 1.333
 第4速 1.095
 第5速 0.957
 第6速 0.870
減速比(1次/2次) 36:79/16:40
潤滑方式
 2個のオイルポンプによるオイル圧送式
エンジンオイル モトレックス SAE 10W-60
クラッチ形式
APTCスリッパークラッチ 油圧操作式
燃料供給方式
 ケイヒン電子制御フューエルインジェクション

全長/全幅/全高 2122/830/1243mm
フレーム クロームモリブデン鋼
サブフレーム アルミニウム
ハンドルバー アルミニウムφ28/22mm
フロントフォーク
 WP倒立フォークφ48mm
リアサスペンション
 WPモノショック・プロレバーリンク
サスペンションストロークF/R 140/140mm
ブレーキF/R
 ディスクブレーキ φ320/240mm
リムF/R 3.50×17 5.00×17
タイヤF/R 120/70R 17 160/60R 17
サイレンサー ステンレススチール
ステアリングヘッド角 63.5°
軸間距離 1472±15mm
最低地上高(無負荷) 155mm
シート高(無負荷) 865mm
燃料タンク容量 約13.5L/2.5Lリザーブ
半乾燥重量 約148.5kg(燃料含まず)
乗車定員 2名
生産国 オーストリー


◆DR-Z400SM('05)主要諸元

型式 BC-SK44A
全長 / 全幅 / 全高
2225mm/870mm/1,185mm
軸間距離/最低地上高
 1,460mm/260mm
シート高 / 乾燥重量 870mm/133kg
最小回転半径 2.6m
キャスター/トレール 26°15’/94mm
タイヤサイズ
 F: 120/70R17M/C 58H
 R: 140/70R17M/C 66H
 (リム幅4.5inch)

エンジン型式
 K419・水冷・4サイクル・単気筒
弁方式 DOHC・4バルブ
総排気量 398cm3
内径×行程 / 圧縮比
 90.0mm×62.6mm/11.3
最高出力 29kW[40PS]/7,500rpm
最大トルク 39Nm[4.0kgm]/6,500rpm
キャブレター形式 BSR36
潤滑方式 / 潤滑油容量
 ドライサンプ式/1.9L
燃料タンク容量 10L(リザーブ2L)
定地燃費 40km/L (60km/h)
変速比
 1速 2.285
 2速 1.733
 3速 1.375
 4速 1.090
 5速 0.863
減速比(1次/2次) 2.960/2.733


◆Z33('02)主要諸元

車種 フェアレディZ/クーペ/2WD
車名型式 UA-Z33
エンジン型式 VQ35DE(NEO)
運転タイプ 6MT

全長×全幅×全高
 4310mm×1815mm×1315mm
室内寸法 長×幅×高
 1005mm×1475mm×1100mm
ホイールベース 2650mm
トレッド前/後 1535mm/1540mm
最低地上高 120mm
車両重量 1430kg
乗車定員 2名
最小回転半径 5.4m
燃料消費率|10・15モード 9.7km/L
駆動方式 後輪駆動(FR)
ステアリングギヤ形式
 パワーアシスト付ラック&ピニオン式
サスペンション 前・後
 マルチリンク式 ・ マルチリンク式
主ブレーキ 前・後
 ベンチレーテッドディスク式(前後共)
タイヤ
 F : 225/45R18 91W
 R : 245/45R18 96W
種類・シリンダー数 DOHC・V型6気筒
シリンダー内径×行程 95.5mm×81.4mm
総排気量 3.498L
圧縮比 10.3
最高出力
 206kw[280ps]/6200rpm
最大トルク
 363Nm[37.0kgm]/4800rpm
燃料供給装置 ニッサンEGI(ECCS)
使用燃料・タンク容量
 無鉛プレミアムガソリン・80L
変速比
 第1速 3.794
 第2速 2.324
 第3速 1.624
 第4速 1.271
 第5速 1.000
 第6速 0.794
 後 速 3.446
最終減速比 3.538


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。